リフレクソロジー開業の流れを紹介|成功に導く3つのポイント

リフレクソロジー開業の流れを紹介|成功に導く3つのポイント
公開日
更新日

リフレクソロジーを提供するサロンや店舗を開業したいと考えても、何をすればいいのか、必要なものには何があるのかなど、わからないことばかりという人も多いのではないでしょうか。そこで、開業の流れややるべき準備などを押さえましょう。

成功のポイントや注意点も解説するので、開業時に役立てていただければ幸いです。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

リフレクソロジー開業の流れを紹介

リフレクソロジー開業の流れを紹介

早速ここから、リフレクソロジー店の開業の流れを確認していきましょう。

1. 営業形態を決める

リフレクソロジーを提供するための営業形態には、店舗型と出張型(訪問型)があります。以下で主なパターンを紹介するので、どの方法にするのかを決めましょう。

自宅サロン

自宅サロンとは、自宅の一部で営業をする方法。メリットは、新たに店舗の場所を借りる費用がかからず、育児などとの両立もしやすいところです。

ただし、注意点として、立地を選べず集客に苦労する可能性があることと、家族の協力や近隣住民の理解が必要なことが挙げられます。

貸店舗

つづいて、店舗物件を借りて開業する方法。立地を選べて集客しやすい場所に出店できることがメリットです。一方で、好立地の場所では家賃などが高い傾向があり、内装費用もかさむ可能性があるため注意しましょう。

出張サロン

出張サロンは、固定店舗を持たず自分でお客様のもとを訪問する形式。開業や経営の費用を安く抑えられ、来店が難しいお客様も対象にできることなどがメリットです。

しかし、移動の手間と時間がかかることと、集客や安定した経営も難しい面があることに注意する必要があります。

2. 資金を準備する

前項で決めた営業形態に合わせて、開業に必要な資金を用意しましょう。物件の取得費用・内装費・家具などの備品費・広告費などがかかります。店舗の規模や出店するエリア、備品のグレードなどによっても変動しますが、目安は下記の通りです。

自宅サロン 約30~50万円
貸店舗 約130~150万円
出張サロン 約2~5万円

3. 設備や備品を準備する

必要な施術道具や家具などを準備します。リフレクソロジーは機械がなくても施術できますが、顧客の満足度を高めるメニューを増やすために機器を導入することもあるでしょう。また、ベッド・椅子・タオル・オイル・事務用品なども必要です。

4. 集客方法を考える・集客を始める

サロンという外枠だけが準備できても、お客様が来なければ経営は成り立ちません。開業と同時にお客様を呼び込むためには、サロンに合った集客方法を考えて、開業に先駆けて集客を始める必要があります。

リフレクソロジーサロンに向いている集客方法にはどんなものがあるのかを押さえましょう。

WEB集客|ホームページ・SNS

まずはインターネットを活用したWEB集客です。ホームページを作成したり、SNSのアカウントを作って写真や文章を投稿したりして、見た人にアピールしましょう。サロンの所在地・営業時間・店休日・メニューなどの内容は必須です。

店舗型の場合は、サロンの外観や内装の様子で店の雰囲気を知ってもらうとよいでしょう。また、店舗型・出張型いずれの場合も、施術者の顔や施術の様子などがわかると、来店を迷っている人からの信頼や安心につながります。

なお、内容を見た人がそのまま予約できるよう、ネット予約を導入するとベターです。

チラシ

地域密着型の集客として、チラシも有効です。昔からある方法ですが、近隣住民にサロンの存在を周知して認知してもらうには、チラシをポスティングするのが手軽でしょう。近所なら通いやすいため、一度来たらリピーターになってくれる可能性も高いです。

5. 開業の手続きをする

開業の際は、開業から1ヶ月以内に管轄の税務署に開業届を提出する必要があります。確定申告時に所得税の控除を受けたい場合、一緒に「青色申告承認申請書」も提出しておくとよいでしょう。

青色申告をすると、55万円(所定の要件を満たすと65万円)、もしくは10万円の特別控除を受けられます。

引用元
個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁
所得税の青色申告承認申請手続|国税庁
青色申告特別控除|国税庁

リフレクソロジー開業を成功させる3つのポイント

リフレクソロジー開業を成功させる3つのポイント

つづいて、リフレクソロジーサロンの開業を成功させるポイントを押さえましょう。

1. リピート率を上げる仕組みを考えよう

経営を軌道に乗せ安定的な売上を作っていくには、リピート戦略が欠かせません。そのため、新規客の集客に力を入れるだけでなく、リピート率を上げるにはどうすればいいかを考えましょう。

施術の技術はもちろんのこと、他店との差別化や上手なコミュニケーションなどでお客様を定着させるための工夫が必要です。

2. サービスやメニューを更新しよう

お客様はどんなサービスやメニューがあれば喜んでくれるかを考えて、サービスやメニューを更新・拡充していくことも大切です。たとえば、リフレクソロジーとあわせて受けられるメニューがあると、セットで単価が上がるためよいかもしれません。

3. スキルを磨き続ける

開業したあとも向上心を持ち、勉強し続けてスキルを磨くことも重要です。リフレクソロジーの知識や技術は常に進歩していくので、忙しいかもしれませんが、合間にセミナーや講座などに参加して新しいことを学びましょう。

なお、開業には資格は不要ですが、取得しておくと正しいスキルが身につく上、お客様から信頼が得られるなどのメリットがあります。

JHRS|リフレクソロジープロライセンス実技士

おすすめ資格の1つに、JHRSの「リフレクソロジープロライセンス実技士」があります。

ホスピスなどの医療機関において、がんや認知症患者の方の緩和ケアのために、補完療法としても用いられるリフレクソロジー。プロライセンス実技士資格を持つことで、たしかな知識や技術があることが認められ、高く評価されます。

引用元
リフレクソロジー資格認定|日本ヒーリングリラクセーション協会(JHRS)
取得できる資格 JHRS認定リフレクソロジープロライセンス実技士資格|日本リフレクソロジスト養成学院REFLE(リフレ)

リフレクソロジーで開業する際の注意点

リフレクソロジーで開業する際の注意点

リフレクソロジー店を開業する際の大きな注意点ですが、リフレクソロジーは医療行為ではないので、治療目的の施術はできません

「マッサージ」「治療」「診断」などの言葉は使えないため、宣伝やメニューへの表記の際は、「もみほぐし」「リラクゼーション」「癒やし」などの表現に変更してください。

リザービアなら集客も予約管理も簡単に

リフレクソロジー店の開業には、美容サロン向けの予約システム「リザービア」がおすすめです。リザービアには、以下のような集客やデータ管理に役立つ機能があります。

LINE連携予約|LINEから簡単予約

WEB集客に使えるものの1つ、LINE連携予約(※オプション機能)。自店のLINE公式アカウントを顧客に友だち登録してもらうと、LINEのトーク画面から予約を受け付けられます。

もともと多いLINE利用者層にリーチできることや、いつも使うLINEから予約できるためハードルが低いことなどがメリット。住所を公開したくない自宅サロンや、店舗を持たない出張サロンには特におすすめです。

関連ページ
LINE連携予約

Googleで予約|Google検索から予約へ誘導

WEB集客に使えるもう1つの機能が「Googleで予約」です。Googleで店を検索した際に表示される「Googleビジネスプロフィール」に予約ボタンをつけられるため、閲覧した人をそのまま予約につなげられます

関連ページ
Googleで予約

BMS|予約の一元管理が簡単に

WEBなどで集客した予約の管理に活用できるオプション機能、「BMS」も便利です。

BMSは、ホームページ・LINE・Googleなどからの予約も、外部のクーポンサイトの予約も、1つに集約して一元管理できる機能。業務の負担を軽減できる上、ダブルブッキングなどのミスも減らせます

関連ページ
BMS

メッセージ自動配信|リマインドメールでドタキャン防止

設定しておいたメッセージを自動で送れる、メッセージ配信機能も便利です。リマインドメールで予約忘れやドタキャンを防止でき、サンキューメールや再来店促進メールでリピート率UPにつなげられます

来店日から60日後まで配信設定ができるので、上手に活用しましょう。

関連ページ
メッセージ自動配信

顧客管理|リピート率向上にも

顧客の氏名や来店情報などを管理できる顧客管理機能も役立ちます。前回来店時のメニュー・写真・メモなども残せて、情報がどんどん蓄積されるので、マーケティングに利用できるほか、担当者の引き継ぎもスムーズです。

来店回数や前回メニューなどでの検索も可能。キャンペーンのお知らせやクーポン付きのDMを送るなどして、休眠顧客の掘り起こしもできます。

関連ページ
顧客管理

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!1分で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

リザービアでサロン運営をスムーズに

リザービアでサロン運営をスムーズに!

リフレクソロジーでの開業の流れや成功のポイントなどを見てきました。やるべきことは多いですが、勉強を続けながらいろいろなお客様に接することで、施術やコミュニケーションなどのスキルも高めていけるでしょう。

常に予約の絶えない人気店を目指したいなら、リザービアの活用もおすすめです。ぜひ開業にあわせて導入し、事務業務を効率化して施術に集中しやすい環境を作りましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

開業前の方は開業予定の都道府県をお選びください
名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください