ポスティングをサロンの集客に活用しよう!メリットやチラシを作るときのポイントを紹介

ポスティングをサロンの集客に活用しよう!メリットやチラシを作るときのポイントを紹介
作成日
更新日

美容室やエステサロンなどといったサロンを運営するうえで、店舗の集客をどのようにおこなうべきか悩んでいる方もいるでしょう。集客方法にはさまざまなものがありますが、効果的な集客方法のひとつとして、ポスティングの活用が挙げられます。

今回は、集客に役立つポスティングについての知識やメリットとデメリット、作成時のポイントなどをご紹介します。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

ポスティングとは

ポスティングとは

ポスティングとは、各家庭のポストに対して、チラシなどの印刷物を直接投函する行為のことです。これにより宣伝効果が期待できるため、企業の集客としてよく活用されています。

同じく集客に役立てられるものとしてDM(ダイレクトメール)がありますが、ポスティングとは明確な違いがあるのが特徴です。

DMは会員や利用者といった希望者に向かって配信するターゲットを絞り込んで送る形式に対し、ポスティングは特定の地域や建物をターゲットにして配布する形式となっています。このような特徴から、ポスティングは新規顧客の獲得に効果的な集客方法です。

ポスティングの種類と特徴

ポスティングの種類と特徴

大きくわけて、業者に依頼する方法と自分たちで配布する方法があるポスティング。ここでは、それぞれの方法の特徴をくわしく解説します。

業者に依頼|エリア内の住宅に配布する

配布エリアを指定し、その範囲内のマンションや一戸建てのポストに投函する方法のことを、全戸配布(ローラー配布)といいます。そのエリア内にターゲット層が多いときには、高い効果を発揮するのが特徴。基本的に全戸に投函していくため、多くの枚数を低コストでさばけるという利点もあります。

ローラー配布をおこなう際の注意点としては、ポスティング禁止の建物があることでしょう。全戸配布といっても禁止の建物には配布できないため、ポスティングスタッフにも教育が必要となります。

業者に依頼|配布する対象を絞る

指定したエリア内の特定のマンションや企業などの建物に限定して配布する方法を、選別配布(セグメント配布)と呼びます。

選別配布では特定の年齢層や家族構成といったターゲット層が明確になっているため、効率よく情報を届けることが可能です。たとえば、子どもが通う塾のチラシは独身世帯には不要であるため、ローラー配布よりもセグメント配布が適しています。

事前に配布する建物のデータ分析をおこなう必要があるため、配布までにコストがかかりやすいのが特徴です。

自分たちで配布

業者を活用せずに、サロンに勤務する自分たちで配布するという方法もあります。この場合は、業者に依頼する費用を削減できるのが特徴。また、どういった場所に配布するかという連絡も自分たちが把握していればいいので、配布場所の変更にも対応しやすいです。

ただし、自分たちで配布するとなると、サロンでの施術時間とは別にポスティングにかける時間も確保しておかなければいけません。

ポスティングのメリット

ポスティングのメリット
チラシをポストに投函することで、集客を見込めるポスティング。ここでは、ポスティングを集客に活用するメリットをご紹介します。

エリアやターゲットを絞って配布できる

ポスティングは、エリアやターゲットを絞って配布できるため、効率よくターゲット層にアピールすることが可能です。

このように見てもらえる範囲を限定しているポスティングは、たとえば通いやすい人に店舗を利用してもらいたいと考える場合に、近所に対して重点的に宣伝できるようになります。

繰り返し配布することで認知度を上げられる

定期的に配布することによって、店舗の認知度を上げられます。最初は興味がなかったという世帯でも、認知してもらうことによって最初よりも興味を持ってもらえる可能性があるからです。

このように次第に受け手に対して好意的な感情を抱かせることを、単純接触効果といいます。一度ポスティングして反響が小さかったとしても、継続的にポスティングをすることで集客効果を高めることが可能です。

手軽に取り入れやすい

ポスティングは比較的シンプルな仕組みのため、知識などが必要ないことから取り入れやすい集客施策です。WEB広告やリスティング広告などよりも、はじめるハードルは低い傾向があります。

チラシを印刷したあとは自分で配布すればよいため、自分ひとりでもポスティング業務を完了させることも可能です。

ポスティングのデメリット

ポスティングのデメリット
メリットの多いポスティングですが、実はデメリットも存在します。ここでは、ポスティングを集客に活用するデメリットをご紹介します。

大量に配布するのはむずかしい

1軒ずつポストに投函する必要があるため、ポスティングは1日に配布できる量に限界があります。メールであれば手間をかけずに多くの人に情報を届けられますが、投函に時間がかかるポスティングは情報の伝達量に限りがあるからです。

枚数を増やすことで反響は高まりますが、そのぶん投函にかかる時間と労力がかかってしまうでしょう。配布するエリアを絞るなど、コストをかけすぎずに効果的な集客効果を得られるような対策を検討する必要があります。

配布した効果がわかりにくい

ポスティングは実際に見てもらえたのか、来てもらえたのかを調べることがむずかしいです。インターネット広告やメールの場合、どの程度の人が情報を見てくれているかを把握できますが、ポスティングではできません。

ポスティングによる集客状況を把握したい場合は、投函物のチラシにクーポンをつけることや来店してくれたお客様にアンケートを取るなどの工夫が必要です。

クレームが来てしまうことがある

ポスティングは希望していない世帯へチラシが届いてしまうため、受け手に迷惑だと感じられてしまうケースがあります。そのため、場合によってはチラシを入れられることが不快な家庭から、クレームが来てしまうこともあるようです。

そのため、クレームが来てしまった家庭についてはしっかりと管理しておき、繰り返しポスティングをしないような対策を考えておきましょう。

ポスティングのチラシを作るときのポイント

ポスティングのチラシを作るときのポイント
ポスティングはチラシが魅力的でないと、見てくれる人がいても興味を持ってもらえない可能性があります。ここでは、ポスティングに使うチラシを作るときのポイントを確認しておきましょう。

ターゲットを絞り込む

ポスティングを集客アップに繋げるためには、ターゲットを事前に決めることが重要です。全員に気に入ってもらおうとすると記載する内容が増えすぎてしまう恐れがあるため、ターゲットを絞り込んだチラシ作りを心がけましょう。

店舗のターゲットとする客層を絞ることで、チラシにどのような内容を記載するのか、そのチラシをどこに配布するかといったエリアを決めやすくなります。

ポスティングするエリアについて調べる

どこでポスティングをするかによっても集客効果は変わってくるため、ポスティングをするエリアについて調べることが大切です。

チラシを配布する前に、まずは配布するエリアにどんな世帯が多く住んでいるのか、どんなお店やや施設があるのかを調査しておきましょう。このような地域の特性がわかれば、住人のニーズに則ったチラシを作成でき、ポスティングの効果も高まるはずです。

目に留まるチラシを作る

配った相手に見てもらえるためには、目に留まるようなチラシを作る必要があります。配色を工夫してキャッチコピーを目立たせる、なにを伝えたいか一目でわかるようなチラシ制作を心がけましょう。このとき、見てもらいたいがために内容をたくさん載せすぎてしまうことがないように注意が必要です。

また、チラシに問い合わせ先の電話番号や情報を掲載したホームページに誘導するという手もあります。最低限伝えたいことを、わかりやすく伝えることを意識して作るのがおすすめです。

ポスティングの効果を分析する方法とは

ポスティングの効果を分析する方法とは

実際にポスティングしたあとは、どれくらい効果があったのか気になるのではないでしょうか。ここでは、ポスティングの効果を分析する方法をご紹介します。

クーポンを利用する

たとえば、チラシ限定のクーポンをつけてポスティングをすることで、クーポンの利用率でポスティングの効果を測れるようになります。配布する印刷物の総数と比べることで、どの程度興味を持ってもらえたかが把握できるでしょう。

また、エリア別にそれぞれ内容の違うクーポンにすることで、各エリアのデータを収集することも可能です。

予約のときやアンケートで確認する

予約や来店のときに来店理由などを聞くアンケートなどを取ることで、ポスティングがどの程度影響を与えたのか効果が測れるようになります。

注意点として、アンケートの項目が多すぎると回答を拒否されることもあるので、回答率を上げるためにも本当に確認したい内容のみのアンケートを取るようにしましょう。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

ポスティングの効果測定にリザービアの機能を活用しよう

ポスティングの効果測定にリザービアの機能を活用しよう

クーポンの発行はそこまでむずかしくないものの、増えてくると管理が大変になってくるでしょう。管理をかんたんにするために、サロンの集客に活用できる機能がある予約システムのリザービアを利用するのがおすすめです。

リザービアでは、クーポンに先着クーポンや期間限定のシーズンクーポンなどのさまざまな設定ができます。さらには予約集計でクーポンの出数の把握ができるなど、データの分析にも役立てることが可能。

クーポンの使用状況の分析は手作業だと時間がかかり、集計ミスが発生することも考えられますが、システムで集計することで事務作業にかける時間の短縮にもなります。

ポスティングをサロンの集客に活用しよう

ポスティングをサロンの集客に活用しよう

ポスティングは、手軽にはじめられる集客方法のひとつです。エリアやターゲットを絞って配布できたり、手軽に取り入れやすかったりするなどのメリットがあります。

ターゲットをしっかりと絞り込んで、事前にポスティングするエリアについて調べておくことで、チラシを手に取った人たちの目に留まりやすくなるはずです。魅力的なチラシを作成し、ポスティングを集客に活用してみてはいかがでしょうか。

LINE連携予約
インスタ連携予約
PAGE TOP