チラシの配布はどうやってやればよい?思わず反応してしまうチラシとは

チラシの配布はどうやってやればよい?思わず反応してしまうチラシとは
公開日
更新日

お店の集客を考えた時の1つの方法として「チラシの配布」という手段があります。チラシを配るにはどのような手順で準備をしたらよいのでしょうか。

また、集客に繋がる効果的なチラシとはどのようなものでしょうか。今回は、チラシの配布方法や、見た人が思わず反応してしまうチラシについて徹底解説します。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様は無料利用可
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

チラシの配布とは

チラシの配布とは
チラシの配布とは、集客や認知度を上げるなど、目的に応じてターゲットとなる地域の住民や客層に向けて配布することを指しています。

また、近年では、オンラインでもチラシの発行が行われています。オンラインでは比較的若い層の目に届きやすく、このような層をターゲットとする場合に効果的です。

チラシを配布する手段について

チラシを配布する手段について
チラシを作成したあと実際に配るには、どのような手段があるか知っていますか。さまざまな手段があることを事前に知ることで自店に最適な手段を選択することができます。以下で確認していきましょう。

ポスティングする

1つ目は、ポスティングするという方法です。一件一件家を回り、家のポストにチラシを入れていきます。配布場所は、集客したい客層の人が多く住んでいる地域に行うなど、事前調査をすることでより、効果が得られやすいでしょう。

また、配布業者に依頼することで、多くの人に配布することができます。数多く配ることで、たくさんの人の目に触れやすくなり集客に繋がります。

折込チラシとして入れる

2つ目は、新聞紙などの折込チラシとして入れる方法です。新聞紙はシニア層や主婦層などの方に多く読まれています。その客層を集めたい時に効果的に活用できる手段です。

折込チラシを行う際は、新聞社の審査に通るように事前にデザインの確認が必要です。メリットとしては、ポスティングよりもコストを抑えやすいという特徴があります。

街頭で配布する

3つ目は街頭で配布する方法です。人通りの多い場所で配り、新規顧客の獲得や認知度アップを図ります。街頭で配布する時は、配る人と受け取る人とのやりとりの中で配布が行われます。渡された方も配布者であるオーナーやスタッフのことを気に入って来店してくれるパターンも考えられます。

また、サンプルをつけるなどの工夫を行うことでより受け取ってもらいやすくなるでしょう。

街頭で配布する際の注意点としては、一般歩道でチラシの配布を行う時は、警察の許可が必要であることです。デメリットは、受け取ってくれる人の人数によって、効果も変動するという点があります。

タウンプラスに依頼

4つ目は、タウンプラスに依頼する方法です。タウンプラスとは、日本郵便が提供するDM配達サービスのことです。チラシなどを、全郵便受け箱に配布することができます。

タウンプラスに依頼するメリットは、お客様の目に届きやすく、マンションにも配布することが可能であることです。デメリットは、配達日を指定できないことや、配達のコストが高いことなどが挙げられます。

電子チラシを発行する

5つ目は、電子チラシを発行する方法です。新聞などを購読していない、若い世代の主婦などの目にも届きやすいチラシの形態です。印刷費用がかからず、チラシの効果を分析しやすいというメリットがあります。

デメリットとしては、PCやスマホなどを扱わない層の人の目には届かないところです。また、電子チラシをよくみる層は若年層の主婦がメインであることから、見る人がある程度決まっていることも考えられます。

チラシの効果

チラシの効果
チラシを配ることによる効果は具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。チラシを配布する際は、コストが必要になるので、事前に効果を知り、自店にとって役立つ手段であるのかどうか確認してみましょう。

コストをかけてでも集客や認知度アップが見込めそうだと判断できる場合は思い切ってチラシの導入を検討してみましょう。

新規顧客の獲得

チラシの効果として新規顧客の獲得がまずは挙げられます。今までお店のことを認知していなかった人もチラシを受け取ることにより、知ることができます。

これまでの既存客が住んでいる地域とは別の場所に配ることで、新規顧客の獲得に繋げることも可能です。このように事前に調査し、工夫することで効率的に集客に繋げられます。

店の認知を広める

チラシを配ることで、店の認知度を上げていくことができます。特に新規オープンの際などは事前にチラシを配布することで、オープン初日から集客できるなどのメリットがあります。

今はSNSなどでも宣伝できる時代ですが、個別でチラシを受け取ることでより、興味や関心を持たれやすくなります。

リピーターにも効果的

チラシはリピーターの方にも効果的です。以前来店したことがあり、しばらく来ていなかった方に対してはお店の存在を思い出すきっかけになります。

リピーターの再来店を大きな目的とする場合は、カウンセリングシートの情報などをもとに、リピーターの方に宛ててチラシを作成し、配布することも可能です。

リピーターの方に向けたチラシを作成する際は、新しいメニューや商品の情報などを取り入れることによって興味を持たれやすくなります。

イベントやクーポンなどに興味を持たれやすい

チラシでイベントやクーポンの告知を行うことで、お客様の興味をより引きやすくなります。チラシ自体にクーポンを付けている場合は、チラシ自体を大切に保管してくれたり、有効期限内に来店してもらえたりする確率が高くなります。 

お店で大きなイベントを行う際も、チラシで告知することでイベントの集客率をアップさせることができます。

チラシでは、イベントの詳しい情報やお店の雰囲気などを載せることもできます。

思わず見た人が反応してしまうチラシとは

思わず見た人が反応してしまうチラシとは
では、実際にチラシを作成するにあたり、こだわるべきポイントはどのようなものでしょうか。思わず見た人が反応してしまうチラシとは、いったいどのようなものなのか、チラシ作成時のポイントについて解説します。

チラシを作成してみたいけど、どう作ったらいいかわからない人は参考にしてみてください。

レイアウトにこだわる

まずは、チラシのレイアウトを工夫することで、より見た人を惹きつけることができます。見出しを目立たせる・色は使いすぎないなどを行うことで、見やすく注目を得やすいチラシとなります。

また、その他の細かいレイアウトのポイントは、業者に相談したり、自分でインターネットなどで調べることもできるので、参考にしてみましょう。

配る地域の客層を調べる

チラシを作成するとともに、配る地域について調査していきましょう。配布を検討している地域の年齢層が自店のターゲット層とマッチしているかなどが主な調査のポイントです。このような調査を行うことで、集めたい層の人がより多く住む地域にポイントを絞って配布することもできます。

チラシをただ闇雲に配るだけでは、なかなか効果を実感できません。チラシが響く層を見極めることが重要です。

クーポンなどをつける

チラシをより目立たせるには、クーポンをつけるのも効果的です。クーポンがあるだけで目を通しやすくなり、大切に保管してもらえます。

クーポンをつける際は、切り取り線などを作り、クーポンであるとわかりやすくしておきましょう。また、クーポンには、有効期限などを作ることをおすすめします。有効期限を定めることで、その期限内の来店に繋げられ、チラシの情報を忘れてしまう機会も減らすことができます。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様は無料利用可
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

チラシの作成を依頼できるサービスを紹介

チラシの作成を依頼できるサービスを紹介
ここからは、実際にチラシを作る際に依頼できる業者について紹介します。チラシはパソコンなどを使って、自分で作ることもできますが、業者に頼むことで、よりクオリティの高い仕上がりのものを作成できます。

枚数が多い場合も業者に依頼する方が印刷トラブルなどを防ぐことができるでしょう。

ASOBOAD®(アソボアド)

こちらは、チラシをはじめとし、フライヤーやポスターなども作成できる会社です。料金表やデザイン事例などもホームページに載っているので、検討しやすいのがおすすめポイントです。

依頼する時は、問い合わせからデザインの作成依頼や、料金の見積もりなどを出すことができます。これまでのデザイン取引の実績が1000事業者以上あり、実績があることも安心です。幅広くデザインの提供を行なっているため、よりクオリティの高い仕上がりで作ることができるでしょう。

デザインサービス(印刷の通販 グラフィック)

デザインの制作から印刷まで請け負ってくれる会社です。チラシの他にも、名刺や封筒、ポストカードのデザインなども行なっています。依頼する際は、デザインから完全にお任せできるコースから、修正や過去のチラシの再印刷などの一部を依頼するコースまで、幅広く対応しています。

自分が頼みたい範囲を選ぶことができるので、全くパソコンが苦手な人でも依頼しやすく、逆に自分で一部は考えたい方にもおすすめです。

チラシを効果的に活用しよう

チラシを効果的に活用しよう
チラシを有効に活用することで集客や認知度の向上に繋げることができるとわかりました。チラシにはさまざまな配布方法があり、自店の求めるターゲット層によって、その手段を変えていくことでより成果を上げられます。

チラシを作成するときは、配布方法や、事前に配る範囲の客層などを調べることなどでより効果を上げられます。これまでチラシの導入をしたことがない方はぜひ記事を参考にチャレンジしてみてください。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP