自宅エステサロンの集客を成功させる!チラシ作りの7つのポイントと注意点を紹介

自宅エステサロンの集客を成功させる!チラシ作りの7つのポイントと注意点を紹介
公開日
更新日

自宅でエステサロンを開業する際に最も頭を悩ますのは、集客やお店を周りの人に知ってもらう方法ではないでしょうか?

一般的な店舗型のエステサロンとは違って、自宅でエステサロンを開業するとなると、お店としてのイメージを打ち出すのが難しくなります。そして、お店の魅力やイメージが伝わらないと、思うような集客につながらないことも。

本記事では、自宅でエステサロンを開業して集客をするのにピッタリなチラシ広告について紹介します。集客を成功させる7つのポイントと注意点をおさえ、チラシでの広告を効果的な集客につなげて、自宅エステサロンを成功に導きましょう。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

自宅エステサロンの失敗はチラシ広告で回避できることも

自宅エステサロンの失敗はチラシ広告で回避できることも
自宅のエステサロンで失敗しがちな点も、チラシ広告を活用することで解決できる可能性があります。具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • チラシで知名度と信頼を獲得できる
  • 特典や魅力をアピールすることで集客につながる
  • 定額割引の利用をアピールしてリピート率を上げられる

自宅のエステサロンで失敗しないためにも、失敗をチラシ広告で回避する方法についておさえておきましょう。

チラシで知名度と信頼を獲得できる

チラシ広告を活用することで、知名度を得て、サービスに対する信頼を獲得できます。

多店舗展開しているエステサロンは、すでに名が知られていることが多いです。すでに名が知られているサービスは、信頼や安心感が生まれやすいといわれています。

その一方で、自宅で個人的に経営するエステサロンは、どんなサービスが提供されているのか実態がつかめずに不安を感じる方が多いです。

チラシ広告でお店の雰囲気やサービス内容をうまく伝えることで、自宅のエステサロンに安心を感じて、興味を持ってくれる方も現れるでしょう。

特典や魅力をアピールすることで集客につながる

チラシ広告で自宅のエステサロンをアピールするメリットは、割引券や無料券などを添付することで、初見のお客さんでもお店に足を運んでくれる可能性が高まることです。

まったく知らないエステサロンで、しかも自宅で営業しているともなれば、エステを体験しにいくのにも勇気がいるでしょう。しかし、チラシに期間限定のクーポンや無料券をつけることで、初見の方でもエステを体験しにお店を訪れてくれる可能性があります。

加えて、チラシでお店の雰囲気や他の店にはない魅力をアピールすることで、「まずは体験しに行ってみよう」という気持ちを後押ししてくれるはずです。

定額割引の利用をアピールしてリピート率を上げられる

チラシに定額割引券をつけることで、初見のお客さんを割引でファンにして、自宅のエステサロンを長期に渡って経営できるような顧客開拓を助けてくれるでしょう。

ホットペッパービューティーアカデミーが出している『エステサロンに関する意識・実態調査報告書』には、以下のような結果が出ています。

同調査の「現在利用しているサロンの今後の継続意向」によれば、サロン定額利用者の63.3%が、「同じメニューでサロンに通い続けたい」と回答しているのです。

このように、定額割引を提示できるチラシを活用すれば、顧客が継続的にお店に通ってくれる可能性が高まります。

自宅エステサロンの集客を成功させるチラシ7つのポイント

自宅エステサロンの集客を成功させるチラシ7つのポイント
自宅サロンの集客を成功させるチラシの7つのポイントは、以下の通りです。

  • チラシのターゲットを明確にしておく
  • 他店と比べてどのようなサービスが魅力なのか伝える
  • お店一押しのコースについてアピールする
  • 新規顧客開拓につながるようなキャッチコピーをのせる
  • お客さまがお得に感じる情報や特典情報を盛り込む
  • 店舗の情報やお問い合わせ先を明記する
  • 伝わりやすいレイアウトでチラシを作る

それでは、これらのポイントについてくわしくみていきましょう。

1.チラシのターゲットを明確にしておく

エステサロンの集客をするなら、チラシを誰に向けて作るのかターゲットを明確にしてアピールする必要があります。エステサロンは老若男女、アピールしだいでは、どの客層にもアプローチできるでしょう。

しかし、ターゲットを明確にしないままチラシを作成すると、チラシを受けとった人に理解されにくい広告になってしまうリスクがあります。

たとえば、高級路線で中高年の女性をターゲットに集客したいとしましょう。そこで、割引キャンペーンばかりのチラシを作っても、ターゲットのお客さんには響きません。

また、ターゲットに響くようなデザインとチラシ構成も考える必要があります。

チラシ作成時にターゲットを明確にしておくことで、相手に伝わりやすい内容のチラシを作成できるのです。

2.他店と比べてどのようなサービスが魅力なのか伝える

エステサロンのチラシを出す場合は、自分のエステサロンが、他のエステサロンと比べてどんな風に魅力的なのかを伝える必要があります。

施術後のアフターサポートやお客さんに寄り添った会話ができるなど、自分の得意なポイントを売り出しましょう。

「他のお店とはこんなところが違っていい」とお客さんの評判を呼べば、自然と集客がうまくいくはずです。

3.お店一押しのコースについてアピールする

自宅のエステサロンをチラシで広告するなら、お店で一押しのサービスを強調して、内容や価格を目立つように掲載しましょう。

チラシを一目見て、お店の雰囲気やおすすめの施術コースがわかると、興味関心を持ってくれたお客さまもお問い合わせしやすいはずです。

松竹梅の法則という手法があります。値段別にコースを3種類用意して、真ん中のコースを一番売り出したいメニューにすると、売れやすくなるといわれています。

人は極端な選択肢を回避する習性があり、3つの選択肢を用意すると、多くの方が真ん中の選択肢を選ぶといわれているのです。

4.新規顧客開拓につながるようなキャッチコピーをのせる

新規顧客開拓につながるようなキャッチコピーを考えて、チラシに掲載することが集客に結びつきます。

たとえば、お客さまの問題を解消するようなキャッチコピーを考えてみましょう。キャッチコピーには、具体的な数値がある方が信頼感を与えられます。

たとえば、施術前後のビフォー・アフター写真を掲載して、「施術何回後でどれくらい痩せたか」などを実例を交えて紹介してみましょう。ただし、あまりに誇張表現を載せると、法律に違反する恐れもあるので注意です。くわしくは後述していきます。

