脱毛サロンの集客方法や優良顧客を獲得するコツを詳しく解説|メンズ脱毛やインスタ集客の方法まで

個人(自宅)サロンで集客ができない原因と対策
作成日
更新日
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

脱毛サロンの集客方法には、さまざまなものがあります。ホームページやブログから集客をする方法ほか、SNSを利用した集客やMEO対策、リスティイグ広告、ポータルサイトへの登録、プリーペーパーへの掲載やチラシ配布などがあります。

優良顧客が獲得しにくい脱毛サロン業界においては、ネットを活用した宣伝や、予約サイトアプリの導入は必要不可欠な対策方法です。

今回は、脱毛サロンの集客方法ほか、優良顧客獲得に必要なポイントなどを詳しく解説します。

脱毛サロンの集客方法の種類

脱毛サロンの集客方法の種類

脱毛サロン市場は大手脱毛サロンが9割以上のシェアを占めているといわれています。
駅チカなど立地条件が良く、大規模なキャンペーン展開や徹底した運営ノウハウやマニュアル教育、何より価格競争に強い大手脱毛サロンに、個人運営や中小サロンが同じ土俵で張り合っても勝ち目はないでしょう。
しかし、中小脱毛サロンには、大手脱毛サロンにはないメリットや魅力があります。独自の集客方戦略を確立して、新規顧客の獲得につなげましょう。

脱毛サロンの集客方法として代表的なものとしては、次の7つが挙げられます。

1. SNSを利用した集客

スマホの普及とともに利用者が増え続けているSNSは、手軽に情報発信ができるツールとして、脱毛サロンの集客対策にも大変効果的です。情報の拡散力も高く、上手に活用することで効率的な集客効果も期待できます。
代表的なSNSとしては、インスタグラム、Twitter、フェイスブックがあります。

インスタグラムは写真や動画メインのSNSで、国内アクティブユーザーは2,200万人以上です。10代の男女がメインターゲットで、120〜30代の女性も多く利用しています。

Twitterはリアルタムな情報発信が中心のSNSです。リツイート(RT)によって情報が拡散されやすいのが特徴で、国内アクティブユーザーは4,500万人以上です。10〜20代の男女を中心に、幅広い層が利用しています。

フェイスブックは本名での登録・投稿が原則のため、口コミの信頼性が高いのが特徴です。国内アクティブユーザーは2,800万人以上で、30~40代の男女を中心に利用されています。

2. ホームページやブログで集客する

サロンのホームページやブログにアクセスする人のなかには、GoogleやYahoo!といった検索エンジンからキーワード検索して辿り着く人も多いことでしょう。
インターネット検索で上位表示されれば、それだけ多くの人の目に止まり、集客につながります。ホームページやブログに役立つ情報を数多く発信し、上位表示を狙いましょう。

3. MEO対策

MEO対策とは、Googleの検索エンジンで「地域名+脱毛サロン」でキーワード検索したときに表示されるGoogle Map内に、自分のサロンを上位表示させるための対策のことです。
「Googleマイビジネス」に登録することで検索にヒットする様になりますが、上位表示されるためにはMEO等が必要となります。
無料の集客ツールですので、積極的に活用しましょう。

4. リスティング広告

4. リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンに掲載する広告のことです。

キーワードごとに広告出稿できるのが特徴で、ターゲットユーザーをピンポイントでねらい定め、広告コストを抑えることも可能です。
しかし、リスティング広告は細かい設定ができる反面難しいとも言えますので、いきなり自力で運用するよりも、まずはプロに相談することをおすすめします。

5. ポータルサイト(集客サイト)に登録する

費用はかかりますが、既にSEO対策によって上位表示しているポータルサイトに登録することで、効率的に集客するのもひとつの方法です。
掲載料はメディアによってさまざまです。月額料金のところもあれば、完全成果報酬制を採用しているサイトもあります。なかには数十万円の掲載料がかかるケースもあるため、予算と相談しながら掲載サイトを選びましょう。

6. フリーペーパーへの掲載

ヘアサロンやネイルサロンなど、地域情報を取り扱う広告媒体への掲載も、即効性の高い集客対策です。
書店やコンビニだけでなく、駅構内やオフィスビル内に設置されているため、脱毛サロンの見込み客なりうる20〜30代の女性にアプローチしやすいというメリットがあります。
小規模な脱毛サロンの場合、掲載料を考えると定期的な掲載は現実的ではありません。
サロン開店当初やイベントなど、ここぞというときに利用するのがおすすめです。

7. チラシの配布

サロン付近の地域に住んでいる人にアプローチしたい場合は、近くの通りや商店街、最寄りの駅前などでチラシを手配りするのもよいでしょう。
できるだけ人通りが多く、メインタゲーゲットの若年層や女性を中心にチラシを配布することがポイントです。

脱毛サロン集客のためのインスタ活用法

脱毛サロン集客のためのインスタ活用法

世界的に普及しているSNS「インスタグラム」は、日本国内でも10代、20代を中心に多くの人が利用し、今や日本国内の4人に1人はインスタグラムのユーザーだといわれています。写真がメインの投稿になるインスタグラムでは、サロン内の雰囲気や施術中の様子などを伝えやすく、脱毛サロンの集客対策に最適なSNSといってもよいでしょう。
脱毛サロン集客対策としてのインスタ活用法をしては、次の4つがあります。

1. ビジネスアカウントに設定してサロンに誘導しやすくする

サロン用のインスタグラムアカウントを取得したら、まずはアカウントの種類を「ビジネスアカウント」に変更しましょう。ビジネスアカウントと個人アカウントの大きな違いは、次の4つです。

  • インサイトが閲覧できる
  • 店舗の電話番号やメールアドレスなど、ビジネス情報の公開が可能になる
  • 店舗のサイトやサービスに誘導できる
  • インスタグラム内で宣伝広告が投稿できる(有料)

ビジネスアカウントにすると、プロフィールページに店舗の電話番号やメールアドレスを公開できるため、サロンのインスタを見て脱毛に興味を持った人を誘導しやすいというメリットがあります。
インスタから直接サロンに電話したりメールを送れたりするため、ユーザーにとっても便利な機能といえるでしょう。

2. 画像や動画を投稿してユーザーの視覚に訴える

インスタグラムは写真がメインのSNSです。脱毛サロンをはじめとした美容系の業界は、視覚的なアプローチが重要です。インスタ映えするマツエクスタイルの投稿やサロン店内の様子、施術前と施術後の様子などを、写真や動画、ストーリーを通じでユーザに伝えることができます。
写真や動画を投稿するときは、ターゲットユーザーを選定し、そのユーザーに合った投稿をするのがポイントです。

また、投稿した写真には位置情報を入れましょう。地図検索機能の地図上で検索できるようになります。

3. 興味を持たれるようなハッシュタグをつける

インスタグラムの特徴の1つに、「ハッシュタグ(#)」があります。ハッシュタグは1つの投稿につき最大30個つけることが可能です。できるだけ多く検索結果に表示されるよう、できるだけ多くのハッシュタグをつけて投稿しましょう。
ここで気をつけたいのが、ただやみくもにハッシュタグをつけるのではなく、脱毛サロンで検索されそうなハッシュタグをつけることです。たとえば、「店舗のエリア名+脱毛サロン」や「施術名+脱毛サロン」などです。店舗エリアは東京といった広域を指定するより、「#道玄坂 脱毛サロン」など、より絞ったエリアを記載するのがポイントです。

4. リザービアのインスタグラム連携予約システム

予約システム「リザービア」では、インスタグラム連携予約システムを導入しています。
この連携予約システム最大の魅力は、インスタグラムに投稿した画像を予約専用ページに自動反映される点です。

プロフィールページに上記の予約専用ページのURLをリンクとして設置すれば、遷移したページには、インスタグラムへ投稿した画像がハッシュタグごとに整理されて表示されているので、ユーザーは迷う事なくハッシュタグに紐付いた予約メニューから予約を完了させられます。

投稿の際につけたハッシュタグと予約メニューの自動紐付けが可能で、スマホがあればいつでも簡単に予約を取ることができます。

また、予約専用ページで、空席状況のお知らせだけでなく、ユーザーが投稿した口コミが確認できます。

インスタ連携予約
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

メンズ脱毛サロンの場合は集客方法が異なる?

メンズ脱毛サロンの場合は集客方法が異なる?

昨今、男性も美容に対する興味や関心が高まっており、メンズ専用の化粧品や美容器具なども数多く展開されています。とくに10〜20代前半の若年層は美意識も高く、脱毛することが身だしなみのひとつとして、当たり前の感覚になっている人もいるようです。

このような男性の意識の変化とともに、メンズ脱毛サロンも年々増加していますが、女性専用の脱毛サロンよりも利用客が少ないため、新規顧客の獲得が厳しいのが現実です。
ただこまめにSNS発信やブログ更新をしたり、闇雲にチラシ配りをしたりといったスタンダードな集客方法では思うような集客が得られない場合もあるでしょう。

メンズ脱毛サロンの集客には、男性ユーザーのニーズを理解したホームページ作成やブログ発信、広告戦略が必要です。

ホームページは基礎情報をわかりやすく提示することが大切

男性は女性ほど脱毛に関する知識を持っていないため、脱毛サロンを利用することに不安を感じる人が多い傾向です。
メンズ脱毛サロンのホームページは、プランを料金の支払い方法、施術の流れや環境、術後の対応についてわかりやすく提示し、男性ユーザーのニーズにしっかり応えることが大切です。

プランはできるだけシンプルにした方がよいでしょう。施術の流れについては、1回の施術時間や、何回通えばいいのかなどを、部位別に記載しておきます。

地域名を意識したSEO対策

できるだけ多くの人にホームページを見てもらい集客につなげるには、SEOの観点からWeb集客戦略を立てる必要があります。
メンズ脱毛サロンが最も意識するべき対策キーワードは、「地域名+メンズ脱毛」です。ホームページには、店舗があるエリアの地域名をできるだけ多く盛り込み、上記キーワード検索で上位表示されるよう意識しましょう。

脱毛サロンにおける優良顧客獲得の難しさとポイント

脱毛サロンにおける優良顧客獲得の難しさとポイント

優良顧客の定義は業界や分析方法によってさまざまですが、一般的には「高い頻度で高額の買い物をしてくれる、企業にとって大きな利益を生み出してくれる顧客」のことです。

脱毛サロンにおける優良顧客は、全身脱毛など広範囲の脱毛を長期プランで契約してくれる顧客を指します。
優良顧客の獲得は脱毛サロンの収益を安定させるために必要不可欠ですが、次のような背景から、そう簡単にはいかないのが現実です。

1. 客層が若年化している

10代の美容意識が高まるにつれ、脱毛サロンの通う顧客の年齢層も、年々若年化しています。10代の学生のうちから脱毛サロンに通うケースも珍しくありません。
客層が広がるのは良いことではありますが、10〜20代前半の若年層は収入が安定していないため、金銭的問題から脱毛プランも安価なものに偏りがちになるという特徴があります。

安価なプランを選択する人が増えれば、当然客単価も下がり、収益も伸びません。
こういった問題を解決するためには。若年層だけでなく、30代、40代、50代と、幅広い年齢層の集客率を上げる必要があります。

2. 顧客がなかなか定着しない

前述のとおり、脱毛サロン市場はほぼ大手の独壇場となっています。さらに、脱毛サロンは同エリアに複数の店舗があるほど数が多く、所謂供給過多の状態といってもいいでしょう。
そのため、各脱毛サロンでは、集客対策として初回限定クーポンなどを発行しているところが多く、その初回クーポンの割引を目当てに、初回限定でさまざまな脱毛サロンをハシゴする人が増えています。

このようなことから、初回限定クーポンがその後の集客につながらず、利益が出ないだけでなく、顧客が定着しにくくなっています。

脱毛サロンの優良顧客獲得はネット宣伝がポイント

飲食店や病院、ヘアサロンなど、最近ではさまざまな比較サイトがあり、複数の店舗を簡単に比較検討することが可能です、また、SNSでは日々膨大な量の情報が共有され、今やインターネットを活用した宣伝は必要不可欠な集客対策の1つです。
脱毛サロンで優良顧客を獲得するためには、インターネットを上手く活用し、若年層から高齢層まで、幅広い層にアピールすることが大切です。

脱毛サロンで優良顧客を獲得するためにできること

脱毛サロンで優良顧客を獲得するためにできること

脱毛サロンで優良顧客を獲得するには、ネット宣伝による集客やチラシの配布など、大手とは違ったアプローチが必要です。では、具体的にはどのような集客対策を行えばいいのでしょうか?
新規集客、既存集客にわけて、それぞれ詳しく解説します。

SNSや広告宣伝を利用した新規集客

新規顧客を集客するには、SNSや広告宣伝を駆使して、見込み客・潜在顧客へアプローチすることが大切です。
見込み客とは、既に自店舗の脱毛サロンに興味を持っており、利用するかしないか検討している最中の顧客を指します。一方、潜在顧客は、自店舗の脱毛サロンの存在を認識していないが、脱毛サロンの利用を検討しており、自店舗のサービス内容やプランを知ることで、顧客になる可能性がある層のことです。

見込み客や潜在顧客へのアプローチで大切なことは、SNSや広告を通して、サロンの特徴やサービス内容、施術の様子などをわかりやすく伝えることです。ユーザーがホームページにアクセスしたとき、十分な情報を得られるよう、イラストや写真、動画で視覚的にアピールしたり、実際に利用した人の声として、口コミ情報を掲載したりするとよいでしょう。

また、「リザービア」の予約システムを導入し、インスタグラムやGoogle検索からサロンを予約できる「インスタグラム連携予約」や「Googleで予約」を使って、スマホで気軽に予約が取れるような環境を整えるのもおすすめです。

既存集客は顧客のニーズに合わせたサービス提供がポイント

既にサロンを利用している、または過去に利用したことがある顧客のことを既存顧客といいます。優良顧客を獲得するためには、既存顧客を維持し、信頼関係を深めていくことが重要です。

既存顧客の満足度を上げるためには、顧客の気持ちに寄り添ったカウンセリングや丁寧な施術が基本です。たとえワキだけのプランの既存顧客であっても、広範囲プランや長期プランを強引に勧めるのはやめましょう。カウンセリングを通して、ほかに気になっている部位があるようならさりげなくプランを紹介するなど、あくまで顧客のニーズに沿った接客とプラン提供を心がけましょう。

また、初回クーポンなどの新規特典だけでなく、継続特典や友達紹介特典を設けることで、次回の来店につながるような対策を行うことも大切です。新規特典よりも継続特定の方がお得になるよう設定すると、よりリピーターを獲得しやすくなるでしょう。

予約アプリやシステムを導入して、次回予約が取りやすい体制を整えることも重要なポイントです。予約システム「リザービア」のLINE連携予約では、店舗のLINEアカウントとリザービアを連携し、顧客のLINEアカウントに予約完了通知やリマインダーを受け取れるようになります。

 

まとめ

ネット集客と便利な予約システムを導入して優良顧客獲得につなげよう

大手がシェアをほぼ独占し、ライバルのサロンも数多い脱毛サロン市場で安定した収益を得るためには、インターネットを活用した独自の集客対策を行うことが大切です。
また、顧客が次回予約しやすいよう、インスタ連携予約やLINE連携予約などが利用できる予約システム「リザービア」の導入がおすすめです。
さらに初回クーポンや継続特典といったサービスを併用することで、新規顧客やリピーターの集客率アップにつながります。

リザPOS
SALON CARD
PAGE TOP