フェイシャルエステとは?資格なしで開業できる理由と開業に有利な資格を解説!

フェイシャルエステとは?資格なしで開業できる理由と開業に有利な資格を解説!
公開日
更新日

フェイシャルエステサロンの開業にあたって気になるのが資格の必要性ではないでしょうか。結論からお話しすると、フェイシャルエステサロンの開業に資格は必要ありません。ではなぜ資格がなくても開業できるのでしょうか。

そこで今回は、フェイシャルエステの概要にくわえ、資格なしで開業できる理由と、さまざまなメリットから有利な資格について紹介します。正しい知識と有利な資格を押さえ開業に役立てましょう。

LINE連携予約
  • フェイシャルエステサロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

フェイシャルエステとは

フェイシャルエステとは
フェイシャルエステとは、顔のケアを行うエステのことです。フェイシャルと言っても、顔に限らず首やデコルテ周りが含まれることもあります。

一般的にエステサロンでは、先進技術を取り入れた美顔器やサロンオリジナルの化粧品を用いて行われる施術が多く、「セルフケアでは難しく感じる部分もサロンでは特別なケアが受けられる」と、性別問わず高い人気があります

フェイシャルエステサロンには美肌のスペシャリストが在籍していることもあり、肌に関する悩みや不安を相談しながら適切なケアが受けられるのも特徴の一つです。

フェイシャルエステサロンの開業に資格は必要ない

フェイシャルエステサロンの開業に資格は必要ない
フェイシャルエステの開業にあたって必要な資格はありません。ただし、顔そり(シェービング)はフェイシャルエステではできない行為であると、法律で定められています。ここからは、フェイシャルエステの施術範囲について紹介します。

なお、フェイシャルエステの開業に必要なものや手続き、流れについては下記ページで詳しくまとめています。開業前に準備不足で慌てることがないよう、この機会にチェックしておきましょう。

フェイシャルエステを開業するには何が必要?開業までの手続き・流れを紹介

フェイシャルエステの施術範囲は理容師(美容師)法で規定されている

フェイシャルエステでは、刃物を使った顔そり(シェービング)は禁止行為に分類されます。これは厚生労働省の理容師法で定められていることで、もしフェイシャルエステで顔そりを行う場合は、理容師免許の取得が必須

ほかにも、美容液を使用したパック・化粧品を使用したフェイシャルのみの施術、眉毛パーマ・美顔脱毛などは首から上を美しくするための施術とみなされ、美容師免許が必要です。

フェイシャルエステでできる施術には、ハンドトリートメント・パック・毛穴クレンジング・イオン導入・EMSまでなので、フェイシャルサロンではどこまでできるのかをしっかり調べておきましょう。

引用元
厚生労働省:理容師法概要
厚生労働省:美容師法の概要

民間のエステ資格を取得するメリット

民間のエステ資格を取得するメリット
フェイシャルエステの開業に必要な資格はありませんが、取得しておくと有利にはたらく民間資格があります。ここでは、民間資格を取得するメリットを紹介しましょう。

転職や就職、独立に有利

民間資格であっても、保持している資格を履歴書に書けば、技術や知識があることが採用担当者に評価され、即戦力として雇用されやすくなります。さらに、資格がなければ応募できないフェイシャルサロンもあることから、取得によって応募できる選択肢が広がるのもメリットです。

待遇・給与面で優遇されやすい

上述したように、資格があると、技術・知識がある人材であることが証明でき、即戦力と判断され、待遇や給与面で優遇される場合があります。

またすでにサロンで働いている場合、資格取得によって資格手当といった優遇措置を受けられるケースや給与アップにつながりやすいなどのメリットもあります。

有資格者はお客様の信頼を得やすい

有資格者はお客様の信頼を得やすいです。たとえば、はじめて来店を検討するお客様がサロンを選ぶときに、無資格者が経営するサロンと有資格者の経営するサロンではどちらを選ぶでしょうか。

一般的な考えであれば、有資格者が経営するサロンの方が安心して予約できると考えるでしょう。このようなケースを踏まえ、多くのフェイシャルエステサロンでは、お客様の安心と信頼を獲得するため、資格認定証の賞状を飾っているほどです。

さらに、有資格者の経営するサロンだからこそ、家族や友人に紹介しやすいといった集客効果も得られます。民間資格であっても、取得によって多くのお客様の信頼を獲得し、さらには集客効果にもつながるのは大きなメリットと言えるでしょう。

最新情報に基づいた正しい知識と技術を得られる

資格取得によって最新情報に基づいた知識と技術が得られるのもメリットの一つ。学ぶ機会がなければ知識や技術のアップデートがされず、最先端技術を用いたサロンに遅れをとってしまう場合があります。

