サロン予約は一元管理が簡単・便利! 導入方法やメリットをご紹介

作成日
更新日
予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

近年美容技術が発達し、美容室のサロンでは多種多様の機材が使われています。お客様のニーズに合わせて個室や無料の託児スペースなどを用意しているところもあり、予約をする際は機材と設備の確保も必要になるので、予約管理業務は複雑になりがちです。

さらに複数のクーポンサイトから予約が入ると予約管理がますます複雑になるため、結局手書きで予約表を書いている美容室もあるかもしれません。今回は、予約管理業務を簡略化したい方のために、予約情報を自動で一元管理できるリザービアの予約システムをご紹介します。

複数のクーポンサービスからの予約を自動で連携・集中管理

主要集客ポータルサービスからの予約を自動で一元管理できるので、煩わしい操作は不要になり、ダブルブッキングを防ぐことができます。
  • ホットペッパービューティ(サロンボード)
  • 楽天BEAUTY(ラクテンビューティ)
  • minimo(ミニモ)
  • OZmall(オズモール)※ヘアーのみ
  • E-PARK(イーパーク)※ビューティのみ

サロンボード⇔ミニモ(サロンツール)⇔インスタ の予約連携について

サロンの予約システムは一元管理が便利

美容室のクチコミ情報を参考にしても、美容サロンの良し悪しは実際利用してみないとわからないことが多いです。美容室選びをするときは自分の目で確かめる人は多く、そんな方たちの間ではお得な料金で施術を受けられるクーポンサイトはたいへん人気があります。

クーポンサイトは美容室側にとっても集客アップを図れるメリットがありますが、予約管理がむずかしくなってしまうのがデメリットです。予約システムを導入すれば、複数のクーポンサイトからの予約を一元管理できるようになり、このような問題はかんたんに解決できるでしょう。

予約システムの機能紹介

シフト設定

美容業界はほかの業界と比較すると、リピーターが多いのが特徴です。美容室は予約管理だけでなく、顧客の個人情報、施術歴などの管理も必要なので、情報管理を怠るとオーバーブッキングをしてしまったり、適切なサービスを提供できなくなったりする可能性があります。

予約システムは予約の受け付けをしたり、予約の情報やスケジュールを管理したりできるだけでなく、サロンの運営をスムーズできる機能が搭載されているものも多いです。つづいては、くわしい機能をご紹介します。

予約台帳で予約情報管理

インターネットがなかったころは予約を電話で受け付けていたので、予約受け付けは営業時間内のみで来店したときに次回の予約をするのが一般的でした。
現在はホームページや予約サイトからいつでも予約できるようになりましたが、複数のところから予約が入るため、予約管理が複雑になり、オーバーブッキングをしてしまうリスクも高くなっています。
しかし、予約システムを導入すれば、予約台帳に紐づけして予約情報を一元管理することが可能。電話予約もかんたんに確定でき、さらにはスマホで予約状況を把握できるので、これまでに費やしていた時間と手間を大幅に削減できるでしょう。

設備に関する詳細設定

設備管理

例えば、子育て中で小さいお子さんと来店する方にとって、個室や駐車場、無料の託児スペースの有無は選ぶときの重要ポイントです。
予約システムの中には予約枠に設備情報の詳細を設定でき、メニューやクーポンを設備と紐づけすることもできるシステムもあるので、ユーザーも予約がしやすくなります。

メニューによっては機材の予約も必要になりますが、予約システムは柔軟性が高く設備の数以上の予約ができないように設定することも可能です。

シフトや受付枠の管理

美容室の受け付けではお客様がスタッフを指名することが多いですから、予約とシフトを同時に管理しなくてはいけません。

予約システムは受付枠に営業時間、席数、休業日、スタッフのシフト、サロンの営業時間、席数などの情報を登録し、ほかのシステムとの連動もできます。 また、スタッフが受け付けられる予約数を制限したり、指名スタッフへメールを送信したりできる便利な機能も搭載されていることも。
さらに、店舗所属機能を活用すれば複数店舗の予約をまとめて管理することも可能となります。

顧客情報管理

大切なお客様にクオリティの高いサービスを提供するためには、名前や住所、電話番号などの基本情報だけでなく、利用頻度、施術歴、好み、髪のトラブルなどのくわしい情報が必要です。

予約システムであれば、すべての顧客情報を一括で管理すること可能。複数の項目で検索でき選んだお客様にクーポンつきのDMを配信したり、アプリへのプッシュ通知をしたりすることも可能です。
顧客情報はアップデートが必要ですが、予約システムならばひとつの予約台帳に集約して一括で管理できるので、つねに新しい情報をサロン内でシェアすることにも役立つでしょう。
関連記事:顧客管理システムがおすすめな理由と選び方のポイント

予約システム以外にもサロン経営に必要な便利機能も

例えば個人経営の美容室の場合、お客様の対応をしながらサロン経営をおこなうため、人手不足で思うように売上を伸ばせないことがあります。

予約システムには予約を管理するだけでなく、なかにはサロンや美容室の経営に必要となる便利な機能も搭載しているものもあるのが特徴です。
このような予約システムを上手に活用すればサロン経営をより円滑に遂行できるようになり、業績アップも期待できるでしょう。
つづいては、経営に必要な便利機能をご紹介します。

ほかのクーポンサイトなど複数サイトを連携・一括管理

複数のクーポンサイトに掲載しておけば、それだけ集客を上げられる可能性があります。しかし、予約をそれぞれの管理画面を確認しなくてはいけなくなり、予約を見落とすとダブルブッキングをしてしまう心配も。
予約システムであれば、主要のクーポンサイトや予約サイトの予約を自動で一元管理できるものが多いので、面倒な操作が必要なくなり、ダブルブッキングが発生するリスクが減っていくでしょう。

LINEやインスタグラムなどのSNS連携

LINEやインスタグラムのアカウントを作成して集客に活用している美容室は多いですが、リザービアではLINEやインスタグラムなど連携する事が可能。
SNSと連携すると、SNSの強みを活かしてサロン情報や人気のヘアスタイルを配信しながら、指名予約数アップ、自動のリマインダーメッセージ配信が行えたりシます。

SNSと連携することでネット予約が増え電話予約が減るので、施術中に電話対応しなくてよくなるのもメリットです。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

追加オプションでPOSレジ機能も

POSは「Point Of Sales」の略語で、日本語では「販売時点情報管理」の意味です。つまり、POSレジは「販売時点情報管理ができるレジ」のことで、追加オプションで予約システムに活用すればスマホやタブレットをPOSレジとして使えるようになります。
POS機能を連携すれば、会計や清算、売上管理などのデータも予約システムに紐づけできるので、スマホやタブレットの画面上で売上を把握することも可能です。
関連記事:用途別POSシステムの選び方|POSシステムのメリットとデメリット

スタンプカード・ポイント管理

アプリ上でスタンプカードやポイントを利用できる機能で、スタンプのルールやポイントの額は自由に設定できます。リザービアの場合、リピーターや会員ランクを限定したクーポン発行できるので、いつもサロンを理容してくれる大切なお客様を優先してお得な情報を配信できるのが魅力です。 アプリ上でクーポン発行機能を活用すれば、ポイントカードやクーポンを印刷する必要もなくなるのでコスト削減にもつながるでしょう。
関連記事:美容室のポイントカードを作ってリピート率を上げよう!店舗のメリットやお客様に喜ばれるサービスとは?

予約システムを導入するメリットとは?

Merit

美容室が予約システムを導入するメリットは、予約情報を一元管理できることだけではありません。
予約システムを導入することで生まれるおもなメリットをご紹介します。

ダブルブッキングを防止

美容室の予約では施術の時間だけでなく、駐車場、個室、託児スペース、メニューに必要な機材の確保も必要です。それだけでも予約が複雑ですが、複数のクーポンサイトやポータルサイトを使って予約を受け付けていると、予約情報があふれかえってタブルブッキングもしやすくなります。

予約システムは予約情報を自動で一箇所に集約でき情報が見やすいので、ダブルブッキングを起こすリスクが低くなります。
スタッフのシフトの更新も自動ですから、指名予約の調整もしやすく機会損失する心配もありません。

導入コストが安価

システムの導入には初期費用が必要なことも多く、導入するたびに数万円かかることもあります。
リザービアのオプションサービス「ビューティーマネジメントシステム(予約連携機能)」であれば初期費用が不要で、リザービアの利用料に月額2,000円(税別)をプラスして支払いいただくだけです。

サポート体制が充実していて解約時は月割での返金も可能ですから、はじめての方も安心してご利用いただけます。
導入する際は以下の2点にご注意ください。

  • 予約のみの相互反映で、シフトや営業日はリザービアで設定した情報の同期となります。
  • 各ポータルサイトとリザービアの予約枠設定を同数にしていただきます。(席数など)

自動化で時間と手間を節約できる

美容室では来店しているお客様と、電話で連絡をしてくるお客様の対応が必要です。施術中に電話対応に追われてしまうとお客様を待たせてしまうことになり、きめこまやかサービスを提供できなくなります。

予約システムを導入して予約をネット予約のみにすれば、予約業務を自動化することが可能。今まで電話対応に費やしていた時間と能力を来店してくれているお客様に費やせるので、お客様満足度も向上させられるでしょう。

クーポンサイトとも連動!予約システムの導入方法とは?

リザービアの予約システムは予約管理とサロン運営に役立つ機能が搭載されているだけでなく、複数のクーポンサイトと連携が可能です。 ここでは、予約システムを導入するための手順と対応できるサロンと業態、お得なプランをご紹介します。

導入までの流れは?

予約システムのお申し込みからご利用までの流れは、次のとおりです。

  1. お申し込み リザービアのホームページのかんたん資料請求から書類の請求をしていただき、必要事項を記入の上郵送にて返送してください。
  2. アカウントの開設(約1週間) 弊社担当者がアカウントを開設し、サーバーへの登録作業をおこないます。POSシステムと予約システムの連携をご希望される場合はPOS提供会社との連携も必要です。
  3. BMS(ビューティーマネジメントシステム)のお申込み ウェブサイトよりBMSの申し込み手続きをおこなってください。
  4. 連携の設定 担当者が、リザービアとサロンのアカウントとの連携設定をします。
  5. 導入および運用に関する説明 弊社担当者が導入方法と運営方法の説明をおこないます。
  6. 利用開始 365日のサポート体制がありますので、ご不明点は電話、メール、LINEなどでご質問ください。

対応するサロンや業態

リサービアの予約システムは、幅広い美容関係の方たちにご利用いただいております。おもな業態は次のとおりです。

  • 美容室
  • 理容室
  • エステサロン
  • ネイルサロン
  • まつエクサロン
  • トータルビューティーサロン
  • 治療院

美容とネイルをおこなうトータルビューティーサロンがクーポンサイトを利用すると、「美容」と「ネイル」の両方のポータルサイトから予約が入ってきます。
ひとりのスタッフが両方の施術をおこなっている場合、今までは手動で予約の調整をしなくてはいけませんでした。
しかし、リザービアの一元管理は「トータルビューティー対応」なので、自動的に両方の予約枠が埋まり、調整する手間が省けます。

クーポンサイトの脱却で効率的に予約管理

クーポンサイトは非常に種類が多く、集客を目的に複数のサイトを利用すると料金もかなりの金額になります。
もともとクーポンサイトを利用する人は、割引を重視している人が多いためリピート率が低いのも事実です。

予約システムを導入すれば、コストをかけずに集客できるだけでなく、予約管理に関する業務の効率化も図れるでしょう。予約管理業務を負担に感じていたり、より多くの時間をサービスに費やしたいと思っていたりする方は、まずはお気軽にお問い合わせください。


無料
予約の一元管理について資料請求する

SALON CARD
Googleで予約
PAGE TOP