ヘッドスパの開業にあたって必要なことは?資格・費用・準備事項を確認しよう

ヘッドスパの開業にあたって必要なことは?資格・費用・準備事項を確認しよう
公開日
更新日

美容業界で提供されるメニューにはさまざまなジャンルがありますが、ヘッドスパは注目が高まっているものの1つです。多くの効果が期待できるリラクゼーションで、ヘッドスパ専用の機械やヘアケア用品、専門店なども登場しています。

そこで、人気のヘッドスパ店を開業したいと考えている人に向け、必要な資格や開業資金、開業までにやるべき準備事項などを解説します。提供するヘッドスパの種類によって異なる部分もあるので、自分に合った内容を確認しましょう。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ヘッドスパとは?

ヘッドスパとは?
ヘッドスパとは、頭皮をマッサージしてもみほぐすというリラクゼーションサービスです。頭皮・髪質のケアができるほか、血流が促進されたりツボが刺激されたり筋肉のコリがほどけたりという効果が期待できます。

美容室のメニューとして多く取り入れられるようになって、施術する側の技術が向上してきたことから、需要が高まり専門店も登場するなど、美容業界で普及してきています。

ヘッドスパの種類

ヘッドスパには大きく分けて2種類あります。種類によって開業に必要な内容が変わるため、それぞれの特徴をチェックしましょう。

ウェットヘッドスパ

ウェットヘッドスパとは、シャンプーやトリートメントを使用し、頭皮や毛穴の汚れを除去したり髪のダメージをケアしたりするものです。皮脂・汗が気になる夏場や乾燥しやすい冬の需要が高い傾向があります。

髪を濡らすことから美容師の免許が必要なサービスで、美容院のメニューの1つやオプションサービスになっている場合もあります。

ドライヘッドスパ

ドライヘッドスパは、水やオイルを使わずにケアするもので、もみほぐしによるリラクゼーション効果を狙う目的で行われます。小顔やリフトアップ、眼精疲労・肩こり・頭痛などの改善、薄毛対策などの効果が期待される施術です。

髪を濡らさずに行えるため顧客も気軽に利用しやすく、スキマ時間に利用する人もいます。

ヘッドスパサロンの開業には資格が必要?

ヘッドスパサロンの開業には資格が必要?
ヘッドスパサロンを開業する際には、何か資格が必要になるのでしょうか。

前章のようにヘッドスパには2つのタイプがあり、髪を濡らさないドライヘッドスパの場合、特別な資格は必要ありません。一方、ウェットヘッドスパの場合は美容師免許が必須です。

開業したいなら民間資格を取ろう

上記のように、ドライヘッドスパの開業であれば資格は必須ではありませんが、資格があったほうが顧客からの信用度は上がりやすいといえます。

そこで、開業するなら民間資格を取得しておくのがおすすめです。美容師免許がなくても取得できる「ヘッドマイスター」や「ヘッドリンパケアセラピスト」などの資格があるので、しっかり学んで知識と技術を身につけましょう。

ドライヘッドスパの開業資金の目安

ドライヘッドスパの開業資金の目安
つづいて、美容師免許を必須としないドライヘッドスパのサロンを開業する場合、どのくらいの資金が必要なのかという目安をお伝えします。

費目 目安金額
物件取得費 数十万~200万円(家賃によっても異なる)
内装工事費 数十万~300万円(居抜き・スケルトン・改装など状態によっても異なる)
備品費 数十万~100万円前後

開業のために新たに物件を借りる場合、敷金礼金や保証金などの初期費用がかかります。また、店舗の営業に適した内装にするための工事も行わなければなりません。さらに、ベッド・椅子・インテリア・家電・事務用機器などの備品も必要です。

以上を合計すると、安く見積もって100万円、高いと600万円以上かかる可能性もあります。

ウェットヘッドスパの場合は専用の設備や商材も必要

美容師免許を持っておりウェットヘッドスパのお店を開業する場合は、シャンプー台や施術ベッドなどの設備、シャンプー・トリートメント・オイルなどの商材も揃えなければなりません。そのため、ドライヘッドスパサロンの開業時よりも高額になる可能性があります。

ドライヘッドスパサロンの開業までの流れ

ドライヘッドスパサロンの開業までの流れ
ここからは、ドライヘッドスパサロンを新しくオープンする際の流れを見ていきましょう。

1. 物件を探す

開業するには「店舗」という箱が必要です。どこで営業するのか、場所を決めなければなりません。狙う客層に合った立地の物件を選ぶことが大切なほか、人の往来が活発で、かつライバルが少ないエリアであることも理想条件です。

また、せっかくよい場所が見つかっても、物件によっては店舗営業ができない場合があります。決める前に、物件の管理会社や大家さんにきちんと確認しましょう。

2. 工事や設備の整備を行う

物件が決まったら、内装・外装の施工をしたり必要な設備を整えたりという準備を行います。ドライヘッドスパサロンでは大きなマシンは必要ないですが、椅子やベッドなど施術時に必要なものをそろえなければなりません。

コンセプトに合わせた雰囲気にすることも重要

あらかじめ店のコンセプトを決めておき、コンセプトやターゲットに合ったデザインの店に仕上げましょう。清潔・ナチュラル・明るいなど、コンセプトと実際の店舗のイメージを統一させつつ、ターゲットに興味を持ってもらえるような雰囲気にします。

店の世界観は集客にも影響する大事な部分なので、細部までこだわりましょう。

3. 開業届を提出する

税務署に開業届を出すことも必要です。

なお、ウェットヘッドスパサロンの開業の場合は、保健所への申請も行わなければなりません。設備や内装の基準を満たさなければ営業できないので、必要書類を提出して美容所登録をし、許可が下りてから営業開始です。

4. 広告宣伝(集客活動)を行う

サロンのオープンを知らせ、来店をうながすための施策も行わなければなりません。告知や呼び込みのための方法はたくさんあるので、オープンのめどが立ったらどんどん宣伝し、認知度を高めていきましょう。

以下では集客におすすめの3つの方法を紹介します。

チラシを配布する

シンプルでベーシックな方法ですが、地域住民などにオープンを知らせるチラシやティッシュを配りましょう。新規の開業では、1人でも多くの人に、まずは店の存在を知ってもらうことが大事です。

SNSを利用する

Instagramで視覚的にアプローチする、LINEの公式アカウントで情報を配信するなど、SNSを使った宣伝活動もおすすめです。サロン側からの一方的な配信だけでなく、見てくれた人・フォローや友達登録してくれた人とのコミュニケーションツールとしても使えます。

ネット予約を導入する

今やネット予約は当たり前の時代。インターネットなら、自分で対応しなくても24時間365日予約を受け付けることができ、データ管理も自動で行えます。

検索エンジンやSNSなどと連携すれば集客からそのまま予約につなげられるので、ぜひ自店のホームページやクーポンサイト、予約管理システムなどを活用しましょう。

ヘッドスパで開業するなら予約システムの導入を検討

ヘッドスパで開業するなら予約システムの導入を検討
ヘッドスパサロンをオープンする際は、前述したようにネット予約を取り入れたほうがよく、予約管理をしやすい専用のシステムを導入するのがおすすめです。

そこで、システムの一例として、「リザービア」の特徴や導入のメリットをお伝えします。

いつでもかんたんに予約の受付や確認ができる

リザービアは、顧客側もサロン側も使いやすいように設計されています。予約ページはシンプルで見やすく、オンラインでの予約に慣れていない人でも操作しやすいと評判です。はじめて利用する人でも、直感的にタップや入力をするだけでかんたんに予約が完了します。

営業時間や店休日を気にすることなく利用でき、パソコン・タブレット・スマホのいずれからでもアクセス可能です。

予約台帳

外部サービスと連携できる|Google・LINE・Instagramなど

リザービアでは、Google検索やLINE、Instagramといった外部のサービスから予約を受け付けることも可能です。(※設定やオプション導入が必要)

たとえばGoogleでは、検索して表示されたビジネスプロフィールに予約ボタンが表示されます。そのため、検索から予約まで一貫して行えて、入った予約は自動でリザービアの予約台帳に反映されるのです。

さらに、オプションでBMS(ビューティマネジメントシステム)を導入することにより、複数の窓口から受け付けた予約の一元管理もできます。

Googleで予約
LINE連携予約
インスタ連携予約
予約の一元管理

顧客のデータ管理も行える

顧客の名前や電話番号といった個人情報のほか、来店日や施術メニューなどの記録も残せます。管理されたデータを検索して呼び出し、メッセージやクーポンの配信など、リピートにつなげるための施策を行うことが可能です。

また、次に顧客が来店したときには、前回のデータを活用して施術やコミュニケーションに役立てることもできます。

顧客管理

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

事前にしっかり準備してヘッドスパ開業を成功させよう

事前にしっかり準備してヘッドスパ開業を成功させよう
ヘッドスパサロンを開業したい場合、ドライヘッドスパなら資格がなくても開業できますが、正しい情報やスキルを身につけるためには民間資格を取っておいたほうが安心です。オープンまでにやることも多いので、抜けがないように準備してオープン日を迎えてください。

また、オンライン予約の受付や管理には、リザービアの利用もおすすめです。自店の状況に合わせてうまく活用し、効率よくヘッドスパサロン運営を行いましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP