サロン経営を助けてくれる心強い味方!サロン経営コンサルタントについて解説!

サロン経営コンサルタントについて解説
作成日
更新日
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

「サロン経営コンサルタントって何なの?」「経営コンサルタントに依頼することでどんなメリットがあるの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。
サロン経営コンサルタントに相談することで、お店の集客率がアップしたり、スタッフのマネジメントをサポートしてくれたりなど、さまざまな効果が期待できます。
関連記事:まつエクサロンの集客方法を見直そう!新規の集客サイト情報も

そこで今回はサロン経営コンサルタントについて徹底的に解説していきます。

サロン経営コンサルタントとは

サロン経営コンサルタントとは

まずはサロン経営コンサルタントについて説明します。「聞いた事はあるけど、具体的に何をしてくれるのかわからない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

サロン経営コンサルタントとはコンサルスキルとノウハウを生かして、サロン経営者の悩み事や困り事を解決するためにアドバイスしてくれる人のことを言います。
つまり縁の下の力持ちとして、サロン経営者を支えてくれる存在なのです。具体的にどのようにサポートしてくれるのか、1つずつ見ていきましょう。

開業時の相談に乗ってくれる

サポートの1つ目は開業時の相談に乗ってくれることです。
新しいサロンをオープンする際はわからないことだらけで心配になることも多いでしょう。

どうやって経営していけばいいのか、資金の調達はどうすれば良いのかなど、さまざまな点で悩んでいる方も少なくありません。すでにいくつかの店舗を持っている方でも、新しいエリアにお店をオープンするとなるとやはり不安がつきものなのです。

そのような際でもサロン経営コンサルタントに相談すれば、どのようにオープンまで行動していけばいいのか、お店の経営がうまくいくように戦略も一緒に考えて立ててくれます。
サロン経営コンサルタントは経営に関する知識を豊富に持っているので、そのノーハウを生かしていろいろなアドバイスをしてくれるのが大きなポイントです。

集客の支援をしてくれる

サロン経営していく上でとても重要なポイントなのが「集客」です。どれだけお店に自信を持っていても、お客様が来なければ経営はうまくいきません。とはいえ多くのサロンが誕生していますから、その中で勝ち残るのは本当に難しいものです。

「集客率をアップさせたい」「なかなかリピートにつながらない」と悩んでいる方も多いでしょう。その場合でもサロン経営コンサルタントに相談すれば、なぜ集客率が上がらないのか、リピート客がつかないのかを分析してくれます。

その上でどうすれば新規顧客獲得やリピート客獲得につながるのかをアドバイスしてくれるのです。サロン経営コンサルタントに相談することで集客率もアップし、経営もうまく進んでいくでしょう。

お店の強みを考えてくれる

現代ではたくさんのサロンがオープンしていますから、本当に競争率が激しくなっています。
上でお伝えしたように、それぞれのお店が自分のサロンならではの強みを持っています。競争率が激しいサロン社会の中で生き残るためには、お店ならではの強みを持つ必要があるのです。

しかし「自店の強みがわからない」「他のお店と似たような強みばかりで差別化が測れない」と悩んでいる方もいるでしょう。
経営コンサルタントに相談すれば、お店「ならでは」といえるオリジナリティのある強みを考えてくれます。他のお店と差別化できる強みを考えてくれるので、激しい競争社会でも生き残れるようにサポートしてくれるでしょう。

強みはいくつも持つ必要はありません。自信を持てる強みが1つでもあれば充分です。その大切な「1つの強み」をサロン経営コンサルタントが見つけてくれるので、安心して経営していけるでしょう。

求人やスタッフのマネジメントをサポートしてくれる

サロン経営コンサルタントは求人やスタッフのマネジメントもサポートしてくれます。経営していく上では集客のほか、スタッフの育成・管理も大切です。

スタッフがいなければ経営は成り立ちませんから、うまく経営していくためにもサロン経営コンサルタントは求人やスタッフのマネジメントをサポートしてくれるのです。
「どうやったら求人募集に興味を持ってくれるのか」「どうすれば働きやすい職場を作れるのか」などの相談に乗ってくれるので、とても心強いですよ。

働きやすい職場を作れば自然に人が寄ってきますし、スタッフも長く働き続けてくれるでしょう。スタッフが長く働き続けられる職場はあまり多くありませんから、お店にとっても強みとなりますよ。

サロン経営コンサルタントを選ぶポイント

サロン経営コンサルタントを選ぶポイント

ひとえにサロン経営コンサルタントといっても、多くの人がいます。

コンサルタントとの相性もあり、自分に合う人に依頼しなければ目的を達成が難しいこともあるため、慎重に選ぶようにしましょう。ここでは、サロン経営コンサルタントを選ぶポイントについてお話ししきます。
サロン経営コンサルタントに相談してみたいと考えている方は、ぜひ以下のポイントを参考に選んでみてください。

コンサルタントに依頼する動機を明確にする

まずはなぜコンサルタントに依頼するのか、その動機を明確にしましょう。

「集客率をアップさせたい」「売り上げが下がっているから、何とか状況を打開したい」「スタッフがすぐ辞めていくから、職場環境を改善したい」など、人によってコンサルタントに依頼する動機は違うでしょう。

また「今のままでも充分だけどさらに良くしたい」「もっと多くの店舗を展開していきたい」と目標を達成するためにコンサルタントに依頼したいと考えている方も少なくありません。どちらにせよコンサルタントに依頼する場合には、今のサロンの課題や目標を改めて考え導入するのかをはっきりさせることが大切です。

目標や課題がしっかり定まっていないとコンサルタントも適切なアドバイスができないので、良い関係を築いていくことはできないでしょう。もし、課題や目標がたくさんあるのであればその中で優先順位をつけていくことで、順番に解決していくことができますよ。

コンサルタントの価値観と合うか

いきなりサロン経営コンサルタントを導入するのではなく、まずは会ってみることが大切です。

いくら知識豊富なコンサルタントといえども、人と人との関係になります。人と人との関係になる以上、どうしても「相性」がつきもの。

頼りになりそうな人でも実際に話してみると自分と相性が合わないように感じたり、雰囲気や価値観が合わなかったりすることもあります。自分とあまり相性が良くない人と関係を築いても、目標や課題を達成することは難しいでしょう。

目標や課題を達成するためには、自分と相性の良いコンサルタントを見つけることが大切です。コンサルタント選びは経営者にとって「人生の選択」とも言えるので、価値観や相性が合うかどうかはしっかり見極めなければいけません。

そのためにも最初から導入を決めるのではなく、まずは会ってみてお互いの相性を見極めることが重要なポイントなのです。

実務経験者かどうか

できるだけ実務経験のある経営コンサルタントを選ぶと、より目標や課題が達成しやすくなるでしょう。

経営コンサルタントは主に「経営スキル」を教えてくれる人ですが、実務経験があればお客様の興味を引けるメニューの作り方やカウンセリングの仕方、単価の上げ方などについてもアドバイスをしてくれます。

実務経験のあるコンサルタントの方が経営だけではなく、お店にとって良い情報を具体的に教えてくれるので、とても心強い味方となってくれるでしょう。
ただし、中には自分の成功法を押し付けてくる場合もあるので、上記でもお伝えしたように自分との相性をしっかり見極めることが大切です。

サービスの内容や料金

経営コンサルタントに依頼する前に、サービスの内容や料金についても確認しておきましょう。どのようなサービスを受けられるのか、料金は安いのか高いのかを確認しておくことで、後からのトラブルを避けることができます。

経営コンサルタントによっても用意しているサービスも違いますし、料金体系も違います。自分の必要としている情報を得られるのか、自分にとって負担とならない料金体系となっているのかをしっかり確認しておきましょう。

個人かコンサルティング企業か

経営コンサルタントにも個人で活動している人もいれば、企業の中で活動している人もいます。コンサルタントにも大きく分けて4つの種類に分けられています。

  • 美容室専門コンサルタント
  • 大手コンサルタント会社
  • 美容室専門個人コンサルタント
  • 個人コンサルタント

の4種類です。

経営コンサルタントを選ぶ際は、できるだけコンサルティング企業の中で活動している人を選ぶと良いでしょう。美容室専門だと尚良しです。コンサルティング企業に依頼することでしっかり実績のある人が自分のお店に合ったノウハウをしっかり用意している可能性が高いからです。

ただし、個人の中でも有名なコンサルティング企業から独立した人であれば、あなたの目標や課題達成のために良い情報をくれるかもしれません。いずれにしろ、自分の目標や課題達成のために適切なアドバイスをしてくれるコンサルタントを選ぶことが重要です。

サロンコンサルタントのサービス

サロンコンサルタントのサービス

集客率アップや売り上げアップなどについて適切なアドバイスをしてくれるコンサルタントですが、具体的にはどのようなサービスが受けられるのでしょうか。サロンコンサルタントに依頼することで受けられるサービスを1つずつ説明していきましょう。

お試しコンサル

1つ目はお試しコンサルです。

お試しコンサルとはスポット的な存在で利用できるサービスのことです。「はじめから導入するのは不安」「本当に自分と相性がいいのかわからない」「この人に依頼すれば本当に経営が良くなるのか」など、コンサルタントに依頼する前にたくさんの不安を感じることもあるでしょう。

そのような不安を少しでも取っ払うためにもできたサービスでもあります。

お試しコンサルでもサロンの理想を目指し、今の悩みや課題について詳しくヒアリングした上で「本当の原因」を見つけ出してくれます。その上で解決策や選択肢をしっかり提案してくれるので、まずはコンサルをお試しで受けてみたい方にもおすすめです。

お試しいたからといって手を抜くことなく、本当の原因と適したアドバイスをしてくれるので安心してください。まずはお試しコンサルから始めてみて、コンサルタントとの相性が良ければそのまま継続依頼していくと良いでしょう。

メールサポート

2つ目はメールサポートです。

回数や頻度はコンサルタントによって異なりますが、サロン経営に関するさまざまな悩みをメールでサポートしてくれます。

悩みに合わせた解決方法や、目標達成のためのポイントなどを詳しく教えてくれるので、とても便利なサービスだと言えるでしょう。さまざまな情報や手法がある中で、あなたのサロンならではのやり方や考え方を提案してくれるので心強さもありますよ。

「こんな小さな悩み事だけど相談してもいいのかな」と迷うこともあるでしょう。

小さな相談事でも大丈夫。些細な悩み事でも積もり積もれば大きな問題となるかもしれません。
メールサポートサービスは回数や内容が無制限なので、気になることは何でも相談してみると良いでしょう。小さな不安でもしっかり解決しておくことで、経営状態を良くすることができるかもしれません。

経営相談

3つ目は経営相談です。経営相談はその名の通り、経営に関する全般的な相談をいいます。集客やリピート、接客、顧客管理などサロン経営に関する全ての相談事に乗ってくれるので、とても心強い味方となってくれるでしょう。

悩みに合わせて適したアドバイスを行うため、ノウハウを持ったプロだからこそできるサービスでもあります。店舗を経営し続けていくにつれ、さまざまな不安や課題も出てくるでしょう。

経営コンサルタントが側にいれば、心配事や課題が見つかった瞬間に相談できるので、その都度解決しながら経営していくことができるのです。問題点をそのままにしておけば、後で重要なトラブルを引き起こす可能性も考えられます。小さな火種の内から解決しておくことで、大きな問題なく経営を続けていくことができるでしょう。

サロン講習

4つ目はサロン講習です。

自分のサロンに経営コンサルタントが直接赴いて、スタッフへの講習や企業研修をしてくれるサービスです。
講習内容やゴールは、現場の課題や悩みを解決すること、スタッフのモチベーションを上げることです。打ち合わせしてからオリジナルの内容を作ってくれるので、お店ならではの講習を受けられるのがメリットです。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

サロン経営コンサルタントを利用するメリット

これまでサロン経営コンサルタントについて徹底的に解説していきましたが、利用することで具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。

経営改善が期待できる

経営コンサルタントに相談することで経営の改善が期待できます。

売り上げが上がらない理由や集客率がアップしない原因をプロの視点から分析し、適切なアドバイスをくれるので経営の改善が見込めるでしょう。
経営コンサルタントはサロンを客観的な視点で分析できるので、適切な指導ができます。特に美容室のコンサルティングに特化している人なら、さまざまなサロンの状況や業界全体の動向を把握しているのでより適したアドバイスをしてくれるのです。

サロンをオープンする上で美容に関するスキルは持っていても、経営に関する知識は乏しい方も少なくありませんね。経営コンサルタントはその名の通り「経営」のプロでもありますし、美容業界に特化した人ならより効率よく経営の改善が見込めるでしょう。

経験豊富なコンサルタントの知識や情報を買える

経営コンサルタントは経営に関する知識や情報を熟知しています。

美容業界に特化したコンサルタントであれば、経営だけではなく美容面での知識や情報も仕入れているでしょう。経営豊富なコンサルタントの知識や情報を変えるのも、導入する大きなメリットだといえます。
自分だけの知識や情報だとどうしても限りが出てくる場合があります。また自分のお店だからと頑固になって視野を狭めると、お店の首を絞めてしまうことにもつながります。

しかし、経験豊富なコンサルトの知識や情報をたくさん取り入れることで、新しい経営の道筋が見えてきます。一見遠回りに見えるかもしれませんが、結果的に効率よく経営改善が目指せるようになります。知識や情報は、何にも代え難いほど有力な武器です。

他の店の情報や成功事例を得られる

経営コンサルタントに相談することで他のお店の情報や成功事例を得られます。「他のお店はどうやって成功してきたのか」「他のお店はどのような戦略を立てているのか」などの情報を仕入れられるのです。

実際に成功しているお店の経営戦略などを参考にすることで、自分のサロンを成功に導きやすくなるでしょう。とはいえ成功しているサロンの経営戦略を全て真似するのは良くありません。

経営コンサルタントに相談することで、成功しているサロンを参考にながらも自分たちのお店ならではの戦略を計画していけるのです。

サロン経営コンサルタントを利用するデメリット

サロン経営コンサルタントを利用することで多くのメリットが得られますが、逆にデメリットもあります。メリットとデメリットをしっかり理解した上で導入を検討しましょう。

費用がかかる

1つ目は費用がかかることです。
サロン経営コンサルタントは無料で経営に関するアドバイスをしてくれるわけではありません。

いろいろなプランを設けているところもありますが、基本的には少し高めの料金が必要になってきます。経営に関わる費用だけではなく、経営コンサルタントに関わる費用もプラスされるので、その分より売り上げ目標を高く持たなければいけないのです。

ただし、経営コンサルタントに依頼することで適切なアドバイスがもらえるので、売り上げアップや集客率アップは目指せるでしょう。結果が出るのに時間がかかることもあるので、そこを考えると経営コンサルタントに依頼する際の費用が負担になることもあるかもしれません。

欲しい情報とは異なる可能性がある

経営コンサルタントは経営に関するプロではありますが、自分の欲しい情報を持っていない可能性があります。経営コンサルタントによって仕入れている情報は違います。

たとえば経営だけではなく美容業界で成功するためのポイントを知りたいと思っていても、その経営コンサルタントは美容業界を理解していない場合もあるということです。

経営コンサルタントに相談する場合は、自分の欲しい情報を持っている人なのか見極める必要があります。業界に特化した人であれば経営だけではなく、その業界の情報や成功の秘訣などを熟知しているので、効率よく目標や課題達成を目指せると言えるでしょう。高いお金を払ってもいらない情報ばかりだと意味がありませんからね。

自分のお店の改善点や目標をしっかり定めた上で、欲しい情報を持っている経営コンサルタントを探さなければいけません。経営コンサルタントを探す際はホームページなどを確認してみてください。

ホームページにはその経営コンサルタントが担当したサロンや実績などが記載されていることも多いので参考にできるでしょう。できるだけ美容業界に特化した経営コンサルタントに依頼した方が、自分の欲しい情報を持っている可能性が高いといえます。

価値観や人間性が合わないと厳しい

経営コンサルタントも人ですから、「相性」が存在します。

いくら敏腕な経営コンサルタントだったとしても価値観や人間性が合わなければ経営をうまくこなしていくのは難しいと言えるでしょう。

人間性や価値観が合わないと意見がぶつかり合うことがあります。「自分はこう思っているのに、話を聞いてくれない」「なぜその案がいいのか、はっきり理由を説明してくれない」など、価値観や人間性が合わなければこのようなトラブルが発生する場合も。

また、経営コンサルタントの言う通りに進めても、結果的に経営の改善が見込めない場合もあるのです。経営改善を目指したいなら実績だけを重視するのではなく、経営コンサルタントの人柄もしっかり見極める必要があります。

まずはお試しで依頼してみて、「この人なら大丈夫だ」「この人ならサロンを客観的に見てアドバイスをくれるから信頼できる」と思ったら、継続依頼を申し出ると良いでしょう。焦りは禁物。まずは自分と経営コンサルタントとの「相性」をしっかりチェックしてみてください。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

まとめ

今回はサロン経営コンサルタントのメリットやデメリット、選び方などについて詳しくまとめていきました。

多くの企業でも経営コンサルタントを導入して、経営の改善をしてきています。とはいえ経営コンサルタントを導入する上でとても重要なのが担当者との「相性」です。どれだけ敏腕でも相性が合わなければ、二人三脚で経営改善していくことは難しいでしょう。

また、お店をどのようにしたいのか、どんなところが改善点なのかもしっかりまとめておくことが大切です。今回ご紹介した経営コンサルタントの選び方のポイントを参考に、自分と相性の良い担当者を見つけてみてくださいね。

A’staff Cloud Smart
SALON CARD
PAGE TOP