フランチャイズで美容室を開業しよう!失敗しないためのポイントや訪問理美容についても紹介

フランチャイズで美容室開業! 失敗しないポイントや訪問理美容も紹介
作成日
更新日

美容室を開業する際に、個人経営かフランチャイズサロンとして開業したらいいのか悩む人もいるでしょう。たしかに個人経営に比べると、フランチャイズサロンとして開業したほうが低リスクです。

フランチャイズの仕組みや開業の仕方がわからないといった人に向けて、フランチャイズのサロンを開業する際のポイントについて解説していきます。
また、訪問理美容師についても紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室のフランチャイズとは

美容室のフランチャイズとは
フランチャイズとは、店舗の名前をもとに決定されたサービスを提供する契約のこと。本部が店舗の看板やサービスなどを提供する代わりに、加盟する側は加盟金を支払います。

美容室の場合は、本部となるサロンに加盟金を支払い契約すれば、サロンの看板とメニューをそのまま活用して営業が可能です。加盟先のサロンから指導や教育を受けられるので、安心して美容室経営に集中することができます。

個人経営はどう違う?

個人経営の場合は、技術の他にも経営の知識などが必要になります。求人や集客なども自分の力で行わなければならないため経営が安定しづらくリスクもあります。

しかし、自由度が高いため、自由な時間がとりやすかったり、自分の好みのサロンコンセプトでお店を開くことができたりするメリットもあります。

フランチャイズサロンを開業するメリット

フランチャイズサロンを開業するメリット
ここからは、フランチャイズサロンを開業するメリットについて紹介します。フランチャイズでのサロン開業を目指している人は確認してみましょう。

低コストで始められる

フランチャイズサロンは本部がサポートするため、初期投資をおさえて低リスクで始められます。店舗の運用に必要な商品や備品などを、安価で購入でき、コスト削減が期待できるでしょう。そのほかにも、広告費など本部から補助が出る場合もあるのが魅力といえます。

経営のサポートを受けられる

本部から、経営のアドバイスやビジネスの知識が得られるのも大きなメリットです。美容室を開業するときは、経営や運営方法のノウハウを持っていない人も多いでしょう。右も左も分からない経営初心者にとって、本部からのアドバイスは強い味方といえます。

スタッフの募集や教育がしやすい

加盟するサロンの知名度を利用できるので、スタッフの募集がしやすいです。また、加盟するサロンにもよりますが、スタッフ向けの研修会を開催しているところもあり、新人教育やスタッフの育成もしやすい環境が整っています。

従業員の育成ノウハウがなくても、スタッフが集まりやすく、教育システムなども整っている部分が、安心できるポイントです。

集客がやりやすい

開業するにあたって、心配な点は集客できるかどうかです。。その点においては、フランチャイズは有利です。加盟したグループの知名度をうまく利用し、プロモーションできれば、新規顧客も得られやすいでしょう。

また、サロンによっては広告費などの補助も出るため、大規模なプロモーションも期待できます。

フランチャイズサロンを開業するデメリット

フランチャイズサロンを開業するデメリット
反対にフランチャイズサロンを開業するにあたって、デメリットはあるのでしょうか。デメリットも頭に入れておくことで、開業したものの、イメージとちがったというようなリスクを回避することができます。

ここからは、フランチャイズサロンを開業するデメリットについて紹介していきます。

店舗のオリジナリティは出しづらい

フランチャイズのサロンでは、独自性を出すのが難しいというデメリットがあります。。フランチャイズはグループやブランドイメージを統一するために、営業方法などに一定の決まりがあることが多いのです。

営業時間や料金設定に縛りがあることも多いです。また、内装面でも、店舗の雰囲気やオーナーのこだわり、工夫したいところなどを実現できないこともあります。。

加盟金を支払う必要がある

フランチャイズとして開業する場合、ロイヤリティを支払う必要があります。人件費などを差し引いた売り上げからロイヤリティを支払うため、個人経営にはない支出です。ロイヤリティの金額や支払い方法について、きちんと確認する必要があります。

個人経営サロンを開業するメリット・デメリット

個人経営サロンを開業するメリット・デメリット
個人経営のサロンならではのメリットやデメリットについて紹介します。個人経営サロンの場合は、「オリジナリティのある店舗を作ることができる」ことが最大のメリットです。しかし、すべて個人で準備するため「リスクや負担が大きい」ことがデメリットとして考えられます。

個人経営のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

メリット.オリジナリティのある店舗を作ることができる

個人経営において一番のメリットは、自由にサロンを営業できることでしょう。店舗の内装、雰囲気、インテリアなどはもちろん、経営者として店のコンセプトや料金メニュー、スタッフなどすべて自身で判断します。

美容師として独立するなら、こだわりや工夫すべてが自由に選択でき、自分のイメージしたサロンを創り上げることができます。

デメリット.リスクや負担が大きい

独立し、個人経営として開業するにあたり、初期投資にかかる金額も少なくありません。土地の契約から設備投資まで自分でおこなう必要があります。

また、雇用するスタッフのシフトや新規スタッフ募集の選考もすべて自身でおこない、調整することも必要です。

そのほかにも、経営のノウハウを学ばなければなりません。ある程度の知識がないと安定した経営には結びつかないからです。経営がうまくいかない場合でも、自身で解決する糸口を見つける必要があります。結果として売り上げが期待できず、廃業してしまうケースも多いのが実態です。

訪問理美容師もフランチャイズで開業できる

訪問理美容師もフランチャイズで開業できる
近年ニーズが増えてきている「訪問理美容師」もフランチャイズで開業できることについて紹介していきます。

訪問理美容師とは、お客様に店舗に来てもらうのではなく、お客様の家や介護施設などに訪問してカットやカラーなどを行う美容師のことを指しています。

こちらの記事でも訪問理容・訪問美容の開業についてまとめているのでチェックしてみてください。
訪問理容・訪問美容開業に必要な資格や始め方は?|集客方法や資金相場紹介

訪問理美容師のニーズは増えている

高齢者が増えてきている日本では、2021年9月に公表された総務省「人口推計」で総人口における65歳以上の人口の割合は29.1%にも登っています。

訪問理美容師は、高齢者以外にもケガなどで自宅療養をしている人や、子育て中で家を離れられない人も対象となったため、需要が増えてきています。

訪問理美容師として開業するために必要な資格

訪問理美容師として開業するのに必要な資格は美容師、理容師の免許のみです。しかし
場合によってはサービス提供時に、介護の知識も求められます。そのため、「介護職員初任者研修課程修了」などの資格があるとより良いです。

開業の届け出に必要な書類は自治体ごとに違う

開業に関する届出に関しては、必要な書類などは自治体ごとに異なります。各自治体のホームページを確認して、必要な書類を集めて提出しましょう。

また、開業届のほか、保健所へ申請する必要がある場合もあります。届け出る前に自治体や保健所に確認し、開業手続きを進めていきます。

訪問理美容師のメリット

訪問理美容師のメリット
訪問理美容師のメリットについて紹介していきます。サロン勤めと比べて比較的自由に動くことのできる訪問理美容師は、さまざまなメリットがあります。

自分自身の理想の働き方と照らし合わせて、訪問理美容師が合うのかどうかを見極めてみましょう。

自分の状況に合わせた働き方ができる

訪問理美容師は、営業時間が決まっていないため、空いた時間に理美容師として働くことができます。また、引っ越しなどで住む場所が変わっても店舗を用意する必要がないため、すぐに再開できるのが最大のメリット。

子育て中のママなど、空いた時間を使って働きたい美容師の方におすすめです。

店舗がなくても開業できる

お客様の自宅に訪問してカットを行うので、店舗がなくても開業することができるのもメリットです。店舗を持つ費用を削減でき、開業資金を抑えることができます。

必要に応じて設備投資を行い、メニューを増やすなど、商品や、備品にお金をかけやすくなっています。

社会貢献になる

これまで美容室に行けなかった高齢者の方や、子育て中もママなどが理美容のサービスを受けられるようになるので、社会貢献にも繋がり、感謝されやすい仕事です。

また、働き手の立場からみても、勤務時間に自由度がある訪問理美容師の仕事は、時間の問題で離職した理美容師の再雇用にも繋がります。

訪問理美容師のデメリット

訪問理美容師のデメリット
続いて、訪問理美容師のデメリットについて紹介します。良い側面と、気になる側面を両方理解することで仕事の内容をより深く理解することができます。

お客様とのトラブルが起きることがある

訪問理美容師は、店舗での仕事と異なり、臨機応変に対応しなければならない場面が多いです。たとえば、本人からの依頼ではなく、家族から高齢者のカットを依頼された場合などは、カットを嫌がられてしまう場合があります。

介護的な側面もあるため、高齢者が施術中に暴れてしまうなどのトラブルが起きる可能性もあり、やりとりを行う際には、丁寧なコミュニケーションが必要となります。

施術料金の支払いでトラブルが起きることがある

認知症の方や、意思疎通の難しい方がお客様の場合、お金を用意していなかったり、料金をいただいた後にお金を取られたと言われてしまうこともあるかもしれません。

料金の受け渡しについてより分かりやすくやりとりができるよう工夫する必要があります。領収書を発行したり、付き添いの方に同席してもらうなどトラブルを回避する仕組みを作らなければなりません。

訪問理美容師をフランチャイズで開業

訪問理美容師をフランチャイズで開業
訪問理美容師は上記で紹介したように、美容師の資格の他に介護の知識も必要になるなど通常のサロンとは違う点もあり、注意が必要です。

フランチャイズでの開業なら開業や運営のサポートを受けつつ、訪問理美容に必要な研修なども受けられる環境があり知識を得ながら開業することができます。

フランチャイズサロンで失敗しないためのポイント

フランチャイズサロンで失敗しないためのポイント
フランチャイズサロンを開業するにあたって、失敗しないために気をつけたいポイントがあります。

事前にどんなコンセプトなのか、コストの計算や売上目標などを決めておくと、開業してからもスムーズになるでしょう。

事業計画を立てよう

まずは、経営者としてしっかり事業計画を立てましょう。事業計画書を作るのがおすすめです。コンセプトに沿った売り上げや集客などを数値化します。

またそれにともない、収益の試算をし、週の売上や月の目標売上の設定など、きちんと事業計画としてあげてみましょう。

どのくらいコストがかかるのかを把握しよう

開業を決めたら、開業までに必要な初期費用や運営にかかるコストを把握しましょう。開業する土地や店舗の決定によっては家賃負担、光熱費、消耗品などのコストも発生します。新しいスタッフを雇用する場合、人件費も発生するでしょう。

残業時間が多くなればそれだけ人件費もかかりますから、きちんと把握するようにしましょう。そしてフランチャイズの場合、ロイヤリティも発生します。人件費や消耗品、家賃光熱費から差し引いた売り上げから払うので、確認が必要です。

経営したいサロンのコンセプトが合うか確認しよう

せっかく独立し、開業するのですから、自身の思い描くサロンのコンセプトに近いものがよいでしょう。思い描くコンセプトはブランドイメージと合っているか、自分の持っているスキルや得意分野のコンセプトか、事前に確認が必要です。

また、運営方針の確認はもちろんですが、ロイヤリティの支払いは無理のないものか、支払いが負担過ぎないかについてもきちんと確認しましょう。

フランチャイズサロンを開業するまでの流れ

フランチャイズサロンを開業するまでの流れ
フランチャイズを開業する流れとしては、フランチャイズの募集を探す、説明を受ける、加盟申請し選考を受ける、契約を結ぶというのが一般的です。以下でフランチャイズを開業するまでの流れについて詳しく解説します。

フランチャイズについて調べる

フランチャイズサロンを開業するには、オーナーを募集する広告を探しましょう。資料請求をしたり、ホームページなどから募集を探したり、直接電話で問い合わせをするのも方法のひとつです。

希望のサロンを見つけたら、開催されている説明会に参加してみましょう。説明会では質疑応答もあるので、悩んでいることやわからないことについて質問も可能です。

面談をおこない事業計画を立てる

加盟したいサロンが見つかったのであれば、応募してみましょう。担当者と話し合いをすることが多いため、疑問点などがあれば聞いておくとよいです。

今までの業務経験や資金の確認などをし、具体的な事業計画について進めていきます。

契約ができたら開店へ!

話し合いがまとまったら契約合意をしましょう。契約内容に問題がなければ、加盟申請を行って選考を受け、審査に通れば無事契約完了です。

このとき注意する点として、必ず契約内容をしっかり読んで、確認しましょう。口約束だけではなく、書面にあるかどうかが重要です。不明な点については、納得してから契約するようにしましょう。

おすすめのフランチャイズサロンを紹介

おすすめのフランチャイズサロンを紹介
フランチャイズサロンを募集しているサロンの実例をご紹介します。サロンの特徴やサポートのシステムなど、参考にしてみてください。

イレブンカット

「スピーディー&カジュアルプライスの美容室」として注目されている美容室です。このコンセプトは時代の流れにもマッチしており、成長し続けています。

また豊富な直営店の実績があることから、手厚いサポートがあることも特徴です。そのほかにも異業種からの参入に成功しており、美容師スタッフの教育システムによってスムーズな店舗運営、収益拡大につながっています。

SEASON

安定した高品質な技術提供をしており、お客さまの本音を反映できるお店づくりが成功の近道として、注目されている美容室です。

また、直営店で人材のストック、育成教育をしており、加盟店を応援できるシステムを確立しています。そのほかにも物件契約が終了するまで契約しないという徹底ぶりで、オーナーの気持ちにも寄り添ってくれる美容室です。

mod’s hair

国内に直営店を含めて100店舗以上出店しています。充実した研修の他に、海外研修も行っており、最新の技術を学ぶことができます。

シーズナルコレクションポスターなど、オリジナル販促物の提供やキャンペーンの展開で経営面もサポートしてくれるのが特徴です。

フランチャイズ募集サイトで探すのもおすすめ

フランチャイズサロンの募集を探すには、募集サイトを活用するのもおすすめです。具体的には「フランチャイズビズ」「フランチャイズ加盟募集.net」など。美容室以外に、ネイルサロンやエステサロンについても載っています。

訪問美容のフランチャイズサロンを紹介

訪問美容のフランチャイズサロンを紹介
訪問理美容師に向けたフランチャイズサロンについて紹介していきます。支援の特徴などを比べて、自分に合うフランチャイズサロンを探してみましょう。

日本訪問美容サービス

技術の研修だけでなく、経営や営業の研修も受けることができます。また、訪問理美容師として活躍するのに必要な知識が学べる、「ケアリハ美容師」、「ケアリハ理容師」の資格取得のサポートも受けることができます。

リンデン・ビーアイ

介護知識や、衛生管理など訪問して施術する上で必要な知識の研修を受けることができます。訪問理美容を開業する上で必要な商品や商材なども提供されるため、開業準備がスムーズに行えるでしょう。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

フランチャイズで安心して美容室を開業しよう

フランチャイズのサロン経営は、初期投資も少なく経営のサポートが受けられるという大きなメリットがあります。またフランチャイズで失敗しないポイントとして、事業計画を立て、コストやコンセプトについて事前に確認が必要です。

訪問理美容師の開業は、経営の知識に加えて福祉の知識なども必要になるためフランチャイズがおすすめです。

安心して開業を目指すために、自分自身にあっている開業方法はなにか見極め、夢の開業を目指しましょう。

引用元サイト:
「人口推計」-総務省統計局
個人事業の開業届出・廃業届出等手続-国税庁
日本訪問美容サービス

リザPOS
インスタ連携予約
PAGE TOP