エステの集客方法5選!失敗の原因と成功につなげるためのポイントを解説

エステの集客方法5選!失敗の原因と成功につなげるためのポイントを解説
公開日
更新日

エステサロンの売上をアップさせるためには、お店のコンセプトを全面に押し出し、お客様が来店・リピートしたくなるような効果的な集客を実行していく必要があります。

しかし、具体的にどのように集客をしていけばいいのか悩んでいる方も多いはずです。

本記事では、エステの集客がうまくいかない原因を分析し、集客を成功させるためにどんな要素が必要になるのか、具体的な方法について解説します。

自分のお店の売上アップにつながるエステの集客方法を見つけてみましょう。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

エステの集客がうまくいかない3つの原因

エステの集客がうまくいかない3つの原因
エステサロンの集客がうまくいかないと悩んでいるお店は、お店の強みをPRできず、リピーターを作る仕組みがうまく機能していないケースが多いです。自分のお店の状況と照らし合わせながら、どんな点を改善すべきなのかを確認しましょう。

1.集客方法がうまくマッチしていない

お店にうまくマッチングしていない集客方法を実行しても、想定していたような集客効果を得られなかったというケースは少なくありません。

エステサロンの集客方法は、インターネット広告やSNS広告のようなオンライン広告から、折り込みチラシやポスターなどのオフライン広告まで幅広いです。それぞれの広告には特徴や強みがあり、お店によって集客効果には差が出ます。

分析・検証を繰り返して、お店にマッチした集客方法を見つけていきましょう。

2.リピーターを生む仕組みを考えられていない

エステサロンの集客に失敗してしまう原因として考えられるのが、一度お店を訪れたお客様が、その後リピーターになってくれないというケースです。

新規のお客様を獲得するためには、まずお店のコンセプトやサービスを認知してもらう必要があり、実際に足を運んでくれるまでの広告費用が高くなりがちです。

しかし、リピーターを獲得できれば、新規顧客の獲得に向けたリソースを減らし、お客様との関係性の構築やサービス内容の向上を目指すことで集客できます。

お客様がお店のリピーターになりたいと思うような仕組みを考えて、お店の集客戦略に活かしていけば、少ない費用で安定的な売上をあげることができるでしょう。

3.競合とのサービスの差別化ができていない

エステサロンが集客に失敗してしまう時は、競合店舗とのサービスの差別化ができていないケースが多いでしょう。

他のお店では体験できないサービスや極上のリラックス空間を提供するなど、価格の安さ以外の付加価値を売りにして、アピールするのがおすすめです。安さで勝負をしても、競合他者との価格競争におちいってしまい、お店の長期的な売上は期待できません。

お店独自のサービスやコンセプトに対して価値を感じてもらえれば、値段に関係なくお店のサービスを受けたいと考えるリピーターも増えるでしょう。

エステの集客を成功させる3つのポイント

エステの集客を成功させる3つのポイント
エステサロンの集客を成功させるためには、ターゲットやコンセプトの明確化が不可欠です。お店が設定した「どんなサービスを誰に売るのか」を軸に集客を行いましょう。

ポイント1.集客ターゲットを明確にする

エステサロンの集客を考える際には、誰に対してアピールしたいサービスなのかを明確にする必要があります。まずは、すでにお店に来店したことのあるお客様の年齢や性別、家族構成、興味関心などのポイントを軸に、お客様の共通点は何かを考えてみましょう。

お店のメインターゲットが明確になったら、そのターゲットに響くようなサービス内容の改善やコンセプト、お客様に届きやすいアピール方法を考えることができます。

ポイント2.お店の強みとコンセプトを決める

エステサロンのターゲットを決めたら、お店の強みとなるメニューやサービス内容、コンセプトを考えて、それらの強みがターゲットに届くような集客方法を検討します。

お店の強みがうまく強調されていないと、お客様が来店を決心する決め手に欠け、お店が理想とするターゲットの効果的な集客には結びつきにくいと考えられます。

お店の強み・コンセプトを明確にして、集客方法の考案に活かしていきましょう。

ポイント3.再来店を促す仕組みを考える

エステサロンが安定的に売上をあげるためには、できるだけ多くのリピーターを作ることが大切です。リピーターがいればいるだけ、安定的な売上を確保できます。

リピーターを作るためには、以下のような仕組みを考えることが大切です。

  • 会計時に次回以降に有効なクーポンを配布する
  • 施術毎にスタンプがたまるポイントカード
  • 無料のカウンセリングでサービスの充実度アップ
  • 感謝や再来店を促すDMを配信

再来店につながる戦略を練って、リピーターを増やしましょう。

エステ集客を成功に導く!5つの集客方法

エステ集客を成功に導く!5つの集客方法
エステサロンの集客を成功させるためには、いくつもある集客方法の中から、自分のお店に合う方法を取捨選択する必要があります。それぞれの強みや活かし方を確認して、お店の集客戦略にどう活用していくべきか考えましょう。

1.ホームページ|お店のコンセプトや強みを表現できる

Webホームページは、お店の名称や住所、電話番号、アクセス方法をユーザーにアピールできるだけでなく、最新情報をブログや通知で即座にお知らせできるのが魅力です。

お店が売り出したいサービスやメニュー、料金をわかりやすく表示できて、お店のイメージ・コンセプトに沿った写真やWebデザインで集客を行える点が強みだといえます。

予約フォームなどを組み込めば、予約管理の効率化に役立てることも可能です。

2.Web広告|興味関心のあるユーザーにPRできる

Web広告は、Googleの検索欄やSNS、YouTubeなど、オンライン上のあらゆる媒体に表示できる各種の広告をさします。Web広告ごとの特徴を知ることで、どのタイプのWeb広告をお店の集客に活用すべきなのかを検討できるでしょう。

リスティング広告

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで何かを検索した時に、関連性の高い広告を検索結果の上部に表示できる広告がリスティング広告です。サービスに興味をもっているユーザーに対して、効果的にアピールできるのが特徴です。

検索結果で上位のサイトとは関係なく、ユーザーの目につく検索結果の上部にお店の広告を掲載できるので、新規のユーザーが広告をクリックしやすいのが魅力でしょう。

SNS広告

SNS広告は、InstagramやTwitter、Facebook、LINEのようなSNSに広告を出して、興味関心をもっているSNSユーザーに対してアピールできる広告です。ターゲットを細かく設定できるので、よりピンポイントに広告を表示させることができます。

たとえば、LINEのユーザーは9,400万人を超えています。LINE広告を有効活用することで、幅広い見込み客に対してアプローチできることがわかるでしょう。

リターゲティング広告

リターゲティング広告は、自店のホームページを閲覧したユーザーや自店に興味がありそうなユーザーに対して、広告を表示させるタイプの広告です。お店に興味がある方に対して広告を表示できるので、新しいお客様やリピーターの獲得につながりやすい広告手段だといえます。

3.SNS|手軽にお店の情報を配信できる

SNSは、お店の情報を投稿などで気軽に告知できる広告方法です。日々の変化や営業情報、新メニューの告知など、店舗の最新情報を伝えられます。また、ターゲットに響くようなお役立ちコンテンツを配信するのも集客に役立つでしょう。

また、SNSは写真や動画を掲載することで、お店の様子やスタッフの雰囲気を効果的に伝えられるので、お客様がお店を選択する際の決め手になることも多いです。

4.ポータルサイト|美容・エステに興味があるユーザーにPRできる

エステサロンが多数掲載されているポータルサイトにお店の情報を登録するのも手です。美容やエステサービスの利用に意欲的で、サービス選びをしているユーザーが多いので、ポータルサイトでうまく集客すれば、お店の予約や来店につながりやすいといえます。

ただし、ポータルサイトの性質上、競合他社と価格やサービスを比較されてしまうので、他のエステサロンには負けない強みをアピールするのが集客に活かすためのコツです。

5.チラシ・ポスティング|地域の住民に対して広告できる

折り込みチラシやポスティング、ポスターなどを活用して集客するのも有効。これらの集客方法は、店舗のある地域の住民にアピールするのに効果的です。

Web広告では興味関心のあるユーザーにアピールできますが、近隣住民に対して選択的にサービスを売り込むことができません。

周辺地域に対しての集客も重要視するなら、Web広告などと合わせて、チラシやポスティングなどの広告方法も取り入れることを検討するべきでしょう。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

エステの集客のポイントをおさえて、お店への集客を成功させよう!

エステの集客のポイントをおさえて、お店への集客を成功させよう!
エステサロンの集客を考える上では、ターゲットやお店の強みを明確化して、いくつかの広告手段を用いながら、サービスを効果的にアピールしていくことが大切です。

広告方法にはホームページやWeb広告、ポータルサイト、SNS、チラシ・ポスティングなどがあります。エステサロンの集客を成功させるためには、ターゲットや目的に合わせながら集客戦略を組み立てて、それを実行していくことを心がけましょう。

エステサロンの集客のポイントをおさえて、お店に合った効果の高い広告方法を取り入れながら、お店の集客を成功に導いていきましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP