TikTokのビジネスアカウントを作る方法を紹介!Tiktok 始め方〜アカウント登録方法まで

TikTokのアカウントを作る方法 〜始め方編〜
作成日
更新日
インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

近年、集客に動画を活用するサロンも増えてきています。動画が投稿できるSNSにはさまざまなものがありますが、とくに注目されているのがTikTokです。
ここでは、サロン集客に動画を活用するならばぜひ知っておきたいTikTokのビジネスアカウントの作り方をご紹介します。

TikTokとは

TikTokとは

TikTokとは、15~60秒程度の短い動画を投稿できるSNSです。これまでの動画投稿というと、YouTubeのように撮影した動画を、パソコンを使って編集・加工して投稿するというものでした。

しかし、TikTokはアプリをインストールしてアカウントを作成することで、動画の加工が可能。さらに動画自体は専用の機器がなくてもスマホで撮影したものでOKです。つまり、動画の撮影から編集、投稿までアプリをインストールすることで、スマホひとつですべて完結できるという点が最大の特徴といえます。

Twitterのようにハッシュタグをつけることで多くの人に拡散できるという機能もあり、とくに若い世代を中心に人気のある動画アプリです。

TikTokビジネスアカウントとは

TikTokビジネスアカウントとは

TikTokには一般のアカウントだけでなく、ビジネスアカウントというものが存在します。ビジネスアカウントとは、企業が運用するための機能があるアカウントのことです。動画で自社の商品やサービスをプロモーションすることで、ブランディングやマーケティングに活用されています。

2020年時点で、ビジネスアカウントを使用している主要ブランドは1,000を超えたとTikTokの公式サイトが発表しました。ここからは、ビジネスアカウントでできることをご紹介します。
TikTokのビジネスアカウントの詳細はこちら

アカウントや投稿した動画の分析ができる

ビジネスアカウントでは、アカウントのフォロワーやプロフィールを見られた回数を分析することが可能。これによってフォロワーの属性を理解し、プロモーションに活かせると考えられています。

ほかにも、投稿された動画の再生回数や再生時間も分析できるという特徴も。投稿したコンテンツごとにリアルタイムで分析が可能ですので、サロンの集客のためにどのような動画投稿をすべきかなどの方向性をアプリひとつで明確にできます。

プロフィールから自社サイトなどへ誘導できる

プロフィールには外部リンクが貼れるので、自社のWEBサイトや予約フォームへの誘導ができます。ほかにも連絡先を追加できるので、TikTokを見たユーザーが直接予約をするという行動へのアシストをすることが可能です。

動画を見て、自社サイトへアクセスするという流れを自然に作り出せるため、集客を考えたときに、TikTokの活用は効率のよい方法といえるでしょう。

動画に商用利用が可能な楽曲を利用できる

動画に曲を入れたいと考えたとき、企業で懸念されるのは商用利用についてです。なにも知らずに入れた曲が著作権に引っかかり、せっかく作った動画自体が利用できないとなれば、労力が無駄となってしまいます。

ビジネスアカウントの場合、適切なライセンスを取得した商用楽曲を利用することが可能です。これによって動画には商用利用可能な楽曲を使えるので、楽曲の著作権侵害を防げます。

TikTokで集客するメリット

TikTokで集客するメリット

ビジネスアカウントではいろいろなことができますが、TikTokを集客に使うメリットはどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、TikTokを使ってサロン集客をするメリットをいくつかご紹介します。

かんたんに動画が公開できる

TikTokのアプリには、動画の撮影から編集まですべての機能が含まれています。そのため、アプリをダウンロードするだけで、初心者でもかんたんにクオリティの高い動画が作れるという点が最大のメリットです。

動画の撮影を本格的にするのであれば、それなりの機械を用意しなければなりません。動画を編集しようと考えたときにもパソコンが必要になり、それを使いこなす知識や技術も必要となるでしょう。これらの機械をすべて用意すると、当然費用もかかります。

サロン集客のためにはコンスタントに動画を投稿する必要があるので、本業とともにコンスタントな動画作成までおこなうとなると、相当な労力が必要です。費用や作業時間、人件費などをすべてカットして高いクオリティの動画が作れるので、コスト削減にもつながるでしょう。

拡散されやすい

TikTokでは、フォロワー以外にも動画が拡散される仕組みがあります。SNSは一般的にフォロワーの数で左右されてしまいますが、この仕組みによって動画の表示のされやすさがフォロワーの数に影響されなくなるのです。

とくに登録したばかりのときには、フォロワーがほとんどいません。しかし、拡散されやすいため、登録したばかりでも集客として活用できます。
さらに、ほかのSNSとの相性が非常によいことも特徴です。SNSのなかで利用者数が多いTwitterなどと連携することでさらに、集客数をあげることにもつながるでしょう。

ユーザーは若い年齢層が多い

TikTokのユーザーは、比較的若い世代が多いのが特徴です。総務省の調査結果を見ると、2020年度のユーザー状況では10代が57.7%、20代が28.6%とユーザーの8割を10~20代が占めています。

このことから、ファッションや音楽などトレンドにのったアピールが効果的です。流行に敏感な若年層に、サロンのアピールがしやすいといえるでしょう。とくに若年層の集客を検討しているというサロンにとって、TikTokは非常に相性のよい集客のツールといえます。

TikTokに登録する方法

TikTokに登録する方法

はじめてアカウントを作るという方にとっては、わからないことも多いかもしれません。ここからは、TikTok登録方法と、ビジネスアカウントの登録方法をご紹介します。

TikTokに登録する

まずはTikTokに登録して、アカウントを作成しましょう。登録するには、2つの方法があります。ひとつは、現在使っているSNSのアカウントと連携する方法です。TwitterかLINEを使っている場合には、このアカウント情報で登録がおこなえます。情報登録の入力がめんどうという場合には、こちらを活用するとよいでしょう。

もうひとつは、電話番号やメールアドレスなどを直接入力する方法。ビジネスアカウントを作成する場合にはこちらの方法で登録するのがおすすめです。

まずはアプリをダウンロードします。起動すると興味のある分野を選ぶページが出てきますが、こちらはスキップしていただいてもかまいません。

次に、マイページをタップして登録をタップ。1番上に表示される「電話番号、またはメールアドレスで続行」をタップして生年月日を入力し、電話番号かメールアドレスのいずれかを入力しましょう。最後にパスワードとTikTokで使用するユーザー名を登録すれば登録完了です。

ビジネスアカウントの設定をする

アカウント作成が済んだら、ビジネスアカウントを設定しましょう。先ほど登録したアカウントを開いてマイページの右上にある【…】をタップします。

【アカウント管理】から【プロアカウントに切り替える】をタップして、アカウントの種類をビジネスで選択。投稿予定のコンテンツに合うカテゴリーを選択し、【次へ】をタップして性別を選べばビジネスアカウントの作成が完了です。

投稿予定のコンテンツに合うカテゴリーは、今後の広告表示などでも非常に重要となるので、より、投稿を予定しているコンテンツに合うものを選んでおきましょう。

TikTokの使い方

TikTokの使い方

アカウントの設定が完了したら、早速TikTokを使って動画を作成・投稿してみましょう。ここからはTikTokを使った動画の投稿方法、動画をどうやって見るのかといったTikTokの基本的な操作方法をくわしくご紹介します。

動画を投稿する

動画を投稿する前に、まずはカメラとマイクのアクセスを許可する必要があります。こちらについては、あらかじめ端末でアプリに対して許可を取っておきましょう。

そのうえでアプリを開くと、トップ画面の下部、ナビバーの中心に「+」というボタンがあるのでこちらをタップしてください。すると赤い大きな円が下部に出てくるので、そこを押すと撮影できます。

撮影が終わりましたら、画面下部右下にあるチェックマークをタップ。ここでは、楽曲の選択、ボリューム・速度の調整、画像編集ができますので、あとはアプリの指示に従いながら進めていきましょう。最後に、右向きの矢印をタップすれば投稿できます。

動画を見る

アプリを開いたときに表示されるメイン画面では、タイムラインの動画が表示されています。動画上部の「フォロー中」をタップするとフォロー中のユーザーの動画が表示され、「おすすめ」をタップすると、自分の興味にあった動画をAIが選んで表示してくれる仕組みです。

ここから動画を選んでみてみましょう。動画を見ているときには、相手にアクションをすることが可能です。アクションについては動画の横にまとまっており、ハートマークがいいね、吹き出しマークがコメント、矢印マークがシェア、プラスマークがフォローとなるので状況に応じてアクションをしてみましょう。

TikTokは広告も出せる

TikTokは広告も出せる

TikTokでは、アプリを起動したときに表示される起動広告や通常コンテンツに紛れて「おすすめの投稿」ページ内で表示されるインフィード広告があります。

起動広告は、広告が流れる時間は短いものの起動時にすべての人に表示される広告であり、これからアプリを見ようとしているため、広告をしっかりと目にする人が多いのが特徴です。インフィード広告は、広告が流れる時間が通常の投稿した動画時間と同じくらいとなっています。

もうひとつ、ハッシュタグチャレンジ広告という企業のプロモーションにハッシュタグ機能を活用することも可能です。いずれの広告方法でもスマートフォンの大画面で、ユーザーに見せたいタイミングで見せられるので、高い宣伝効果を得られます。

TikTokは手軽に動画でサロンをアピールできる

TikTokは手軽に動画でサロンをアピールできる

スマートフォンひとつで、かんたんに動画を作って投稿できるTikTok。ビジネスアカウントを作成することで、自社サービスに興味のあるユーザーを分析したり、自社サイトへ流入させたりすることも可能です。

若者がユーザーの大半を占めているSNSですので、若者へのアピールへ力を入れたいというサロンは集客のために活用してみてはいかがでしょうか。リザービアではSNS運用についてのアドバイスもおこなっていますのでぜひご活用ください。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

SALON CARD
A’staff Cloud Smart
PAGE TOP