美容室の店舗運営に役立つ予約システムの4つの作り方|必要な機能や導入のデメリット、作成に必要な知識も解説

美容室の店舗運営に役立つ予約システムの4つの作り方|必要な機能や導入のデメリット、作成に必要な知識も解説
公開日
更新日

美容室の予約システムを作るためには、自社開発だけでなく、CMSや既存の予約システムの活用など、さまざまな方法が考えられます。

また、満足度の高い予約システムを作るためには、どのような機能や知識が必要なのかを、事前に知っておくことが大切です。

この記事では、CMSを活用する方法を含めた美容室の予約システムを作る4つの方法や、システムに必要な機能を解説し、デメリットや必要な知識についても紹介します。

美容室向けの予約システムの作り方、具体的に必要な機能・知識について知りたいという方は、参考にしてみてください。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

【4パターン】美容室向けの予約システムの作り方

【4パターン】美容室向けの予約システムの作り方
美容室の予約システムには、主に以下の4つの作り方があります。

  • 予約システムの開発会社に外注する
  • オープンソースのCMSを活用して作成する
  • 無料で使える予約システムを利用する
  • 自分で予約システムを作成する

それぞれの予約システムについて、どのような特徴やメリット・デメリットがあるのかを確認しましょう。

1.予約システムの開発会社に外注する

美容室の予約システムを作るなら、予約システムを開発しているWeb開発企業に外注する方法があります。この方法であれば、自分の店舗が求める機能や拡張性を実現しながら、店舗にとって利便性の高いシステムを作り上げられる可能性が高いでしょう。

完全にゼロからシステムを作り上げていく「オーダーメイド型」、基本的な機能から必要な機能を足し算していく「カスタマイズ型」の2種類があります。

ただし、開発会社に外注すると作成できるシステムの自由度や充実度は高いですが、その分、開発費用がかかってしまうことが多い点に注意しましょう。

2.オープンソースのCMSを活用して作成する

CMSとは、Webサイトを構築するためのテキスト・画像・デザインなどを一元管理できるシステムのことです。美容室の予約システムを作成する方法もあります。

無料で使えるものから、高度な機能を備えている有料プランを選べるCMSまで幅広く、
自分の店舗で使用する予約システムに合わせたシステム選びが可能です。

ただし、CMSによって使用できる機能やコストは変化することに加え、CSSやHTMLといったプログラミング知識が必要となる点には注意が必要でしょう。

3.無料で使える予約システムを利用する

無料で導入できる美容室向けの予約システムを導入するのも、有効な作成手段の一つです。予約システムにはいくつかのプランが用意されている場合が多く、費用をかけずに予約システムとして活用できるシステムもあるのが魅力だといえます。

ただし、店舗によっては機能性に物足りなさを感じてしまう場合は、有料プランに変更しなければならないケースがあることはおさえておきましょう。

無料の利用期間がある予約システムをいくつか利用してみてから、自店舗に最適な予約システムを選択してみるのがおすすめです。

4.自分で予約システムを作成する

他社や既存のシステムを利用せずに、自分で一からシステム作成を行う方法もあります。知識や技術を身につけるための学習期間が必要となりますが、安価に美容室向け予約システムを作成可能です。

ただし、プログラミングやインターネットの保守の学習を開始しても、実際に予約システムを形にする所まで実現できるのかは不明確です。

自分で予約システムを作成したいという方は、効率的にスキル習得ができるスクールや講座に参加する必要があります。

美容室向けの予約システムの作り方|必要となる4つの機能

美容室向けの予約システムの作り方|必要となる4つの機能
美容室向けの予約システムを作るなら、以下の4つの機能があった方が良いでしょう。

  • オフライン・オンラインでの決済機能
  • 顧客管理・分析機能
  • 予約管理機能
  • セキュリティ対策機能

予約システムに必要な機能についておさえて、これから予約システムを作る際の参考にしてみてください。

1.オフライン・オンラインでの決済機能

予約システムにあると望ましい機能のひとつとして挙げられるのが、オフライン・オンラインでの決済機能です。

事前決済機能が付いている予約システムは、お客様が好きな方法で予約時に事前決済できます。お客様の予約の利便性が高まり、店舗にとっても会計業務にかかる手間がなくなるので、お客様と店舗、双方にとってメリットの大きい機能だといえるでしょう。

2.顧客管理・分析機能

顧客管理・分析機能は、予約システムに備わっていると便利な機能です。システムが自動的にお客様の情報を蓄積して、性別・年代・訪問頻度などの属性別に分析可能です。その結果、店舗のサービス向上や売上アップに向けた施策を考えるヒントを得られます。

予約システムを導入していなければ、お客様の情報をまとめて、それをマーケティングに活かすのに膨大な時間と労力がかかってしまいます。

店舗の売上アップやサービス品質の向上のためにも、お客様の情報をまとめられて、一括的に分析できる予約システム作成を目指すべきでしょう。

3.予約管理機能

美容室向けの予約システムを作成するなら、予約管理機能を充実させるべきでしょう。予約管理をシステム上で管理することで、予約受付業務を効率化して、余った時間をその他の業務にあてることも可能です。

予約管理機能には、店舗が予約時間を事前に指定するタイプもあれば、お客様が自由に予約時間やスタッフを指定できるものなど多種多様です。

自分の店舗のサービス提供体制に沿った適切な形での予約管理機能を備えた、美容室向け予約システムを作成しましょう。

4.セキュリティ対策機能

美容室向けの予約システムを作成するなら、お客様の情報や店舗の社外秘の情報が間違っても外部に漏れないように、セキュリティ対策を万全にするべきです。

万が一にもお客様の情報が外部に漏れてしまえば、美容室の信用問題になり、お客様の足が遠のいてしまうことも考えられます。

  • 個人情報のセキュリティ対策は万全か
  • データ通信をSSL通信で暗号化しているか
  • 不正な外部アクセスを防止できるか

これらのセキュリティ対策を実施できる予約システムを目指しましょう。

美容室向けの予約システムの作り方しだいではデメリットも

美容室向けの予約システムの作り方しだいではデメリットも
美容室向けの予約システムを自分で作る上では、以下のようなデメリットが考えられます。

  • 予約システムを実装するまでに時間がかかる
  • セキュリティ対策・定期メンテナンスが必要
  • 自分本位のシステムになってしまうことも

これらのデメリットについて知って、予約システムを実際に作成する上で、どのような点に不満を感じる可能性があるのかを見ていきましょう。

予約システムを実装するまでに時間がかかる

美容室向けの予約システムを実装するまでに、時間がかかってしまう場合もあります。CMSを活用して作成する場合は、知識や技術を身につけるための期間や、作成中にも試行錯誤を繰り返すなどの手間が必要です。

予約するまでの時間をできるだけ短縮したいなら、Web開発企業に外注するか、既存の予約システムを活用する方法を試してみるのがおすすめです。

セキュリティ対策や定期的なメンテナンスが不可欠

美容室向けの予約システムを作るデメリットとして、システムのセキュリティ対策やメンテナンス対策が不可欠である点が挙げられます。

お客様の個人情報や店舗の情報を保護して、不正アクセスの予防対策を考える必要があるのを手間に感じてしまう可能性もあるでしょう。

また、定期的なシステムの見直しをする手間も。

セキュリティ対策やメンテナンスを面倒に感じるなら、予約システム作成を外部委託するか、既存の予約システムを活用するのがおすすめです。

お客様が利用しにくいシステムになってしまうことも

美容室向けの予約システムを考える際に、店舗側の利便性やメリットを考えるあまり、ユーザーにとって使いにくいシステムになってしまうこともあります。その結果、お客様が離れてしまうリスクも考えられるでしょう。

店舗とお客様が、どちらも使いやすい予約システム作りを考えていく必要があります。

美容室向けの予約システムを自作するのに必要な知識

美容室向けの予約システムを自作するのに必要な知識
美容室向けの予約システムを自作するなら、以下のような知識が必要となります。

  • HTML・CSS
  • PHP
  • Java

美容室向けの予約システムを自作しようと考えているなら、どのような知識が必要になるのかを確認しておきましょう。

HTML・CSS-Webページを作成する言語

HTMLやCSSは、Webサイトの文字情報や画像などの情報を整理して、細かいデザインを決定する言語です。予約システムに必要な文字情報やデザインを考える上で、必要不可欠な知識となっています。

PHP-動的なWebサイトを作成する言語

PHPはHTML・CSSでは実現できない、動きのあるデザインを作るのに必要なプログラミング言語です。お客様やスタッフが見やすく、使いやすいシステム作りをするなら、知っておくべきプログラミング知識でしょう。

Java-モバイルアプリやシステム作成をする言語

Web制作からアプリ制作、組み込みシステムの作成にいたるまで、幅広いシステム開発に活用できるプログラミング言語です。美容室向けの予約システムを開発するなら、知っておいて損はない知識だといえます。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

店舗に合った予約システムの作り方を考えて、店舗業務の効率化と売上アップを目指そう!

店舗に合った予約システムの作り方を考えて、店舗業務の効率化と売上アップを目指そう!
この記事では、美容室向けの予約システムを作る4つの方法や必要な機能、考えられるデメリットや自作する上で必要な3つの知識を紹介しました。

自分の店舗に合った予約システムの作り方は何かを考えて、店舗の業務効率や売上アップを図れるシステム作りをしていきましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP