美容室の新しいメニューはどうする?面白いメニューを作る時のポイントやアピールのしかたを紹介

美容室の新メニュー!面白いメニューを作る時のポイントやアピールのしかたを紹介
公開日
更新日

今回は、美容室の新しいメニューを考える際に、面白いメニューを作るポイントや、アピールの仕方などを紹介していきます。

新しいメニューを考えたいけど思いつかない方や、新しくメニューを作ったけどなかなかお客様に見てもらえないという悩みがある方におすすめの記事です。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

儲かるメニューの条件とは

儲かるメニューの条件とは
ここからは、儲かるメニューの条件について紹介していきます。メニューを作成する際に、価格設定や内容など細かい部分まで配慮して決定していく必要があります。

儲かるメニューにはいったいどのような特徴があるのでしょうか。お店の利益になり、お客様に喜んでいただける内容のメニューを作れるようにポイントを押さえていきましょう。

利益率を計算しよう

むやみにクーポン配布や割引をすると客単価が下がったり、リピートに繋がりにくくなります。そのため、メニューの利益率をあらかじめ計算してみるのがおすすめです。

「サービスの値段を時給で計算してみる」、「薬剤などの材料費なども計算に入れてみる」など、細かく計算していくことで、メニューの適切な値段が明確になります。

しっかりと計算することで、売上からかかった経費のすべてを差し引いてメニューを考えることができるでしょう。

美容室の高単価メニューの作成を検討中の方はこちらの記事もおすすめです。
美容室の客単価アップのための高単価メニューの作り方|おすすめ方法

リピーターを増やそう

新規のお客様を集客するより、リピーターを増やすほうがコストがかかりません。再来店してもらえる工夫を行ってリピーターを増やすことが美容室の経営において重要です。

リピート率は、リピート顧客数(人)÷総顧客数(人)×100で計算できます。業界の平均値を知っておくほか、新規リピート率やメニュー別リピート率などを計算して集客施策を考えるとよいです。

美容室の集客に繋がる新メニューを作る上でのポイント

美容室の集客に繋がる新メニューを作る上でのポイント
美容室は競争が激しい業界ですので、新しいお客様を取り込むには、人目を惹くような新しいメニューの開発が必要不可欠です。

ここでは、美容室の集客に繋がる新メニューを開発する際に押さえておきたいポイントを4つご紹介します。

1.お客様の気持ちになって考えよう

お客様の興味・関心を引くためには「これは自分向けのメニューだ」と思ってもらうことが大切です。

たとえば、切れ毛や枝毛、パサつきなどのダメージヘアに悩んでいる方向けに、特別なトリートメントを使った「リペアメニュー」を作ったり、髪が多すぎる、または少なすぎることに悩んでいる方のために「ボリュームアップorダウンメニュー」を提供したりすると、該当する悩みを持った人の目に留まりやすくなります。

2.ターゲット層を明確にしよう

ターゲット層を明確にすることでメニューを作成しやすくなります。年代によって髪の悩みも異なるので、自店に合ったターゲット層を明確にすることでより悩みに寄り添うメニューの作成ができます。

「うねり」、「ボリューム」、「艶」など年代別に気になる悩みをピックアップし、その悩みを改善するようなメニューを考案することでお客様に人気のメニューを作ることができます。

3.メニューの名前を工夫する

新しいメニューを取り入れるときは、一目見ただけでサービスの内容がわかりやすいネーミングにすると、お客様の興味を引くことができます。

たとえば、同じトリートメントサービスでも、単純に「トリートメント」と記載するより、「うるツヤトリートメント」などと表現した方が、施術後の仕上がりをイメージしやすくなるでしょう。

お客様の興味を引くようなネーミングを考えることで内容は同じでも売り上げに大きく差がでることもあります。

4.特におすすめのメニューに絞ろう

似たようなメニューが並んでいてもお客様は迷ってしまい、選ぶことができません。多くても3つほどにして選びやすくするのがポイントです。

その際は、真ん中に最も選んで欲しい価格設定をしたメニューを置くことでお客様から選んでもらいやすくなります。これは、「松竹梅の法則」と呼ばれ、3つの選択肢がある場合に真ん中を選びやすくなるという心理的法則に基づいています。

リピーターを飽きさせない!美容室の面白いメニューとは?

リピーターを飽きさせない!美容室の面白いメニューとは?
美容室は定期的に利用するところですので、毎回変わり映えのしないメニューを提供していると、マンネリを感じたリピーターが離れてしまう可能性があります。 大切なお客様が他店に流れてしまわないためにも、定番メニューに加えて、ちょっと変わった面白メニューを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ここでは、リピーターを飽きさせない美容室の面白いメニューの一例を3つご紹介します。

1.フェイシャルマッサージ付きのメニュー

美容室を訪れるお客様の中には、癒しやリフレッシュを求めて来店される方も少なくありません。 そんなお客様向けに、顔のコリをほぐすフェイシャルマッサージ付きのサービスを提供すれば、顧客満足度がアップし、リピーターとして定着してくれる可能性が高くなります。

フェイシャルマッサージを提供するにあたり、特別な資格は必要ありませんので、気軽にメニューに取り入れられるところも大きなメリットのひとつです。

2.メイク直し、メイクのアドバイス付きのメニュー

シャンプーをするときは、お客様の顔にペーパーやタオルをかけて水跳ねを予防します。 しかし、生え際やフェイスラインのあたりはどうしても水がかかって、メイクが落ちてしまうことがあります。

施術の後、落ちたメイクを直すサービスがあれば、退店後にそのままお出かけできるので、女性からとても喜ばれます。美容室によっては、当日セットした髪型に似合うメイクのポイントやアドバイスを提供している事例もあるようです。

3.ヘッドスパ付きのメニュー

美容室では必ずシャンプーをしますが、一緒にヘッドスパを行うと癒し・リラックス効果がぐんとアップします。 フェイシャルマッサージ同様、ヘッドスパを提供するにあたって特別な届出は必要ありませんので、比較的取り入れやすいサービスといえます。

本格的なサービスとして導入したい場合は、専門の講座を受講した上で、民間資格を取得するとよいでしょう。

利益重視!儲かるメニューを充実させよう

利益重視!儲かるメニューを充実させよう
美容室の経営を軌道に乗せるためには、お客様にとってお得なメニューも大切ですが、儲かるメニューも充実させる必要があります。 ただ、あからさまに単価だけ上げると、お客様から「高い」と思われてしまい、新規顧客の獲得やリピーターの確保が難しくなります。

儲かるメニューを取り入れるときは、通常のメニューよりも「お得感」や「満足感」を与えられるメニューに仕上げることが大切です。 ここでは、美容室にとって儲かるメニューを充実させる方法やポイントを2つご紹介します。

1.セットメニューを作る

儲かるメニューづくりの鉄板といえば、カット+カラーや、カット+パーマなど、2つ以上のメニューを組み合わせたセットメニューの作成です。

セットメニューの場合、それぞれ単体で施術するよりも値段を割引して提供するのが一般的なので、お客様にとってメリットが大きく、美容室はさほど儲からないのでは?と思われるかもしれません。

しかし、1人のお客様がカット+カラーのセットメニューを利用する場合と、2人のお客様が別々にカットとカラーを利用する場合では、1人あたりにかかる時間に大きな差が出ます。 美容室の場合、単価を考えるときは材料費や光熱費といったメニューにかかった費用だけでなく、担当したスタッフの人件費も考慮しなければなりません。

そのため、少し値段を落としたとしても、短時間で2つのサービスを利用してもらった方が儲けは大きくなります。

ただ、儲かるからといってセットメニューをたくさん作ってしまうと、選択肢が多すぎて迷った結果、無難な単体メニューを選ばれる可能性もありますので、セットメニューを作る際は2~3つくらいまでに留めておきましょう。

2.限定メニューを取り入れる

期間や季節を限定したメニューは特別感があり、お客様に「今しか受けられないお得なメニュー」というイメージを自然に植え付けることができます。

いつものメニューより単価が高くても、「今だけ」という特別感に押されて限定メニューを選ぶ人は多いので、美容室にとって非常に利益率の高いメニューといえます。ただ、限定メニューと銘打つからには、コンセプトや付加価値をしっかり持たせなければなりません。

お客様が抱く限定メニューへの期待は想像以上に高いので、再び同じような限定メニューを出したときにもリピートしてもらえるよう、ニーズにぴったり合ったサービスを盛り込むことが大切です。

たとえば、入学や就職の時期である春先にはメイクアップやメイクのアドバイスをサービスに採り入れる、秋には夏の紫外線で傷んだ髪をケアするためのトリートメントサービスを導入するなどです。

お客様の悩みやニーズに合ったサービスを提供すれば、普段よりも満足度が高くなり、「また限定メニューを利用したい」という意欲を高めることができるでしょう。

なお、限定メニューを導入する場合は、頻繁に実施するのはNGです。 「今だけ」という特別感が薄れ、お客様の興味・関心が低くなってしまいますので、なるべく間隔を空けて実施するようにしましょう。

新メニューを効果的にアピールできる方法

新メニューを効果的にアピールできる方法
新メニューを効果的にアピールするための方法について紹介していきます。試行錯誤して作った新メニューを1人でも多くのお客様に選んでもらうためにどのような工夫をしたらよいのでしょうか。

具体的にさまざまなSNSを使って宣伝していく方法について解説していきます。

ホームページやブログ

多くの人がホームページを検索して見るため、ホームページがあると信頼されやすいです。
ホームページやブログにお知らせや新メニューを載せてアピールすることができます。

新メニューを作成した場合は、ホームページにも載せて大々的にアピールすることでお客様の興味を惹きつけられます。

Googleマイビジネス

お客様が付近の美容室を検索したときに、地図とともに表示される店舗情報により自店を知ってもらうことができます。画像やテキストで情報発信ができるため、新メニューのアピールもできます。

お店の地図などを開く際に、新メニューをみて興味を持ってもらえるかもしれません。

インスタグラム

Before / Afterなどがある場合は、写真や動画で施術の様子などをアピールできます。画像や動画で見られるため、新メニューのイメージが湧きやすく予約がしやすくなります。

Instagramではより視覚的に魅力を伝えることができるので、定期的に新メニューの情報を流すことでお客様に興味を持っていただけます。

LINE

1対1でコミュニケーションをとることができ、特にリピーターのお客様に向けたアピールとして活用しやすいツールです。お知らせや新メニューをプッシュ通知で配信することができ、お客様に開いてもらいやすいです。

一人ひとりのお客様に個別でLINEのお知らせが届くことにより、お客様も特別感が感じられ新メニューでの予約に繋がりやすくなります。

新メニューのアピールにも活用できる予約システム「リザービア」

新メニューのアピールにも活用できる予約システム「リザービア」
新メニューのアピールに活用できるリザービアの機能について紹介していきます。美容系の集客に強いサービスを状況に応じて取り入れることによって、効果的に宣伝ができるようになります。

ホームページやブログからかんたんに利用できる予約フォーム

リザービアに登録するとホームページやブログから予約を受け付けられる予約フォームのリンクを活用できるようになります。ここから受けた予約は自動で一括管理されるので、さまざまな媒体を活用したい美容サロンのオーナー様に喜ばれています。

お客様も予約フォームからかんたんに操作して予約を進めていくことができます。予約画面は会員登録不要で最短20秒で予約が完了するので、お手軽さが人気の理由です。

予約アプリ「サロンカード」

リザービアの予約アプリの中に「サロンカード」の機能があります。これは、リピーターのお客様が、以前の予約履歴からかんたんに予約できる機能がついています。前回の履歴から予約できるので、細かい内容を入力し直す必要がなく、とても便利な機能です。

ほかにも、アプリを通じてクーポンなどを配信、ポイントカードやお友達紹介カードとしても利用ができます。

Googleマイビジネスからも予約を受け付けられる

リザービアを利用していればGoogleマイビジネスも無料で利用できます。検索画面からすぐに予約ができるため、途中で予約をやめてしまうことが減ります。

Googleマイビジネスは他の類似店を検索した時にも表示されるので、お客様の目に届きやすく、新規の顧客の獲得に有効です。

Googleマイビジネスは地図だけでなく、予約も受け付けられます。Googleマイビジネスから受けた予約もリザービアの予約管理システムで、自動管理することができます。

インスタグラム連携予約

インスタグラムに投稿する際につけるハッシュタグと、メニューを自動で紐づける設定ができます。お客様がインスタグラムを見ていいなと思ったサービスをそのままメニューに飛んで予約できるので便利です。

お客様の中でもインスタグラムの利用者は増えてきており、インスタグラムの投稿からかんたんに予約できるようになると来店に繋がりやすくなります。もちろんインスタグラムからの予約も自動で一括にまとめられ管理されるので予約を見落とす心配もありません。

※インスタ連携はオプション機能です。

LINEアプリ

LINEを使って新メニューのお知らせやクーポンを配信できます。また、予約のリマインドメッセージを送ることもできるので、お客様の予約日時のうっかり忘れを防ぐことができます。

LINEを活用することで、お客様がLINEの利用者であれば、新しくアプリをダウンロードする必要がありません。お客様に手間をかけさせることなく、新メニューのお知らせやクーポンの配信を行うことができます。※LINE連携はオプション機能です。

クーポンで新メニューをアピール

リザービアの予約アプリでは、対応できるメニューや、利用できる期間を設定することができます。新しいメニューのお試しクーポンなどを作ることができるので、必要に応じて施策を打つことで効果的に新メニューをアピールすることができます。

他にも、Webサイトやアプリだけに表示するといった設定も可能です。リピーターのお客様向けのクーポンなどを柔軟に設定できるので、色々な方法でアピールが可能です。

ほかにも便利な機能で美容室の集客をサポート

ホームページやSNSからの予約のほか、クーポンサイトからの予約も一元管理ができるBMSや、クーポン付きのDMを配信する機能など、美容室の集客に活用できる機能がたくさん備えられています。

リザービアは、機能の提供だけでなく集客サポートを手厚く行っていることが人気の理由の1つです。集客に関する知識が身につくセミナーの開催や、電話によるサポートも行っています。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

お客様の目を引く新しいメニューを効果的にアピールしよう

お客様の目を引く新しいメニューを効果的にアピールしよう
今回は、美容室の新メニューを作る上でのポイントを紹介しました。なんとなく作るのではなく、ターゲット層や価格など細かく分析して作るのが大きなポイントです。

また、新メニューを作ったら効果的なアピールを行って、集客していきましょう。リザービアは、新メニューのアピールにも活用できる機能がたくさん備えられているため、必要に応じて導入を検討してみましょう。

BMS
Googleで予約
PAGE TOP