ホットペッパービューティーの掲載料金いくら?手数料などの費用とプラン

ホットペッパービューティーは月額いくら?掲載料やプランを紹介
作成日
更新日
インスタ連携予約
BMS

ホットペッパービューティーは、国内最大級のヘアサロン・リラク&ビューティーサロンの検索・予約サイトとして、高い知名度を誇っています。
そのため、多くの美容室やサロンがホットペッパービューティーに店の情報を掲載し、集客に活用しています。

ただ、ホットペッパービューティーへの掲載料金は無料ではなく、毎月一定の料金に加え予約手数料も支払う必要があります。掲載プランは複数ありますので、ホットペッパービューティーへの掲載を検討する際は、プランの種類や特徴をあらかじめチェックしておきましょう。

今回は、ホットペッパービューティーの掲載 料金やプラン・手数料、それぞれの特徴、プランを選ぶ時のポイントなどについて解説します。

ホットペッパービューティーの料金は掲載プランによって違う

ホットペッパービューティーの月額料金は掲載プランによって違う

ホットペッパービューティーの月額料金は、利用する掲載プランによって異なります。
掲載プランは「プラチナ」「バリュー」「シンプル」「ライト」「ライトS」「NR」の6カテゴリに分かれており、さらにプラチナ・バリュー・シンプル・ライトは本誌掲載のサイズやネット版の表示順位に応じて2~3のプランに区分されています。

このうち、最もリーズナブルなのは「NR」プランで、ライトS→ライト→シンプル→バリュー→プラチナの順に値段が高くなっていきます。
また、「L」や「LL」などの区分があるプランについては、基本プランに+αの追加費用がかかる仕組みになっているほか、フリーペーパーへの掲載には別途単体料金がかかりますので注意が必要です。

気になるそれぞれのプランの料金ですが、広告の掲載を希望するエリアによって基準となる料金が異なるため、WEBサイト上では具体的な料金が明記されていません。
そのため、くわしい掲載費を知りたい場合は個別に問い合わせる必要があります。

お得な割引料金もある

ホットペッパービューティーの掲載費用は原則として月額ですが、長期的に継続掲載したい場合は、お得な回数券割引料金も利用できます。

回数券割引料金は「半年パック」と「年間パック」の2つがあり、それぞれ長期契約を前提とすることで、通常の月額料金よりも一月あたりの料金が割安に設定されています。
半年パックよりも年間パックの方が割引率は高くなりますので、年単位で掲載する予定がある場合は年間パックの利用を検討した方がよいでしょう。

ホットペッパービューティーの掲載プランの種類と特徴

ホットペッパービューティーの掲載プランの種類と特徴

ホットペッパービューティーの掲載プランは6カテゴリ10プランに区分されており、それぞれ料金が異なるのはもちろん、フリーペーパーへの掲載サイズやネット版の表示順位などに違いがあります。

月額料金は安いに越したことはありませんが、費用だけを重視してプランを選択すると、「欲しい機能がない」「思ったほど集客効果が上がらない」といったトラブルの原因になります。

ホットペッパービューティーへの掲載を検討する際は、すべてのプランの特徴を確認し、自分のニーズや目的に最も合ったプランを選択しましょう。

ここでは、ホットペッパービューティーの掲載プランと、それぞれの特徴をご紹介します。

プラチナプラン

ホットペッパービューティーの掲載プランのうち、最もサービスが充実した上位プランです。
参画特集の検索ワード数はプラン中で最多の10個となっており、さらにネイルメニューのあるサロンの場合、ネイルカタログにも無料で4回参画することができます。

プラチナプランは本誌掲載のサイズおよびネット版表示順位に応じて、さらにプラチナLL、プラチナL、プラチナの3プランに分かれていて、最上位のプラチナLLの場合、本誌掲載は1/2サイズ、ネット版表示順位1位という充実のサービスで店舗の情報を掲載できます。

ネット版表示順位とは、顧客がサロンを検索した際に表示される順番のことで、上位になるほど表示される優先順位が上がります。

ポータルサイトのクリック率の調査結果によると、ユーザーのクリック率は検索上位1位が28.5%、2位が15.7%、3位が11%となっており、4位以下のクリック率は一桁台に落ちるそうです。[注1]
つまり、上位に表示されるほどユーザーにクリックされる確率がアップし、高い集客率を見込むことができます。

ちなみに、プラチナLの場合、本誌掲載は1/4サイズでネット版表示順位は2位。無印の場合、本誌掲載はなしで、ネット版表示順位は3位となっています。
参画特集の検索ワードやネイルカタログの特集参画数はLL~無印で差はないので、本誌掲載の有無やサイズ、ネット版表示順位を基準にプランを選ぶのがポイントです。

バリュープラン

バリュープランは、プラチナプランに次ぐ上位プランです。
参画特集の検索ワードは8、ネイルカタログ特集参画数は3と、プラチナプランよりやや少なめに設定されていますが、ネイルカタログへの無料掲載サービスがついているのはバリュープランまでなので、6つあるプランの中でもサービスはかなり充実しているといえます。

バリュープランも、バリューLと無印の2種類に分かれており、バリューLは本誌掲載1/4サイズ、ネット版表示順位4位。無印は本誌掲載なし、ネット版表示順位5位となっています。

シンプル

名前の通り、ごく標準的かつシンプルなサービス・機能を備えたスタンダードなプランです。上位プランとの違いはネイルカタログの特集参画がないことで、検索ワードは6個となっています。
シンプルプランは、本誌掲載1/4サイズ、ネット版表示順位6位の「シンプルL」と、本誌掲載なし、ネット版表示順位7位の「無印」の2パターンから選択できます。

ライトプラン

必要最小限の機能・サービスを備えたリーズナブルなプランです。
検索ワードは4個とバリュープランの半分に留まるため、あまり多くの集客は期待できませんが、オーナーひとりで運営していて、たくさん予約が来ても対応できない…という店舗にはちょうどよいプランです。

ライトも「ライトL」と「無印」の2種類がラインナップされており、前者は本誌掲載1/8サイズ、ネット版表示順位8位。後者は本誌掲載なしで、ネット版表示順位は9位となります。

ライトS

ライトプランよりさらに検索ワード枠の少ないプランです。検索ワード枠は3、ネット版表示順位は10位となっており、本誌への掲載はありません。
上位表示や活発なアピールは難しいですが、そのぶん月額料金は安く設定されているので、月々のコスト負担は少なくて済みます。

NR(No Reserve)

Reserveとは「予約」のことで、その名の通り、予約機能が付加されていないプランのことです。
6つあるプランのうち、最もリーズナブルな料金体系となっていますが、予約機能が付いていないので、マンツーマンのサービスを提供する店舗には不向きです。
なお、NRの検索ワードはライトSと同じ3個ですが、ネット版表示順位は11位と1段階下がります。

ホットペッパービューティーの掲載プランを選ぶときのポイント

ホットペッパービューティーの掲載プランを選ぶときのポイント

ホットペッパービューティーの掲載プランは6カテゴリ10プランにも上るため、初めての方はどれを選べばいいか悩んでしまうところです。
月額プランの場合、1ヶ月単位でプランを変更することは可能ですが、たとえ1ヶ月でも店のニーズ・目的に合わないプランを利用するのはコストの無駄になりますので、プラン選びは慎重に行う必要があります。

ここでは、ホットペッパービューティーの掲載プランを選ぶときのポイントをご紹介します。

集客率を大幅にアップしたい&施術メニューが多いならプラチナ・バリュープランがおすすめ

とにかく新規のお客さんを集めたい!というお店なら、プラチナプランまたはバリュープランがおすすめです。

ホットペッパービューティーのカタログにも掲載されるほか、ネット版でも表示順位1~5位に表示されるので、サロンを検索したユーザーの目に留まる確率が高くなります。

特にプラチナプランの場合、上位1~3位に掲載される上、検索ワードも10と豊富なので、より多くのユーザーに店の情報を閲覧してもらえます。また、プラチナプランとバリュープランのみ、サロンページを制作する際にデザインテンプレートの使用、サロンヘッダー写真の掲載、「サロンのこだわり」の表示が可能になります。

デザインテンプレートとは、店舗情報の背景を好みに合わせてカスタマイズできる機能のことで、他のサロンページとの差別化を図ることができます。

一方の「サロンのこだわり」とは、お店が独自にこだわっているポイントを、施術メニューや流れに沿って紹介できる機能のことです。シンプルプラン以下で制作したページよりも、外観・内容ともに充実させられるので、ユーザーの興味・関心を惹きやすくなるところが特徴です。
また、ネイルカタログへの掲載も無料で行えますので、ネイルメニューやサービスを提供している場合はプラチナ・バリュープランが適しているでしょう。

回転数をアップしてお客さんを増やしたい&こだわりメニューを提供したいならシンプルプランがおすすめ

席数は1~4つ程度と少ないものの、お客さんの回転率を高めて大きく集客したい!という場合や、ワンオーナーサロンで高単価の集客を狙いたい!という場合は、スタンダードなシンプルプランを選ぶのがおすすめです。
ネット版表示順位は6~7位とやや低めですが、検索ワードは6と充実しているので、ワードの設定を的確に行えば、十分な集客率アップを見込めます。

サロンページではデザインテンプレートやサロンヘッダー写真は使えないものの、サロントップ写真(3枚)の掲載や、フォトギャラリー、本日の空席情報、クーポン機能などは活用できますので、工夫次第で魅力的なサロンページを制作可能です。

新規オープンしたばかりの店舗や、お試し利用したい方はライト・ライトSプランがおすすめ

オープンしたばかりのお店や、ホットペッパービューティーのサービスをお試し利用してみたいという方は、ライトまたはライトSプランの利用がおすすめです。

検索ワードは4と少なめで、かつネット版表示順位も8~9位と低めなので大幅な集客アップは期待できませんが、オープン当初はスタッフも不慣れで、多くのお客さんをさばくのは難しいので、ライト・ライトSプランで少しずつ新規顧客を獲得した方がよいでしょう。

また、上位プランに比べると値段がリーズナブルな上、年間プランで申し込んだ場合でも申し込み期間内であれば、3ヶ月連続でプランアップすることも可能です。

プランアップした場合も、回数割引料金が適用されますので、「機能が足りないからシンプルやバリュープランに切り替えたい」という希望にも柔軟に対応できます。

予約機能がいらないお店ならNRプランもあり

NRプランは他のプランと異なり、お客様からの予約を受け付ける機能が付帯されていません。
そのため、美容院や美容サロンなど、マンツーマンでサービスを提供するお店には不向きですが、温浴施設やスポーツクラブ、ヨガスタジオなど、予約のいらない施設ならNRプランでも対応可能です。

ただし、ライトSプラン以上で使えるサロンページの制作機能は利用できませんので、あらかじめ注意が必要です。

ホットペッパービューティーの費用対効果を高めるコツ

ホットペッパービューティーの費用対効果を高めるコツ

ホットペッパービューティーは、どのプランを利用する場合でも月額料金が発生しますので、掲載を依頼するにあたっては費用対効果を考える必要があります。

ホットペッパービューティーに店舗情報を掲載したからといって、思ったような集客効果を得られるとは限りませんので、利用する際は費用対効果を高めるための工夫を採り入れましょう。

ここでは、ホットペッパービューティーの費用対効果を高めるコツを3つご紹介します。

コツ1. ニーズ・目的に合ったプランを選ぶ

ホットペッパービューティーには複数の掲載プランがあり、それぞれ特徴が異なります。
最もリーズナブルなのはNRプランですが、予約機能が付帯していない上、ネット版表示順位は11位、検索ワードは3つしか設定できません。
そのため、ホットペッパービューティーを利用してもほとんど集客できず、プランの月額料金だけがかさんでいく…という事態に陥る可能性があります。

このように、コストのみでプランを選ぶと費用対効果が下がってしまいますので、料金だけで比較するのではなく、どのプランを選べばどのくらいの集客効果を見込めるかを慎重に検討することが大切です。

コツ2. リピーターを増やす工夫を採り入れる

ホットペッパービューティーは知名度の高いサービスですので、カタログあるいはネットに店舗情報を掲載すれば、それなりの集客効果を得ることが可能です。
しかし、初回きりでお客様が離れてしまった場合、継続的な収益は見込めません。

ホットペッパービューティーでの新規顧客獲得は、あくまで入口に過ぎず、来店されたお客様をいかにリピーターにするかが重要なポイントになります。
リピーター増加のための手段はいくつか考えられますが、たとえば来店されたお客様に次回使えるクーポンを配布する、複数回利用したお客様にはトリートメントをプレゼントする、といった工夫を採り入れましょう。

また、2回目以降の予約をホットペッパービューティー経由にした場合、近隣店舗に流れてしまう可能性が高くなり、結果としてリピート率が低下しやすいと言われています。
お店独自の予約アプリLINEと連携した予約システムを導入して、
新規集客はホットペッパービューティー、2回目以降はお店独自の予約方法
にする事で、リピート率向上とホットペッパービューティーの予約手数料削減につなげる事ができます。

コツ3. 顧客のニーズに合わせて最適なサービス・商品を提供する

顧客単価を上げるためには、現在提供しているサービス・商品よりもワンランク上のものを購入してもらう必要があります。
しかし、高額なサービス・商品をおすすめするには、お客様が納得する相応の理由が必要です。

そのためには、お客様が現在利用しているサービスや、どんなことに悩んでいるか、といった情報をデータとして蓄積・分析し、表に現れている顕在ニーズはもちろん、お客様本人も気付いていない潜在ニーズを的確に把握することが大切です。

ホットペッパービューティーは、店舗の情報を閲覧したお客様からのアピールを受けてサービス・商品を提供する「受動型」のシステムですが、そこからさらに一歩進んで顧客単価をアップすれば、ホットペッパービューティーの費用対効果をさらに高めることができます。

ホットペッパーは年々値上がりしている

ホットペッパーは年々値上がりしている

ここまでホットペッパービューティーの費用対効果を高めるコツをご紹介しましたが、実はホットペッパービューティーへ店舗情報を記載した後の運用方法は、年々難しくなってきています。
なぜなら、ホットペッパービューティーへの掲載料金は年々値上がりを続けており、気軽に利用できるサービスではなくなりつつあるからです。

実際、かつてのホットペッパービューティーは月額1万円~で利用できるサービスでしたが、2019年4月の料金改訂にともない、掲載費用は約2.5倍に増加したとされています。なお、値上げに際してサービス内容の改訂などは行われておらず、単純に利用コストだけが大幅アップした形になります。

2019年4月以降、2021年11月現在まで値上げは実施されていませんが、今後再び掲載料金の見直しが行われる可能性は十分に考えられるでしょう。

新規顧客をホットペッパービューティーに依存しない事が大切

新規顧客をホットペッパービューティーに依存しない事

今後ホットペッパービューティーの掲載料金が更に値上がりすれば、費用対効果を得るためのハードルはさらに高くなります。
ホットペッパービューティーは新規顧客の獲得に役立つ便利なサービスではありますが、ホットペッパーにだけ依存すると、効率的に収益を上げるのが難しくなるおそれがあります。

そもそも美容院やサロンでは、新規顧客の獲得以上に、リピーターを増やすことが優先されますので、ホットペッパービューティに掲載したらそれで終了ではなく、掲載後の運用に力を入れることが大切です。

関連記事:エステサロンの集客のコツとは?新規のお客様をリピーターに繋げる方法も紹介!
関連記事:個人サロン集客の方法や成功のポイント・気をつけるべきこと

リピーター増加に役立つリザービアの利用がおすすめ

新規に獲得した顧客をリピーターにするには、2回目以降の来店を促す工夫やサービスを採り入れる必要があります。
そこでおすすめしたいのが、公式LINEやインスタグラム、クーポンサイトを経由した予約を一元管理できる「リザービア」の活用です。

予約の受付はもちろん、予約の受付開始・終了日時やWEBキャンセル可能日時、同時予約制限などを自由に設定できるメニュー機能、リピーター増加に有効なクーポン機能、予約条件ごとの比率やクーポン出数を把握できる予約集計機能など、さまざまな便利機能が搭載されており、簡単な操作で利用することができます。

さらに、LINE連携を利用した簡単予約や、会員種別・氏名・電話番号・来店回数、前回スタッフ・前回メニュー・前回クーポンなどの複数項目から会員を検索し、メッセージやクーポンの配信ができる顧客管理機能も活用できるので、既存客に再来店を促したり、よりニーズに合ったサービス・商品を提案したりすることが可能です。

なお、システム導入後は電話やメール、オンラインミーティング、24時間対応のチャットなど、充実したサポートを受けられますので、初めて予約システムを利用する方も安心です。
ホットペッパービューティー掲載後の運用を効率化したい!ホットペッパービューティーに変わる集客システムを導入したい!とお考えの方は、リザービアのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • LINEやインスタから集客したい
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • リピート率をアップさせたい


無料
かんたん30秒で資料請求

まとめ

美容院・サロンの集客やリピーター増加ならリザービアがおすすめ

ホットペッパービューティーへの掲載プランは複数あり、それぞれ店舗のニーズや目的に合わせて選べる仕様になっています。
上位プランを利用すれば高い集客効果が見込めますが、ホットペッパービューティーの掲載料金は年々値上がりしているため、費用対効果を高めるためには、掲載後の運用に工夫を採り入れる必要があります。

リザービアなら、使い勝手の良い予約システムと、高機能な顧客管理システムの活用により、既存客の定着と顧客単価の向上をサポートすることができます。
「ホットペッパービューティーに掲載したけれど、なかなか費用対効果が上がらない」「顧客が定着せず、継続的な利益を見込めない」などのお悩みを抱えておられる方は、ぜひリザービアの利用をご検討ください。

インスタ連携予約
リザPOS
PAGE TOP