Googleの予約を管理|予約の連携で一元化する方法

Googleのサービスを利用して予約システムを導入しよう!
作成日
更新日
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室やエステを初めとした美容サロンの店舗にとって、予約の管理方法は悩みのひとつでしょう。
そこでおすすめしたいのが、Googleを利用した予約システム。Googleを利用した予約は、パソコンやスマートフォンなど、どんな端末からでも予約を受け付けることができます。

今回はGoogleの機能を利用した予約システムについてと、ほかの予約サービスとの連携について紹介します。ぜひ参考にしてください。

予約管理を簡単にできる!Googleのサービス

予約システムをかんたんに導入できる!Googleのサービス

Googleが提供するサービスの中で、予約管理に利用できるものがGoogleカレンダーとGoogleマイビジネスです。

GoogleカレンダーはGoogleアカウントがあれば手軽に利用することができます。さらにGoogleマイビジネスというサービスを利用すれば、Googleの検索結果やGoogleマップから予約をすることができるようになります。

GoogleカレンダーとGoogleマイビジネスを利用すれば、Googleを通じて入った予約をカレンダーで管理することも可能です。

Googleカレンダーを使って手軽に予約管理をする

Googleカレンダーを使って手軽に予約システムを作ろう

Googleカレンダーを使えば、手軽に予約システムをつくることができます。

Googleカレンダーはクラウド上にカレンダーを作成する機能で、オンラインならさまざまな端末からアクセスすることができます。パソコンやスマートフォン、ブラウザを問わずカレンダーを更新できるため、予定を管理するのにとても便利です。

Gmailとの連携や予定の通知機能があるほか、標準で予約枠機能が用意されているため、手軽に予約を受け付けることができます。

Googleカレンダーで予約管理を行うメリット

Googleカレンダーで予約システムを作り予約を管理することにはメリットがあります。まずは、Googleカレンダーで予約を受け付けるメリットについて解説します。

無料で利用できる

Googleカレンダーの予約機能は、Googleアカウントを作成すれば利用することができます。Googleアカウントは無料で登録することができるため、Googleカレンダーを使用するのに利用料が必要ありません。無料で利用することができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

簡単に作ることができる

Googleカレンダーを利用した予約システムは、かんたんに作成することができます。

すでにGoogleカレンダーを利用していても、予約システム用に作成することで、プライベートで使っているカレンダーの予約を隠すことができるため、カレンダーを共有で利用しても個人の予定が筒抜けになるといった心配もありません。

Googleカレンダーで予約システムを作るデメリット

Googleカレンダーで予約システムを作成するのはメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。次は、Googleカレンダーを利用した予約システムのデメリットについて解説します。

予約を利用する人にもGoogleアカウントが必要

Googleカレンダーを作成するにはGoogleアカウントが必要だと前述しましたが、Googleカレンダーにアクセスして予約を取りたい人にもGoogleアカウントが必要です。Googleアカウントを持っていない場合、まず登録をしなければなりません。

誰でもすぐに登録することはできますが、Googleアカウントを持っていないお客様が予約するには、アカウント登録という作業が必要になってしまうのはデメリットと言えるでしょう。

予約の細かい情報を確認できない

美容室エステサロンといった美容業界の予約には、担当者を指名したり、あらかじめ施術メニューを決めたりということが可能な場合が多いです。しかし、Googleカレンダーでは、予約の際の追加オプションやメニューの決定などの、こまかな設定をすることができません。

予約をしたい日時や予約した人の名前、メールアドレスといった基本的な情報しか確認することができないので、どういったメニューを希望するかなどは改めて電話やメールでやりとりをするか、お客様が来店したときに聞かなければなりません。

1対1の予約しかできない

複数の予約を受け付けることに向いていないのも、デメリットのひとつです。ひとつの予約枠に対して一人しか予約することができず、何名の予約が入るまで枠を開放しておく、といった設定は不可能です。ひとつの枠に一人しか予約を受け付けず、1対1でサービスを提供するといった店舗には向いていますが、複数の予約枠を設けたい店舗には不向きと言えるでしょう。

Googleカレンダーで予約システムを作る方法

Googleカレンダーを利用した予約システムには、メリットとデメリットの両方があります。しかし、手軽に無料で利用できるため、まずは一度利用してみる、というのもよいでしょう。ここからは、Googleカレンダーで予約システムを作る方法について解説します。

予約用のカレンダーを作成する

まずは、予約システム用に新しいカレンダーを作成します。パソコンからGoogleアカウントにログインし、Googleカレンダーを開いたら画面の左側にあるメインメニューから「他のカレンダー」の横にある「+」をクリックします。「新しいカレンダーを作成」を選び、名前を付けて「カレンダーを作成」ボタンをクリックしたら完了です。

