フェイシャルエステを開業するには何が必要?開業までの手続き・流れを紹介

フェイシャルエステを開業するには何が必要?開業までの手続き・流れを紹介
公開日
更新日

フェイシャルエステのプロとして、自分でサロンを開業したいと考えている方もいるのではないでしょうか。開業するには、決めるべきことや購入するものなど、多くの準備が必要です。

そこで、フェイシャルエステサロン開業に向けて「やらなければならないこと」をまとめました。開業を目指す方の参考になれば幸いです。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

 

フェイシャルエステの施術の種類とは?

フェイシャルエステの施術の種類とは?
フェイシャルエステの施術には、いろいろな種類や方法があります。以下で例を挙げましょう。

  • ピーリング
  • クレンジング
  • イオン導入
  • 超音波
  • パック
  • EMS など

どの種類を導入するかによって、必要な道具や機器にも違いが出ます。

必要な資格とは

フェイシャルエステサロンを開業するのに必須の資格は、とくにありません。ただし、メニューに顔そりがある場合、施術者に理容師免許が必要です。

また、資格がなくても開業できるとはいえ、民間資格を取ることで、エステの知識や技術があることをお客様にアピールできます。エステの民間資格としておすすめなのは、「AJESTHE認定エステティシャン」や「AEA上級認定エステティシャン」などです。

その他に必要なスキルは?

フェイシャルエステの現場では、エステの施術を行うスキルはもちろんのこと、お客様の希望をうかがい適切な施術を行うためのカウセリングスキル、気持ちよくサロンを利用してもらうためのマナーや接客のスキルが求められます。

しっかり身につけ、お客様に癒やしのひとときをご提供しましょう。

フェイシャルエステを開業するならコンセプトを決めよう

フェイシャルエステを開業するならコンセプトを決めよう
フェイシャルエステの開業時には、サロンの雰囲気やターゲット層、どんな場所で開業するのかといったコンセプトを決めることも大切です。

  • 一人世帯が多いエリアで、日々仕事で忙しい女性がサロンのプライベート空間で癒やされ、お顔にハリツヤが出て心身ともに元気になる
  • 高級住宅街で、高年齢層のマダムが高品質のフェイシャルエステマシンで若々しさを取り戻し、一段と明るく健康的になる など

とくに数多くの競合が存在する場合、他のサロンとの差別化が重要。コンセプトは経営の基盤になるものなので、明確に決めて「お客様から選ばれるサロン」を目指しましょう。

フェイシャルエステを開業するのはどんな場所がいい?

フェイシャルエステを開業するのはどんな場所がいい?
フェイシャルエステサロンを開業するためには、店舗を用意しなければなりません。そこで、店舗を構える場所を選ぶ際のポイントを押さえましょう。

立地

サロンにふさわしい立地は地域によって異なるため、大まかなエリアに合わせて選ぶ必要があります。公共交通機関で移動することの多い地域なら駅周辺など、車移動の多い地域なら駐車場が取れる場所などです。

また、落ち着いた空間にするために閑静な場所を選ぶ、美容に関するサロンのため見た目のきれいさにこだわるなど、周辺の環境や店舗の外観にも配慮するとよいでしょう。

物件

サロンとして開業する物件は、自宅やマンション、店舗用のテナントなど、コンセプトに合わせて選択しましょう。居抜き物件であれば、内装工事費を安く抑えることができるというメリットがあります。

コンセプトに合わせて、お客様が快適に過ごせるようにインテリアやBGMにもこだわるとよいでしょう。

フェイシャルエステのメニューを決める

フェイシャルエステのメニューを決める
冒頭でお伝えしたように、フェイシャルエステにもさまざまな種類があります。そこで、メニューの設定も必要です。自分が得意とするメニューや、ターゲット層に需要のあるメニューなどを取り入れましょう。

メニューによっては機器などが必要になり、準備の手間や必要な費用も増えるため、はじめから全部やろうとせず、できるところから始める方法でもかまいません。

フェイシャルエステの開業に必要な備品を確認

フェイシャルエステの開業に必要な備品を確認
フェイシャルエステの営業に必要な物品もたくさんあり、買いそろえなければなりません。以下で例を挙げます。

  • ベッド
  • 美容機器
  • 化粧品類
  • ワゴン
  • 家具
  • タオル
  • コットン
  • パソコン など

なかでも、化粧品を選ぶ際は安全性に十分注意する必要があります。さまざまな肌質のお客様がいるため、無添加やアレルギーテスト済みのものを選びましょう。使用前には、お客様の現在の肌状態や、過去の肌トラブルの状況などをきちんと確認することも重要です。

フェイシャルエステの集客方法とは

フェイシャルエステの集客方法とは
フェイシャルエステを開業するとなれば、お客様に来てもらわなければなりません。そこで、オープン前から集客を始めることも必要です。

近所のお客様に向けてアピールする場合はチラシを配布する、若いお客様をターゲットとしている場合はSNSなどのインターネットを活用するといったように、ターゲットに適した集客方法を選びましょう。

また、ひとつの方法だけに絞らず複数の方法を試すことをおすすめします。

売上の目標を明確にしよう

売上の目標を明確にしよう
サロンの経営を成功させるためには、はっきりとした売上目標を立てることも重要です。そこで、開業にかかる費用や毎月かかる経費(家賃・水光熱費・通信費など)を計算し、そこに毎月どの程度の収入が欲しいのかをプラスして、明確な売上目標を設定しましょう。

1ヶ月の売上目標を立てたら、月の営業日数で割って1日あたりの目標金額を出します。さらに、その売上を達成するのに必要なお客様の人数と施術がどのくらいなのかも計算して、具体化してみてください。

フェイシャルエステの開業に必要な資金の目安

フェイシャルエステの開業に必要な資金の目安
フェイシャルエステサロンの開業にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。費用の項目と金額の目安は下記の通りです。

  • 物件取得費(敷金・保証金など):100万円前後
  • 内装工事費:20~100万円前後
  • エステ用機器代:ピンキリ(100万円以上の高額なものも)
  • 備品費:10~30万円前後
  • 広告費:数万~100万円

開業方法や施術メニューなどによっては、不要もしくは低額で抑えられる費目もあります。そのため、開業費用の総額は、自宅で開業する場合は30万~100万、賃貸なら150万~200万程度を目安として考えておくとよいでしょう。

開業資金を準備する方法

貯蓄だけでは開業資金が足りない場合、助成金や融資制度を活用する方法もあります。また、状況に応じて、身内から援助してもらう・クラウドファンディングで調達するといった手段も検討しましょう。

フェイシャルエステを開業するのに届け出は必要?

フェイシャルエステを開業するのに届け出は必要?
フェイシャルエステサロンの開業には届け出が必要です。どんな届け出をすればいいのかを押さえましょう。

個人事業主として届け出る

個人事業としてサロンを開業する場合は、「個人事業の開業・廃業等届出書(開業届)」を税務署に提出しなければなりません。

引用元
個人事業の開業・廃業等届出書

届け出ることにより、個人事業主用の共済に加入できる・屋号で金融機関の口座を作れるなどのメリットがあります。

法人として届け出るにはどうすればいい?

事業所得(売上から経費を引いたもの)が500万を超える場合は、法人化するとよいでしょう。個人事業主から法人に切り替える際は、設立届出などの必要書類を税務署・税事務所・市区町村役場に提出します。

なお、法人化の手続きは複雑なため、ひとりでの対応が難しい場合は税理士に相談するのがおすすめです。

予約システム「リザービア」は集客にも活用できる

ここで、サロンの経営を効率化してくれる便利なサービスを紹介しましょう。

「リザービア」は、美容室やエステサロンなど美容業界で多くの導入実績がある予約管理システムです。集客に活用できる機能もそろっているため、下記でチェックしてみてください。

自社サイトやクーポンサイトなどからの予約を一元管理

自社サイト以外にも、クーポンサイトやSNSなどを通じて予約を受け付けたいというサロンもあるのではないでしょうか。

そこで、リザービアは「BMS」という一元管理機能を搭載。まとめて管理することで、各予約状況を確認する手間を軽減でき、ダブルブッキングの防止にも役立ちます。

関連ページ
BMS

クーポンでお客様にサービスを利用してもらおう

クーポンを活用することで、効果的に集客をすることができます。

リザービアでは、「新規のお客様向け」「既存のお客様向け」といったように、対象を限定してクーポンを発行するなど、細かい設定が可能です。また、オンライン回数券として利用できる「チケットクーポン」機能もあり、リピーター施策として役立ちます。

関連ページ
クーポン
チケットクーポン

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

きちんと準備を整えてフェイシャルエステの開業をしよう


きちんと準備を整えてフェイシャルエステの開業をしよう
フェイシャルエステにはさまざまな施術の種類があり、開業時には店舗のコンセプト・場所・メニューなどを決めて、工事をしたり必要なものを購入したりしなければなりません。やるべき準備を順番に進めて、開業を成功させましょう。

また、予約システム「リザービア」を使うことで効果的な集客もできるため、開業準備とあわせて、ぜひ導入を検討してみてください。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP