美容室が求人力で他店と差別化を行う為の福利厚生とは

作成日
更新日
LINE連携予約
インスタ連携予約
多くの美容室が開業するなか

「自分のお店の魅力がほしい」と感じるオーナーも多いですよね。

そこで注目したいのが「福利厚生」です。

スタッフへの待遇を重視すれば、他のサロンとの差もつけられます。

今回は美容室の「福利厚生の現状と種類」について、分かりやすくまとめました。

ユニークな制度もご紹介するので、求人力をつけたいオーナーの方はぜひ参考にしてみてください。

求人力のある美容室になるために重視したい3つの条件

「求人で他の美容室と差をつけたい」と思うオーナーの方は次の3つを重視するのがおすすめです。

  • 福利厚生
  • スキルアップできる環境
  • ブランド力

それぞれの項目を分かりやすく説明します。

福利厚生

求人に魅力をもたせるために重視したいのが「福利厚生」です。スタッフがより働きやすい環境をつくるための制度を導入します。
待遇が良ければスタッフが美容室に定着するかもしれません。

採用のコストが削減できるうえに、長期的な教育でスタイリストの質も向上するはずです。
結果的に安定した経営につなげられる可能性があります。
サロン経営を継続的に続けるためにも、福利厚生は重要なポイントです。

スキルアップできる環境

入社後にスキルアップができる環境を用意するのも大切。
美容師としてのキャリアを実現するために、成長できる場を望んでいる可能性があるからです。

入社するサロンを1つのステップとして考え、将来独立を検討している人もいるでしょう。
意欲的なスタッフを獲得するためにもスキルアップができる環境や制度を準備するのは重要です。

ブランド力

魅力的な美容室にするためには「ブランド力」も欠かせません。
スタイリストが憧れる要素があれば、自然とスタッフが集まる可能性があります。
カット技術はもちろん、スタッフの対応の良さや内装の美しさもブランドに影響を与えます。
 
魅力的なスタイリストの存在も重要なポイントです。
心から惹かれる要素があれば、求人力もつくでしょう。

 

美容室業界はまだまだ「福利厚生が充実していない」のが現状!

求人力をつけるためにも重要な「福利厚生」ですが、美容業界では充実していないのが現状です。
まだまだスタッフが働きやすい環境が整っていない美容サロンも少なくありません。

だからこそ、他と差をつけるためにも福利厚生に注力するのは有効的な手段といえます。

個人経営の美容室は「社会保険の加入義務がない」ので注意!

美容室業界の福利厚生が充実していない要因の1つが「個人経営のお店には社会保険の加入義務がないこと」です。
基本的に法人の美容室は、社会保険をふくむ「法的福利厚生」への加入が義務づけられています。

健康保険厚生年金保険などが受けられる制度です。ところが個人経営の美容室は法的福利厚生の加入が義務づけられていません。
結果的に、社会保険が適用されないサロンも多いのが現状です。

就活生の約37%が「福利厚生」を就活の決め手にしている!

実際に求職者からも「福利厚生を重視する」といった声も多いです。株式会社リクルートキャリアが行った調査によると、就活生の約37%が「福利厚生」を入社の決め手にしているといった結果がありました。https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2019/190131-01/

美容室業界に限定したデータではありませんが、世の中の学生が福利厚生を重視しているのは事実です。
求人に力をいれたいのであれば、スタッフの働きやすい環境づくりも重視する必要があります。

 

新人美容師が「あると嬉しい!」と思う3つの福利厚生

入社を検討している美容師が「あると嬉しい!」と思う福利厚生は次の3つです。

  • 社会保険
  • 家賃補助
  • 独立支援

それぞれの内容について、簡潔にご説明します。

社会保険

社会保険はスタッフにとって重要な制度の1つです。加入しないと国民健康保険に加入しなければなりません。
結果的に負担する金額が増える恐れもあります。

厚生年金にも加入ができないので、将来的にもらえる年金も少なくなってしまう可能性も高いです。
「経済的な負担を減らしたい」と考えるスタッフにとって、社会保険の加入は重視するポイントでしょう。

家賃補助

家賃補助は家賃の一定額を会社が支払う制度。勤務地が限定される場合、スタッフは美容室の近辺に住まなくてはなりません。
労働時間が長いサロンも多く、通勤の負担が大きくなるからです。

給料が高くないアシスタントの時期は、経済的にも苦しくなります。長く安心して働くためにも「家賃補助が欲しい」といった声は多いでしょう。

独立支援

美容師にとっては独立支援制度も重要です。勤務したサロンと契約し「のれん分け」を行います。

ブランドや経営ノウハウは引き継げるので、低リスクで開業できるのがメリットです。
「将来は自分のお店を持ちたい」と思う美容師には大切な福利厚生といえます。

 

他サロンと差がつく!福利厚生がユニークな美容室3選!

最後にユニークな福利厚生を取り入れているサロンを3つご紹介します。「自分のサロンならではの魅力がほしい」と考えているオーナーの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

Vicca 表参道店「短時間正社員制度」

Vicca 表参道店では「短時間正社員制度」を導入しています。
週30時間以上の時短勤務でも、正社員として雇用する制度です。家庭と仕事を両立したい女性やスタッフのモチベーションアップにつながります。

 

チカラコーポレーション「失恋休暇」

関西に美容室を展開する株式会社チカラコーポレーションでは「失恋休暇」を採用しています。
失恋したら店長に報告し、休暇がとれます。

休める日数は年齢が上がるほど、増える仕組みです。「テンションが低いまま接客しても仕方ない」といった考えのもと導入したそうです。

 

株式会社アースコーポレーション「バースデー休暇」

「EARTH」を運営する株式会社アースコーポレーションは「バースデー休暇」を取り入れています。誕生日の日に休暇がとれる制度です。
家族や恋人など、大切な人とゆっくりと時間を過ごせます。

 

福利厚生を充実させて求人力を磨きましょう!

福利厚生はサロンの求人力をアップさせるためには、重要な要素の1つです。働きやすい環境をつくれば、スタッフが集まるだけでなく安定的な経営にもつながります。
福利厚生を重視していない美容室が多いからこそ、新しい制度を導入すれば他と差をつけられるはずです。

優秀な人材が欲しいオーナーの方は、福利厚生を充実させて求人力をつけましょう!

SALON CARD
LINE連携予約
PAGE TOP