GoogleビジネスプロフィールとInstagramの連携とは? 連携させるメリットと注意点を紹介

GoogleビジネスプロフィールとInstagramの連携とは? 連携させるメリットと注意点を紹介
公開日
更新日

サロン経営で知名度を上げて多くの顧客を集めたいなら、インターネットを活用することが重要です。Instagramを活用する店舗は増えていますが、意外に見落とされがちなのがGoogleビジネスプロフィール。

そこで、InstagramとGoogleビジネスプロフィールを併用し、より効果的な集客を行う方法をお伝えします。使い方がわからない・活用できていないという方は、ぜひ今後の施策に役立ててください。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

GoogleビジネスプロフィールとInstagramの連携とは?

GoogleビジネスプロフィールとInstagramの連携とは?
Googleビジネスプロフィールとは、Googleで検索をしたときなどに表示される店舗情報のこと。また、Instagram(インスタグラム/インスタ)とは、画像や動画などを投稿できるSNSです。

それぞれ別の会社から提供されているサービスですが、連携・連動(同時投稿)させることもできます。

そのままでは連携はできない

通常Instagramと連動できるサービスには、Facebook・Twitter・Amebaなどがありますが、Googleは含まれていません。

つまり、InstagramとGoogle ビジネスプロフィールはそのままでは連携できず、どちらかに先に投稿したあとで同じ内容をもう一方で投稿し直すか、連動できるツールを利用する必要があるのです。

GoogleビジネスプロフィールとInstagramを連携させるには?

GoogleビジネスプロフィールとInstagramを連携させるには?
では、GoogleビジネスプロフィールとInstagramを連動したり同じ内容を反映させたりするにはどうすればいいのか、やり方を紹介しましょう。

連携ツールを利用して連携させる方法

1つ目として、連動させることができるツールを使うやり方を解説します。

連携ツールを手に入れよう

連動を可能にするツールを手に入れるところから始めましょう。代表的なツールには、「SNSDirect」や「MEOチェキ」などがあります。

SNSDirectとは、Googleと、Instagramを含む5つのSNSを連携させられるサービス。MEOチェキは連携がメインのサービスではありませんが、プランによってはGoogleビジネスプロフィールとInstagramなどの同時投稿が可能です。

お店に合った機能で投稿しよう

一言で「連携」といっても、Googleビジネスプロフィールに投稿するとInstagramにも自動反映される場合や、逆の場合、また複数アカウントのInstagram投稿が1つのGoogleビジネスプロフィールに反映される場合など、反映の仕方はさまざまです。

使用するツールにどんな機能があるかを調べ、自店に合うものを活用しましょう。

手動で投稿する方法

2つ目は、手動で投稿を行う方法です。Googleビジネスプロフィールで投稿した内容と同じものをInstagramでも投稿(順番は逆でも可)します。

また、TwitterやFacebookには、「投稿を共有」の部分からGoogleビジネスプロフィールの投稿URLをシェアすることができます。

MEO対策でInstagramが注目される理由とは?

MEO対策でInstagramが注目される理由とは?
MEOとは「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の略称で、Googleマップで検索する際に上位表示させるための施策のことです。InstagramはMEO対策として注目されているため、理由を解説します。

1. Instagramのユーザー数は増加の一途

Instagramの国内利用者数は、2019年6月の時点でなんと3,300万人もおり、増加傾向とされています。さらに、世界的に見ると、2022年10月には20億人以上というデータが発表されました。

2. 10代~40代の利用率が高め

令和3年度の総務省の調査によると、各年代の利用率は以下の通りです。

10代 72.3%
20代 78.6%
30代 57.1%
40代 50.3%
50代 38.7%
60代 13.4%

このように、10代~40代と幅広い世代に多く使われていることから、Instagramで店舗情報を発信することがGoogleに評価されやすく、MEO対策にも有効であるとされているのです。

GoogleビジネスプロフィールとInstagramを連携させるメリットとは?

GoogleビジネスプロフィールとInstagramを連携させるメリットとは?
ここからは、GoogleビジネスプロフィールとInstagramを連携させると何がいいのか、メリットをお伝えします。

1. 幅広いユーザー層の集客に役立つ

Instagramの利用率が高い世代は10~40代であることから、Googleビジネスプロフィールと連動させることによって、より幅広い層に見てもらえる可能性が高くなります。Googleで検索する層とInstagramを利用する層の両面にアプローチでき、集客に役立つのです。

2. 検索順位が上がりやすい

双方を連動させた上で投稿を継続していくと、キーワードとの関連度が高まり、Googleに高く評価されます。すると、GoogleビジネスプロフィールやGoogleマップで検索上位に表示されやすくなるのです。

3. サイテーションの獲得に繋がりやすい

サイテーションとは、自店の情報がインターネット上で引用され話題に上ること。InstagramなどのSNSやネットニュースなどで取り上げられたり、拡散されたりすると、知名度が高く人気があるとGoogleに評価されやすくなります。

なお、サイテーションの獲得には、店名や住所などの表記(アルファベットやカタカナなど)を統一させることが大切です。

4. 連携ツール使用の場合|効率化に繋がる

GoogleビジネスプロフィールとInstagramの同時投稿ができる連動ツールを利用する場合、片方に投稿しただけでもう1つにも投稿できるので、マーケティングオペレーションの効率化に繋がります。

GoogleビジネスプロフィールとInstagramを連携させる注意点とは?

GoogleビジネスプロフィールとInstagramを連携させる注意点とは?
前章のようなメリットがあるGoogleビジネスプロフィールとInstagramの連携にも、注意したいことがあります。どんな点なのか以下で見ていきましょう。

1. Googleビジネスプロフィールのガイドラインに沿った投稿が必須

実は、InstagramではOKでもGoogleではNGな要素があります。Googleのガイドラインに沿った投稿をしなければなりません。

具体的なNG事項には、

  • 自社サイトとは異なるドメインへのリンクが多い
  • 電話番号を含んでいる
  • 過剰、もしくは不自然なハッシュタグ
  • 公序良俗に反する画像

などがあるので、投稿時には十分注意しましょう。

2. Instagramには写真の投稿が必須

Googleビジネスプロフィールの投稿では写真は必須ではありませんが、Instagramでは画像または動画がないと投稿できません。文章のみの投稿では連動されないので気をつけましょう。

また、動画を投稿する場合は二者ともに、再生時間やファイルのサイズが規定をオーバーすると投稿できないため、事前に容量を確認することが大切です。

3. 連携ツール利用の場合の注意点

ツールを利用してInstagramとGoogleに同時投稿するときの注意点も知っておきましょう。

Googleビジネスプロフィールでは複数の画像を一度に表示できないことも

Instagramでは、1投稿につき最大10個の画像や動画を載せられます。しかし、連携ツールを利用する場合、Googleビジネスプロフィールでは一度に複数の写真が投稿されず、1枚目の写真のみが掲載されたり複数の投稿に分けられてしまったりする可能性があります。

また、Instagramのリールで投稿した動画はGoogleと連動できない場合が多いです。

ツールの提供元によって機能や仕様が異なるため、利用できる範囲をあらかじめ確認しておきましょう。

利用料がかかる

ツールを利用するためには費用がかかります。初期費用やプランの内容、月額使用料などをチェックして、自店に合ったものを選ぶことが大切です。

リザービアならGoogleビジネスプロフィールやInstagramと連携して予約ができる!

リザービアならGoogleビジネスプロフィールやInstagramと連携して予約ができる!
美容系のサロンでも、利用者の多いGoogleやInstagramを集客に活かすのはおすすめです。双方を活用することによって、広範囲の属性にアプローチしやすくなります。

そこで、連携ツールとは仕様が異なりますが、予約管理システム「リザービア」の導入も検討してみてはいかがでしょうか。実は、リザービアには、GoogleビジネスプロフィールやInstagramと連携して予約を行える機能が搭載されています。

プロフィール内に予約ボタンを設置することができ、検索やタイムラインなどで店舗情報や投稿内容を見た人がそのまま予約を入れることが可能です。

くわしくは下記のページもご覧ください。
Googleで予約
インスタと連携可能なWEB予約システム【リザービア】

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

GoogleビジネスプロフィールとInstagram連携はメリットが多い!

GoogleビジネスプロフィールとInstagram連携はメリットが多い!
GoogleビジネスプロフィールとInstagramに同じ内容を投稿すると、より広い層に認知されやすく検索対策にもなることがわかりました。

それぞれに手作業で投稿するほか、連携させるためのツールを利用することも可能です。投稿内容や費用面などの注意点もふまえつつ、自店に合った方法で上手に集客に役立ててください。

GoogleビジネスプロフィールやInstagramから予約への動線を作りたいサロンは、ご紹介したリザービアの利用もおすすめです。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP