美容師の採用におすすめな求人サイト10選!求人媒体一覧や求人募集成功のポイントも紹介

美容師の求人サイト10選
作成日
更新日

美容師業界は慢性的な人手不足に悩んでいます。労働環境、待遇に対する不満、要求されるスキル・技術が高い、などがその要因です。労働環境や労働条件が整っていなければ離職率も高くなってしまい、つねに人手が足りない状況になってしまうでしょう。

今回は、そうした人手不足を解消するために有効な対策・方法を説明すると共に美容師の採用におすすめの求人サイトをご紹介します。また、求人媒体の一覧や求人募集を成功させるポイントについても詳しく解説します。

美容室はなぜ人手不足になるのか?美容師が不足する原因

美容室が慢性的な人手不足に陥っている要因には、美容師が働きにくい環境であることが挙げられます。美容師は拘束時間が長期間にわたり、立ちっぱなしで仕事をしなければならず、スタイリング剤などで手肌が荒れることもあるでしょう。

また、キツイ仕事ながら下積み期間が長く給与もさほど高くはありません。さらに、美容師として高い技術やスキルが要求されるだけでなく、お客さまとのコミュニケーション能力も必要です。

こうした労働環境・条件では離職率も高くなってしまうため、美容室は常に人材不足になってしまうのです。

労働時間が長いなど労働環境の問題

1999~2000年頃には、カリスマ美容師という言葉が流行。美容師にはカッコよくて収入も高いというイメージがあったことから、若者がなりたい職業として美容師が上位にランキングされるほどに高い人気がありました。

しかし、現在では美容学校の定員割れが発生するなど、美容室への就職率低下も起きています。また、美容室が美容師の求人をしてもなかなか人手が集まらないのが現状です。

美容室が人手不足に陥っている大きな要因が、美容師の拘束時間の長さにあると考えられます。労働時間が長く、繁忙日には休憩すらなかなかできず、閉店後には翌営業日の準備や自分自身の練習もしなければなりません。こうした拘束時間の長さが美容師不足の要因となっていると考えられます。

待遇・給与面での問題

美容師は労働時間が長いわりには、待遇があまりよくないうえに給与も安いので、離職者が増え求人希望者が集まりにくくなっているといえます。

令和元年賃金構造基本統計調査によると、すべての産業の平均月収は約33.8万円。一方で、美容師が含まれている生活関連サービス業の平均月収は約24.8万円です。
これでは、美容師の労働時間に見合う給与水準とはいえません。アシスタントであれば、さらに給与水準は低下して毎月10万円を割り込んでいるという声も聞かれます。

こうした給与水準では独立開業の資金を貯蓄するどころか日々の生活ですらたいへんな人も多いでしょう。また福利厚生が整備されていない美容室もたくさんあります。こうした待遇・給与の問題からも美容師から離れてしまう人が多いのでしょう。

美容室の店舗数が多い

令和元年度衛生行政報告例(厚生労働省)によると、美容室の店舗数は前年から3,282軒増えており、25万4,422軒(前年度比で1.3%の増加)と増え続けています。とくに東京、大阪、愛知などの都市部では大きく店舗数が増加し続けているのです

こうした環境下で、増加する店舗数に対して、そこで働く美容師の数が追い付いていないという現状があります。多くの美容室が少ない求人希望者に対して殺到する状況なので、激しい美容師の奪い合いが起きているといっても過言ではありません。

美容師人材を確保するためには、美容師の求人募集がどのように行われているのか、重要なポイントはどこにあるのか、といったことを理解することが必要です。以下では、美容師の求人募集に関するポイントについて解説します。

美容師の求人募集は媒体・サイト選びが重要

美容師の求人募集は媒体・サイト選びが重要

美容師を求人募集する際には、どのような求人媒体や求人サイトを利用するのかが非常に大切です。美容師に特化した求人サイトもあれば、美容師以外も含めた総合型の求人サイトもあります。

それぞれの媒体やサイトによって利用料金なども異なりますので、その特徴(強みや実績など)を理解して活用することが重要になります。求人に利用する媒体やサイトによって美容師の集まりやすさにも差が生じますので、各媒体・サイトについて詳しくご紹介します。

求人媒体一覧|メリット・デメリットもあわせて紹介

まずは、ハローワーク、新聞・雑誌・フリーペーパーなどの紙媒体、知人からの紹介(縁故採用)、自社サイト(自社求人ページ)、などの各求人媒体におけるメリットとデメリットについて詳しく解説します。

それぞれの求人媒体を利用する際のメリット・デメリットを踏まえたうえで、実際にどの求人媒体を利用するのかを決めましょう。

1.ハローワーク

厚生労働省が全国に設置している、公共の職業安定所(職安)のこと。就職や転職を検討している人々の就職先・転職先企業の紹介や求職に関する相談に対応しているだけでなく、雇用保険の手続きなどの支援も実施しています。

国の目的でもある「安定雇用の維持」に関する活動を実施している公的な機関です。美容師の求人に関しても、ハローワークを通じて募集できます。

ハローワークのメリット・デメリット

ハローワークを利用するメリットは無料で利用できる点。また、国からさまざまな助成金を支給してもらえることも利点ですし、ハローワークの求人リストに掲載してもらうハードルが低いことにもメリットがあります。

まさに、美容学校などではこうしたハローワークの求人票にもとづいて、学生に対して求人の案内をするので、最低限でも提出が必要となる求人媒体といえます。ただし、働いている人が少ない地域では、充分な応募者数が集まらない可能性がある点がデメリットでしょう。

2.転職サイト(求人広告サイト)

転職サイトを利用して美容師を募集する方法もあります。ただし、転職サイトには美容師に特化したサイトと総合的な人材募集のサイトに分かれており、利用している人々もバラバラです。一般的には、美容師の実務経験者を募集したのであれば、美容師に特化している求人サイトを利用するほうが効果的だと考えられます。

自分が保有しているスキルや経験を活かしたい、と考える求職者が利用するケースが多いでしょう。これは、即戦力として期待できる人材に出会える可能性が高いためです。

転職サイト(求人広告サイト)のメリット・デメリット

美容師の求人に転職サイト(求人広告サイト)を利用するメリットは、求職者がポイントを突いた検索をすることが可能なので、企業の希望に近い人材からの応募が期待できることです。

地域を限定することなく全国に向けて求人を出すことも可能なので、近場の人材のみならず、遠方の優秀な人材に対しても募集情報を届けられます。

一方で、採用に成功してもしなくても、求人情報の掲載コストが発生する可能性がある点には注意が必要です。

3.新聞・雑誌・フリーペーパーなどの紙媒体の求人広告

昔ながらの新聞・雑誌・フリーペーパーなどの紙媒体を利用した求人広告は、現在であっても一定の効果を期待できます。こうした紙媒体による求人情報は、中年層の求職者には届きやすいでしょう。

美容師になるには長い時間がかかりますし、高い技術を身に付けるにはさらにたくさんの経験が必要です。紙媒体ではこうした人材にリーチしやすく、すでにハイレベルな技術やスキルを保有している人を採用しやすい、という特徴があります。

新聞・雑誌・フリーペーパーなどの紙媒体の求人広告

新聞・雑誌・フリーペーパーなどの紙媒体は特定の地域(エリア)を対象に配布されているので、その地域で働きたいという人が応募してくる可能性が高いです。また、上述したように、中高年の実務経験者へのアピール度が高い求人方法でもあります。

一方で、ネット情報と比べると紙媒体は若年層への訴求力は弱いため、求職者を取りこぼしてしまう可能性がある点には注意しましょう。また求人サイトよりも掲載できる情報量が少なく、最新情報を手に入れにくい点もデメリットです。

4.知人からの紹介(縁故採用)

縁故採用とは、店舗で働いているスタッフやお客さまなどの知り合いを紹介してもらう採用方法で、リファラル採用とも呼ばれています。

知人からの紹介であれば、求職者がどのような人物か分かっているケースが多く、求職者側も美容室の詳細な情報を聞いていることも多いです。
採用後に採用側と求職者の大きなミスマッチが生じるリスクは減ると考えられます。

また、縁故採用の場合には、転職サイトや紙媒体などを利用するよりもコストを大幅に抑えられるという特徴もあります。

知人からの紹介(縁故採用)のメリット・デメリット

知人からの紹介(縁故採用)のメリットは、何といっても求職者がどういった人なのかという情報をあらかじめ知っておけるという点にあります。知人の紹介であれば、お互いに信頼関係がベースにあることが一般的なので、採用側も安心して採用活動を進められるでしょう。

また、採用にかかるコストも非常に低廉であることが多いので費用的なメリットも大きいでしょう。ただし、知り合いの場合には仕事をしている状況が馴れ合いになってしまい、お店の雰囲気が悪くなってしまうリスクがある点がデメリットといえます。

5.自社サイト(自社求人ページ)

多くの美容院では、自社サイトにスタッフなどの求人情報を掲載して求職者を募集しています。また自社サイトに限らず、FacebookやTwitterなどのSNSを活用して、美容師の求人を実施している美容院もあります。

こうした自社サイトやSNSなどの活用は、幅広い層に対して採用活動を実施していることを知らせることができるという利点があります。また、新聞・雑誌・フリーペーパーなどの紙媒体と比較すると、大量かつ最新の求人情報を掲載することも可能です。

自社サイト(自社求人ページ)のメリット・デメリット

自社サイト(自社求人ページ)を利用して美容師の採用活動を進めるメリットは、なんといっても余分な費用がかからないという点。ただし、新たに求人情報を掲載する、しっかりとしたページを専門業者に外注するような場合には、それなりの費用が必要になります。

また、せっかく作成した自社サイトへのアクセス数が少なければ、新たに採用情報を掲載したページの作成に要した費用や時間が無駄になってしまうというデメリットも考えられるでしょう。

美容師の採用におすすめな求人サイト10選!

美容師の採用におすすめな求人サイト10選!

美容師の採用が困難な現状において、費用はかかるものの費用に見合った成果を果たしてくれる可能性が高い求人サイト。人手不足に悩んでいる美容室にとっては非常に重要な採用手段であるといえます。

ここでは、美容師の採用におすすめの求人サイトをご紹介します。

1.リジョブ

リジョブ

美容業界で人気が高い求人サイトです。美容師だけでなく、エステティシャン、ネイリスト、マッサージ師、整体師、セラピストといった美容やリラクゼーションなどに関する求人情報が掲載されています。

リジョブの特徴としては、以下のような点が挙げられます。
・掲載求人のほぼ半数が個人経営のサロンである
・スカウト機能を利用すれば内定率が1.4倍にアップする
・転職に成功してその後1年間勤続を続ければ、二重にお祝い金をもらえる

掲載の資料請求

2.WORKCANVAS

美容師、アイリスト、ネイリストのための求人サイトです。LINEを活用して担当者が求職者の転職活動を支援します。求職者の希望に合致した求人情報を、最短であれば即日LINEで提案することも可能。また、連絡もLINE内で完結できます。

就職に関する条件の調整もおまかせ可能。たとえば、完全週休2日、社保完備、未経験OKなどの希望条件にも可能な限り対応します。

カンタンなアンケートに答えるだけで、担当者からの紹介を待っていれば求職者が希望しているサロンと出会うことが可能になり、内定も実現できます。

リンク:美容師・アイリスト・ネイリストの求人サイトWORKCANVAS

3.Indeed(インディード)

CMでも有名であり、全世界60カ国でビジネスを展開している求人情報を専門とする検索エンジン。上述した転職サイトと異なっていて、さまざまな求人サイト、新聞、企業、に関する採用情報などを集められる仕組みです。

Indeed(インディード)では、さまざまな雇用タイプの求人情報を閲覧でき、職種や企業といった検索ワードから求人情報を探索・入手できます。

リンク:仕事探し | Indeed (インディード)

4.美プロ

美容業界の求人情報を専門的に取り扱い、全国をカバーしている転職サイトです。美容師、セラピストなどの専門的な職種だけでなく、営業、カウンセラー、事務、オフィスワークなどの幅広い職種を対象としています。

美プロでは、正社員、派遣社員、契約社員、アルバイト、パートといった、さまざまな働き方を選択することが可能。また、ほかの求人サイトには載っていない、美プロ独自の求人情報が豊富で、個人情報を隠した状態で企業からダイレクトにオファーを受けられます。

リンク:美容の求人・転職サイト【美プロ】

5.ホットペッパービューティー

全国の美容師、ネイリスト、エステティシャンなどの美容業界に関する求人を検索することが可能なサイトです。実際にホットペッパービューティーを利用している店舗も多いので、多くの美容業界の人々にも馴染みがあり、利用しやすいでしょう。

ホットペッパービューティーの求人情報には、店内の写真や実際に働いているスタッフの雰囲気などを掲載しており、雰囲気が伝わりやすい構成になっています。
また、サロンを利用しているお客さまからの口コミをチェックすることも可能なので、サロンの実際の雰囲気をしっかりと確認したうえで求人を探すことができます。

リンク:美容院・美容室の求人・転職サロン検索

6.ビューティーキャリア

美容師の求人情報や転職情報に特化したサイトです。

ユニークな機能としては「スタッフ検索」というものがあります。掲載しているサロンに勤務しているスタッフが登録されていて、各スタッフの、出身校、コンテストの受賞歴、血液型などをデータベースに登録して、自身と共通点が多いスタッフが在籍するサロンを探すことできます。

求人情報だけでなく、一緒に働く仲間を見つけるという観点でも利用できるサービスです。

リンク:美容師/美容室の求人・就職・転職【ビューティーキャリア】

7.求人ボックス

株式会社カカクコムが運営している、2015年からサービスをスタートさせた比較的新しい求人検索サイト。月間の利用者数500万人超といわれていて、上述したIndeed(インディード)と同じく、職種と勤務地をキーワードとして求人情報を探すことが可能です。

求人ボックスは、日本でも最大級の新着求人数を誇っていて、未経験OK、ブランクOK、学歴不問といった、さまざまなこだわり条件で検索可能な機能があります。また先輩社員に対するインタビューや働いているメンバー紹介など、コンテンツが豊富で充実しているのも特徴です。

リンク:求人ボックス|全国の仕事・転職・バイト・求人をまとめて検索

8.はたらいく

リクルートが運営している、地元に根付いた中堅・中小企業にとって適している求人媒体です。地元志向の強い求職者にサポートされているので、地元に根付いている企業にとっては、とくに向いている求人手法でといえます。

また、中堅・中小企業にとって利用しやすい仕組みを構築していることも強み。実際に求人情報を掲載・申込をした企業の約7割が従業員数50名以下という規模である、という実績を有しています。

リンク:<自分らしく働く>求人・転職情報サイト【はたらいく】

9.マイナビ転職

美容業界や特定の地域に限らず、全国各地のさまざまな求人情報を取り扱っている総合転職の情報サイトです。常に8,000件以上もの求人情報を掲載していて、約678万人もの会員数を持っています。

現在では業界でも最大級の転職サイトへと成長を遂げており、多くの企業や求職者から支持されています。
たとえば、学生時代に就職活動やアルバイト探しの際にマイナビブランドを利用した若手の社会人がマイナビ転職も利用しているのです。したがって、企業からの要望条件が多い、20~30代の若手に対する採用に大いに強みを有しています。

リンク:日本最大級の転職サイト「マイナビ転職」

10.とらばーゆ

リクルートが運営しているとらばーゆは、おもに女性向けの求人を取り扱っているため、美容師の求人にも向いているといえるでしょう。

女性の仕事探しに適したサイトの設計にもこだわっており、その結果、とらばーゆは多くの女性の利用者から高い支持を得ています。したがって、女性の採用に対して積極的な企業の多く利用が多い傾向にあります。

とらばーゆの利用者の大半が女性であり、年齢層も20代を中心にさまざまな年齢層の利用者がバランスよく利用。また、仕事に対する責任感が強く着実にと頑張るタイプの利用者層が多い点も特徴です。

リンク:【とらばーゆ】女性の求人・女性の転職情報サイト

美容師の求人募集で応募が来ない原因とは?

美容師の求人募集で応募が来ない原因とは?

コストをかけて求人サイトを活用しているのにもかかわらず、美容師の求人募集で応募が来ない原因には、どのようなものが考えられるでしょうか。ここでは、応募が来ないそれぞれの理由に関して以下で詳しく解説します。

スキルや条件の要望が多すぎる

美容師を採用する側からすれば、できる限り多くのスキルや技術を保有している美容師を採用したいと考えがちです。しかし、応募者側の心理としてはあまりにも多くのスキルや条件を求められてしまうと応募のハードルが上がってしまいます。そうなると、結果として応募する人が少なくなってしまうという現象が起きてしまうのです。

したがって、現在のお店でどうしても必要なスキルや条件の記載だけに留めて、エントリーの条件を緩和する必要があります。

競合店舗よりも募集条件が劣っている

求職者の立場で考えると、なるべく待遇や給与が充実しているところで働きたいと考えるのは当然です。営業エリアなどで競合している他店と比べて、福利厚生や給与の水準が明らかに劣っているような場合には、応募者は少なくなるでしょう。

したがって、競合他店の福利厚生や給与の水準を調査して、引けを取らないような労働条件を提示することが重要です。もちろん、職場の雰囲気や一緒に働く仲間のことも重要な要素ではありますが、基本的な労働条件を競合他店並みにすることがまずは大切でしょう。

ホームページの質が低い

求職者にとっては、働きたいと考える美容室のホームページは重要な情報源になります。こうした重要な情報源であるホームページのクオリティが低いと、応募するのをやめてしまう要因にもなりかねません。

古い情報がそのまま残っていて最新の情報に更新されていなかったり、スマホに対応していなかったりすると、その美容室のイメージは大きくダウンしてしまう可能性があります。

したがって、応募者を増やすためには、適宜ホームページの情報を最新のものに更新し、スマホにも対応しているホームページを構築することが非常に重要なのです。

美容師の求人募集を成功させるには?

美容師の求人募集を成功させるには?

美容師の求人難が続いている現状を打破して、求人を成功させるためにはどのような施策が必要になるのでしょうか。
求職者の立場から、どのような美容室であれば働きたいか、といった視点で考えることが必要でしょう。これらの施策について具体的に説明します。

労働環境を整える

待遇や給与が競合している他店よりも劣っていると、応募者は来ないでしょう。従業員が辞めてしまう可能性も高くなりかねません。給与水準はたしかに重要なファクターではありますが、給与のレベルだけでなく福利厚生制度の充実さなども大切です。
求人を成功させるためには、給与、福利厚生、などの待遇を改善して労働環境を整備する必要があります。

比較対象になるのは競合他店ですが、場合によっては従業員から労働環境がすばらしいと評価されている他業種の企業にヒアリングしてみるのもよいでしょう。自分の美容院に導入できるものがあるか検討することも、競合他店との差別化につながります。

働きたいと思われるように求人広告で魅力を伝える

求人を成功に導くためには、求人広告が魅力的であることが必要です。求人サイトや自社サイトに求人公告を掲載することは一般的ではありますが、その広告が魅力的かどうかで求人を成功させるか失敗に終わってしまうかの分かれ目になってしまうかもしれません。

美容師の写真や一緒に働くことになる仲間たちの写真なども多用して、オシャレでインパクトがある広告を掲載できれば効果は大きいでしょう。求人広告を作成するスキルに欠けているような場合には、費用は必要にはなりますが、美容室の広告を専門的に取り扱っている広告業者に相談して作成を依頼するのもおすすめです

美容師の採用を成功させること、広告作成に必要な費用を比較考量して、依頼するかどうかを判断することをおすすめします。

募集方法の見直し

これまで利用している方法では求人募集の効果が感じられない場合には、思い切って求人方法を見直してみることも検討してみましょう。求人の連続性や継続性が気になったり、長年付き合っている業者・サイトから変更することが心配になったりする場合もあるでしょう。

しかし、募集方法を変更することで今までは気が付かなかった自社がアピールできる点が見つかるかもしれません。新鮮な別の目で見ることによって、新たな魅力を発見することが可能であり、そうした視点を求人サイトや求人広告に反映させることができるのです。

ほかの求人サイトなどを検討する場合には、美容師の求人に活用できる求人サイトランキング、などを利用して見つけるとよいでしょう。

まとめ

現在は多くの美容室がある一方で、労働環境の厳しさや競合他店との待遇・給与の差などから、求人をしてもなかなか応募者が集まらない、厳しい状況に直面している美容室も少なくありません。

美容師の求人を成功させるためには、自社の労働条件を改善して、魅力的な採用広告を掲載し、競合他店との差別化を図ることが必要です。場合によっては、現在利用している求人サイトをより自社に適している求人サイトへと変更することも必要かもしれません。

インスタ連携予約
BMS
PAGE TOP