集客のできるエステサロンホームページとは?ホームページ制作のポイント4選!

集客できるエステのホームページ ホームページ制作のポイント4選!
作成日
更新日
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

みなさんのエステサロンでは、ホームページを作成しているでしょうか? ホームページを制作するメリットは、集客力アップやブランド力の向上など様々です。
エステサロンの利用を検討するお客様にとって、詳しくサービス内容を知れるホームページはとても重要です。この記事では、集客に役立つサロンのホームページを作成する上で重要なポイントを4つご紹介します。

サロンホームページの必要性

まず初めに、サロンにとってのホームページの必要性(メリット)を3点おさらいします。
サロンのホームページをこれから制作したい方や、改めて必要性を知りたい方は必見です。

新規顧客の獲得

インターネットにより調べ物をする人が多い昨今、ホームページの活用は新規顧客の獲得に効果的です。HP内のコンテンツが検索結果の上位に表示されれば、多くの見込み客に訪問してもらえます。そしてサービス内容やコンテンツに魅力を感じた顧客は、実際に自社のエステサロンを利用してくれます。

サービス内容や良さを魅力的に発信

ホームページを作成すれば、他社のエステサロンよりも優れている点やサービス内容の良さを、写真・動画や魅力的なキャッチコピーを使って魅力的に発信できます。スタッフの紹介ページや施術後の写真を載せれば、信頼性の向上にもつながります。

ブランディングや固定客の獲得

エステサロンの良さをオシャレなデザインや写真を使って伝えることは、ブランディングにもつながります。ブランディングが成功すれば、固定客を獲得してより大きな利益を安定的に得られるようになります。

集客のできるホームページとは?

集客効果を見込めるホームページには、一体どのような特徴があるのでしょうか?この章では、サロンの集客に効果的なHPの特徴を5つご紹介します。

サービスの内容や予約ページは必須!

そもそもホームページを制作・運用するのは、お客さんにサロンを利用してもらうためです。
サロンを利用してもらうことがゴールである以上、サービス内容や予約(お申し込み)ページは必ず設置しておく必要があります。そして、各コンテンツ(ブログなど)の最後や横などに、一目でわかるようにサービスの詳細や予約ページへのリンクを貼っておくのも大事です。

ターゲットの内容に合わせてデザインを決める

経営するエステサロンによって、ターゲットとするお客様の特徴(年齢層やニーズなど)は異なります。
Webサイトを作成する際は、たとえば若い女性であれば可愛さを前面に押し出すといった感じで、ターゲットとなるお客様に馴染みのあるデザインにするのがベストです。

写真や情報の書き方にも工夫を凝らす

サロンの集客効果を高めたいのであれば、写真や情報の書き方にもこだわる必要があります。
たとえば小顔マッサージの効果を伝えたい場合は、施術前後の写真を載せることで、小顔マッサージの効果を引き立たせるのが効果的です。

一方サロンで行うサービスを文章で紹介する場合は、お客さんにとってのメリットや施術時間など、お客様が知りたいと思う情報を網羅的に記述するのがポイントとなります。

スマホ対応を意識する

近年はスマホでWeb内の情報を検索する人が若者を中心に増えているので、スマホに対応したホームページを制作しましょう。
なおスマホに対応する際には、レスポンシブデザインという手法が用いられます。レスポンシブデザインを適用することで、見ている画面の大きさに応じて、ホームページのデザインを柔軟に変化させることができます。

ブログを書く

サロンの集客において、最も重要なのがブログを書くことです。ブログ記事をホームページで公開することで、検索エンジン経由で多くの見込み客を囲い込むことができます。
なおブログ記事で書く内容は、エステサロンのサービスに関連する内容が好ましいです。

参考になるエステサロンのホームページの特徴

近年は公式ホームページを持つエステサロンが増えていますが、中には思わず真似したくなるような、おしゃれで使い勝手のよいサイトを運営しているところもあります。 ここでは、サイトづくりの参考になるエステサロンのホームページの特徴を4つご紹介します。

特徴1.コンテンツを区切らず、流れで見せるデザイン

一般的なホームページは、トップページに各コンテンツへのリンクを貼り、閲覧したいページを選ぶというスタイルになっています。
ピンポイントで知りたい情報にアクセスできるというメリットがある一方、実際の該当ページを閲覧するまではどんな情報が掲載されているのかわからず、目当ての情報になかなか辿り着けないというリスクもはらんでいるのが欠点です。

そこで、あるエステサロンでは、あえてコンテンツを区切らず、トップページにすべてのコンテンツを集約するデザインを採用しています。 ページをスクロールしていくだけで、体験コースやおすすめのメニュー、サロンの特徴、お客様の声などを閲覧できる仕様になっており、ホームページを訪れた人に流れでコンテンツを見せることができます。

目当ての情報がどこにあるか一目でわかりますし、流れで見ていくうちにほかの情報にも興味・関心を示す可能性があるため、サロン側にとってもサイト訪問者にとっても有意義なデザインとなっています。

特徴2.画像を大胆に使ったデザイン

有名なエステサロンのホームページでは、画像を大胆に使ったデザインが多く見受けられます。
とくにトップページには、サロンの内装や施術の様子、イメージモデルなどの画像を大きく表示させるレイアウトになっているパターンが多く、ホームページを初めて訪れた方に大きなインパクトを与える役割を果たしています。

一方、各コンテンツで掲載する画像はコンパクトサイズのものが多く、ページの表示速度を優先させるなど、メリハリのある構成になっているところが特徴です。

特徴3.体験コースやキャンペーンをトップページ直下に設置する

エステサロンは「値段が高い」「セレブ向け」といったイメージが強く、興味はあるけれど二の足を踏んでいるという方も少なくありません。 そんなエステサロンのハードルを下げるために、人気のあるサロンではトップページのすぐ真下に体験コースやキャンペーン情報を掲載しています。

ホームページを訪問した方に対し、「初めての方でも気軽に利用できますよ」という印象を与えることによって、心理的なハードルを下げ、「利用したみたい」という意欲を向上させる工夫が施されています。

特徴4.期待できる効果別にメニューを掲載する

一言に「フェイシャルメニュー」といっても、施術内容によって期待できる効果はさまざまで、肌にハリやツヤを与えるメニューもあれば、シミやニキビ跡の解消に役立つメニューもあります。
しかし、エステサロンのメニュー名だけを見て、「どんな施術なのか」「どのような効果を期待できるのか」などの情報を判断するのは困難です。 そこで、ある大手サロンでは、期待できる効果や施術の目的別にコンテンツを分け、メニューを逆引きできるデザインを採用しています。

たとえば「ニキビ・肌荒れの改善」「シミ・ニキビ跡の解消」「ダイエット」「体質改善」などの項目ごとにおすすめのメニューを振り分ければ、お客様は自分の悩みやニーズに合ったカテゴリから適切なメニューを選択しやすくなります。

広告を出せばリーチが増やせる

Webサイトのアクセス数をアップするには、広告の活用が効果的です。この章では、広告の種類と各広告のメリットをお伝えします。

リスティング広告

リスティング広告とは、検索結果のページの上下に掲載される広告です。
クリックされた時だけ費用が発生するため、少ない予算で広告運用できます。また、効果が出るまで時間がかかるSEOと比べて、比較的すぐに集客効果を見込める点も大きなメリットです。

SNS広告

一方でSNS広告は、InstagramやFacebookなどのSNSで表示される広告です。
インプレッション課金やクリック課金など、目的や予算に合わせて費用の発生形式を選べます。また、SNSは若い世代が多く利用しているので、若い世代を集客したい場合に絶大な効果を発揮する点もメリットの一つです。

IT導入補助金を利用しよう

サロンホームページの制作には、基本的にたくさんの費用がかかります。
そんなHP制作費用の負担を軽減する方法として、IT導入補助金の利用がオススメです。この章では、サロンのHP制作に役立つIT導入補助金について解説します。

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは、中小企業や小規模事業者に向けた制度であり、ITツールを導入する際に生じる費用の一部を補助してもらえます。

IT導入補助金はホームページ作成に役立つ!

IT導入補助金は、ホームページを作成したいエステサロンのオーナー様でも活用できる制度です。
予約システムや記事投稿機能など、エステサロン運営に必要な機能を揃えたHPを制作する場合、数十万円〜数百万円もの費用がかかります。そこでIT導入補助金を活用すれば、費用の一部を補助金で賄えるので、負担を軽減できます。

ただしIT導入補助金の利用には、いくつかの条件を満たす必要があります。実際にIT導入補助金を活用してホームページを制作する場合は、必ず確認しておきましょう。

IT導入補助金の補助額と補助率

2019年度の場合、ホームページ作成費用のうち、40万円〜450万円までを補助金でまかなうことができます。なお補助率は1/2以下に設定されています。
参考(2019年度IT導入補助金):https://www.it-hojo.jp/

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

まとめ

今回は、集客効果を見込めるサロンホームページのポイントを紹介しました。
上手にホームページを活用できれば、サロンの新規顧客を増やせるのはもちろん、ブランド力を高めたり固定客を増やせるメリットも期待できます。
ただし適当にHPを制作しても集客アップにはつながらないので、ターゲットに合わせたデザインやブログの更新など、重要なポイントは押さえておきましょう。

Googleで予約
SALON CARD
PAGE TOP