【美容室・美容サロン開業・独立を目指している方へ】居抜き物件とは?

作成日
更新日
SALON CARD
リザポス

サロンや美容室を開業する上で重要なファクターに「物件選び」があります。多くの場合テナントを借りることになると思いますが、テナント料はサロンや美容室の運営において大きなランニングコストとなりますし、店舗の状態は売り上げにも大きく影響します。

そんな物件選びを考える上で「設備がどのような状態」になっているかは重要なポイントです。今回はその中で「居抜き物件」の特徴や、居抜き物件を選択するメリットを紹介します。

  part.1  居抜き物件とは?

  part.2  スケルトン物件とは?

 

居抜き物件とは?

居抜き物件とは、一般的に

「設備が最後の借主が使った状態のまま残っている」物件のことを指します。

 

ここではサロンや美容室の居抜き物件を指しておりますので、一般的な美容室の設備が残っている物件にあたります。
具体的にはシャンプー台や空調設備、場合によっては椅子などをさします。

詳細はメリットの項目で触れますが、当然ながらある程度設備が整った状態から準備を進めることができるので、当然ながら初期費用を抑えられますし、また準備にかかる時間や作業労力も少なく済みます。尚、今回の記事では詳細触れませんが、逆に物件がほぼ空の状態で設備・内装がない物件を「スケルトン」物件といいます。

居抜き物件・スケルトン物件、いずれにも選択するメリットは存在しますが、今回は居抜き物件を選択するメリットについて次の章で紹介します。

美容室においてのメリット・コストは?

さて、今回は居抜き物件を選択するメリットについて紹介します。簡単にまとめると、以下のようなポイントがメリットになります。

  • 初期費用が少なくて済む
  • 工事期間が短く済む
  • リスクが少ない
細かく挙げればいろいろありますが、結局はこの3点に集約されます。

1.初期費用が少なくて済む

まず、開業にかかる初期費用ですが、スケルトン物件ですと、パーティションや床・壁紙など、電気配線・排水設備、そのほか新しい設備や器具を揃えて、概ね約500万〜1000万は見る必要があります。

居抜き物件の費用については、たいてい「内装譲渡金」という内装部分の費用がかかりますが、これが0〜300万円と最も大きくなります。
そのほか足りない器具等の補充と内装のメンテナンスが必要となりますが、内装譲渡金と足し合わせても最大で500万円程度というところで、コスト面では基本的に居抜き物件が優位です。
ただし、賃料が割高になっているケースはあるようですので、しっかり情報収集しながら部件選びを行なっていくことが肝要です。

2.工事期間が少なくて済む

工事等が必要な部分が少ないので、必然的に短い準備期間で開業に向かうことができます

3.リスクが少ない

そのほかのメリットとしては、購入した時点で「前の借主が運営できる状態に整っている」という点でも、自前で準備して不具合が発生するリスクが少ない分、居抜き物件の方がリスクが抑えられるといえます。

このように居抜き物件を選択するメリットは複数存在します。特に初めてのサロン・美容室開業で準備に不慣れな人、資金面で余裕のない人、複数店舗を出す際などに開業準備をできるだけ削減したい人などにはおすすめです。

 そんな居抜き物件、どこで探す?

最後の章では居抜き物件の探し方について紹介します。居抜き物件はまず一義的には店舗専門の不動産サイトにて見つけることができます。

at home

例えばat homeでは事業用不動産を探すことが可能なのはもちろんですが「美容室」に限定した貸店舗用不動産を絞り込んで見つけることが可能です。
店舗といってもさまざまなジャンルがあります。(現実には「飲食店」向きの貸店舗が多い印象です)
従って、このように業種を特定して探すことのできるサービスは利用しやすいです。

beauty garage

より簡単にサロンや美容室に適した物件を探す上では「美容ディーラー」の活用がおすすめです。美容ディーラーはサロンや美容室用の貸店舗を専門に扱っているサービスで、例えば、beauty garageというサイトがあります。
beauty garageは居抜き物件に限定して検索できるのはもちろん、そのほかにもさまざまな条件を指定して美容室・サロン向け物件を選び出すことができます。
専門サービスだけあって美容室・サロンに重要なポイントがよく押さえられていますし、オススメ物件も多数紹介されているので、美容室・サロン向けの居抜き物件探しには適しています。

居抜き店舗.com

居抜き店舗.comという、居抜き店舗に限定した不動産情報サイトもあります。もちろん美容室以外の物件もあるのは留意が必要ですが、ほかのサービスでうまく居抜き店舗が見つからなかった場合には、こちらのサービスの活用も一考です。

このように単なる不動産情報サイトだけでなく、居抜き店舗や、サロン・美容室に特化したサービスも賢く活用しながら、自分のニーズにマッチした物件を選び出していきましょう。

まとめ

今回は店舗型物件の一類型である「居抜き物件」について紹介しました。居抜き物件は初期コストや準備期間を節約することができるため、安いコストで速やかに開業にこぎつけることができます。

そもそも開業が初めてで「どんな内装にしたら繁盛するのか」というノウハウがない初心者や、店舗拡大を速やかに進めたい、そもそも現存店舗のマネジメントがあるので準備にそこまで時間をかける余裕がない、といった方には居抜き店舗の活用がおすすめです。

SALON CARD
インスタ連携予約
PAGE TOP