美容サロンのお客様がリピートする理由|リピーターを増やす方法3選とシステムの活用方法

リピーターを増やす方法3選 システムの活用方法
公開日
更新日
LINE連携予約
  • サロンのリピートターを増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容サロン経営において、重要な課題はリピーターを増やすことです。
リピート率が収入を一定ラインに維持できれば、必要以上に新規集客を行わずに済みます。

今回は美容室のリピート率を上げるためのポイントやシステムを活用したサービスを紹介します。この記事を読めばリピート率アップに繋がる知識を習得できるでしょう。

美容室の経営にはリピート率を考えた集客が重要!

リピート率を考えた集客が重要

美容室の経営には、リピート率を考えた集客が重要です。新規のお客様の集客には費用がかかるため、リピート率が増えることで安定した経営ができるようになります。

リピート率を増やすことはサロンの収益に直結するのです。 リピート率を考えた集客は事前にターゲットを明確に設定することがポイントです。
ターゲットにマッチした集客を行い、来てくれたお客様に対して高いクオリティでサービスを提供します。こうすることで満足度が上がりリピートに繋がる確立が上がります。

お客様がリピートしない理由とは?

お客様が来なくなる理由は

  • サービスが悪い
  • 接客が悪い
  • イメージと違った
  • 値段が高かった

などが考えられます。また、予約しづらいなど、予約システムが複雑だったり、いつも予約がいっぱいで予約できないような状況では、リピートできません。
これらの理由を改善すると共に他の店とは違うお客様に寄り添った商品とサービスを追求する必要があります。

店舗のターゲットと実際のお客様がミスマッチしている

店舗のターゲットと実際に来店されたお客様がミスマッチしていることは、提供する商品やサービスのミスマッチに繋がります。ターゲットの客層が曖昧な場合、実際に来店するお客様とお店の雰囲気が合わずに、再来店に繋がらなくなる可能性が高くなります。
ターゲットを明確に決めることは、店舗の雰囲気やサービスに合ったお客様の集客に繋がります。ターゲットを明確に設定し、お店のサービスに合った集客を行うことがリピート率の向上にとって重要です。 

他店とあまり差が無いと思われている

誰に対しても同じサービス提供だけでは、他の美容院との差別化が不十分で忘れられてしまいます。お客様の本質的な悩みを解決し、感動体験に繋がる丁寧なサービスの提供が必要です。
カウンセリングの際にお客様の本質的な悩みを引き出すことで本当に求める商品やサービスを提供しやすくなります。 お客様一人ひとりに寄り添ったカウンセリングが本質的な悩みを解決していくことに繋がるのです。悩みを解決する感動体験を提供することで、その後のリピートが期待できます。

来店後のフォローが足りない

来店後のフォローが足りないと忘れられてしまいます。次回予約の促進やリピーター向けの特典などを作ることで思い出してもらうきっかけに繋がります。
具体的には、次回来店時に使えるクーポンやダイレクトメールの発行、LINEでの情報発信などが考えられます。
可能であれば、来店時のアフターカウンセリングで次回の予約のご案内を行いましょう。お客様がお店を常に意識できるようにお店側が意識的にフォローすることが大切です。

リピート率を計算して分析しよう

リピート率を計算

ここからは、リピート率の平均値と計算方法について紹介していきます。リピート率の分析には、予約集計などのツールを活用すると効率的です。リザービアには予約集計のツールはもちろん、顧客管理ツールなどもあります。
来店回数が一目でわかるので、リピート率の平均値や計算する際に活用できます。予約比率も分析できるため、継続的な業務の改善を行いながら、新しい改善施策を打ち出せます。

リピート率の平均値とは

全国の美容室でのリピート率の平均値は、90日間で新規顧客30%、既存顧客70%という調査結果があります。
新規顧客のリピート率の平均値はあまり高くありません。既存顧客も全ての人がリピートしているわけではないことが数字からわかります。 自店の美容室のリピート率はどうなっているでしょうか。

平均値のデータを集めて、新規顧客のリピート率や、既存顧客のリピート率の目標となる値を定めましょう。こうすることで数字を参考に集客方法を見直せます。

リピート率の計算方法

リピート率の計算方法について以下でご紹介します。
リピート率(%)=リピートした顧客数(人)÷新規顧客数(人)×100

  • 期間を区切る
  • 担当者別にする
  • 媒体ごとに計算する

など、原因を明確にできるように計算して分析に活用しましょう。店舗全体のリピート率を計算するだけでは、原因を明確にするには不十分です。 上記のように分けて分析を行うことで、新規顧客の雰囲気や求めるスタイリングに合わせて相性のよい担当者を決めるなどの対策がとれます。

美容室のリピート率を増やすためのポイント

リピート率を増やすためのポイント

ここからは、リピート率を増やすためのポイントを具体的に紹介します。リピート率がなかなか改善できずに悩んでいる美容室の経営者やスタイリストの方はいませんか。お店全体でできることから個人でできることまで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ターゲットを明確にして集客する

店舗のターゲットを明確にして、ターゲットに合った店内の雰囲気を作ることが大切です。
例えば年齢・性格・雰囲気・悩みなどより具体的にしていきましょう。こうすることでどんな雰囲気の内装にするのかやどんなメニューを用意しておくのかなど、店のコンセプトを統一できます。

ターゲットに合った集客を行うことでミスマッチを防ぎ、再来店に繋がります。また、ターゲットは美容室に来店頻度の高い、髪に悩みを持った人や男性などをイメージして設定することでリピートしやすくなります。

クーポンの値段を下げすぎない

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

クーポンや安価が目的のお客様はリピートしづらい傾向にあります。安さが来店動機の場合は、クーポンで初回だけ安くても他でもっと安い美容室を見つけたら次から来てもらえなくなります。初回クーポンを安くしすぎるのはおすすめできません。

ホームページやDMなどでお店の雰囲気や得意なメニューなどを発信し、お店のコンセプトや技術を気に入って来店するお客様を増やしていきましょう。こうすることでリピート客を獲得しやすくなります。
関連記事:美容室の集客方法5選−新規客獲得編【保存版】

お客様に寄り添ったサービスを提供する

スタッフの接客スキルを上げて、顧客満足度をアップさせていくことも大切なポイントです。特にお客様に寄り添ったカウンセリングを行うことで、本質的な悩みを解決するためのサービスを提供しやすくなります。
ヒアリングをしっかりと行うことで、お客様がなにに悩んでいてどうしたいのかを掴めます。接客中はお客様に合わせたコミュニケーションの取り方を研究するなど、常に接客スキルをブラッシュアップしてお客様とのより良い関係をつくりましょう。

来店後もコミュニケーションを取る

次回予約を勧める以外にも、来店のお礼のメールや定期的なDMなどでお客様とコミュニケーションを取りましょう。(関連記事:DMを活用して美容室の失客を防ぎ、リピーターを増やそう!
次回の割引クーポンなどを作るのもおすすめです。 前回の来店からある程度時期が経ち、そろそろタイミングだという時に来店を促しましょう。

あくまでもお客様が当店のことを忘れていたら思い出してもらうぐらいの感覚で行うと良いです。メールやLINEなどの連絡手段で行えば、お客様も目を通しやすく思い出すきっかけができます。

美容室のリピート率を上げるためのサービス

リピート率を上げるためのサービス

リピート率を上げるためのサービスの一例を紹介します。予約管理やサロン管理システムを活用すると効率的に行えます。次回の予約時に使えるクーポンの発行や、ポイントカード、お礼メールの送信などリピート率を上げるために活用できる最新のSNSにも対応した便利な機能があります。

今までこのようなサービスまで手が回らなかった人でも少ない時間の中で使えるツールがたくさんあるので、参考にしてみてください。

次回予約を取りやすくする

次回予約をした時に特典をつけるなど、なるべく来店時に次回予約を取るサービスを行うと次回予約をとりやすいです。または、お客様が手軽に予約を取りやすい方法を準備しておき、紹介してみましょう。
リザービアにはWeb予約のほか、「サロンカード」や「LINE@(LINE公式アカウント)」のからも予約を受け付けられます。お客様の手元で簡単に操作でき、予約しやすくなるでしょう。アプリでポイントカードの管理もできるので、無くすこともなく予約したい時にすぐに確認できます。

ポイントカードを作る

スタンプカード

ポイントカードを作って再来店を促すことは基本です。段階的にお得になるなど、達成しやすいポイント設定をするのがポイントになります。
リピーターとして定着しやすい来店頻度は、3ヶ月以内に2回以上再来店したお客様だと言われています。 得点を受けられるまでが長すぎるとポイントカードを理由にした再来店に繋がりにくくなります。そのため、3回の来店で割引や粗品などの得点をつけるようなシステムがおすすめです。

リザービアの「サロンカード」はポイントカードとしても使えます。アプリで管理できるので無くすことありません。 ポイントカードを導入して、うまく活用している美容室のリピート率が高いことを以下の記事で紹介しています。
ポイントカードを導入している美容室のリピート率が高い理由

来店後のお礼メールやDMを送る

来店後にも思い出してもらえるよう、お礼のメールを送りましょう。また、キャンペーンなどのお知らせを定期的にDMで発信することはも来店動機を促せます。リザービアには自動でメッセージを送信する機能があるほか、顧客管理機能を使ってDM配信ができます。

施術日から最大60日後まで、配信制限なく自動メッセージの登録が可能です。 また、来店日当日のお礼メールから来店から1週間後のフォローメールまできめ細やかなアフターフォローが自動で行えます。限られた時間の中でお客様一人ひとりにアフターサービスを行うには、機能的なツールを有効に活用することがポイントです。

LINE公式アカウントを活用する

Line公式アカウントを使ってお客様とのコミュニケーションを取りましょう。キャンペーンのお知らせのほかに、予約を受け付けたり、予約のリマインドを送信できます。LINE公式アカウントでのコミュニケーションは、お客様が新たにアプリをダウンロードしたり、新規登録をする必要がないので、使いやすいツールです。

リザービアにはLINE連携機能があります。美容業界の中でも、リザービアが先行してミニアプリでの予約サービスを始めています。提供している内容は主に以下の通りです。 お客様(LINEユーザー)はLINEのアプリ内で、4ステップで予約が完了 煩わしい専用アプリのダウンロード不要 LINE上でリマインド通知が送信され、ドタキャン防止 詳しい内容が気になった方は、以下の記事をご覧ください。
関連記事:【美容室の経営者様必見】LINEから予約受付ができるLINEミニアプリ!

また来たくなるようなクーポンを作る

初回のクーポンだけではなく、2回目以降でも使えるクーポンを作ることは再来店に有効です。
初回と再来店とで価格設定に大きく差をつけないようにしましょう。 次回予約で割引や、会員登録、◯日以内に再来店など色んなタイミングでアフターフォローができる機能がリザービアにはあります。

リザービアは、新規顧客向けのクーポンだけでなく、既存顧客向けのクーポンも発行できます。クーポンの管理も一括でできるため、アフターフォローを忘れることなく効果的なタイミングで発行でき、リピートに繋げやすいです。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 人気クーポンもすぐわかる
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

リザービアは美容室のリピーター獲得にも活躍

リザービアは、美容室のリピーター獲得に活用できる機能を数多く提供しています。具体的には、店舗独自のクーポンが設定できる予約システムや、メッセージの送信がしやすい顧客管理機能などがあります。
SNSとの連携もでき一括で管理できるため、スタッフの負担も減ります。SNSをうまく活用することでお客様の目に入る機会が増え、リピーターに繋げやすくなります。リザービアが提供する予約システムはお客様もストレスなく目的のページに辿り着きやすい、わかりやすさを追求したサービスです。

リピート率アップのポイントを抑えてリピーターを増やそう

リピート率を上げる重要性やポイントについてご紹介しました。
リピート率を上げることは安定した美容室の運営を行うためには必要といえるでしょう。リピート率を上げるために行うクーポンの発行などは、予約システムや顧客管理システムを活用して積極的に行いましょう。

リピーター向けのサービスを打ち出していくことはリピート率に大きな影響があります。
ツールを上手に活用しながら、効果的にクーポンやサービスを打ち出し、リピート率を上げていきましょう。

SALON CARD
BMS
PAGE TOP