美容室が男性客(メンズ)を集客効果的な方法

作成日
更新日
LINE連携予約
Googleで予約
女性は美容室へ行き、男性は床屋に行くと言う習慣が昔はあったようですが近年では男性の美容室利用客が増加しています。
そんな今だからこそ男性のお客様に来店してもらう為に動く必要があるのです!

男性のお客様は年々増加している?

はじめに、この記事を読む前に「美容室は女性をターゲットにすべきだ
とか「男性より女性の方が多くのお金を使ってくれる

だとか考えていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、ホットペッパービューティーの調べによると

【女性全体の利用率は86.0%、前年から横ばい。30代は前年比2.0pt増。】
であるのに対して
【男性全体の利用率は34.9%、前年比1.8pt増。40代は前年比7.0pt増、30代は同3.6pt増。】
という結果がでています。
しかし、男性は全体的に利用者数が増加しており特に40代男性では前年に比べ7.0ptも利用者が増えています。

〈参考文献〉ホットペッパービューティーアカデミー

【美容センサス2019年上期】≪美容室・理容室編≫

 

男性客に来店してもらう利点

男性客が増えているのは分かったけど女性の方が男性よりもたくさんお金を使ってくれるし結局女性客の方が良さそう」
と思っているあなた!
確かに男性客の方が1度の来店で使うお金は少ないかもしれません。しかし、男性客は月に1度遅くても2ヶ月に1度は髪を切りに行きます。
そして、男性客が増加している今もう1つ大切なことがあります。それは、男性客は1度行った美容室をリピートする確率が高いと言うことです。

男性客は女性客と違い、新しい美容室を探すことを面倒くさがる傾向にあるためです。

そして、仮に女性が美容室に訪れる回数を3ヶ月に1度使う額を1万円。男性は1ヶ月に1度使う額を4千円とすると女性は1年間で4万円使うのに対して男性は4万4千円使います
つまり、長期的な目線で見ると女性客よりも男性客をターゲットとした方がお店の利益としてはプラスになるかもしれません。
加えて女性よりも男性の方が同じ店に通う傾向が高く今男性客の美容室に通う割合が増加しています。
もう、男性客よりも女性客の方が大事なんて言えません。

どうすれば男性客に来てもらえるか

おそらくここが1番の課題だと思います。
しかし、それには女性客をターゲットにした場合とは少し違った視点で考える必要があります。

 

1、価格設定に気をつける

今まで千円〜2千円の床屋さんで髪を切っていた方が
「これから美容室に通おう!」
と決心しても1度のカットで1万円もすると分かったらなかなか手がだせないですよね?
なので、できるだけ良心的な価格に設定することが男性客を惹きつける上では大切になってきます。

 

2、特別感を出す

「初回限定○%オフ!」とか「男性限定○%オフ!」ってなんだか惹かれませんか?

はじめは例え利益が少なかったりしてもそこで来店してくださったお客様が「また行きたい!」と思ってくれるようなサービスを提供できればそのお客様はまた来てくれるはずです。

それを続けていればお客様はリピートしてくれるようになります
リザービアでは、◯◯限定クーポンなどが作成しやすい機能を用意しています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
男性客に足を運んでもらう大切さを分かってもらえましたでしょうか?
男性が美容室に通う割合が増えた今だからこそ男性の集客が大切になっています。

今この瞬間にも男性のお客様が他の美容室に流れて行っています。
すぐにでも行動を始めましょう!

 

予約管理システム/POSシステム導入の際はお任せ下さい!

リザービアは美容業界で最も利用率の高いWEB予約システムです。

  • 登録なしのカンタン予約
  • クーポンサイトに頼らない自社集客
  • 自社ホームページの強化
更にサロンPOSとの予約連動で予約&顧客を一元管理できちゃいます!

様々な導入事例は コチラ から。

資料請求も受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。

 

LINE連携予約
Googleで予約
PAGE TOP