チラシを自分で作ろう!おすすめチラシ作成アプリ&ソフト10選

チラシを自分で作ろう! おすすめ作成アプリ&ソフト
作成日
更新日
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室やサロンなどを運営するにあたって、チラシを作成し、集客や販促に活用したことはありますか。

今回は集客や販売に繋がるチラシを作成する際に使える便利なアプリやソフトについて紹介します。チラシ作成アプリやソフトを利用したことがない方はぜひ参考にしてみてください。
作成する際のポイントも徹底解説していきます。

チラシを作成するときのポイント

チラシを作成するときのポイント

ここからは、チラシを作成するときのポイントについて紹介します。ポイントを押さえて、お客様に響くチラシを作成しましょう。より伝わりやすい内容にするためのコツを押さえることで効果的にチラシを活用できます。

ターゲットと目的を明確化する

チラシを作成するときは、ターゲットを明確にして目的を決めることが大切です。誰になにを伝えたいのかを意識して、チラシを読んだ人にどう行動してほしいのかを明確に決めましょう。

例えば、美容室やサロンで使うチラシの場合、おおよそのメインターゲットは「女性」で目的は「集客」や「販売」です。ここから、各店舗のイメージするターゲットを更に深掘りして、より絞ることでターゲットに響くチラシを作成しやすくなります。

明確化するときに使える「5W1H」について紹介します。5W1Hとは、Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)の意味をあらわします。

「5W1H」は、コミュニケーションの基本としてビジネスなどでよく使われます。チラシは、受け取り手がわかりやすいのがポイントなので、この手法を活用しましょう。これらを押さえたチラシを作成することでお客様にとってわかりやすい内容になります。

チラシに載せる情報をまとめる

告知内容や店舗情報をまとめて、優先順位を付けて載せることも大切です。必要な情報がしっかりと書かれていることは大前提です。しかし、やみくもに何でも書くとわかりにくいチラシになってしまいます。

お店の名前や問い合わせ先などは忘れずに載せて、お客様がチラシを見たあとにアクセスできるよう注意しましょう。それ以外の情報に関しては、チラシを通して何を告知したいのかをもとに、優先順位を付けることが重要です。

例えば、セールやキャンペーンの告知、新商品の案内など、チラシで一番伝えたいことを決めます。こうすることで、チラシの中で一番伝えたい内容が目に入るように作成できます。チラシに載せる情報は、優先順位を付けて作成することが大切です。

目につく写真やイラストを選ぶ

メインとなる告知内容や文章が決まったら、よりわかりやすくするために、アピールしたいサービスが伝わりやすい写真やイラストを選びましょう。 内容に合った写真を選ぶことでお客様が目でチラシを見て、イメージしやすくなります。

チラシはじっくり見ない人も多いでしょう。しかし、魅力的な写真やイラストを選ぶことで少しでも内容を読んでみようというきっかけに繋がります。写真やイラストを工夫することは、チラシを作成するにあたって重要なポイントです。

特にメインに選ぶ写真は、重要なので印象に残りやすいものを選びましょう。何枚か写真やイラストを載せる場合は、似たようなものではなくよりイメージが沸くような別のテイストのものを選ぶのがおすすめです。

スマホでも使えるチラシ作成アプリを紹介

スマホでも使えるチラシ作成アプリを紹介

ここからは、スマホでも使えるチラシ作成アプリについていくつか紹介します。チラシを作る際に便利な画像編集機能が備わっているアプリ名や概要などを説明していきます。パソコンを持っていない方でもスマホを使ってチラシを作成できます。

自分の好みに合ったチラシ作成アプリを探して、チラシを作成してみましょう。普段からスマホに慣れている方は参考にしてみてください。はじめてチラシを作成する人でも、簡単に操作できるアプリもあるのでチェックしてみましょう。

Canva

https://www.canva.com/
Canvaは、iPhoneとAndroid、パソコンから利用できるフリーアプリです。使うときは、Facebookアカウントもしくは、Googleアカウントやメールアドレスなどが必要です。はじめて利用する人が使いやすい様な機能が備わっています。

おしゃれなデザインのテンプレートがたくさん揃っているので、かんたんに洗練されたデザインでチラシを作成できます。

レイアウトやデザイン、フォントなどを決めるのが苦手な人でも作れるようなテンプレートが豊富なので、初心者でも扱いやすいアプリです。チラシ以外にも、ロゴ作成などさまざまなデザインのテンプレートがあり、ビジネスで有効に活用できます。

普段からアプリで写真の編集を行っている人におすすめです。

POPKIT

https://www.popkit.net/
POPKITは、iPhoneまたはiPadアプリとパソコンから利用できます。その名の通り、POPを作成するのに便利なソフトです。あらかじめ用意されている素材を選んで組み合わせることでPOPやチラシが完成します。素材は日本人のクリエイターが作成しています。

素材は5万点以上もあり、その中から好きなデザインを選べます。種類がたくさん選べるので、各種イベントやテイストに合ったデザインがあります。自分のチラシの目的に合ったものを選びましょう。

デザインは親近感が沸くようなかわいいデザインのものが多いです。POPを作成したい方や、ほっこりするようなイメージで作成したい方におすすめです。

Adobe Spark Post

https://www.adobe.com/jp/express/
Adobe Spark PostはiPhoneで利用できるフリーアプリです。お洒落なフライヤーやロゴなどをスムーズに簡単に制作できます。デザインスキルがなくても、豊富なデザインの中から選択していくだけで、海外風のオシャレなデザインのチラシを作成できます。

このアプリには、デザイナーさながらのテンプレートがあります。そこに自分の写真や画像をアップロードし、組み合わせることでオリジナルな内容のチラシに仕上がります。

エフェクトやフィルターを使って、チラシ全体の雰囲気を変えることもできます。こちらのアプリもチラシだけでなく、ロゴやポスターなどさまざまな用途で活用可能です。海外風のおしゃれなデザインが好みの方におすすめのアプリです。

チラシ作成に使える代表的なPCソフト

チラシ作成に使える代表的なPCソフト

ここからは、チラシを作成する際に使える代表的なPCソフトについて紹介します。スマホではなく、パソコンがメインな方はPCソフトが使いやすいでしょう。この記事を参考に自分に合ったPCソフトを探して活用してみてくださいね。

WordなどのOfficeソフト

Microsoft officeには、WordやExcelがあります。多くの方が一度は聞いたことのあるソフトではないでしょうか。このWordやExcelでも、チラシを作成することができます。普段からWordやExcelを使っていて慣れている場合は、このソフトを活用してチラシを作成するとよいでしょう。

また、WordやExcelだけでなく、Microsoft officeにはPowerPointもあります。こちらのソフトもチラシ作成が可能です。PowerPointは、あらかじめイラストのテンプレートや文字のフォント画像など、チラシに使えるツールが備わっています。

最近ではスマホアプリからでもMicrosoft officeのツールは利用できます。細かい作業はパソコンの方がやりやすいですが、空いた時間に作業をスマホで進めることも可能です。

Adobe系ソフト

Adobe系ソフトは、パソコンを使って編集ができます。普段からAdobe系ソフトを利用している場合は、より専門性の高いツールでクオリティの高い作品を仕上げられます。

しかし、チラシ作成をするのがはじめての人には、ソフトの費用がかかるのでハードルが高く感じられます。操作も細かい編集機能が備わっているだけに、複雑に感じてしまうかもしれません。

プロの間では、Adobeのファイル形式がメインになっています。しかし、そこまで細かい機能が必要ないと感じられる方はもっと操作が単純なツールを使うとよいでしょう。

元々画像編集が得意な方の場合は、プロがメインで使っているからこそ、使い方を理解してうまく活用できるようになれば、オリジナリティの高いチラシを作成できます。

無料のチラシ作成に使えるPCソフト

無料のチラシ作成に使えるPCソフト

ここからは無料で使えるチラシ作成PCソフトを紹介していきます。個人で経営されている美容室やサロンや、チラシに費用をかけたくない方におすすめです。より高度で複雑な機能や性能は必要ないと感じていて、まずは簡単にチラシを作成したいと考えている方は参考にしてみてください。

GIMP

https://www.gimp.org/
GIMPは、MacとWindowsで使えます。細かい調整ができ、豊富な機能が備わった高機能なグラフィックソフトです。Photoshopの代用としても使えるため、Photoshopを使ったことがある方はおすすめです。

文字の挿入もできるので、チラシを作成する際に役立ちます。チラシ全体の雰囲気を細かく調整したい方にぴったりです。基本的にはPhotoshopの機能とほとんど変わらず、高機能で使いやすい海外製のソフトになります。ブラシのパターンも数多く、エフェクトの種類も豊富です。

このソフト1つで大概のことは行えるため、ソフトの網羅性を重視していて、他のソフトと併用して使いたくない方におすすめです。

Inkscape

https://inkscape.org/ja/
InkscapeはMacとWindowsで使えます。こちらは、illustratorの代用と言っていいほどの機能が備わっています。ベジェ曲線など、他にはあまりない機能が充実しており、チラシ作成を行うときにも、オリジナリティもあるものに仕上がります。

しかし、データで扱えるカラーモードはRGBで、CMYKという印刷向きなカラーモードでは保存できません。作成したデータはそのまま印刷会社に出すことが難しい場合があります。こちらの点に関しては注意が必要です。

また、Inkscapeをインストールする際に、関係のないソフトがインストールされることがあるようです。「baidu ime」や「Babylon Toolba」などが該当します。PC内に残すことで容量がとられるので、使わない場合は手動で削除する必要があります。

FireAlpaca

https://firealpaca.com/ja/
FireAlpacaは、MacとWindowsで使えます。JPEGやPNG、PSD形式に対応しています。このソフトは、日本人の開発者が制作しました。特徴としては、イラスト系のチラシに向いていて、手書き風の文字も使えます。

チラシをイラスト風にしたいときや、手書き風で柔らかい雰囲気を出したいときにおすすめのソフトです。自分でイラストを作成することで、オリジナリティのあるチラシができあがります。

メインの機能としては、ペンタブレットに対応していて、複数のレイヤーを重ねて描けます。ブラシの種類は、エアブラシや水彩なども使えます。 フィルター機能でぼかしやモザイクも利用可能です。

ペンタブレットを使ってイラストを作成したい方向きのソフトになっています。

PictBear

https://www.fenrir-inc.com/jp/pictbear/
PictBearは、Windowsで使えます。フェンリル社の画像編集ソフトで、無料で利用可能です。特徴としては、細かい画像の編集ができるレイヤー機能です。画像を重ねたり、写真と写真を合成したりが可能になっています。

レイヤーの効果をうまく組み合わせることでよりデザイン性の高い表現ができます。レイヤーの他にも、ブラシの機能も充実しています。使いやすいインターフェースで仕事がさくさく進みます。はじめてペイント機能を使う人でも、作業しやすいつくりになっています。

例えば、ツールバーには、目で見て一目でわかるようなブラシのアイコンなどが並んでおり、それをクリックするだけで操作が可能です。複雑な操作が苦手な方に向いているソフトです。

OpenOffice

https://www.openoffice.org/ja/
OpenOfficeは、Microsoft Officeとの互換性もある無料のソフトです。オフィス業務に必要な表計算や、ワープロ、プレゼンテーションなどの機能が備わっています。OpenOfficeは、Microsoft Officeとの互換性があります。しかし、完全ではないので、レイアウトの崩れや文字化けなどの不具合があることも。

基本的にMicrosoft officeと操作方法が似ています。そのため、普段からMicrosoft officeを利用している方は使いやすいでしょう。チラシを作成する際も、表などを使って図を挿入する作業やテンプレートを活用して編集できる人に向いているソフトです。

オンラインでチラシを作れるサイトやテンプレートサイト

オンラインでチラシを作れるサイトやテンプレートサイト

ここからは、オンラインでチラシを作れるサイトやテンプレートについて紹介します。オンライン上でも豊富なテンプレートやサービスが提供されているのでチェックしてみてください。

Picky-Pics

https://picky-pics.com/
Picky-Picsは、初心者でもクオリティの高いデザインでチラシを作ることができます。チラシだけでなく、プレゼン資料なども作成できるオンラインのデザインツールです。はじめて利用する方は、無料の会員登録が必要です。

ドラッグやドロップだけで名刺からポスターまで作れます。写真やイラストなども豊富で、なんとこだわりの素材が約5万点あります。クリック1つでレイアウトの変更もできるので操作がかんたんです。

操作のガイドもついているので、初心者でも安心して利用できます。その他にも、プロのデザイナーも利用するモリサワフォント 18 書体が無料で使えます。

自宅でチラシを作ろう!.com

https://print.oyakudati100.com/chiraiwotukurou/
自宅でチラシを作ろう!.comは、手間をかけずに家でチラシを作りたい方におすすめのソフトです。会員登録をしたあとに、web上でチラシの作成ができます。他のソフトの中でもより簡単に作れるのが特徴です。しかし、2022年現在、「チラシを作ろう!.com」はアクセスができなくなっているようです。

基本的な使い方としては、決められたデザインやテンプレートを次々と選択していくだけです。イベントなどに沿ったデザインが豊富なので、その中からチラシの趣旨にあうものを選択していきます。

チラシの文章を考えるときも、セールスポイントを入力する欄や、キャッチコピーを選択する欄があるので、かんたんに網羅性のある内容を作成できます。文章もフォローしてくれる機能があるサイトは少ないので特徴的な機能です。とにかくデザインや文章を考えるのがにがてな方におすすめのサイトです。

Microsoft Officeテンプレート

Microsoft OfficeのWordやExcelはすでにパソコンに入っている場合、無料で使えます。その他でもPowerPointもチラシに活用できます。近年では、パソコンだけでなくスマートフォンでもかんたんな編集ができるようになっています。

いつも使っている身近なソフトでチラシを作成をしたい方におすすめです。画像などはWebから、無料の素材をダウンロードして組み合わせて作成することもできます。

しかし、難点としては、印刷会社でoffice系のデータを作る際に、他のデザイン系ソフトの入稿より、少し費用が高くなります。理由としては、印刷費と別のデータ変換料が必要な場合があるからです。印刷を頼む業者の費用も確認してから選ぶとよいでしょう。

チラシでより効果的に集客できるリザービアの活用方法

チラシでより効果的に集客できるリザービアの活用方法

予約システムのサービスを提供しているリザービアには、美容室やサロンでチラシを作成する際におすすめの機能が備わっています。

予約ページ上に表示させないクーポンの発行(非公開クーポン)を行えます。、非公開クーポンで「2022年1月のチラシ限定クーポン」を作成します。該当するクーポンのQRコードをチラシ上に載せ、このQRコードのクーポンをチラシのみで利用することで、クーポンの集計機能によってチラシ配布の効果率がすぐに計測できます。リザービアの機能を活用することで、チラシでより効果的に集客できるようになるでしょう。

リザービアでは、チラシによる集客だけでなく、顧客情報を分析する機能や、集客に関するセミナーや電話によるサポートなど幅広く集客のサポートを行っています。

目を引くオリジナルのチラシで効果的に集客しよう

目を引くオリジナルのチラシで効果的に集客しよう

今回は、チラシを作成するポイントやソフトなどを紹介しました。自分の趣旨に合ったソフトやアプリを使って作成したり、ターゲットや目的を決めたりすることでより効果的なチラシが作成できることがわかりました。

また、チラシによる集客の成果を確認するための方法としてリザービアが提供する非公開クーポンとQRコードのシステムも紹介しました。リザービアようなサービスを有効に活用して、チラシをただ作るだけでなく、その成果をしっかりと分析したり、他の集客に関する知識を身に付けることでその後のマーケティングに活かしていきましょう。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

LINE連携予約
BMS
PAGE TOP