個人サロンでホームページは必要?作るメリットや作成時のポイントなどを紹介

個人サロンでホームページは必要?作るメリットや作成時のポイントなどを紹介
作成日
更新日

個人サロンを開業する際、やらなければいけないことはたくさんあります。とくに、どのように集客をするかという点で悩んでしまう人は一定数いるでしょう。

集客をおこなう際の対策のひとつとして、ホームページを作成する方法があります。作り方がわからない人もいるかと思いますが、近年ホームページは格安でかんたんに作成できるようになりました。ホームページは競合店との差別化を図れるといった点でも、優秀な集客です。

今回は、集客に役立つホームページを作るメリットや作成時のポイントについてくわしくご紹介します。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

個人サロンのホームページとは

個人サロンのホームページとは

個人サロンのホームページとは、予約サイトやSNSとは別に自店の情報がまとめられたホームページのことです。

自分でホームページを作成することも可能ですが、パソコンの知識がない人でも外注すれば作成してもらえます。自分のお店の雰囲気にあったホームページを作成することで、より集客に役立てることが可能です。

個人サロンがホームページを作るメリット4つ

個人サロンがホームページを作るメリット4つ

作成には少し手間と労力がかかるホームページですが、作ることでどんなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、個人サロンがホームページを作るメリットをご紹介します。

1. サロンの信用度が上がる

来店前のお客様は、雰囲気はどのようなお店なのか、どんなスタッフがいるのかなどの不安をもっていることが多いです。ホームページでは店舗の画像や口コミ情報を掲載できるので、来店前委にお客様が抱えている不安を緩和させられます。

また、ホームページを作成することで、サロンの情報が公開できるため、サロンの信頼度を上げることも可能。さらに定期的に情報の更新がされているホームページは、より来店してみたいと思ってもらえるでしょう。

2. 集客サイトに頼らず集客できる

集客サイトでは高額なプランで契約したサロンの表示が優先されることもあるため、個人サロンでは期待した集客効果を得られないこともあります。しかし、ホームページでは予約の受け付けもホームページからおこなえるため、集客サイトに頼らずに集客導線を作れるでしょう。

また、集客サイトを利用しながらホームページを運営することで、より高い集客効果を得られます。さらには店舗のブランディングにもなるため、個人サロンのホームページ運用はメリットが多いです。

3. 低コストで作成できる

ホームページについての知識がないので、ホームページは作成しないという人もいるでしょう。しかし、近年ホームページは比較的低コストで作成できるようになりました。ホームページを活用することで、予算をかけずに認知度のアップが可能です。

ホームページを作成する際には時間もお金もかかってしまうのは事実ですが、作成後は比較的手間をかけずに運用できます。

4. サロンの雰囲気やメニューがより伝わる

集客サイトやSNSはもともとのサイトのデザインを間借りして利用しているため、自分のお店の雰囲気を伝えにくいというデメリットがあります。それに対してホームページは自由度が高いため、お店の雰囲気を見た目でお客様に伝えやすいのがメリットです。

ホームページでお店の雰囲気を写真や言葉などで伝えることによって、よりサロンの雰囲気がお客様に伝わり、集客のきっかけにもなるでしょう。

ホームページを作るときの4つのポイント

ホームページを作るときの4つのポイント

ホームページはただ作成すればいいというものではなく、ポイントを押さえることでよりよい集客効果が望めます。ここでは、ホームページ作成のポイントを確認しておきましょう。

1. 目的を明確にする

まずは、ホームページを作る目的を考えてみること大切なポイントです。ただ漠然と作るのでは集客に結びつきづらいので、どのような目的で作るのかを明確にしましょう。

目的がなかった場合、誰もホームページを訪問してくれない、費用ばかりかかって集客効果が得られないといったデメリットが発生します。目的を明確にするためには、自分のお店をどのようにしたいのかといったコンセプトを考えることが大切です。コンセプトをもとにして、お店の雰囲気に合わせたホームページ作成を心がけましょう。

2. ホームページを見てほしい客層を想像する

サロンや美容室の経営において、ターゲット層を意識することが集客には大切なことです。ホームページも意識するターゲットに合わせて作成する必要があるので、サロンの求める客層に合わせて、ホームページを見てほしい客層をイメージしましょう。こうすることで、デザインの方向性などが定まりやすくなります。

自分の好きな色を使っていくのではなく、ターゲットとしているお客様がなにを求めているのかといった観点でホームページを作成しましょう。

3. トップページに力を入れる

ホームページを訪問してもらった場合でも、魅力がないと判断されてしまうと途中で離脱されてしまいます。離脱されないためには、トップページに力を入れるという対策が有効です。お客様が最初に見るトップページのデザインや情報を工夫することで、印象に残るホームページになります。

また、トップページとそれ以外のページで色合いなどのデザインは統一するようにしましょう。統一感がないホームページも、お客様が途中離脱してしまう原因となります。

4. サロンのアクセスや予約導線は必須

ホームページに追加する内容は自由であるものの、必須で盛り込んだ方がよい内容はあります。たとえば、サロンのアクセス方法や予約導線は必須です。自宅からサロンまで、どのような道のりで行けばよいのかがわかるように店舗の所在地を明記することで、お客様も安心できます。

また、お店にコンタクトがとれるようにすることも大切です。そのため、予約導線や問い合わせフォームといった内容を追加し、よりよりホームページを目指しましょう。

個人サロンでのホームページの作り方

個人サロンでのホームページの作り方

ホームページに馴染みがない人にとっては、そもそもホームページってどうやって作ればいいのかわからない人がいるかもしれません。ここでは、個人サロンのオーナーがホームページを作る方法をくわしくご紹介します。

自分で作る場合

自分で作る場合は一から作ると時間がかかって大変なため、ツールをうまく活用して制作することをおすすめします。

ホームページを制作するツールには無料のものも存在するため、機能面に加えて費用面でもどれにするかを検討することが大切です。つづいては、自分で作るときにおすすめのツールをご紹介します。

ペライチ

ペライチは、誰でもかんたんに高品質なホームページが作れるツールです。予約受け付けや予約の管理もやりやすく設計されていることから、ホームページ運用に不安があるという人でも利用できます。

また、メルマガ配信やSNS連携といった、集客をやりやすくする機能にも対応しているのが特徴。料金プランはライトプラン・レギュラープラン・ビジネスプランといった種類があり、それぞれ機能面と費用面が変わってきます。

ジンドゥー

ジンドゥーはいくつかの質問に答えることで、デザインが自動で出力されるような作りになっている作成サービスです。ホームページを作るためにやるべきことは、文章と写真を挿入するだけ。そのため、その日中にホームページを立ち上げることも可能です。

ホームページに関する知識がなくても作り上げられるので、苦手意識を持っている人でもホームページが作れます。

WordPress

WordPressは、無料で利用することも可能なホームページ作成ツールです。有料プランも用意されているため、より高品質を求めたいという場合にも対応しています。

自由度が高いツールのため、自分好みのホームページを作成できますが、操作や運用管理の難易度が高いという点から上級者向けのツールともいえるでしょう。企業でもよく利用されているツールでもあるため、作成のための関連書籍も数多く出版されています。

グーペ

グーペは、SNS連携・予約管理・アクセス解析といったホームページに必要な機能を兼ね備えているツールです。スマホ用のデザインも用意されていたり、SSL対応もされていたりとセキュリティの部分でも安心できます。

目的・用途に合わせて選べる料金プランがあるので、規模に合わせたホームページ運用が可能です。

おちゃのこさいさい

お店がホームページを簡単に作成できるようにという願いを込めて作られたため、かんたんにホームページが作れるのが売りの作成ツールです。スマートフォンから更新が可能ということで、外出先でもホームページが更新できます。

機能面でもクーポン発行やメルマガ配信などといった機能が用意されており、充実しているのが特徴。料金プランはベーシックプランとアドバンスドプランといった種類がありますが、それぞれ機能面と費用面が変わってきます。

外注する場合

自分でホームページ作成をするのが不安なのであれば、外注するという方法もあります。外注する場合については、エステサロンや美容室など個人サロンの趣旨に特化したホームページを作成できる会社に依頼するのがおすすめです。

業種によってホームページに合うデザインや機能が異なるため、実績のある会社を選ぶようにしましょう。ここからは、実績のある会社をいくつかご紹介します。

株式会社オレンジ

株式会社オレンジは、東京都中野区にある会社です。得意なホームページのジャンルは、「エステ」「ネイル」「まつエク」「美容室」などのサロンとなっています。これまでの制作実績ですが、2,000件以上の美容関係を担当したこともあり、経験豊富です。

制作するホームページの特徴としては、おしゃれなデザイン設計を得意という点と、テンプレートは一切使わずにすべてオリジナルデザインで制作しているという点が挙げられます。料金もリーズナブルのため、費用を抑えたい経営者にもおすすめです。

愛サロHP

株式会社Webマーケティング総合研究所が提供しているサービスの愛サロHPは、東京都新宿区に本社があります。特徴としては、女性スタッフがすべてプロデュースするという点が挙げられるでしょう。女性目線でホームページを制作してくれるため、ターゲット層が女性のサロンホームページ制作に期待ができます。

さらに、4カ月間無料で相談が可能なサービスをおこなっているのが特徴。また、アフターフォローが充実している会社のため、安心して利用できるでしょう。

株式会社リム

株式会社リムは神奈川県横浜市にあり、美容室・エステサロン・ネイルサロンといった店舗のホームページやチラシなどの制作をおこなっている会社です。店舗サイトの制作からスタッフ採用サイトなどといった、目的に応じて多様なホームページ制作をおこなえます。

さらにはロゴ・動画・写真撮影などの素材を幅広く提供しているため、個性的なホームページが制作することが可能。競合店との差別化を図ったホームページを作成できるため、ホームページ運用による集客効果も期待できるでしょう。

個人サロンでホームページを作った成功事例

個人サロンでホームページを作った成功事例

ホームページを制作することは時間と費用がかかってしまうため、優先度が下がってしまうことがあります。

しかし、ホームページを作成することで集客が見込める可能性もあるため、作っておいて損をすることはありません。ここでは、個人サロンでホームページを作った成功事例をご紹介します。

ホームページにWEB予約ボタンを設置【ACOORD(アコール)】

ホームページにWEB予約ボタンを設置【ACOORD(アコール)】

開店前からホームページを準備していたACOORD。そのおかげで、ホームページにWEB予約ボタンを設置することによって開店と同時に予約を埋めることができたそうです。

予約状況が開店前に見えていたため、開店前から事前対策をとれた結果、顧客満足度の高いサービスを提供が実現できたといいます。

100%WEBからの予約にできたことによって、スタッフの人数が少なくても接客を途中で中断することがなくなり、お客様への対応に集中できるようになったそうです。

個人経営の美容サロンで100%Web予約のみ!顧客数が倍になる未来の美容室をご紹介!|ACOORD(アコール

ホームページに対応した予約アプリも併用【cherub(シェラブ)】

ホームページに対応した予約アプリも併用【cherub(シェラブ)】

cherubでは、ホームページに対応した予約アプリを併用することで、ホームページ経由の予約数がなんと3カ月で5.4倍にすることができたそうです。ほかにもお店のイメージを伝え、クーポンの発行がスムーズにできるようにしたといいます。

また、リザービアの予約システムとホームページ運営を併用することによって、ホームページからの予約を増やすこともできました。システムの連携によってできることが広がった結果、より高い集客効果を生み出すことに成功しています。

板橋の美容室でリザービア導入後3ヶ月でホームページ経由の予約数が5.4倍になった集客方法を5つご紹介|cherub(シェラブ)

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

個人サロンもホームページを持つことは大切

個人サロンもホームページを持つことは大切

集客に役立つホームページは、お客様からの信頼度が上がるほか、安心感をもってもらえるなどのメリットがあるため、個人サロンでも制作しておいて損はないでしょう。作り方がわからないという人であっても、作成ツールの利用や外注といった方法を利用すれば、ホームページは手軽に作れます。

しかし、ホームページの機能や掲載する内容をどうするのかは店舗によって異なるため、自分で考えなければいけません。個人サロン経営を目指す人は、まずはどのようなホームページを制作したいかを検討するようにしましょう。集客に役立てられるホームページを作成して、お客様をサロンに呼び込んでみてくださいね。

リザPOS
LINE連携予約
PAGE TOP