5.お客さまがお得に感じる情報や特典情報を盛り込む

自宅のエステサロンをチラシ広告でうまく集客したいなら、限定割引やクーポンをチラシにつけておくことで、新規顧客の獲得に結びつくでしょう。

  • 期間限定で〇〇%OFF
  • 初回限定で〇〇円引き
  • 期間限定の回数券

クーポンに期限を持たせることで、お得な施術サービスを魅力に感じたお客さまを集客できるはずです。また、回数券や定額割引券をつけることで、お店を何度もリピートしてくれる可能性もあるでしょう。

6.店舗の情報やお問い合わせ先を明記する

自宅でエステサロンを営業していて多い悩みが、お客さまが自宅エステサロンまでたどりつけないケースがあることです。自分にとっては説明不要な道でも、はじめてエステサロンを利用する方にとっては、わかりにくい可能性があります。

あくまでも第三者目線でわかりやすい、経路案内や店舗に関する情報・写真を掲載して、お問い合わせ情報についてもきちんと記載しておきましょう。

7.伝わりやすいレイアウトでチラシを作る

自宅のエステサロンのチラシを作る際は、読み手に伝わりやすく、魅力が一目見てわかるようなデザインの統一性を持たせることが大切です、

いくら強調したい情報がたくさんあっても、統一感のあるレイアウトでないと、伝えたい情報が読み手に伝わりにくいこともあります。

強調したい情報はしぼって、全体のレイアウトが崩れないように工夫してみましょう。

これだけはやめておくべき!自宅エステサロンのチラシを作る際の注意点

これだけはやめておくべき!自宅エステサロンのチラシを作る際の注意点
自宅のエステサロンのチラシを作る際は、以下の3つの点に注意するべきです。

  • 効果をアピールしたいあまり過度な表現は使わないようにする
  • 一般的な事例を使った広告文を考えなければならない
  • パッと見た時にチラシの内容が伝わる文章を考える

これらの点に注意しないと、景品表示法や薬機法などの法律に違反してしまう恐れがあります。注意点をおさえて、不安をなくしたチラシを作成しましょう。

1.効果をアピールしたいあまり過度な表現は使わないようにする

自宅のエステサロンを広告するのに、ビフォーアフター画像などを使用して、効果をアピールするのは問題ありません。しかし、〇〇回通って−〇〇kgなどは、必ずしも施術の効果で痩せたとは限らず、景品表示法違反になる場合もあるのです。

2.一般的な事例を使った広告文を考えなければいけない

自宅のエステサロンを広告するチラシに記載する内容としては、一度だけの特別な事例を抜き出して紹介するのも景品表示法の違反になります。

たとえば、複数人に受けてもらった施術で一人だけウエストが−10cmで、他の人は−5cmくらいだった場合を想定してみましょう。

その時に「チラシにウエスト−10cmの効果がある」と書くと誇大広告とみなされ、景品表示法に違反している可能性が高いです。

複数の事例で共通して見られた結果について、チラシに記載するようにしましょう。

3.パッとみた時にチラシの内容が伝わる文章を考える

自宅のエステサロンのチラシ広告を考える際は、一目でチラシが伝えたい内容は何かが伝わるようにすることが重要です。チラシを受け取って細部まで読み込んでくれる方は少数だと考えましょう。

数秒間にどれだけインパクトを残せるかが重要なので、お店の雰囲気や売り、メニューの料金など、重要な情報を強調するデザインを考えましょう。

自宅エステサロンのチラシを配布する方法

自宅エステサロンのチラシを配布する方法
自宅のエステサロンのチラシを配る方法は、主に以下の3種類です。

  • 路上で手渡し
  • ポスティング
  • ポスターを貼らせてもらう

路上でチラシ配りをするのが最も一般的な方法ですが、確実に受けとってくれるかどうかはわかりません。

その点を比較すると、ポスティングであれば、郵便受けから一度は手にとってもらえる可能性が高いです。また、相手が不在の時間帯にチラシを投函できるので、効率的に配布できます。

可能であれば近隣にチラシを貼らせてもらうことも検討しましょう。チラシを見て、エステサロンのサービスについて気になった方が、連絡してくれる可能性があります。

このように、チラシを配布する方法をよく考えて、より効率的に集客できるチラシの配布方法を実行しましょう。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

自宅エステサロンの魅力をチラシで発信して、効率的な集客につなげていこう!

自宅エステサロンの魅力をチラシで発信して、効率的な集客につなげていこう!
この記事では、自宅エステサロンのチラシ作りにおけるメリットや成功のコツ、注意点について解説しました。

自宅エステサロンは店舗型のエステサロンよりも認知度が低く、きちんと集客と認知度拡大戦略を取らないと、ビジネスの継続が難しい経営形態です。

チラシ広告による集客と認知拡大、割引クーポンや定額割引などによるファン獲得戦略を活用して、効率的な集客を実現しましょう。

引用元:
ホットペッパービューティーアカデミー|エステサロンに関する意識・実態調査報告書

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP