効果的に成果を上げたい美容室はもうリスティング広告始めている!

作成日
更新日
リザポス
Googleで予約

とあるクーポンサイトが値上げされてから、それ以外の集客方法を探している美容室のオーナーさんも少なくないのではありませんか。
しかし、なかなかクーポンサイト以外での集客方法を見つけられずに、高い広告費用を支払いながら苦難している美容室がとても多いようです。

集客を積極的に行っている方が一度は検討したことあるのが「インターネット広告」ではないでしょうか。

インターネット広告も様々なものがあるので「どんな広告を出せばいいの?」とお悩みだと思います。
すぐに効果的に成果を上げたい。目的を明確に持ったお客様にアプローチしたい場合におすすめしたいインターネット広告が、「リスティング広告」なのです。

 

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、検索エンジン(Yahoo、Google)で検索した際に、その検索結果に対して表示される広告のことです。
下の図が【表参道 美容室】とGoogle検索した時のイメージです。

【広告】というアイコンが付くのでユーザーは広告と分かります。
そのため、自然検索(SEO)結果に比べるとクリックされにくさはありますが、それでも上位に表示されるので広告としては非常に強いです。

容易さと即効性を求めている方にはリスティング広告はお勧めです。

リスティング広告の課金方式は1クリックごとの課金です。広告が掲載され、クリックされなければお金はかかりません。

金額はキーワードごとに差があり、同じキーワードで広告を出している美容室が多いほど金額は高くなります。
例えば、美容室が密集している新宿、渋谷エリアは、インターネット広告を出している美容室が多いことが予想されます。
そのため、【所沢_美容室】よりも【渋谷_美容室】というキーワードの方が1クリックの金額が高くなるというわけです。

リスティング広告のメリット

ユーザーが検索したキーワードに対して広告を出せる、ということは
あなたの経営する美容室の近所で「美容室を利用したい!」と思っていてインターネット検索している人に対して広告が出せる!ということです。

つまり、見込み客の可能性が高いユーザーにのみ広告を表示することができるのです。
さらに、SEO対策と比較すると手軽に、検索上位に表示させることができるため即効性があります。

リスティング広告にご興味あるサロン様はご連絡ください。

リスティング広告のデメリット

先述しましたが、人気のあるキーワードは1クリックあたりの費用が高くなります。

また、目的を明確に持ったユーザーとは相性が良いのですが、逆に“興味・関心のないユーザーに興味・関心を持ってもらいたい場合には、リスティング広告ではなく、ディスプレイ広告がオススメです。

インターネット広告で美容室が集客するための施策

美容室がインターネット広告で集客するために気を付けたいことを3つのポイントに分けて紹介します。

1.事前準備

ます重要なことは『広告を見た人が来店しやすいかどうか』ということです。

せっかく広告をクリックしてホームページに来てくれても、あなたのホームページにお客様の知りたい情報が書いていなかった場合、来店まで繋がりません。

あなたの美容室のホームページはどうですか?
クリックした先が魅力的な内容になっていなかったら、まずは自社のホームページを改善しましょう。

もし、この準備ができない場合はインターネット広告はやらない方が無難です。

広告のクリック先のページをランディングページと言いますが、
そのランディングページを簡単に作成するセミナーも開催するので、
ご興味ある方は詳細をご確認(満員御礼で終了)ください。

 

2.検索キーワード選定とユーザーの目に留まる広告文の設定

リスティング広告で成果を上げるために特に重要なポイントです。

・ 検索キーワード選定
広告からのリンク先であるサイトへ集客し、ターゲットユーザーをコンバージョンさせるためにも、様々な関連ワードを設定し最適な広告になるよう選定していきます。

キーワードはいくらでも掲載できるので、初期は多くのキーワードで掲載し、
運用していく中で結果に結びついたキーワードは残し、
結果に結びついていないキーワードは削除する対応をデータを元に実施していきます。

・ ユーザーの目に留まる広告文の設定
ユーザーがクリック&検索したくなるような下記のキーワードを散りばめて広告文を設定して広告を開始します。

人気ワード:「おすすめ」「人気」「流行」「話題」
価格ワード:「値段」「価格」「高給」
比較ワード:「ランキング」「比較」
評価ワード:「クチコミ」「好評」「評価」「評判」

3.効果の検証と改善

広告を開始した後は「どのようなキーワードで結果が出たのか」、その結果「どのキーワードを削除するのか」という活動をします。

また実際に来店したお客様のデータと紐つけて調べます。

どんなお客様が、何の端末(パソコン、iPhone、スマホ)などで何時ごろに広告をクリックしたのか?
『時間帯・デバイス・エリア』ごとに予算を設定し広告のコストパフォーマンスを上げていきます。

インスタ連携予約
LINE連携予約
PAGE TOP