オンライン回数券とは?美容室が採用するメリット・デメリットを解説

美容室が回数券を採用するメリット
作成日
更新日
リザPOS
A’staff Cloud Smart

回数券は顧客の足をお店に運ばせるフックになるアイテムのひとつですが、最近ではその回数券もオンライン化が進むようになってきています。
従来は紙の形で利用されていたものがオンライン化することに伴い、特有のメリットやデメリットが生じますし、効率的に活用するために押さえておきたいコツも変わってきます。

本記事では、美容室がオンライン回数券を導入するメリット・デメリット、オンライン回数券を採用すべき美容室の特徴などについて説明すると同時に、オンライン回数券を導入する際におすすめのサービスもいくつか紹介します。

オンライン回数券とは

オンライン回数券とは

オンライン回数券とはその名の通り、オンラインで利用できる回数券のことです。書類やクーポンなどのペーパーレス化が叫ばれて久しいですが、その流れに乗って回数券もオンライン化されるケースが増えてきています。

オンライン回数券の形式はさまざまで、スマートフォンのアプリを利用するものもあれば、ICカードに入れられるようなものもあります。
ペーパーレス化が現在よりも進行すれば、回数券と言えばオンライン回数券のことを指すような日が来ることも、十分考えられます。

美容室がオンライン回数券を採用するメリット

美容室がオンライン回数券を採用するメリットとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • リピーターの獲得につながる
  • 売上が安定する
  • コストを削減できる
  • 管理などのオペレーションの手間が省ける
  • 事前決済が可能で会計のミスなどが減る
  • 回数券を常に持ち歩くことができる

それぞれのメリットについて説明します。

リピーターの獲得につながる

美容室に来られる方の中には、行きつけの美容室を決めてずっとそこに通い続ける方もいらっしゃいますが、中には固定の美容室を決めずにいろいろなところに通うという方もいらっしゃいます。
そのような方をリピーターにできれば、美容室にとっては大きなメリットですが、そのために大きな効果を発揮する可能性があるのが、(オンライン)回数券です。

回数券は発行されたお店でしか使うことができませんから、自然とそのお店に通うようになります。
来店回数が増えて接触が増えることにより、相手のことをより知ることができれば、接客を通してしっかりとリピーターに固定することができるでしょう。

売上が安定する

回数券の値段設定は、少し割安に設定されているケースが大半です(カット1回5,000円のところをカット10回で45,000円など)。このようにサービスを少しお得な料金で利用できるとなれば、「前もって購入しておこうかな」と考える方もいらっしゃいます。その結果、顧客単価の上昇が期待できるというのが、回数券の大きなメリットです。

上述したリピーターの獲得につながるという点も含めて、売上アップに大きく寄与してくれるでしょう。

コストを削減できる

回数券を紙で発行している場合、その印刷コストは馬鹿になりません。白黒であれば多少なりともコストを抑えることはできますが、カラー印刷となるとかなりの負担になります。
また、美容室によっては回数券をお客様の家まで郵送しているようなケースもありますが、その場合はさらに郵送費用まで上乗せでかかることになります。

オンライン回数券を利用すれば、印刷や郵送にかかるコストがすべて必要なくなるので、大幅にコストを削減することができます。コスト削減は利益アップにつながりますが、業務内容をほぼ変えることなく利益がアップするのは、大きなメリットであること間違いありません。

管理などのオペレーションの手間が省ける

回数券を用いる場合、どのような内容のものをどれだけ発行して、実際のところ誰が何枚利用してくれているということをきちんと管理し、それを今後の回数券の内容や施策に反映していくのが望ましいです。
しかし日々の仕事で忙しい美容師の方が、そういった業務にまで手が回るかと言われれば、甚だ疑問であると言うのが正直なところでしょう。

オンライン回数券にすれば、管理すべき情報がすべてデータとして残されるので、管理などのオペレーションの手間を大幅に省くことができます。そうすることで本来の業務に集中できるようになるので、美容室にとってもお客様にとっても、いいこと尽くめです。

事前決済が可能で会計のミスなどが減る

オンライン回数券の中には、来店する前にネット上で回数券を利用することを選択しておけば、その時点で支払いまで済ませられるようなものもあります。
そのような場合、来店時にレジで支払いを行う必要がなくなるので、会計のミスを減らすことができます。

美容室の規模によっては、レジ担当専門の人員を雇っていることもありますが、事前決済が可能なオンライン回数券を導入することで、人件費の削減にもつながるでしょう。
美容師が自らレジ打ちを行っている場合でも、付随的な業務を行わずに済むようになるので、生産性のアップが期待できます。


無料
オンライン回数券の導入について相談してみる

回数券を常に持ち歩くことができる

美容室を利用する方にとってのメリットとしては、回数券を常に持ち歩くことができるということが挙げられます。

紙の回数券の場合、利用するためには財布やカード入れなどに入れておく必要がありますが、財布などにはほかに入れるものもあるため、美容室に行く日以外は回数券は別のところで保管しておくということも少なくありません。
そして、いざ回数券を利用しようと思ったときに、どこに保管したか忘れてしまって利用できない…といった経験をお持ちの方も多いと思います。

これはもちろんお客様にとってもショックなことですが、美容室にとっても機会損失につながります。

オンライン回数券を導入すれば常に回数券を持ち歩くことができるようになるので、回数券を使えずに損をしてしまったという気持ちになることがありませんし、美容室側の機会損失も防ぐことができます。

美容室がオンライン回数券を採用するデメリット

美容室がオンライン回数券を採用するデメリット

逆に、美容室がオンライン回数券を採用するデメリットとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • セキュリティ面に不安を感じる方もいる
  • 慣れていない方が面倒に感じてしまう
  • スマートフォンやアプリのトラブルで利用できない可能性がある
  • 客単価が下がってしまう

それぞれのデメリットについて、説明します。

セキュリティ面に不安を感じる方もいる

オンライン回数券はその名の通りオンライン上で管理・利用する回数券なのですが、これまでオフラインで利用していたものがオンライン化すると、セキュリティ面に不安を感じる方も一定数いらっしゃいます。

自分が知らないうちにログインされて勝手に利用されてしまうんじゃないか、ハッキングされて利用回数が変更されてしまうんじゃないか、など不安要素は尽きないものです。こういったケースでは、美容院側がどれだけ大丈夫ですと説明しても、お客様自身が納得できなければ意味がありません。

セキュリティがしっかりしているサービスを利用していることを、お客様にどうにか理解して納得してもらうよう心がけましょう。

慣れていない方が面倒に感じてしまう

紙の回数券を利用する場合は、財布やカード入れから取り出してそれを提示するだけでOKです。
しかしオンライン回数券の場合は、アプリを起動してメニューを選択して回数券の画面を提示する必要があるなど、利用までの手順が少し煩雑な場合もあります。

そのような場合、慣れていない方が面倒に感じて回数券を利用してくれなくなってしまうかもしれません。オンライン回数券を導入する場合は、利用する際の手間のことまで踏まえて検討する必要があります。

スマートフォンやアプリのトラブルで利用できない可能性がある

オンライン回数券は、スマートフォンの電波が悪い、アプリが起動しないなどのトラブルひとつで、利用できなくなってしまう可能性があります。
少し待てばトラブルも解消して利用できるようになることも多いですが、しばらく経っても利用できないことも、ないわけではありません。

このようなケースにおいて、回数券が利用できないという理由で通常料金での施術となった場合、お客様の不満が溜まってしまうことは間違いありません。
回数券が利用できないというトラブルが起きてしまっても、その際の施術は回数券適用料金で行い、次回来店時に回数券の回数を2回分消費するというような対応を心がけましょう。

客単価が下がってしまう

回数券を利用した場合の施術1回あたりの単価は、回数券を利用しない場合の単価よりも下がるのが普通です。そのため、回数券の利用は客単価の低下に直結します。

ほかのサービスの併用を進めることで客単価アップも見込めないわけではありませんが、美容室ではカットしかしてもらわないというようなお客様の場合は、サービスの併用もなかなか見込めません。

しかし、逆に考える事もできるでしょう。例えば、新規客の3回目来店率が著しく低い店舗(2回目40%、3回目10%)では、2回目の方限定で購入できる回数券を用意してみるのはどうでしょうか。
こういった施策によって結果的に売り上げアップを目指す事も可能となります。回数券はそのお得さがお客様にとっての大きなメリットではありますが、通常と比べてどれくらい割り引くかは、顧客単価・リピート率・客数などの数字を軸に考える必要があります。

関連記事:客単価アップに繋がる高単価メニューの作り方のポイントを徹底解説

オンライン回数券を採用すべき美容室の特徴

オンライン回数券を採用すべき美容院の特徴

ここまで紹介してきたオンライン回数券のメリット・デメリットを踏まえて、オンライン回数券を採用すべき美容室の特徴を考えた場合、以下のような特徴が挙げられるでしょう。

  • オープンしたばかりで顧客獲得が大きな課題である
  • 利益率アップのためにコストの削減を検討している
  • 少人数で業務を行っている
  • 利用者の年代が若めである

それぞれの特徴について、説明します。

オープンしたばかりで顧客獲得が大きな課題である

新しくオープンした美容室にとっての大きな課題は、いかにして顧客やリピーターを確保するかということです。

技術力の高さや気持ちのいい接客などが広まっていけば、徐々にリピーターも増えていくと思いますが、なるべく早くリピーターを確保できないとお店自体が立ち行かなくなってしまう可能性もあります。

そのような際に役立つのが、オンライン回数券です。回数券があれば、「もう1回あの美容室に行ってみよう」という動機になりますから、オープンしたばかりの美容院はオンライン回数券の導入を積極的に検討するとよいでしょう。

利益率アップのためにコストの削減を検討している

お店の利益率を上げるためには、売上を伸ばすかコストを削減する必要がありますが、売上を伸ばすのはそう簡単なことではありません。コストを削減する場合も、人件費を削減すればサービスの低下につながりますし、業務に必要な備品などを減らしてしまえば、お客様の満足度が低下してしまうでしょう。

そこで、現在紙で発行している回数券をオンライン回数券に変更することで、サービスや満足度を低下させることなく、コストの削減を行うことが可能です。
導入時に多少のコストは発生するかもしれませんが、長い目で見ればコストカットになること間違いありません。

少人数で業務を行っている

少人数のスタッフで運営している美容室の場合、それぞれのスタッフが抱える業務量はかなりのものになります。そのため、本業であるカットやカラーなど以外の業務に対する負担は、なるべく軽くしたいものです。

オンライン回数券を利用すれば、回数券の管理に関するオペレーションの手間を省くことができますし、事前決済が可能なものであれば、レジ打ちを行う必要もなくなります。
オンライン回数券導入による業務の効率化は、少人数の美容室にこそ大きな恩恵をもたらすでしょう。

利用者の年代が若めである

美容室は立地によって利用者の層や年代が大きく変わりますが、若い世代が多く利用する美容室のほうが、オンライン回数券は導入しやすいでしょう。

若い世代のほうが、新しいものやオンラインのものを取り入れることに抵抗感がありませんし、それらを使いこなすのも圧倒的に上手です。利用者の年代が少し上の美容室でオンライン回数券の導入を検討している場合は、利用者に事前にアンケートを取るなどしてみて、感触を確認してみたほうがよいかもしれません。

オンライン回数券を効果的に使うコツ

オンライン回数券を効果的に使うコツ

オンライン回数券はただ導入するだけでは意味がなく、お客様にいかに利用してもらえるかが重要です。

オンライン回数券を効果的に使うコツとしては、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 美容室のメンバーズカードなどと一緒に使えるようにする
  • 予約システムと併用する
  • 美容室からの提案も行えるようにする

それぞれのコツについて、説明します。

美容室のメンバーズカードなどと一緒に使えるようにする

最近では美容室のメンバーズカードもアプリ上で登録するなど、オンライン化しているところが増えてきています。(関連記事:ポイントカードを導入している美容室のリピート率が高い理由

メンバーズカードも回数券も、美容院に来店して施術を受ける際に必要なものですが、それぞれ別のアプリやシステムで利用する形だと、お客様に二度手間になってしまいます。
どちらも同じプラットフォーム上で利用できるようにすることで、お客様の利便性が向上するため、オンライン回数券を積極的に利用してくれるようになるでしょう。

美容室側の確認の手間を省くことにもつながります。

予約システムと併用する

オンラインでの予約システムを設ける場合、そのシステムを利用する際にオンライン回数券を利用できるようにするのが便利です。

先ほどのメンバーズカードの話と同じく、予約を行う際に一緒に回数券を使えるようにしておいたほうが、お客様の利便性向上につながって回数券を利用してもらいやすくなります。
また、予約システムと併用できるようにしておけば、回数券の残り回数の把握なども容易になるため、お客様にとっても美容室にとってもメリットがあります。
関連記事:美容院の予約管理システム選びで確認すべき4つのポイント

美容室からの提案も行えるようにする

いろいろな種類の回数券を発行している美容室の場合、お客様がすべての回数券の存在を把握していないことも考えられます。

回数券を利用しているお客様の場合でも、そのお客様が存在を認識しておらず利用していない回数券のほうが、より適しているということもあるでしょう。そういったことも踏まえて、美容室から「こんな回数券もあります」というような提案をできるようなシステムがあると便利です。

回数券利用時などに「こちらの回数券をお使いのお客様にはこのような回数券もおすすめ」というような案内を出すことで、ほかの回数券利用につなげられる可能性が高まります。

おすすめのオンライン回数券サービスを紹介

おすすめのオンライン回数券サービスを紹介

リザービアのクーポン機能なら細かく設定できておすすめ!

基本となる予約管理システムに加えてさまざまな機能を利用することが可能で、その中のひとつに回数券の発行が可能なクーポン機能があります。
リザービアではクーポンに利用回数制限(トータルの使用数制限、個人の使用数制限)を設けることができます。リザービアのクーポン機能と予約アプリのサロンカードやLINE予約を使う事で、お客様はアプリ上で自身のクーポンを管理する事が可能です。

また、回数券の表示は

  • 予約ページのみに表示
  • 予約アプリのみに表示
  • 非表示(シークレット)

から設定することができるのも便利なポイントです。
とくに、シークレット状態に設定したクーポンを特定の方にだけ送信して上げる事で、アプリ上で回数券の管理を行うこともできます。

回数券の導入と同時に予約管理システムも刷新したいとお考えの美容室の方には、非常におすすめできるサービスです。

 

【まとめ】

美容室のオンライン回数券導入にはメリットもデメリットもある

オンライン回数券は非常に便利なサービスであり、リピーターの獲得や売上アップ、コスト削減などのメリットが期待できます。その一方、セキュリティ面を不安に思われるお客様から敬遠されたり、客単価が下がってしまう可能性があったりといったデメリットも、ないわけではありません。

ただ、新しくオープンした美容室やスタッフの数が少ない美容室などでは、導入により大きな恩恵を受けられる可能性が高いので、導入を前向きに検討してみるのがおすすめです。

オンライン回数券が利用できるサービスはいくつかありますが、オンライン回数券は予約システムと連動するような形で利用できるのが便利です。
その点を踏まえると、予約管理システムをベースとして、オンライン回数券などのさまざまな機能を備えたリザービアは非常におすすめなので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

LINE連携予約
  • アプリでクーポンの管理をしたい
  • オンライン回数券を導入したい
  • LINEから予約をできるようにしたい
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

BMS
リザPOS
PAGE TOP