美容室がクーポンで集客するメリットとは? 作成のポイントとおすすめの配布方法

美容室がクーポンで集客するメリットとは? 作成のポイントとおすすめの配布方法
公開日
更新日

クーポンとは、切り取って使用する券のことをいいます。お客様がクーポンを会計時に使用することで、会計金額からある程度の割引を受けることが可能です。

最近では、美容室や飲食店などのチラシで配布されていることが多いですが、数あるクーポンの中から自分のお店のクーポンを選んで使ってもらうにはどのような工夫が必要なのでしょうか。ここでは、美容室がクーポンで集客するメリットと、作る際のポイントなどをご紹介します。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室がクーポンで集客するメリットとは?

美容室がクーポンで集客するメリットとは?

クーポンといってもさまざまな種類があるため、種類によっては作ろうとしているお店の業種には合うものと合わないものがあります。せっかくクーポンを作っても、お店に合わないものでは効果を見込めません。

ここでは、美容室におすすめのクーポンの種類と、クーポンによる集客のメリットを解説します。

集客するならどんなクーポンがおすすめ?

クーポンはお客様にとってお得になるものを準備するのはもちろん、美容室にとってもメリットがないと作る意味がありません。まずは、美容室の集客に使えるおもなクーポンの種類をご紹介します。

1. 新規客用クーポン|初回限定割引

新規のお客様を対象にしたクーポンを作るのであれば、初回限定割引がついたクーポンがおすすめです。

たとえば、初回限定でパーマとカットが30%オフ、パーマだけなら10%オフなど、コース別に割引率を設定してみましょう。はじめて来店する際の敷居を下げ、お客様に行ってみようと思わせるような内容にするとお客様にとっても来店しやすくなるはずです。

2. 既存客用クーポン|次回利用時割引

はじめて来店してくれたお客様に、お店のリピーターになってもらうためには2回目以降の来店に使える次回利用時割引がついたクーポンを用意するとよいでしょう。

具体的には、初回来店から1カ月以内の来店なら10%オフ、2回目の来店なら10%オフ、3回目なら15%オフというようにお客様がもう一度訪れたくなるような設定にするのがポイントです。なお、予約管理システムのリザービアではリピーター専用のクーポンを発行できます。

3. 紹介客用クーポン|友達紹介割引

友達を紹介してくれたときに利用できる、友達紹介割引のついたクーポンを用意するのがおすすめです。

具体的には、お客様からの紹介でカット料金が10%オフになる、紹介した人のスタンプカードのポイント付与率が倍になるなどの特典があるとよいでしょう。友達を紹介すると、どんなメリットがあるのかを伝えることが重要です。

クーポンで集客をするメリットとは?

美容室でクーポンを使うことには、一体どんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、クーポンで集客をするメリットをご紹介します。

1. 新規客を呼び込みやすい|来店のハードルを下げる

クーポンを使うことで、新規のお客様を呼び込みやすいことが挙げられます。お客様が気になっている美容室があった場合、クーポンがあれば「一度行ってみよう」と思うきっかけになり、来店しやすくなるからです。

これまで入ったことのない美容室に入ることはお客様にとってはハードルが高く、そのハードルを下げてくれる効果があります。ちょうどいい割引率のクーポンであれば、お客様も安心して来店できるため、美容室とお客様の双方にとってメリットがあるでしょう。

2. 再来店を促せる|お得が続く

美容室としては、一度来店してくれたお客様に継続して来店してほしいものです。来店回数で割引率が変わるなどのリピーターのお客様にとってよりお得なクーポンを発行することで、継続的な来店に繋がり、リピーターとなってくれる可能性が高まります。

リピーターを獲得することこそが、美容室の経営を継続させるためのポイントといっても過言ではないでしょう。

3. 紹介客を獲得できる|口コミの信頼感

リピーターが増えてきて美容室の経営が安定してくると、さらなる新規顧客を獲得したくなるでしょう。このとき、友達紹介クーポンを利用することで、口コミ経由で新規客を得られる可能性があります。

このクーポンであれば、一度でも来店してくれているお客様からの口コミによる紹介になるので、新規に来店されるその友達も、ある程度の信頼感を持って来店できるでしょう。

4. 客単価を上げられることも

クーポンに「5,000円以上ご利用の方に○○をサービス」などの条件を盛り込むことで、客単価を上げられる可能性があります。

このようにクーポンに付加価値をつけることで、お客様も「サービスがついていたほうがお得」だと感じ、そのために本来のカットやパーマなどの施術以外にトリートメントをつけようという気持ちになるからです。

集客効果を高めるには? クーポン作成の6つのポイント

集客効果を高めるには? クーポン作成の6つのポイント

ただクーポンを作っただけでは、思ったような集客効果が得られない結果になることも珍しくありません。

クーポンを作って配布するだけでも集客効果が高まる可能性はありますが、せっかくクーポンを作るなら、より高い集客効果を目指したいものです。ここでは、集客効果を高めるクーポン作成のポイントをご紹介します。

1. クーポンの内容を吟味する|ターゲットやタイミング

クーポンを作れば集客できるといっても、ただ割引しただけのクーポンでは、お客様にとって使えないクーポンとなる可能性もあります。無計画に割引したクーポンを作るのではなく、美容室がターゲットにしている客層や美容室が売りにしている施術をアピールするといった目的を想定して作ることが大切です。

また、美容室のオープン記念や周年記念など、そのクーポンをどのようなタイミングで配布するかも考えて作るとよいでしょう。

2. 割引率には気をつけよう|通常料金に不満を抱かせない

クーポンは、安ければ安いほどいいというものではありません。安すぎるクーポンは、通常料金は高いのだろうか、なにか裏があるのではないかとお客様に不安を抱かせてしまう結果になりかねないからです。

また、あまりに割引率を高くしてしまうと、お客様が殺到してしまい、オーバーワークとなる可能性も。そのため、事前にクーポンを発行する狙いや目的を決めたうえで割引率を設定しましょう。

3. メニュー選びは慎重に|時間と手間に注意

クーポンの対象にするメニュー選びは、クーポンの割引率と同様に注意すべき項目です。時間と手間のかかるメニューを割引の対象にすると、そこにお客様が集中してしまい、スタッフの負担が増えてしまう可能性があります。

また、時間が詰まってしまうことで、既存のお客様が予約を取れずに迷惑をかけてしまうだけでなく、最悪の場合はそのお客様が離れてしまうこともあるので注意しなければなりません。

4. 既存客にも配布する|定着率を上げる

クーポンを作る場合、新規顧客に目がいきがちですが、既存のお客様にも目を向ける必要があります。せっかくクーポンで新規顧客を獲得したとしても、これまで来店してくれていた既存のお客様を逃してしまったら、クーポンを作る意味がないからです。

お客様の定着率を上げるために、来店周期や回数に合わせた効果的なクーポンを作成するようにしましょう。

5. わかりやすく興味を引くクーポン名をつけよう

クーポンを作る際には、お客様にどんなクーポンなのかがわかりやすく、興味を引くようなクーポン名にしましょう。

クーポン名の工夫だけでなく、写真やイラストなどを使い、パッと見てお客様になにを伝えたいのかがわかるデザインにするのがおすすめです。

景品表示法には注意!

お客様を呼び込みたいからといって、クーポンに過剰な表現や嘘を盛り込んではいけません。サービスをよりよく見せようとして、あり得もしない効果があることを記載すると優良誤認とみなされます。

さらに来店時にプレゼントを渡す、クーポンと引き換えにノベルティを渡すという行為は景品表示法に引っかかる場合があるのでノベルティの金額には注意しましょう。違反した場合は、罰金の納付に繋がる可能性があります。

クーポンはどこで配布する? おすすめの配布方法を紹介

クーポンはどこで配布する? おすすめの配布方法を紹介

クーポンを作ったあとは、どこで配布するとよいのでしょうか。ここでは、クーポンの集客効果を高めるおすすめのクーポン配布方法をご紹介します。

1. 美容系のポータルサイト

美容系のポータルサイトを使い、クーポンを配布するという方法があります。このサイトは、日本全国のほとんどの美容サロンの基本情報が網羅されており、なおかつ美容室の予約ができる機能も備わっていることが多いです。

また、お客様が美容室を探す場合に最初に利用することが多いこともあり、魅力的なクーポンを掲載することで、予約に繋がる可能性が高いでしょう。

参考記事:美容室・美容サロンがポータルサイトに登録するメリットとは?|おすすめポータルサイト12選

2. ダイレクトメール

既存のお客様には、ダイレクトメールにクーポンを添付して、直接お得な情報を送るのもよい方法です。ダイレクトメールに添付して送ることで、お客様にとっては特別感を感じられ、利用を促す効果があります。

なお、予約管理システムのリザービアなら、クーポン付きのダイレクトメールを送る機能がついているため、来店頻度や来店回数などの条件を設定して送ることが可能です。

3. LINEの公式アカウント

既存のお客様にクーポンを配布する方法としては、使用する人数が多いLINEを使うという方法もあります。LINEにはLINE公式アカウントというサービスがあり、お店側がアカウントを作れば、友だち追加をしてくれたお客様向けに直接情報を届けることが可能です。この機能を利用すれば、比較的かんたんにクーポンを配布できるようになります。

また、予約管理システムのリザービアにはLINE連携予約機能を搭載しているのが特徴です。そのため、より効率的にクーポンを配布できます。

LINE連携予約オプション

4. 店舗で手渡し

アナログな方法ではありますが、直接お店で手渡しして配布するという方法もあります。手渡しであるため、その場でクーポンを見てもらえるのが特徴です。

渡すタイミングとしては、施術を終えたタイミングがおすすめ。会計時などの施術が終わり、気分が高まっているタイミングでクーポンの内容を説明しながら渡すことで、お客様にそのクーポンのお得感をより正確に伝えられます。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

クーポンをうまく利用してお客様を呼び込もう!

クーポンをうまく利用してお客様を呼び込もう!

クーポンはメリットも多く、集客に効果がある反面、高い効果を発揮するためにはちょっとしたコツが必要です。新規客や既存客、紹介客など、それぞれの利用対象者を絞ったクーポンを用意することで、お客様としても、その店舗を利用しやすくなります。

また、お客様にとってお得な割引のあるクーポンを発行することで、継続的な来店に繋がることもあるので、リピーターとなる可能性も高まるはずです。クーポンをうまく活用し、これまで以上に多くの新規顧客やリピーターを獲得しましょう。

引用元
景品表示法|消費者庁

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください