カットカラーの相場はいくら?顧客のサロン選びの基準も紹介

カットカラーの相場はいくら?顧客のサロン選びの基準も紹介
公開日
更新日

カットやカラーリングの料金は、サロンによってさまざまです。しかし、サロン側としてはある程度の相場を知っておくことも重要。顧客のなかには、値段を比較してサロン選びをする人も少なくありません。

今回は、カットカラー相場をお伝えするとともに、相場価格に開きが出る理由や、顧客が美容室を選ぶときに決め手となる項目などについても解説します。自店の強みを大切にしつつ、適切な値段設定をおこないましょう。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

 

カットカラーの料金相場はどれくらい?

カットカラーの料金相場はどれくらい?
美容室・ヘアサロンでカットやカラーをする際の費用相場について解説します。

カットのみの相場

カットだけをする場合、料金の相場は3,000~4,000円前後です。5,000円以上になると顧客から高めだと感じられるようになり、10,000円以上の場合はハイエンド(高級店)と認識されるといわれています。

カラーのみの相場

カラーだけをおこなう場合は、染める範囲などによって料金が異なります。以下で3つのパターンに分けて紹介します。なお、顧客の髪が長い場合は、追加で500~1,500円前後のロング料金を請求するサロンもあるようです。

リタッチの場合

リタッチカラーの価格は、安いところでは2,000~3,000円、平均で5,000~6,000円前後が相場です。

リタッチとは根元の伸びた部分だけを染めるもので、全体的にカラーリングをしていて「プリン」状態になったときや、白髪染めしていて白髪が伸びてきたときなどにおこなわれます。

リタッチのように部分的に染める場合、一般的に使う薬剤が少なくて済むため、フルカラーより低価格で提供されています。

フルカラーの場合

フルカラーで全体を染める場合、安いところでは3,000円台くらいから提供されており、平均すると7,000~8,000円前後が相場です。

ブリーチの場合

ブリーチは高度な技術が必要なカラーリングのため、通常のカラーよりも2,000~3,000円ほど高いことが多いようです。さらに、顧客が希望する色味にするには、場合によって2~3回ブリーチをしなければならないケースもあり、その都度料金がかかります。

ブリーチ後のカラーリング(オンカラー)にも料金が別途必要なため、ブリーチ自体の価格にプラスして費用が発生します。

カット&カラーの料金目安

カットカラーを両方おこなう場合の値段相場は、おおむね8,000~10,000円前後です。セットメニューとして提供されていることもあります。なお、カットとカラーを合わせて10,000円を超えると、高額になればなるほど高級というイメージが強くなるようです。

相場の差が出る理由

相場の差が出る理由
美容室のカットカラー値段の相場に差があるのはなぜなのでしょうか。理由として考えられる項目をチェックしてみましょう。

1. 地域性

まず、地域ごとのテナント料の違いが大きいことが理由のひとつ。地方は安い、都会は高い傾向があることは否めず、同じ広さのテナント物件でも、たとえば地方では5万円、都会では50万円と、10倍ほどの差が出ることもあります。

そこで、固定費としてかかる賃料を確保するために、都会では施術料金が高くなる傾向があるのです。

2. サービスの充実度

料金が高いお店では、ドリンクの提供やマッサージなどの付帯サービスがつくこともあります。

高額のサロンと低料金のサロンではターゲットも異なるため、料金が安いお店ではサービスもシンプルで、高度な技術を要する難しいカットなどは受け付けていない場合もあるようです。

3. ブランド力

お店自体のブランド力、美容師の受賞歴や実力の高さ、豊富な経験などから、料金を高額に設定している美容室もあります。さらに、顧客が施術を担当してほしいスタイリストを選ぶと指名料がかかるサロンもあるため、追加料金が発生します。

カットカラー料金が安すぎるサロンの裏事情

カットカラー料金が安すぎるサロンの裏事情
顧客のなかには安ければ安いほうがいいと考える人もいます。しかし、あまりにも相場とかけ離れて安いサロンには、以下のような可能性があります。

顧客にとってマイナスに捉えられて、口コミに書かれてしまう可能性もあるので、当てはまっていないかチェックしてみてください。

スタイリストの技術が未熟な可能性がある

一つめは、駆け出しのスタイリストが施術している、経験が少なく腕がよくないなど、美容師の腕前に懸念がある場合です。テクニックが未熟なスタイリストでは、店側も技術保証ができないため、安くしている可能性があります。

使用している薬剤などがよくない恐れがある

二つめは、薬剤などの品質です。美容室によっては、施術料金を安くするために低品質の薬剤やケア用品を使っている場合もあります。せっかくプロに施術してもらったのに、逆に髪が傷みやすくなる可能性もあるため、注意が必要です。

別料金がかかることも

カットカラー自体の料金は安くても、トリートメント代などが別途必要で、結果的に高くなる恐れもあります。料金の設定方法にも十分注意しなければなりません。

「高い」=「良い」とも限らない

上記のような特徴があって安すぎるのも考えものですが、かといって高ければ高いほど「いいサロン」であるとも限りません。薬剤・店の場所・担当するスタイリストなどによって価格が変動するため、サロン側は適切な値付けを行うことが重要です。

顧客の目的や希望によって適切なサロンが異なる

顧客の目的や希望によって適切なサロンが異なる
カットやカラーを行う際は、値段だけでなく顧客自身の目的や要望に合うサロンを選んでもらうことも重要です。どんな場合にどんなタイプの店を選んでもらえばいいのかを紹介します。

どういった顧客に来店していただきたいかイメージしながら、コンセプトを固めていきましょう。

カットとカラーを両方したいなら「美容室」

カットとカラーを両方してほしい顧客には、美容室の利用が向いています。なかでもセット料金があるお店なら、単品で両方の施術を受けるよりお得になるのでおすすめです。

部分的なカラーをしたいなら「ヘアカラー専門店」

リタッチや1色染めなど一部だけカラーリングをしたい場合は、単色染めを得意とするヘアカラー専門店がおすすめです。カラーリングのプロなので、ムラなくきれいに仕上がるでしょう。

デザイン性のあるカラーリングなら「美容室」

個性的なカラーやトレンドスタイルを求めるなら、常に最新の流行を取り入れているような美容室を選んでもらうのがよいでしょう。気になるお店の特色を下調べして、どのサロンにするか決めてもらうのがおすすめです。

顧客がサロンを選ぶときのチェック項目

顧客がサロンを選ぶときのチェック項目
たくさんの美容室やヘアサロンのなかから自店を選んでもらうためには、まず、顧客がカットカラーをする際にどのような基準で美容室を決めているのかを知っておくことが大切です。顧客の決断を左右する5つの項目についてチェックしましょう。

1. 値段と仕上がりのバランス

まず、通いやすい価格か、かつ仕上がりに満足できるかというバランスを見て決める人が多いです。

美容室はおおむね定期的に行く場所なので、気軽に通える値段であることは重要ですが、金銭的に余裕のある人や美容にお金をかけたい人は、高級店でも気に入れば通うという傾向があります。

クーポンでサロンを転々とする人もいる

特に新規顧客に対しては、試しに利用してもらうきっかけとして、大幅な割引を適用できるクーポンを発行している美容室が多いです。そのため、1カ所のサロンにとどまらず、クーポンであちこちのお店を渡り歩く人(美容院ジプシー)もいます。

クーポンばかり利用されると、定着してもらえず客単価も下がることから、店にとってはマイナスに働く場合もあることに注意しましょう。

技術も重要

もちろん腕がよくて安いのが一番ではありますが、カットカラーの技術を重視して、高くてもここと決めた場所に通うという人もいます。

2. サロンの居心地のよさ

お店の雰囲気や美容師の対応など、顧客にとって通い続けたいと思えるような心地よさを感じられるかどうかも重要です。

3. 立地の良さ

立地も重要なポイント。自宅の近くや職場・学校から通いやすいなど、サロンのある場所も顧客にとって通うかどうかの基準になります。

4. ライフスタイルに合うかどうか

子連れの場合はキッズスペースがある、車で行きたい場合は駐車場完備など、ライフスタイルや状況に合うサロンを選ぶ人もいます。美容室側は、ターゲットに合わせた環境を用意することも大切です。

5. 特別な日は高級店に行く

日常的に通う美容室とは別に、結婚式やパーティーなど特別なイベントのときだけはハイブランドのサロンに行くという人もいます。こんなときくらいは非日常を味わいたいと、ハイエンドならではの高度な技術やサービスを求める心理が働くようです。

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!1分で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

カットカラーの相場を知りつつ自分に合ったサロンを選んでもらおう

カットカラーの相場を知りつつ自分に合ったサロンを選んでもらおう
カットやカラーの値段相場は、サロンがある地域やブランド力などで差が出ます。顧客がサロンを選ぶときのポイントなども知りつつ、顧客1人1人に合ったサービスが提供できるように心がけ、選ばれるサロンになりましょう。

なお、美容室・ヘアサロンの予約や顧客の管理には、リザービアもおすすめです。ネット予約の導入・検討をおこなっているサロンは、ぜひお気軽にご相談ください。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP