ホットペッパービューティーのスマート支払いとは? 導入のメリットと注意点を紹介

ホットペッパービューティーのスマート支払いとは? 導入のメリットと注意点を紹介
公開日
更新日

現在多くのサロンが注目する「スマート支払い」は、施術後のお会計が省けることから、お客様の利便性が高く、ドタキャンを防げるといったサロン側のメリットもある便利な機能です。

お客様の利便性やサロンのメリットを踏まえ、近年では導入を検討するサロンも増加しています。

そこで今回は、2023年1月に対応を開始した、ホットペッパービューティーのスマート支払いについて解説します。導入のメリットや注意点も紹介するので、ぜひ今後にお役立てください。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ホットペッパービューティーのスマート支払いとは?

ホットペッパービューティーのスマート支払いとは?

株式会社リクルートが運営する国内最大級のサロン検索・予約サービスのホットペッパービューティーでは、2023年1月31日よりオンライン決済機能「スマート支払い」を開始しました。

ここでは、スマート支払いの特徴を詳しく解説します。

予約時に決済できる便利なサービス

スマート支払いとは、予約時のクレジットカード登録で、来店時に現金・カードの受け渡しをせずに各種お支払いができるサービスのことです。

コロナ禍をきっかけに、感染予防の観点から接触を控えたいといった思いや、キャッシュレス決済やネット予約が普及したことなどが誕生の背景と言われています。

ここからは、スマート支払いの詳細についてさらに詳しく見ていきましょう。

引用元
ホットペッパービューティー:【スマート支払い】スマート支払いとは?
株式会社リクルート:『ホットペッパービューティー』、オンライン決済機能「スマート支払い」を2023年1月31日より導入予定

スマート支払いに利用できるカードとは?

スマート支払いに利用できるカードは以下のとおりです。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

ただし、同ブランドであっても海外発行のものは利用できないほか、デビットカード・プリペイドカードも利用できません。

なお、例外的に一部のデビットカード・プリペイドカードが利用できる場合もありますが、お客様の混乱を避けるため、利用を控えるようアナウンスされているようです。さらにサロンによっては一部対応していないブランドもあります。

引用元
ホットペッパービューティー:【スマート支払い】スマート支払いに利用できるカードは?
ホットペッパービューティー:【スマート支払い】デビットカード・プリペイドカードは利用できる?

分割払いやリボ払いにも対応している?

スマート支払いでは、分割払い・リボ払いに対応していません。原則、スマート支払い利用時は支払回数1回のみとなっています。

引用元
ホットペッパービューティー:【スマート支払い】スマート支払いで、分割払いやリボ払いはできますか?

本人以外のカードも利用できる?

本人以外のスマート支払い(クレジットカード)の利用はできません。来店される方が名義のアカウント・クレジットカードを使用して予約する必要があります。

引用元
ホットペッパービューティー:【スマート支払い】自分は来店せず、代理で予約することはできますか?

スマート支払いでのキャンセル料金は?

スマート支払いでのキャンセル料金は、サロンが設定したキャンセル時の決まりに準じて、予約時に登録したクレジットカード会社へ請求する仕組みになっています。

キャンセル料が発生するケースについては以下のとおりです。

  • キャンセル規定に抵触するキャンセル手続きが行われたとき
  • キャンセル手続きが行われていないまま来店されなかったとき

なお、キャンセル規定の詳細については、予約受付完了メールまたはマイページ内の予約内容詳細画面で確認可能です。

引用元
ホットペッパービューティー:【スマート支払い】スマート支払いの予約をキャンセルした場合、キャンセル料はどうなりますか

スマート支払いから現地支払いに変更したい場合は?

ホットペッパービューティー内でのスマート支払いから現地支払いへの変更はできません。この場合は予約したサロンへ連絡し、来店当日にサロンスタッフの操作から現地支払いに切り替えます。

引用元
ホットペッパービューティー:【スマート支払い】現地支払いに変更したい

スマート支払いの需要が高い理由とは?

スマート支払いの需要が高い理由とは?

スマート支払いの需要はとても高いと言われています。その大きな理由には、2019年末から世界で猛威を振るった「新型コロナウイルス感染症の拡大」が、大きく関係しています。具体的に見ていきましょう。

キャッシュレス決済が普及しつつある

一つめは、キャッシュレス決済が普及しつつあることです。2019年末からの新型コロナウイルス感染症の拡大により、人との接触を最小限に減らせるよう、さまざまなアプリでキャッシュレス決済が導入されました。

対面での会計では現金の受け渡しが必要になることから、飛沫感染を避けるため、キャッシュレス決済を利用するユーザーも増加。この流れから、キャッシュレス決済そのものが普及しつつあると考えられています。

なお、ホットペッパービューティーアカデミーのアンケート調査では、「オンライン決済の利用理由」として、男女ともに一番の理由を「人との接触なしに支払が済ませられる」と回答。このように、キャッシュレス決済が普及しつつある大きな理由には、Withコロナ時代が大きく関係しているといえるでしょう。

引用元
ホットペッパービューティーアカデミー:美容サロンのDXに関する 利用意識・実態調査 【オンライン決済編】

サロンでもキャッシュレス決済を望むお客様が増えた

二つめは、サロンでもキャッシュレス決済を望むお客様が増えたことです。先述した同データによると、美容サロンを利用する男女に「美容サロンで『オンライン事前決済サービス』を利用してみたいですか?」との質問に対して、女性全体の約75%、男性全体の約66%が「利用してみたい」と回答していることがわかりました。

なお、「利用してみたい」の回答には「割引やポイントなどメリットがあるならば利用したい」も含みます。このことを受けてホットペッパービューティーでは、2023年6月5日まで、対象のヘアサロンでスマート支払いをしたお客様へ、5%のポイント還元イベントを実施していました。

このように、キャッシュレス決済の需要の高まりは、コロナ禍による感染対策への意識の高さと比例していることが大きな理由と考えられます。

引用元
ホットペッパービューティーアカデミー:美容サロンのDXに関する 利用意識・実態調査 【オンライン決済編】

スマート支払いを導入するメリットとは?

スマート支払いを導入するメリットとは?

さまざまな理由からキャッシュレス決済の需要が高まっている昨今。現在では多くのサロンでスマート支払いの導入が進んでいます。ここでは、サロン側から見るスマート支払いを導入するメリットを3つ紹介します。

1. 無断キャンセルを減少できる

一つめは、無断キャンセルを減少できることです。スマート支払いは、予約当日に来店されなかった場合に、登録したクレジットカードからキャンセル料金が自動で引き落とされます

これまで無断キャンセルが多かった背景のひとつが、予約していることを忘れていたというものです。そのうえ、キャンセル料金を徴収できるシステムがなかったことから、無断キャンセルをするハードルが低かったことも挙げられます。

しかし、スマート支払いの導入によって、来店しないお客様からキャンセル料を徴収できます。お客様に「無断キャンセルをするとキャンセル料金が発生する」と周知することで、無断キャンセルの抑止につながるのです。

2. キャッシュレス決済を希望するお客様の予約を得られる

二つめは、キャッシュレス決済を希望するお客様を取り込める点です。先述したように、ホットペッパービューティーアカデミーのアンケート結果では、男女どちらも全体の半数以上の方が「キャッシュレス決済を利用してみたい」と回答しています。

回答者全体の約6~7割の方を、キャッシュレス決済の導入によって来店につなげられるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

3. 会計のやりとりが楽になる・レジ締めも楽に

三つめは、会計のやりとりやレジ締めが楽になる点です。スマート支払いの導入によって、非対面での支払いが可能になり、現金での会計が減るので、レジ締め作業も楽になります。

お客様にとっても、サロン側のスタッフにとっても、時間を有効活用できるので、双方にとって大きなメリットと言えるでしょう。

スマート支払いを導入する際の注意点とは?

スマート支払いを導入する際の注意点とは?

スマート支払いには、キャッシュレス決済によって非対面での支払いが可能になり、感染予防の効果があるほか、ドタキャンを予防できるなど、お店側にもお客様にもさまざまなメリットがあります。

しかし、導入にあたってはいくつか注意すべきこともあります。

1. AirIDの登録が必要

一つめは、スマート支払いの利用に際し、「AirID」の登録が必要な点です。AirIDとは、リクルートの業務・経営支援サービスのことです。各項目に必要事項を記載して登録するので、面倒な作業が苦手な人には煩わしさを感じるでしょう。

2. 決済手数料がかかる

二つめは、決済手数料がかかる点です。スマート支払いの利用には、決済手数料が発生します。すでにクレジットカード支払いを導入していた店舗であれば、さほど大きな違いはありませんが、現金のみの支払いに限定していた店舗であれば、利益がやや減少します。

上述したクレジットカードの各種決済手数料は以下のとおりです。

  • Visa:3.24%
  • Mastercard:3.24%
  • JCB:3.74%
  • American Express:3.24%
  • Diners Club:3.74%

このように、3.24%~3.74%の決済手数料が発生することから、サロンの規模や現金中心のやりとりが多かったサロンでは、導入を迷う理由になる可能性があります。

スマート支払いの導入には費用がかかる?

スマート支払いの導入には費用がかかる?

スマート支払いの導入にあたって、必要な費用はありません。初期費用や利用料金も不要なので、いつでも気軽に導入できます。ただし先述したように、スマート支払いの利用にはリクルートが提供する業務・経営支援サービス「AirID」への登録が必要です。

また、スマート支払いはホットペッパービューティーに掲載中のサロンのみなので、スマート支払い機能の導入を検討中の場合は、ホットペッパービューティーへの掲載も検討しましょう。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

リザービアの予約システムとは?

リザービアの予約システムとは?

スマート支払いの導入は、お客様・店舗それぞれに多くのメリットがあります。しかし、スマート支払いの導入によって多くの予約が入ると、顧客情報や予約情報の管理が困難になってしまうでしょう。

そんなときは、サロン業界に特化した予約システム「リザービア」がおすすめです。ここではリザービアの特徴を紹介します。

関連記事
予約システムとは?機能や導入のメリット・注意点などを紹介

1. SNS予約連携|LINE・Instagram

一つめはSNS予約連携です。リザービアはLINEやInstagramといったSNSと連携し、各SNSから予約を受けることが可能です。お客様のなかには、SNS上に広がるサロンの口コミや、サロン公式アカウントをチェックし、店舗の雰囲気や施術メニュー、スタッフの人柄などをチェックしてから予約する人もいます。

そういったユーザーをお客様として迎えるには、SNSアカウントからいつでも予約を受けられるよう準備し、予約までのハードルを下げることが大切。

リザービアでは、LINEやInstagramアカウントと連携できるので、いつでもどこでも各SNSからの予約を受けることができます。

関連記事
Instagram連携

2. 予約の一元化|BMS

二つめは予約の一元化です。リザービアにはBMS(ビューティー・マネジメント・システム)が搭載されており、ホットペッパービューティーのようなクーポンサイトや、各SNS、自社ホームページなどからの予約をリザービアひとつで管理できます。

複数の媒体の予約状況やDMをいちいち確認しなくても、リザービアを開くだけで予約状況を確認できるので、確認・入力作業を大幅に削減可能。細かな作業が不要になるので、予約・顧客情報管理のミスを防げるほか、ダブルブッキングの予防、さらにはスタッフの労力削減にも有効です。

関連記事
予約の一元管理

3. メッセージ自動配信

三つめは、メッセージ自動配信機能です。リザービアにはメッセージ配信機能として、お客様へのお礼・フォローメールはもちろん、キャンペーン情報を配信できるなど、リピーター獲得にも有効です。

さらに、来店前日に自動メッセージを配信するよう設定すれば、お客様へのリマインドにつながり、ドタキャンも予防できます。メッセージ自動配信機能はターゲットを絞って配信可能。来店からしばらく空いているお客様用や学生用など、おすすめしたいメニューなどにあわせて自由に配信できるのも魅力の一つです。

関連記事
メッセージ自動配信

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

リザービアはサロン運営を強力にサポート!

リザービアはサロン運営を強力にサポート!
ホットペッパービューティーのスマート支払いは、さまざまな理由からキャッシュレス決済を待ち望むお客様のために誕生した、新しい支払い方法です。そのため、導入によっては多くのお客様の来店・予約により、店舗の混雑が予想されます。

キャッシュレス決済を導入するときは、予約システムもあわせて検討しましょう。予約システムとの連携によって業務効率化はもちろん、サロンの利便性を高められるので集客にもつながります。

リザービアでは上述した以外にも、連携した媒体から24時間365日いつでも予約を受けられる機能や、Google予約との連携、導入後の手厚いサポートによって集客強化やリピート率向上のヒントを得るといったことも可能です。

リザービアは2023年10月現在で5,000店舗以上もの導入実績があります。下記ページでは成功事例についてまとめているので、この機会にぜひご覧ください。

成功事例

Reservia資料請求フォーム

    開業前の方は開業予定の都道府県をお選びください
    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    ※一番あてはまるものをお選びください ※一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP