ネイルにもサブスクが登場!サービスやメリットデメリットとは

ネイルサロンのサブスク
作成日
更新日

この記事では、ネイルのサブスクについてご紹介します。近年ネイルも定額制が広がっており、さまざまなサービスが提供されています。サブスクで提供するネイルサービスの内容や顧客・店舗それぞれにとってのメリットデメリットなどを、チェックしていきましょう。

そもそもサブスクとは?ネイルでもあるの?

サブスクとは

サブスクとはサブスクリプションの略で、一定期間に対する支払いのことです。サブスクはインターネット上だけではなく実店舗でも広がりをみせており、今後ますます期待されるサービスといえるでしょう。

ネイルサロンにおいても、サブスクはおすすめのサービスです。サブスクを導入することで、顧客が訪問しやすくなります。まずは、サブスクの基礎知識やネイルサロンにサブスクがおすすめの理由を解説します。

サブスクリプション、期間に対する支払いのこと

サブスクとはサブスクリプションの略で、定額料金を支払うことでサービスやコンテンツを利用できるシステムのことです。たとえば、「毎月〇〇円支払えばサービスを使い放題」といったようなコンテンツやサービスが該当します。

つまりサブスクはモノに対してお金を支払うのではなく、使用期間に対して料金が発生するシステムといえるでしょう。サブスクを利用すれば、ユーザーの満足度を上げやすくなったり、手軽にサービスを提供できたりといったメリットがあります。

またサブスクと似たサービスに定額制があります。定額制とは、企業が利益をえられるようにサービス内容をあらかじめ決めてから、顧客に提供するシステムのことです。

一方のサブスクは、利用者目線に合わせてサービス内容や料金を設定します。そのため定額制とは、サービス提供の仕方にちがいがある点に留意しておくといいでしょう。

サブスクは各分野でどんどん広まっている

サブスクは各分野でどんどん広がりを見せており、今後も拡大が期待できるサービスです。サブスクと聞いて、音楽の聞き放題サービスや映画やドラマの見放題サービスを思い出す人もいるかもしれません。

拡大を続けた今、インターネット上に留まらず、カフェやレストランをはじめとする飲食業界や車業界、ファッション業界といった実店舗でもサブスクは登場しています。

サブスクが広まっている背景として、顧客のニーズの変化が挙げられます。1980年代から2000年代初頭に生まれたミレニアル世代を中心に、モノを所有するといった考え方から利用するという考え方にシフトしました。
そのためモノではなく、使用期間に対して料金が発生するサブスクに注目が集まったといえるでしょう。

ネイルはサブスクにぴったり

ネイルは、サブスクにぴったりのサービスです。指先のおしゃれを楽しみたいと感じる女性は多いものの、ネイルサロンへ行くと施術費用が気になることも。とくにオプションを利用すると施術費用も高くなるため、満足度が上がらない人もいるかもしれません。

予算が厳しくなってしまうとネイルサロンに行く機会が減ったり、ネイル自体を存分に楽しめなくなったりするでしょう。しかしネイルのサブスクを利用すれば、月額で通い放題なので気になる部分があれば、すぐに来店してもらえます。

またネイルを施して指先をきれいに保てれば、そこからあらゆる美容に興味や関心が湧くかもしれません。そのため、ネイルとサブスクは相性がよい関係であるといえるでしょう。

ネイルサロンでも各地で広がりを見せている

サブスクはネイルサロンでも広がりを見せており、導入する店舗が増えています。ネイルサロンにサブスクがあれば、
「さまざまなデザインを試したい」
「イベントに合わせたネイルをしたい」といった要望を叶えやすくなるのが特徴です。

サブスクのサービス内容はさまざまで、ネイルオフ込みで何度もネイルを施してもらえたり、ハンドだけではなく、フットにも対応してもらえたりします。
ほかにもパーツやアートの乗せ放題サービスや、デザインを選び放題サービスなども登場しており、お客さま満足度も上げやすいでしょう。

ネイルサロンと通販型のサブスクサービスのちがい

ネイルサロンと通販型のサブスクサービスのちがい

ネイルサロンは、ジェルネイルやマニキュアなどを利用して爪に色を塗ったり、爪の形を整えたりできる店舗のことです。店舗型のサブスクであれば、ネイルサロンと同様のサービスを受けられるでしょう。

一方通販型のサブスクサービスは、インターネット上で選んだチップやシールを購入できます。店舗を訪れる手間を省けるものの、すべて自分で施術しなければいけません。ここでは、ネイルサロンと通販型のサブスクサービスのちがいを確認しましょう。

ネイルサロン:ジェルネイルなどのサービスを提供

ネイルサロンとは、以下のようなサービスを受けられる店舗のことです。

  • 爪の形を整える
  • ジェルネイルやマニキュアを使用して爪に色を塗る
  • 爪の色を落とす
  • ネイルアートを施す
  • 爪の補修をおこなう
  • 甘皮処理をおこなう

ネイルサロンは、爪に関する施術を受けられます。ハンドだけではなく、フットの爪にも対応してくれるネイルサロンもあるため、足の先までおしゃれを楽しめるでしょう。ネイルは自宅でもおこなえるものの、知識やスキルのあるスタッフに施術を受けることで、よりきれいで、おしゃれなネイルができます。

ネイルケアを受けられるのは店舗型サブスク

店舗型のサブスクは、ネイルケアを受けられます。たとえばネイルのデザインを重視するのではなく、手厚いネイルケアを受けたい人もいるでしょう。店舗型のサブスクであれば施術費用を気にすることなく、何度でもケアを受けられます。そのため、サブスクを選ぶ際は、受けたいサービス内容をしっかりと考えておくことが大切です。

通販型:好みのデザインのネイルチップを提供

通販型のサブスクサービスとは、インターネット上で選んだ好みのネイルチップやシールが届くサービスのことです。店舗まで直接訪問できない人や時間のない人でも、手軽にネイルを楽しめます。
たとえばネイルを変えたいけど店舗まで行く時間がなくて諦めていた人でも、通販型のサブスクを利用すれば施術費用を気にすることなく、好きなデザインに変更できます。

ただし通販型のネイルサブスクでは、店舗型のように手厚いサービスを受けられない点に注意が必要です。そのためハンドケアやネイルケアなどは、自分でおこなう必要があります。また届いたネイルチップやシールをつける作業も、自分でおこなわなければいけません。

通販型ネイルサブスクは全国どこでも対応

通販型のネイルサブスクは、全国どこに住んでいてもサービスを受けられるのが特徴です。店舗型のネイルサブスクであれば、直接訪問しなければならず、近くに店舗がない人は利用できません。
しかし通販型のネイルサブスクは、インターネットを利用して好みのデザインを選択できるため、周辺に店舗がなくても手軽にネイルを楽しめます。またサブスクによっては、自分でオリジナルデザインを作成できるサービスも。店舗型のサブスクでは味わえない楽しみ方が魅力のひとつです。

顧客から見たネイルサブスクの3つのメリット

顧客から見たネイルサブスクの3つのメリット

顧客から見たネイルサブスクのメリットは、以下の3つです。

  • おしゃれなネイルを楽しめる
  • 気分でデザインを変えやすい
  • 利用すれば利用しただけお得

顧客から見たネイルサブスクは、おしゃれなネイルをいつでも楽しめたり、気分に合わせてネイルを変更できたりするため、おしゃれ度が向上するサービスです。サブスクを利用すれば、施術費用を考えずにネイルを楽しめます。

またサブスクは利用すればするほどお得なサービスであるため、頻繁にネイルをチェンジしたい人にとって大きなメリットといえるでしょう。ここでは、顧客から見たネイルサブスクのメリットを解説します。

メリット1. おしゃれなネイルを楽しめる

ネイルサブスクを利用すれば、おしゃれなネイルをいつでも楽しめます。たとえば施術費用が気になって頻繁にネイルサロンへ行けなかったり、オプションサービスの利用を我慢していたりと、存分にネイルを楽しめない人も少なくありません。

しかしネイルサブスクを利用すれば、施術費用を気にすることなく、指先のおしゃれを満喫できます。メイクやファッションに合わせて、ネイルを楽しむことも可能です。

メリット2. 気分でデザインを変えやすい

ネイルサブスクを利用すれば、気分に合わせてデザインを変えやすいのが特徴です。サブスクを利用しない場合は通うごとに施術費用が発生するため、予算を考慮しなければいけません。
しかし通い放題のネイルサブスクを利用していれば、何度通っても一定額の支払いであるため、その日の気分で気軽にネイルを変更できます。

たとえばふだんはビジネス向けのシンプルなデザインだったとしても、長期休暇の間はカラフルなデザインに変更したり、デートの日はかわいいデザインに挑戦したりとシチュエーションに合わせてネイルを変えられるでしょう。

また何度でも施術を受けられるため、自分でネイル用品を集める必要もありません。専門的な技術がなくても、好きなだけネイルを変えられます。


無料
LINEもインスタ予約もできる予約システムの資料請求

メリット3. 利用すれば利用しただけお得

ネイルサブスクは、利用すれば利用するほどお得なサービスです。たとえば月額5,000円でネイル通い放題のサブスクを利用する場合、1回しか通わなければ1回5,000円で施術してもらったことになりますが、5回通えば1回1,000円で施術してもらったことになります。

ネイルサブスクは、頻繁にネイルを変えておしゃれを楽しみたい人におすすめのサービスです。サブスクにはお試し期間が付いていることもあるため、まずは気軽に試してみて自身に合ったサブスクであるかを判断できます。

 

顧客から見たネイルサブスクのふたつのデメリット

顧客から見たネイルサブスクのふたつのデメリット

顧客から見たネイルサブスクのデメリットは、興味がないサービスも含まれていることと、利用しない月でも支払いが発生することです。

サブスクは必要なサービスのみを選択して利用できないので、不必要なサービスが含まれている可能性があります。また一度もサブスクを利用しない月であっても、契約している限り支払いが発生する点にも注意が必要です。ここでは、顧客から見たネイルサブスクのデメリットを解説します。

デメリット1. 興味がないサービスが含まれることも

ネイルサブスクを利用するとき、興味や関心のないサービスが含まれている可能性があります。たとえばシンプルなネイルが好みであれば、アートやパーツの乗せ放題サービスが付属していても利用しないかもしれません。

サブスクは自分にとって必要なサービスのみを利用できるわけではないため、たとえ不要なサービスが入っていたとしも、そのまま利用するしかないのです。つまり、興味のないサービスを含めた利用料を支払う必要がある点に注意しましょう。

しかしサブスクに含まれているからこそ、新しいデザインにチャレンジしやすいといった側面も。サブスクにさまざまなサービスが含まれていることで、興味の幅が広がるきっかけになるかもしれません。

デメリット2. 利用しない月でも支払いがある

サブスクは、利用しない月にも支払いが発生する点に注意しましょう。一度料金を支払えば利用し続けられる買い切り型のサービスとは異なり、サブスクは継続して支払い続ける必要があります。

たとえば1月はネイルに通ったものの、2月や3月は通えなかった場合、施術の有無を問わず、1~3月まですべて指定の使用料を払わなければいけません。つまり契約している間はずっと支払いが発生するため、利用頻度の低いサブスクは解約を検討するのがいいでしょう。

またサブスクを支払う際の注意点として、月額利用料の2カ月分を前払いするケースが多いことです。たとえば、5月の使用料は、3月に発生している計算です。そのため解約を考えている場合は、早めに支払いを止めておきましょう。

ネイルサロンがサブスクをおこなうふたつのメリット

ネイルサロンがサブスクをおこなうふたつのメリット

ネイルサロンがサブスクをおこなうメリットは、新規顧客の獲得ができることと、リピーターを増やせるので経営が安定することのふたつです。

ネイルサロンがサブスクをおこなえば、顧客の関心を引きやすくなるため、新規顧客を獲得しやすくなります。また、サブスクは継続利用が前提であるため、リピーターの増加が見込め、より安定した経営をおこなえるでしょう。ここでは、ネイルサロンがサブスクをおこなうメリットを解説します。

メリット1. 新規顧客の獲得ができる

ネイルサロンがサブスクをおこなえば、新規顧客を獲得につながります。たとえば、1回の施術に5,000円かかるネイルサロンへ行くよりも、何回施術しても月額5,000円のネイルサロンのサブスクサービスのほうが興味を持ちやすく、試してみようという気持ちになりやすいでしょう。

そのため、ネイルサロンがサブスクを導入すると、新規顧客の来店までのハードルを低くできるのです。また、サブスクに「初月は使用料が無料」「会員の紹介であれば〇%割引」といったお試し期間があれば、より多くの新規顧客を獲得しやすくなります。

メリット2. リピーターを増やせるので経営が安定する

ネイルサロンがサブスクをおこなえば、リピーターを増やせるので安定した経営を目指せます。サブスクは先述したとおり、買い切りサービスではないため、継続的な支払いが発生します。

そのため顧客がサブスクを解約しない限り継続した収益が見込めるため、経営が安定しやすくなるでしょう。ほかにもサブスクは顧客数や客単価を把握しやすくなることから、将来的な経営に役立ちます。

たとえばサブスクの会員数と月額使用料をかけ合わせれば売上の予想がしやすくなり、経営に関するリスクを抑えやすくなります。安定的な経営ができれば、サブスクへの投資もおこないやすくなり、よりよいサービスの提供も実現できるでしょう。

魅力的なサブスクができれば、より顧客を獲得しやすくなったり、リピーターを増やせたりといった経営によい影響を与えられます。

ネイルサロンがサブスクをおこなうふたつのデメリット

ネイルサロンがサブスクをおこなうふたつのデメリット

ネイルサロンがサブスクをおこなう際のデメリットは、短い期間で解約されないように注意することと、成果が出るまでに時間が必要なことのふたつです。

サブスクは、継続利用してもらうことで利益が発生します。そのため、短期間で解約されれば利益が発生しにくいでしょう。ここでは、ネイルサロンがサブスクをおこなう際のデメリットを解説します。

デメリット1. 短い期間で解約されないよう注意する

ネイルサロンがサブスクをおこなう際は、短期間で解約されないように注意しましょう。サブスクは導入するときに、システムやツールを取り入れたり、サービス内容を充実させたりといった初期費用が発生します。

そのため、初期投資分を改修するためにも、リピーターを獲得することが重要です。また、サブスクは顧客が継続して利用することで、安定した経営がおこなえるビジネスモデルであるため、顧客が飽きずに楽しく通えるサービスの提供が必要です。

たとえば
「何回通っても、いつも同じ雰囲気のデザインを施される」
「パーツの乗せ放題を利用したけど、パーツがいつも同じで飽きた」
と思われてしまえば、継続利用はされにくいでしょう。

そのためネイルサロンがサブスクをおこなう際は「いつ来ても、新しいデザインが追加されていて、選ぶのが楽しい」といったように、飽きずに利用してもらえる工夫が必要です。

デメリット2. 成果が出るまでに時間が必要

ネイルサロンがサブスクをおこなったときは、成果が出るまでに時間がかかることに留意しましょう。サブスクは会員数が増加することで利益が上昇するため、会員数の少ないサービス開始直後は利益が発生しにくいでしょう。

またお試し期間に
「初月無料」「登録から3カ月は利用料半額」「会員の紹介であれば〇%オフ」
といったキャンペーンを取り入れると、より利益をえるまでに時間がかかります。そのため、サブスクをおこなう際は、成果が出るまでの期間を乗り切る力が必要といえます。

ほかにも初期費用を投資して終わりにするのではなく、つねにサービスの改善を思案してコストをかけることも大切です。サービスの改善を意識したうえでサブスクを続ければ、より顧客満足度を上げられるでしょう。

ネイルサロンがサブスクを成功させるためのコツ

ネイルサロンがサブスクを成功させるためのコツ

ネイルサロンがサブスクを成功させるためのポイントは、以下の3つです。

  • 顧客データを取得する
  • お試し期間を設ける
  • さまざまなプランを準備する

ネイルサロンがサブスクを成功させるためには、顧客データを取得しましょう。サブスクを利用した顧客のデータを集めておけば、顧客に適したコンテンツを紹介できたり、気に入ってもらえそうな商品の情報をお知らせできたりします。

すると顧客の満足度が上昇し、継続してサブスクを利用してもらいやすくなるでしょう。そのためには、顧客とのコミュニケーションが欠かせません。

問い合わせがあればすぐに対応したり、ネイルを施している間の会話を大切にしたりすることで、顧客のニーズを把握しやすくなります。顧客のニーズがわかれば、サービスの改善にもつながるでしょう。

またネイルサロンがサブスクを成功させるためには、お試し期間を設けることも大切です。もともとサブスクは使用料金が低めに設定されていることから、顧客の購入ハードルは高くありません。

しかし「初月無料」「最初の3カ月は半額」「会員からの紹介で〇%オフ」といったお試しがあれば、より気軽に購入できます。実際に試してもらわなければ、サブスクの良さを伝えることはできないため、まずは購入してもらいやすい環境を作りましょう。

ほかにもサブスクで成功させるためには、さまざまなプランを準備することも大切です。たとえば、ネイル初心者でも手軽に試しやすいプラン・頻繁にネイルを変えたい人向けのプランなど、顧客のニーズに合わせたプランを準備しましょう。

豊富なプランを準備していれば、顧客はより自身に合ったプランを選びやすくなります。また、プランを準備する際は、正しい価格設定になるように意識することも重要です。サブスクは、わかりやすい料金設定が求められています。

たとえば、顧客のニーズを満たすためにオプションサービスを充実させすぎると、料金がわかりにくくなります。反対にシンプルなプランを複数用意していれば、料金がわかりやすく、かつさまざまな顧客のニーズを満たせるでしょう。

そしてサブスクの契約更新を自動にしておけば、よりシンプルで活用しやすいサービスとなります。サブスクを成功させるためには、顧客に手間をかけさせずに満足してもらうことを心掛けましょう。

ネイルサロンでサブスクをするか検討しよう!

ネイルサロンでサブスクをするか検討しよう!

ネイルサロンでサブスクをおこなえば新規顧客を獲得しやすく、リピーターの増加につながるため、経営が安定しやすくなります。サブスクを導入する際は、ツールの導入やサービス内容の充実といった初期費用や手間が発生するものの、継続利用されれば大きな利益をえられるでしょう。

サブスクを利用してもらうためには、顧客を集客することが大切です。しかし経営が安定するまでは、宣伝費をはじめとする経費を削減したいと考える経営者は少なくありません。そこでリザービアを活用するとリピート率が上がりやすくなり、宣伝費を抑えながら集客できます。

InstagramやFacebookをはじめとするSNSやリザービア専用のアプリ・ホームページなど、複数の媒体から予約が取れることもおすすめのポイントです。ぜひこの機会に、リザービアを活用してみてください。


無料
LINEもインスタ予約もできる予約システムの資料請求

インスタ連携予約
Googleで予約
PAGE TOP