さらに、最先端技術を受けたいお客様のご要望に添えられないことから、来店数の低下につながる恐れもあります。

このように民間資格の取得には、現在の知識や技術をブラッシュアップできるきっかけになるというメリットもあると言えるでしょう。

フェイシャルエステサロンにおすすめの資格

フェイシャルエステサロンにおすすめの資格
ここからは、フェイシャルエステサロンにおすすめの資格を紹介します。資格の概要を押さえ、開業に役立ててください。

AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン(日本エステティック協会)

一つ目は、日本エステティック協会の「AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン」です。衛生面や安全面を踏まえ、エステの基本知識とフェイシャルケアの基礎をもつエステティシャンにに与えられる資格です。受験資格や試験内容は下表のとおりです。

受験資格 ・エステティックについて学び、またはエステティック関連業に従事する者
資格申請条件 ・協会認定校または理・美容師養成施設で認定フェイシャルエステコースまたは認定ボディエステコース(60時間以上)、認定フェイシャルエステ・ボディエステコース(104時間以上)を修了
・800時間以上の実務経験者(週40時間換算で6ヶ月を目安とする)
・AJESTHE登録教室において所定の認定フェイシャルエステコースまたは認定ボディエステコース(60時間以上)、認定フェイシャルエステコース・ボディエステコース(104時間以上)を修了
試験内容 理論試験(四肢択一・マークシート式の筆記試験)
受験料 個人申込
単願:8,200円(税込)
併願:15,400円(税込)

団体申込
単願:7,700円(税込)
併願:15,400円(税込)

なお、試験内容はテキストの「認定フェイシャルエステティシャン認定ボディエステティシャン 理論と技術」より出題されます。

引用元
AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン

AEA認定エステティシャン(日本エステティック業協会)

日本エステティック業協会が発行する「AEA認定エステティシャン」は、同協会が発行する3種類の認定資格のなかでも基本的な資格です。エステの基本的な知識と技術をもち、安全なサービスができる人であることを証明する資格でもあります。受験資格や試験内容は下表のとおりです。

受験資格 ・エステティックに関連する実務経験(フェイシャル又はボディ)が1年以上ある方
資格申請条件 ・AEA認定校にてカリキュラムを履修するか、エステティックサロンでの実務経験(フェイシャル又はボディ)が必要となり、認定試験(筆記・実技)に合格後、登録申請することで資格取得
試験内容 ・筆記試験
・実技試験
受験料 10,560円(筆記)
13,640円(実技)

引用元
日本エステティック業協会:AEA公式サイト エステティシャンになる

Beauty Therapy Diploma(CIDESCO-NIPPON)

エステティックの教育機関CIDESCOが発行する3資格のうちの一つである「Beauty Therapy Diploma(ビューティーセラピーディプロマ)」は、エステの基本が学べる資格です。

開業やエステ講師のほか、海外での活動を検討するエステティシャンに有利な資格です。なおCIDESCOの基準はとても高く、難易度の高い資格と言われています。

しかし、難易度の高い資格だからこそ多くのお客様の信頼を得られる資格でもあるといえるでしょう。受験資格や試験内容は下表のとおりです。

受験資格 一般
・エステティックの基礎教育を600時間以上受けている
・エステティックにまつわる実務経験が2年以上ある
・受験申込書類の審査に通過する

学生
・CIDESCO国際認定校で1200時間以上のカリキュラムを受講している
・CIDESCO国際試験に合格している
受験料 一次試験:11,000円(税込)
本試験:68,200円(税込)
事前講習費用 132,000円~(税込)
(CIDESCO国際認定校で行われる事前講習を、60時間以上受講する)
登録料 56,100円(税込)

引用元
CIDESCO NIPPON:ビューティーセラピーディプロマ

フェイシャルエステの資格を取るには

フェイシャルエステの資格を取るには
フェイシャルエステサロンの開業にも有利な民間資格。取得するにはどのような方法があるのかもあわせて知っておきたいものです。ここからは、資格を取る方法について紹介します。

しっかり学びたいならエステスクール・専門学校に通う

ポピュラーな方法としては、エステスクールまたは専門学校に通う方法があります。これからエステティシャンを目指す人はもちろん、エステの開業に役立つ資格を取りたいと考える人にも有効な方法です。

実習時間もあり、講師から直接指導を受けることもできるので、毎日の学びのなかで実践的な高いスキルを身につけられます。

さらに、スクールによっては卒業後の開業・就職・進路相談など、さまざまなシーンで手厚いサポートを受けられることもあります。

短期で目指すなら短期コースのエステスクールに通う

できるだけ早く資格取得を目指したい人には、短期コースのエステスクールに通う方法があります。 短期コースは取得したい資格に特化しているので、できるだけ早く必要な知識と技術を学びたい人に最適です。

なお、短期コースのある民間資格には、「AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン」や「AEA認定エステティシャン」などがあります。

仕事と両立して資格取得を目指すなら通信講座を利用する

仕事と両立しながら資格取得を目指したいなら、通信講座がおすすめです。働きながら自分のペースで学べるので、ライフスタイルに負担をかけずに資格取得が目指せます。

通信講座はテキストや動画などを使って行う自宅学習とスクーリングが主で、基本的な知識はもちろん、実践的な技術も学ぶことができます。なお、通信講座のある民間資格には「AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン」や「AEA認定エステティシャン」などがあります。

LINE連携予約
  • フェイシャルエステサロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

フェイシャルエステ開業後、細かな作業を効率化したいなら「リザービア」がおすすめ

フェイシャルエステ開業後、細かな作業を効率化したいなら「リザービア」がおすすめ
フェイシャルエステを開業するときは、細かな作業を効率化できる予約システムを導入しておくのがおすすめです。

予約システムとは、お客様の予約を24時間365日、どのタイミングでも受け付けられたり、さまざまな外部ツールの予約を一元管理できたりするなど、サロンにとっては頼もしいシステムのこと。

目的に合わせて予約システムを選べば、事務作業を大幅に削減し、施術に専念することも可能です。

ここでは、予約システムのなかでもサロンに特化した「リザービア」について紹介します。

自社ホームページやクーポンサイトからの予約を一元管理可能!

リザービアでは、自社ホームページやクーポンサイトからの予約を一元管理できる「BMS(ビューティマネジメントシステム)」を搭載しています。

そのため、サロンを複数のクーポンサイトに登録している場合、すべてのクーポンサイトの予約をリザービア一つで管理することが可能です。

さらに、自社ホームページとも連携できるので、予約状況を管理したいサイトがどれだけ多くても、リザービアがあればいつでも簡単にチェックすることができます。

関連ページ
美容サロン向け予約ダブルブッキング防止ができる予約システム

SNSやLINEを使ってアピールできるので集客にもつながる!

リザービアでは、公式LINEやInstagramとも連携でき、パソコンやタブレットからいつでも予約状況をチェックできます

さらに、「スタッフ設定」という機能も便利。たとえばInstagramのプロフィールに「指名予約URL」を入力しておけば、スタッフの指名予約率が把握できるほか、対応可能メニューなども設定できるので、お客様の目的にあわせてスタッフを選びやすくなります。

関連ページ
公式LINEと連携
Instagramと連携

クーポン機能を使えば予約アップにも効果的!

新規顧客やリピーター獲得を目的に、サロンオリジナルのクーポンを使いたい場合もあるでしょう。リザービアは、クーポン機能も搭載しています。

リザービアのクーポン機能は、サロンカードアプリやWebサイトで配信できるクーポンのほか、学生やリピーターのみが使える限定クーポンなども配信可能です。

さらに、サロンや施術のイメージがわかりやすいクーポンに仕上がるよう、画像を挿入することもできます。

関連ページ
チケットクーポン
クーポン

フェイシャルエステ開業に資格は必要ナシ!自主的に民間資格を取得すれば活躍の幅を広げられるチャンスも!

フェイシャルエステ開業に資格は必要ナシ!自主的に民間資格を取得すれば活躍の幅を広げられるチャンスも!
フェイシャルエステの開業には必要な資格がありません。しかし、顔そりをする場合は理容師免許が、首から上だけの施術や眉毛パーマなどを行う場合は美容師免許が必要になるため、メニューを決めるときは注意が必要です。

開業にあたって必要な資格はなくても、民間資格を取得しておけば、お客様からの信頼を得やすくなるほか、安心度の高さから集客につながることがあります。

本記事を参考に、開業やサロン運営に活かせる資格について押さえたら、この機会に取得を目指してみてはいかがでしょうか。

なお、開業直後は予約が殺到し、予約や顧客管理が大変になる可能性もあります。もし、細かな作業に不安や煩わしさを感じるときは、リザービアを使って業務効率化をはかり、施術や接客に集中できる環境を作りましょう。

Reservia資料請求フォーム

    開業前の方は開業予定の都道府県をお選びください
    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    ※一番あてはまるものをお選びください ※一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP