エステサロンの名前の付け方や考えるべきポイントについて

エステサロン名前の付け方
作成日
更新日


無料
サロン開業の相談&予約システムの資料請求

エステサロンをオープンするにあたって、どのような立地で営業するか、どのようなサービスを提供するかといったことと同じぐらい重要なのが、お店の名前を何にするかということです。
お店の名前によってサロンの利用検討者が抱く印象は異なるので、なるべくよい印象を持ってもらえるような名前を付けるべきであることは間違いありません。

本記事では、エステサロンの名前の付け方や付けるのを控えたほうがよい名前や、商標登録の重要性などについて説明すると同時に、有名エステサロンの名前の由来についてもいくつか紹介します。

エステサロンの名前の付け方

エステサロンの名前の付け方

エステサロンの名前を付ける際には、以下のような点に気を付けることが重要です。

  • 提供するサービスやコンセプトがイメージしやすい
  • 覚えやすい(検索しやすい)
  • おしゃれである
  • 店舗のある地名を入れる
  • オリジナリティを出す

それぞれのポイントについて、説明します。

提供するサービスやコンセプトがイメージしやすい

エステサロンでどのような施術を受けたいかは人によって異なり、フェイシャルのケアを受けたい方もいれば、ボディラインを引き締められるような施術を希望されている方もいます。また、施術の方向性に関しても、オリエンタルな施術を好む方もいれば韓国式を好む方もいらっしゃるでしょう。
そのため、提供するサービスやコンセプトがイメージしやすい店名にすることによって、お客様の希望とのミスマッチを減らすことができます。

たとえば「オリエンタルヘッドスパ○○」というようなサロン名にすれば、アジアンエステで頭を中心とした施術を受けられるということが、イメージしやすくなるでしょう。

覚えやすい(検索しやすい)

最近では、検索サイトなどでサロンの施術内容や評判をチェックしたうえで、予約するかどうかを決める方が大半です。そのため、覚えやすくかつ検索しやすいことは、利用を検討するサロンの候補に入れてもらいやすいという観点から、非常に重要です。

覚えにくいかつ検索しにくいような単語を用いてしまうと、検索サイト経由で来店してくれるお客様を、取りこぼすことにつながりかねません。

おしゃれである

エステサロンというのは、訪れる方にとってテンションの上がる場所であることが多いです。そのような場所である以上、お店の名前もおしゃれであることが望ましいでしょう。

おしゃれ感を演出するためには、日本語ではなく外国語(特にフランス語)が用いられることが多いです(詳しくは後述)。
提供する施術の内容がアジアンエステなどの場合は、フランス語の店名はあまりそぐわないかもしれませんが、そうでない場合はフランス語の店名を検討してみてもよいかもしれません。

店舗のある地名を入れる

エステを受けたいけれど具体的なお店については決めかねているという場合、検索サイトで「受けたい施術の内容+地名」で検索するケースも多いです。
店名に店舗のある地名を入れておくことで、そのような際に検索にひっかかりやすくなるので、新規のお客様の来店を見込みやすくなります。
また、将来的に多店舗展開を考えている場合でも、新たに出店する場所の地名を入れるだけで店名が決まります。

多店舗展開するお店の場合、新たに出店する場所の周辺住民に受け入れてもらえるかどうかは重要なポイントですが、店名に地名が入っていることで、多少受け入れてもらいやすくなる効果も期待できます。

オリジナリティを出す

通り一遍の店名では面白くないと思われている場合は、何かしらのオリジナリティを店名に盛り込むことを意識するとよいでしょう。
独自の手技などを売りにしているのであれば、その手技名を店名に盛り込んだり、自身で考えた造語を店名として利用したりといった方法が考えられます。

「オンリーワンである」ということは、エステサロンにとっての付加価値にもなるので、そういったところに魅力を感じてくれるお客様を獲得できるかもしれません。
ただ、造語や手技名などが分かりにくいものであると、検索時に引っかかりづらいという点には、注意しておく必要があります。

こんな名前はNG!付けてはいけない名前とは

こんな名前はNG!付けてはいけない名前とは

逆に、以下のような要素が含まれた名前は、エステサロンの名前としてはふさわしくありません。

  • 覚えにくい
  • 近隣に同じ名前のサロンがある
  • 単語のスペルが長すぎる
  • イメージのよくない単語を用いる
  • 自身の名前を入れる

それぞれのポイントについて、説明します。

覚えにくい

検索サイト経由で来店してもらうケースが多いことを考えると、覚えにくい店名にしてしまうと、最初の段階で選ばれるサロンの候補から脱落してしまうことが考えられます。また、サロン名に外国語を用いるケースが多いことを考えると、覚えにくさと同時に発音しにくさにも注意を払っておいたほうがよいでしょう。

スタッフが電話対応する際にお店の名前をきちんと発音できなければ、お客様に対して決してよい印象は与えません。
おしゃれさと覚えやすさや発音のしやすさは、ときにトレードオフになることもありますが、そのあたりのバランスをうまく取ることを心がけましょう。

近隣に同じ名前のサロンがある

エステサロンに限らず、店名がかぶってしまうことはNGです。
おしゃれさや覚えやすさ、親しみやすさなどを考慮した結果、どうしても同じような名前のサロン名になってしまうことは十分考えられます。

東京と北海道のように遠く離れた場所のお店の場合は、お互いにその存在に気付くことはほぼありませんし、検索サイトで検索した際も両者がバッティングするようなことはないでしょう。
ただ、近隣に同じ名前のサロンがある場合、先にあるサロンからクレームが入る可能性がありますし、検索サイトでの検索順位もどうしても下になってしまいます。
お客様が誤解するのを防ぐためには、同じ名前だけでなく同じような名前のサロン名も控えたほうがよいでしょう。

単語のスペルが長すぎる

サロン名に外国語を用いる場合、お客様が検索する際には外国語のサロン名を入力しなければならないことになります。

「happy」とか「light」のような短くなじみのある単語であれば、入力しやすいですし間違えることもあまりありませんが、「sophisticated(洗練された)」のようなあまりなじみがないうえにスペルが長すぎるような単語は、検索時に敬遠されてしまいかねません。

スペルの長い単語を用いる場合は、カタカナ表記を併記するような工夫を心がけましょう。

イメージのよくない単語を用いる

エステサロンというのは、自身の体のケアやデトックスなどを行いたい場合に訪れる場所です。そのような場所の名前に、たとえば「down」とか「unlucky」というようなイメージのよくない単語が含まれていると、お客様も敬遠してしまうでしょう。
上述したような直接的によくない意味を持つ単語だけでなく、「black」や「night」といったような、人によってはマイナスな印象を受ける単語も利用を控えるべきです。

店名に関して、ほかと被らずおしゃれさと独創性を出すためにいろいろと考えていると、そういった単語を用いてしまう場合もあるので、十分注意しておきましょう。

自身の名前を入れる

エステサロンの店名に自身の名前を入れるようなケースも見られますが、これは一概に悪いとは言い切れません。
そのエステサロンの経営者が全国的に名の知られているセラピストや美容家などの場合、名前を入れることによるブランディング効果が期待できるからです。
しかし、経営者にそこまでの知名度がない場合、名前を入れたところで「誰?」と思われてしまうのが関の山です。

サロン名に自身の名前を入れるべきかどうかに関しては、自身の知名度などを客観的に判断する必要があるので、忌憚のない意見をくれる相手に対して相談したうえで判断すべきでしょう。


無料
ブランディングできる予約システムの資料請求

エステサロンの名前でフランス語を使うのもおすすめ

先ほど店名のおしゃれ感について少し触れましたが、おしゃれ感を演出する際に役立つことが多いのが外国語、とくにフランス語です。
フランスと言えば、パリをはじめとしたおしゃれな都市がたくさんある国なので、エステサロンの店名に用いる言葉としても、もってこいです。

もちろん店名に付ける以上、言葉の響きだけではなく意味も大事にしなければなりませんが、フランス語には語感のよさとエステサロンの店名に付けるのにふさわしい意味を兼ね備えたような単語が、多々あります。
エステサロンの店名に付けるのにおすすめの単語およびその意味を、一部以下に表で示します。

フランス語
意味
charme(シャルム)
魅力、美しさなど
espoir(エスポワール)
希望、期待
mignon(ミニョン)
かわいい
paradis(パラディ)
楽園、天国
toujours(トゥジュー)
いつまでも、永遠に

いずれの単語も前向きでポジティブな意味を持っていますし、スペルもそこまで長すぎないので、覚えにくくもないでしょう。

フランス語以外にも、語感がよくて前向きな意味を持っている単語がある外国語はありますが、数からすればフランス語が圧倒的である印象を受けるので、店名に悩んでいる場合はフランス語を中心に検討するのがおすすめです。

名前をつけたら商標登録をすべき

名前をつけたら商標登録をすべき

いろいろと試行錯誤をしてサロン名を決めたからには、その大事な名前はほかのサロンには使われたくないはずです。そこで、付けた名前に関しては商標登録を行っておきましょう。
商標とは、商品やサービスなどの提供者が提供元を他者(他社)と区別するために使用する標識のことを指します。

サロン名を商標登録しておけば、その名前を自分のサロン以外が名乗ることは商標権侵害にあたるので、ほかのサロンが勝手に同じ名前を名乗るようなことはなくなります。
また、実際にサロン名を決める前にも、その名前がすでにほかのサロンによって商標登録されていないかどうかを、確認しておくのがおすすめです。

インターネット検索によって、同じサロン名があるかどうかはある程度分かりはしますが、検索結果が低くて検索ではなかなか引っかからないサロンもあれば、そもそもホームページのようなwebページを持っていないサロンもあります。

インターネット検索だけでは不十分なので、考えたサロンの名前がほかのサロンと被っていないかどうかに関しては、「独立行政法人工業所有権情報・研修館」が運営する「特許情報プラットフォーム」のサイトで検索するのがおすすめです。

そこで調べても同じ名前のサロンが出てこなければ、安心してサロンの名前を決めることができます。

有名エステサロンの名前の由来を紹介

有名エステサロンの名前の由来を紹介

エステサロンの名前を決める際にどうしてもよいアイデアが出てこなければ、ほかのサロンの名前の由来を知ることで、名付けの糸口が見つかるかもしれません。
そこで以下では、全国展開しているサロンなど、有名なエステサロンの名前の由来をいくつか紹介していきますので、サロン名を考える際の参考にしてみてください。

Raffine(ラフィネ)

Raffineは駅ビルや商業施設などにお店を構えていることが多い全国展開のサロンですが、その意味はフランス語で「洗練された」というものです。
言葉の響きもかわいらしいですし、「洗練された施術を受けられる」という印象を与えられるので、エステサロンの店名としてはぴったりでしょう。

テワラン

テワランはタイ古式マッサージのお店ですが、その意味はサンスクリット語由来のタイ語で、「天国の庭」という意味だそうです。
名前からして極上のサービスを受けられそうな印象を受けますし、店名がタイ語になっていることでタイ古式マッサージのお店であることが分かりやすいのも、大きなポイントです。

Lupinusbouquet(ルピナスブーケ)

Lupinusbouquetはルピナスという花の名前と、「花束」という意味のあるブーケを組み合わせた店名です。
ルピナスの花言葉は「いつも幸せ」「あなたは私の安らぎ」などで、訪れることで幸せや安らぎを感じられるお店でありたいという気持ちを込めて、付けられた名前だそうです。

「花束」という意味のあるブーケを付け加えたのも、より多くの人に幸せや安らぎを届けたいという思いから、ということです。

La Vie en rose(ラヴィアンローズ)

La Vie en rose(ラヴィアンローズ)は、フランス語で「バラ色の人生」という意味を持ちます。サロン利用者が幸せになるためのお手伝いができたら、という気持ちを込めて命名したそうです。
複数の単語の組み合わせではありますが、一つひとつの単語がそこまで長くないので、覚えやすい店名となっています。

まとめ:名前には経営者やオーナーの想いを込めることが重要

エステサロンの店名は、サービスやコンセプトがイメージしやすいことや、覚えやすいことなどが重要です。
覚えにくかったり近隣に似たような名前のサロンがあったりすると、検索時に不利ですしお客様も勘違いしてしまう可能性があるので、あまり好ましくありません。

キャッチーで人気の出そうな店名が好ましいのは間違いありませんが、何よりも重要なことは、しっかりと想いを込めた店名にすることです。
コンペなどで店名を募集することもできますが、できれば自分なりに苦心しながら店名を付けることを心がけましょう。

リザPOS
A’staff Cloud Smart
PAGE TOP