名前はなんでも構いませんが、「予約表」や「来店予約」といったわかりやすい名前がよいでしょう。

予約枠を設定する

次に、作成したカレンダーに予約枠を設定します。

パソコンでGoogleカレンダーを開いたら、画面右上にある「週」または「日」ビューを表示します。カレンダー上から予約枠を設けたい日時をクリックすると、ボックスがポップアップ表示されるので「予約枠」をクリックします。

タイトルなどの詳細を追加し、予約の時間枠と期間を選択します。たとえば、30分単位の予約枠を設定したとして、期間を14:00~15:00の1時間に設定しておけば、予約枠が2つ作成されます。これで、予約枠の設定は完了です。

予約用カレンダーを公開する

最後に、作成した予約用のカレンダーを公開する必要があります。せっかく予約用カレンダーを作成しても、公開しなければお客様が利用することができません。

個人にURLを送って共有するほか、店舗のサイトなどで公開することもできます。Googleアカウントを持っているお客様が公開したカレンダーにアクセスすることで、予約を受け付けることができるようになります。

これで、Googleカレンダーを利用した予約システムの作成は完了です。Googleアカウントを登録すれば、誰でも利用することができます。

Googleマイビジネスを利用しているなら「Googleで予約」で集客数アップ

Googleマイビジネスを利用しているならGoogleで予約も便利

Googleカレンダーのほかに、Googleマイビジネスという機能を利用することもできます。たとえばGoogleで「ランチ」と検索をしたときに、近隣でランチ営業をしているレストランやカフェの情報が表示された、という経験はないでしょうか?

Googleマイビジネスを利用して無料で店舗情報を登録しておけば、近隣のお客様が「エステサロン」「美容室」などと検索をした時に、店舗の営業時間や電話番号、住所などを表示させることができます。

  • Googleマップに予約ボタンが表示される
  • 予約ボタンから3タップで予約完了
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

Googleで予約の使い方

Googleマイビジネスを利用すれば、Googleの検索キーワードに応じて店舗の詳細情報を表示させることができ、さらにそこから予約へ繋げることができます。Googleでの予約の仕方について解説していきます。

Googleマイビジネスにログインして、予約をクリックする

まず、パソコンから登録したGoogleアカウントでログインする必要があります。Googleマイビジネスにログインしたら、メニューから「予約」をクリックします。タブが表示されない場合は、予約機能を利用することができません。業種か地域どちらかが原因の場合があります。

プロバイダを選択する

次に、Googleに対応しているスケジュール管理システムプロバイダを選びます。

スケジュール管理システムプロバイダとは、リザービアやEPARK、Rettyのような外部の予約プラットフォームのことです。このようなプラットフォームをすでに利用している場合は、連動して自動的に予約を受け付けることができます。Googleを経由して予約した場合は、Googleマイビジネスの「予約」タブにプロバイダが受け付けた予約の履歴が表示されます。

Googleで予約のメリット

Googleマイビジネスを利用して予約を受け付けることには、いくつかのメリットがあります。Googleで予約を受け付けるメリットについて解説します。

Googleマップなど、店舗情報を検索したときに予約ボタンが表示できる

Googleでキーワード検索した際、店舗情報とともに一緒に予約ボタンが表示されます。この予約ボタンは目立つため、お客様の目に留まりやすいでしょう。

Googleマイビジネスに登録しておいた、営業時間やマップなどの店舗情報を参考にしながら予約することができるため、お客様が通うことのできる場所かどうか、自分のスケジュールと照らし合わせて行ける時間が空いているかどうかなどが確認しやすくなります。

お客様が手軽に予約することができる

Googleの検索結果から直接予約をすることができるため、わざわざ予約プラットフォームへアクセスする必要がありません。予約プラットフォームのアカウント登録をする必要もないため、ユーザーの手間を減らすことができます。

ほかのサービスと連携して予約を管理することができる

外部の予約プラットフォームプロバイダ(予約システム提供会社)と連携して予約を受け付けることができると前述しましたが、選択することのできるプロバイダはひとつではありません。複数のプロバイダと連携することによって、ユーザーごとに違うプロバイダから受け付けた予約を、一元管理することができます。(一つのプロバイダはひとつのGoogleマイビジネスにひも付きます)

Googleで予約のデメリット

Googleの検索結果から直接予約をすることができるため、ユーザーがわざわざ予約プラットフォームプロバイダへアクセスすることなく、しかも別々のプロバイダから予約しても予約を一箇所で管理できるなど、Googleマイビジネスを利用した予約の受け付けにはさまざまなメリットがあります。

しかし、それと同時に少しのデメリットも存在してしまいます。Googleで予約を受け付けるデメリットについて解説します。

予約を利用するにはGoogleアカウントが必要

Googleマイビジネスを利用したシステムから予約を利用するためには、ユーザーもGoogleアカウントを登録しなければなりません。Googleカレンダーと同じくGoogleの機能を利用したシステムなので、利用するためにはGoogleアカウントにログインする必要があるからです。

対応している予約プラットフォームと契約している必要がある

Googleマイビジネスを利用して表示した店舗情報に予約ボタンを設置するためには、対応している予約プラットフォームプロバイダと契約している必要があります。

こういった予約プラットフォームの利用には、掲載料や広告料といった費用が必要です。そのため、Googleに予約ボタンを設置するためには、コストがかかってしまいます。

予約システムでGoogleで予約を使えばあらゆる予約を一元化

ここからは予約アプリ「リザービア」について紹介します。リザービアと契約していれば、手軽にGoogleマイビジネスと連携して予約システムを作成することができます。

前述したように、予約受付機能を利用すればGoogleの検索結果に「オンラインで予約」という予約ボタンが表示されます。この機能を利用していない店舗には表示されないので、非常に目立たせることができ他店舗との差別化を図ることができます。

また、Googleアカウントに自宅を登録していたり現在地を表示するようにしたりしていれば、自宅から近い店舗はもちろん、外出先から近い店舗など、マップを利用した新たな集客導線を作ることも可能です。

リザービアとGoogleマイビジネスを連携してできること

リザービアとGoogleマイビジネスを連携したら、どんなことができるようになるのでしょうか?利用できる機能について解説します。

Googleの検索画面から手軽に予約がしやすくなる

前述したように、Googleの検索結果やマップに表示される店舗情報に予約ボタンを表示することができるようになります。そのため、わざわざほかの予約プラットフォームやクーポンサイトなど、別の予約導線へ誘導する必要がありません。

検索結果から予約の空き時間を確認し、直接予約をすることができるのはユーザーの手間を省き、煩雑な操作が不要になるため予約までの導線を短くできます。

Googleマイビジネスから予約したお客様を判別できる

Googleマイビジネスを通じた予約は直接予約台帳に取り込まれてGoogleのマークが付くため、判別がしやすくなっています。
どういった媒体を利用してお客様が予約をしたのか、集計することで今後の集客方法に活かしやすくなります。

予約情報をリザービアで一元管理できる

リザービアの予約台帳以外にも、連携オプションで外部の集客サイトやクーポンサイトを通じた予約を一元化する事が可能です。
すべての予約を一元管理できるため、ダブルブッキングしてしまう恐れがありません。

予約の一元管理
  • Googleで予約もクーポンサイトの予約を一元化
  • メニューなどを一括で反映したい
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • とにかく予約管理の手間を減らしたい


無料
かんたん30秒で資料請求

リザービアとGoogleマイビジネスを連携する方法

ここからは、リザービアとGoogleマイビジネスを連携する方法について、具体的に見ていきましょう。

リザービアをご契約いただく

まずは、リザービアをご契約いただく必要があります。リザービアはBasic Sプランを含むすべてのプランでGoogleと連携することができるため、Googleと連携するために違うプランを選ばなければならない、ということはありません。

また、すでにリザービアをご契約いただいている方は、追加料金は不要でそのままご利用いただけます。

Googleマイビジネスアカウントを作成する

次に、Googleアカウントを作成してGoogleマイビジネスにログインします。Googleマイビジネスは、店舗情報をGoogleの検索結果など各種に表示できるサービスで、無料で利用することができます。

ただし、Google社により利用することのできる業態が定められております。ご不明な業態のサロン様は確認いたしますので、お気軽に営業担当へご相談ください。

リザービアで予約システムに必要な情報をご登録いただく

予約に必要な情報をリザービアに登録すれば、自動でGoogleに反映されます。リザービアをWeb予約システムとして利用しながら、Googleでの予約にもそのまま対応させることができます。

店舗の営業時間や住所などの基本的な情報のほか、スタッフ情報や提供しているメニュー、クーポンなどこまかな設定も可能です。どのプランでもご不明な点はサポートへお問い合わせいただけますので、安心してご利用いただけます。

Googleマイビジネスを利用すれば集客もスムーズ!

Googleマイビジネスを利用すれば、Googleの検索結果に表示される店舗情報から直接予約を受け付けることができるようになります。キーワード検索以外にも、自宅から近い店舗や外出先の近くにある店舗など、マップ情報と連動させることも可能です。

さらにリザービアと連携することで、あらかじめ希望するメニューやスタッフの指名、クーポンを利用するかどうかなど、詳細な設定なども追加することができます。リザービアをGoogleと連携してお客様の予約の手間を省き、集客に活かしてみてはいかがでしょうか。

 

引用元:
サービス提供事業者経由で予約を設定する – Google ビジネス プロフィール ヘルプ
Google マイビジネスに関する質問と回答

インスタ連携予約
SALON CARD
PAGE TOP