バーバーがクーポンを活用するメリットとは?作成のポイントやおすすめのクーポンの種類を紹介

バーバーがクーポンを活用するメリットとは?作成のポイントやおすすめのクーポンの種類を紹介
公開日
更新日

バーバーがクーポンを配布して集客するのは、お客様に来店のきっかけを与えるのに有効です。しかし、内容やタイミングを間違えると逆効果になることも考えられます。

クーポンのメリットを知るとともに、作成のポイントや注意点をふまえたクーポンの作成や配布のタイミングが重要です。そこで、売上アップや新規集客、リピート定着に効果的なクーポンを活用するためのコツを紹介しましょう。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

バーバーが集客にクーポンを活用するメリットとは?

バーバーが集客にクーポンを活用するメリットとは?

すでにクーポンを利用しているバーバーも多いかもしれませんが、改めてクーポンを活用するメリットについて見てみましょう。また、クーポンを取り入れようと考えているバーバーのオーナー様は、参考にしてください。

1.新規客の来店のきっかけを作る|新規客用クーポン

自社ホームページやポータルサイトなどに「初回限定クーポン」を掲載し、新規集客を狙うことができます。

バーバーを利用するお客様にとって、初めて行く店舗は接客の質や技術力などが不明なため、ある意味賭けです。お試しの意味合いもあるため、少しでも安いほうが来店のハードルを下げることができるでしょう。

また、以前からバーバーが気になっているお客様が、「安くなっているからこの機会に行ってみよう」となることも考えられるため、新規客の来店のきっかけになることも多くあります。

2.リピートの理由づけができる|既存客用クーポン

一度来店されたお客様に、次回利用できるクーポンをお渡しすることで、リピーターになっていただけるチャンスが高まります。

特にこだわりなく初回限定クーポンでいらっしゃったお客様の場合、ほかに安い店があればそちらに行ってしまうこともあるかもしれません。そんなお客様の次回来店の可能性を高めるため、次回使えるクーポンや3回目で割引きになるクーポンなどを複数準備しておくといいでしょう。

3.紹介による新規客獲得|紹介客用クーポン

ひとりのお客様から芋づる式に集客する手段として、「お友達紹介クーポン」があります。知り合いを紹介してくれることで、紹介者に割引きや商品お渡しなどの特典をつけたり、紹介で来店されたお客様に割引きをしたりすることで、双方にお得感を感じてもらい集客につなげる方法です。

普段から交友関係のある知り合いの紹介は信頼度が高く、通常の集客方法では出会えない層の来店を狙うこともできます。また、SNSを通じてやり取りできるデジタルクーポンを使えば、さらに利便性を高めることができるでしょう。

集客できるクーポンを作成するポイント

集客できるクーポンを作成するポイント

クーポンは、発行するだけで集客できる便利なツールではないことに注意が必要です。集客できるクーポンにするため、次の4つのポイントに気をつけて作成するようにしましょう。

1.クーポンの内容を熟考する

せっかくクーポンを作成するなら、お客様にとって「是非使ってみたい」ものでなければなりません。また、店舗にとっても、売上が上がる、リピータ―獲得につながるなどのメリットがあることも大切です。

どんなメニューであれば新規客の集客を狙えるか、行ってみたいと思わせるデザインはどんなものか、クーポンだけの利用で終わらないかといったことをしっかり分析して、効果的なクーポンを作成しましょう。

2.クーポン対象のメニューは手間を考えて選ぶ

クーポンは、あくまで新規のお客様にお店を知ってもらうきっかけに過ぎないため、対象メニューの決定には細心の注意を払うべきでしょう。

クーポン発行による回転率や利益率を計算し、リピーターのお客様の迷惑にならないよう手間がかかるメニューは避ける必要があります。

クーポン利用のお客様で予約が埋まってしまうことを避け、利用していただける可能性が高い人気のメニューや定番メニューにすること、お店のよさをわかってもらう内容のものにすることが大切です。回転率の高い人気メニューは何か、過去の売上から分析してみましょう。

3.既存客に損をしたと思わせないようにする

新規客のためのクーポン発行では、既存客に損をしたと思わせない工夫が必要です。そのため、リピーター限定のクーポンも作成し、配布しましょう。

リピーターは、店舗の売上を支える大切な存在です。新規集客に注力するあまり、既存客をないがしろにして顧客離れにつながることは避けたいもの。そこで、お客様の来店周期に合わせたクーポンの配布や、来店回数によってお得感を得られるクーポンの発行がおすすめです。

4.何がお得かすぐにわかるクーポン名にする

クーポンを渡されたけど、どのタイミングで使えばいいのか、どうお得かがわかりにくいデザインでは機会損失につながります。せっかく配布するなら、何がどうお得かすぐに伝わるデザインで、割引率が目に入りやすいものにすることが大切です。

クーポン名を一目でわかるキャッチーなものにする、フォントや強調する文字に気を配るなど、デザインもしっかり考えましょう。

クーポン作成の注意点

クーポン作成の注意点

集客効果を高めるクーポン作成のポイントをふまえ、クーポン配布で注意したい内容もおさえておきましょう。

クーポン発行を乱発しない

クーポンはただ発行すれば集客につながるわけではありません。効果があったから、あるいは効果が見られないからとクーポン発行を乱発すると、クーポン発行がデメリットになってしまうことも。

クーポンで集客した場合、割引きしたあとの金額しか売上にならないことに注意が必要です。クーポン利用のお客様ばかりになれば、同じ来店数であっても、利益率は低くなってしまうでしょう。

クーポン集客以外の新規客や既存客の来店に影響がでないように、クーポン利用客の予約受付や発行頻度のバランスは、しっかり考える必要があります。

値引き・割引きをしすぎない

クーポンの値引き率や割引き率についても、やみくもに安く設定するのは危険です。値引き率や割引き率を大きくしてしまうことのデメリットも知っておきましょう。

値引きや割引きのお客様ばかりになってしまうと、同じ数の接客をこなしても売上は伸びません。それどころか、クーポンを利用しない正規の値段を高く感じてしまい、クーポンなしでリピートしてくださるお客様が減ることも考えられます。

初回の割引き率が大きいだけに、安さにつられたお客様ばかりになってしまうため、リピータ―が定着しづらくなってしまうこともあるでしょう。

景品表示法違反にならないようにする

クーポンを作成するときには、景品表示法違反にならないように気をつける必要があります。景品表示法は正式名称を不当景品類及び不当表示防止法といい、安さやサービスにつられたお客様が不利益を被らないように、商品やサービス、内容や価格の表示を厳しく規制しているものです。

サービスによる効果を過大に表現することや、受けるサービスの価格に比例しない豪華な景品のプレゼントなどは法律に抵触する可能性があるため、事前にしっかり調べておきましょう。

引用元
景品表示法|消費者庁

バーバーにおすすめのクーポンの種類を紹介

バーバーにおすすめのクーポンの種類を紹介

バーバーがクーポンを作るときには、どんな内容にするのがいいか迷ってしまうという方もいるでしょう。ここからは、バーバーにおすすめのクーポンの種類を紹介しますので、参考にしてください。

女性客向けのメニュークーポン

ホットペッパービューティーアカデミーの調査によると、サロン選びの際に重視した項目として「初回割引・クーポンがある」を選んだ男性が6.2%であるのに対し、女性は14.7%という結果になっています。

この調査結果から、クーポンを利用した集客効果は男性より女性のほうが高いといえるため、クーポンを発行する際は、是非女性向けのメニューを取り入れましょう。

女性向けのメニューとしてバーバーの強みが活かせるのは、シェービングです。セット面をセパレートして、カーテンで仕切るなどの工夫をすることで、男性のお客様の目線を気にせず施術をすることができます。

また、シェービング施術をする場所を別で設けたり、レディースシェービングだけを専門にした理容室も登場しているようです。

夏場のデコルテや背中のシェービング、ブライダルシェービングなどのクーポンを発行して、女性客を取り込みましょう。

引用元
美容センサス2023年上期<美容室編>|ホットペッパービューティーアカデミー

カットメニュークーポン

カットだけのメニューは、パーマやカラーに比べ回転率が高いのがメリットです。男性は特にカットの頻度が高いことから、お得なクーポンで新規客の来店を狙いましょう。

さらに、人気のフェードカットはこまめな手入れが必要なため、フェードや刈り上げなどをご利用のお客様に、複数回利用してもらえるチケットクーポンを発行することで、リピータ―獲得にもつながります。

一度購入すればチケットがなくなるまで何度でも利用でき、都度の会計も必要ないため、頻繁に通いたいお客様にとっても利便性が高いクーポンです。

ヘッドスパメニュークーポン

ヘッドスパメニューは、バーバーでも利用されるお客様が多いメニューです。特に薄毛に悩む男性向けに育毛剤ヘッドスパと銘打てば、ターゲットの利用率を高めることができます。

また、薄毛をカバーする薄毛カットとセットにしたクーポンであれば、一定数いると思われる薄毛に悩む男性客のリピート定着を狙うこともできるでしょう。

眉カット+美肌ケア

メンズコスメやメンズエステなど、美意識が高い男性向けの商品やサービスも増えています。そのような男性を取り込む手段として、メンズ美容のメニューをクーポンにするのがおすすめです。

人気の高い眉カットやノーズワックス、保湿パックなどをセットにしたクーポンを発行して、メンズ美容に関心が高い層の新規集客に活用しましょう。

効果を高めるクーポン配布のタイミングとは?

効果を高めるクーポン配布のタイミングとは?

クーポンは、利益率などを計算して内容に気を配ることも大切ですが、配布するタイミングも重要です。どんな時に配布するとより効果的か、4つのパターンを見ていきましょう。

1.ポータルサイトやホームページ|新規集客時に配布

新規集客に対しては、ポータルサイトや自社ホームページに掲載すると効果的です。新規客がお店を選ぶタイミングで配布することで、初回限定などのクーポンによる集客効果が高まります。

見込み客に露出するには、ターゲット層が利用しそうなポータルサイトに掲載したり、自社ホームページやGoogleビジネスプロフィールを活用する方法があります。

2.ダイレクトメール|既存客への販促時に配布

既存客向けのクーポンは、ダイレクトメールで配布するのがいいでしょう。次回以降の来店のきっかけになったり、しばらく来店されていないお客様の再来店につながったりといったメリットがあります。

既存客に対しては、一斉配布より顧客ごとに効果的なタイミングを見計らって配布する方が、高い効果を期待できるでしょう。

3.LINE・専用アプリ|リピータ―客への販促時に配布

LINEや店舗専用の予約アプリを活用して、リピータ―客に配布するのもおすすめです。言わずと知れたトークアプリのLINEは、すでに利用している方も多いので、公式アカウントを友達追加してもらえばクーポンの配布やメッセージのやりとりが可能になります。

また、専用の予約アプリがあれば、アプリで配布するのもいいでしょう。お客様の来店の周期に合わせて配布したり、誕生日などのイベントで特別なクーポンとともにメッセージを送ったりするのもいいかもしれません。

LINEや専用アプリでの配布は、個別に直接やりとりでき、デジタルクーポンなので友達紹介なども容易にできるのがメリットです。

4.手渡し|来店時に直接配布

オーソドックスな方法として、来店時に直接手渡しするのもいいでしょう。会計時に次回使えるクーポンをお渡しすることで、次回来店のきっかけ作りに役立ちます。

直接手渡しすることで、クーポンのお得感を詳しく説明できたり、気持ちを込めて「お待ちしています」などの言葉を添えたりできるため、来店につながりやすいというメリットも。ただし紙のクーポンは、失くしてしまうリスクがあることに注意が必要です。

デジタルクーポンと併用したり、カルテなどで次回来店時に自動的に割引きできるように共有したりして、お客様がクーポンを失くしてしまったときの対応方法も決めておくといいでしょう。

クーポン配布で起こりがちなトラブルとは

クーポン配布で起こりがちなトラブルとは

クーポン配布をさまざまな方法で行う場合、当然それぞれの配布窓口を管理する必要性がでてきます。複数のポータルサイトやホームページを使ってクーポンを配布すれば、その分ダブルブッキングの可能性が高まるリスクもあることに注意が必要です。

その解決策のひとつとして、予約システムを活用する方法があります。予約システムは、同時に入る可能性がある複数の予約を自動で制御できるものにするのがおすすめ。そこで、サロン向けの機能が充実した利便性の高いリザービアを紹介します。

予約システムを使ってトラブルを回避

予約システムのリザービアは、美容サロン向けの機能が豊富なので、バーバーの業務効率化に役立ちます。

たとえば、複数の予約窓口を一元管理し、予約を自動で制御する機能「ビューティマネジメントシステム(BMS)」を利用すれば、ダブルブッキングの心配は必要ありません。専用の予約アプリやLINE連携機能で、クーポン配布の利便性を高めたり、デジタルのチケットクーポンも利用できます。

もちろん予約アプリやLINEによって、お客様の囲い込みにも活用可能。ほかにも、GoogleビジネスプロフィールやInstagramとも連携して、予約導線を強化することができるのも強みです。

※BMS・LINE連携・Instagram連携はオプションです。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

集客方法のひとつとしてクーポンを活用しよう

集客方法のひとつとしてクーポンを活用しよう

バーバーがクーポンを発行することで、新規集客やリピータ―の定着に役立ちます。ただし、クーポンをやみくもに発行するのは逆効果になることもあるため、利益率や回転率、来店客数のバランスなども考慮することが大切です。

新規客向けだけでなく、リピータ―向けのクーポンをベストなタイミングで配布することで、再来店やリピート定着のきっかけにする可能性を高めるメリットも。クーポンを配布する際は、予約システムを活用して配布の効率化をはかったり、ダブルブッキングの対策をするのがおすすめです。

さまざまなメリットがあるクーポンを活用して、来店数を上げ、売上アップにつなげましょう。

Reservia資料請求フォーム

    開業前の方は開業予定の都道府県をお選びください
    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    ※一番あてはまるものをお選びください ※一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP