マッサージ店開業での失敗例とその特徴とは?成功させる6つのコツについて解説

マッサージ店開業での失敗例とその特徴とは?成功させる6つのコツについて解説
公開日
更新日

マッサージ店の開業を検討している方の中には、実際の失敗例とその共通点を知って、店舗の運営に活かしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

今回は、マッサージ店を開業したものの失敗してしまった5つの事例や開業に失敗するお店の3つの特徴、店舗の運営を成功させる6つのコツについて紹介します。

マッサージ店の失敗例を反面教師として、お店を成功させるためのポイントをおさえた上で、順調な店舗運営に向けた集客戦略を考えてみましょう。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

マッサージ店の開業に失敗した5つの事例

マッサージ店の開業に失敗した5つの事例
マッサージ店の運営は成功することもあれば、失敗してしまうこともあります。失敗してしまったお店の事例を参考にして、失敗してしまう原因にはどんなものがあるのかを確認してみましょう。

1.開業にともなう初期費用やランニングコストが大きい

開業の失敗例で多いのが、初期費用やランニングコストにかかる全体の費用を把握しておらず、予算を大幅にオーバーしてしまうケースです。マッサージ店を開業するためには、内装費や備品購入費、テナント料などの開業費用がかかります。

また、開店したばかりの頃は、集客に苦労することも多く、思うように売上があがらないケースもあるでしょう。

売上が増えなくてもテナント料やスタッフに支払う給料、水道電気光熱費などの固定費が売上に対して上回ってしまう場合、店舗運営を続けるのが難しくなってしまう事態も予想されます。

このように、初期費用やランニングコストを見誤った結果、開業に失敗してしまうという事例も少なくないのです。

2.お店の提供するサービス・コンセプトが不明確

マッサージ店を開店する際は、サービスを提供したいと考えるターゲットと提供するサービスのコンセプトを明確にしておく必要があります。

ターゲットとコンセプトが明確でないと、お店の魅力が伝わりきらない中途半端なPRになり、集客が上手くいかずに失敗してしまう可能性が高いでしょう。 

3.お客様に対する接客態度が悪い

スタッフの接客対応の徹底が不十分で、トラブルやクレームが多発してしまうようなお店だと、初めは順調に集客できていたとしても、お客様は離れていってしまいます。

入退店時のあいさつの徹底やお客様を長時間待たせないなどの工夫をして、お客様にストレスを感じさせずに、気持ちよくマッサージを受けてもらえる環境づくりが大切です。

4.サービス料金がマッチしていない

マッサージ店の開業で失敗しないためには、適正なサービス料金をよく考えて決めることが大切です。どれだけ競合店に負けないクオリティの高いサービスを提供していても、料金が安すぎればお店の利益は増えにくく、店舗運営は失敗してしまうでしょう。

また、近隣の店舗や相場価格と比較した際に自分のお店の料金設定が高すぎたとしても、思うような集客につながらないリスクがあります。

店舗運営にかかるコストや競合店の料金設定を考慮して、妥当な価格設定にしておかないと、店舗運営に失敗してしまうでしょう。

5.お店の位置がわかりにくい

住宅街や駅から離れた場所などに開業すると、アクセスする際の手間がかかるので、お客様の足が遠のいてしまいがちで集客のハードルになり、失敗してしまうこともあるでしょう。

開業する場所を選ぶ際には、お客様がアクセスしやすい位置にあるか、見つけやすい建物の外観かどうかを真っ先に考えるようにしましょう。

マッサージ店の開業に失敗してしまうお店の特徴3選

マッサージ店の開業に失敗してしまうお店の特徴3選
経営に失敗してしまうマッサージ店は、サービスを改善する姿勢や店舗の仕組みなどの面において、共通の問題を抱えていることが多いです。経営に失敗してしまうお店の特徴を知って、どのような点に注意すべきかなのかをおさえましょう。

1.自ら学ぶ姿勢やサービス改善の努力をおろそかにしている

失敗するお店の特徴のひとつ目は、施術スキルや接客方法を学び、サービスの改善を目指す姿勢が見られない点です。マッサージ店を成功させるためには、新しい施術や経営・集客の方法など、常に新しい知識をアップデートし続ける必要があります。

2.集客を行う上での技術的な問題を抱えている

パソコンやスマホの扱いが苦手で、SNSやWebサイトなどでのオンライン集客を有効活用できないお店は、経営の失敗につながる可能性があります。

インターネット検索が主流になりつつある近年では、チラシやビラ配りをして集客を行うよりも、ネット上で集客を行った方が、より効果的な集客につながるケースも多いでしょう。

3.お店の業務や集客の仕組み化が上手くいっていない

業務や集客の仕組み化が上手くいっていないと、失敗してしまう原因になります。店舗運営と集客戦略をシステム化し、ルーティン業務は自動化して効率性を向上することで、施術や接客に集中できるお店づくりをすることが大切です。

マッサージ店の運営を成功させる6つのコツ

マッサージ店の運営を成功させる6つのコツ
マッサージ店の開業・運営を成功させるためには、他のお店の失敗例や失敗の共通点をおさえて、お店を成功させるためのコツを実践することが大切です。

1.開業資金の規模に合わせた経営戦略を練る

開業資金やランニングコストを事前に概算して、開業資金の規模に合った経営戦略を練り、お店づくりを進めていきましょう。

まずは開業資金の予算内におさまる設備でお店づくりをし、集客や当面の運営資金も含めた十分な予算を用意することで、運営に失敗するリスクを最小限にすることが大事です。

2.お店のコンセプト・ターゲットを明確にする

マッサージ店を運営していくためには、お店のコンセプトや集客ターゲットを明確にすることが大切です。自分のお店のサービスにはどのような特徴や強みがあり、どの層をターゲットにするべきかを明確にすると、サービスや集客戦略の方向性が具体的になります。

常に集客ターゲット目線でサービスを提供するようにしましょう。

3.自分のお店に合った集客方法を取捨選択する

ターゲットに届きやすく、自分のお店で活用しやすい集客方法は何かを考えて、ベストな方法を取捨選択していくことが重要です。

たとえば、高齢者が多い地域でマッサージ店を運営するなら、SNSやWeb広告を活用したオンライン集客よりも、ビラやチラシを利用する方が有効な場合もあります。

また、集客ツールを活用する場合でも、集客で重視したい点や集客ターゲットによって、「どのツールを使えばいいのか」に対しての答えは変わってくるはずです。お店のターゲット層に適した集客方法を取捨選択して、集客効果の最大化を目指しましょう。

4.お店のサービス料金をベストな価格に調整する

マッサージ店のサービス料金は、運営コストを考慮してベストな価格を考えましょう。

価格の安さで勝負しても、さらに安くサービスを提供するお店が現れたら、お客様は離れてしまう可能性が高いです。また、現実問題として、小規模なマッサージ店は、コストカットするにも限界があり、大手と安さで勝負をするのは厳しいという側面があります。

競合店と比較して高すぎる料金設定も問題です。店舗運営にかかるコストを計算して、きちんと利益と売上につながる価格を設定しましょう。

5.日々の売上や運営コストを把握して業務改善に活かす

運営を成功させるためには、日々の運営コストや売上、利益などの数字と常に向き合うことが大切です。数字や指標と向き合いながら、コストの見直しや利益をあげるための売上目標を設定し、経営方針の決定に役立ててみましょう。

6.スタッフ教育を重点的に行う

スタッフの教育を重点的に行うことも大切です。店舗運営で忙しくても、スタッフの施術や接客の指導を徹底することで、お客様が満足できるサービスを提供でき、リピーターの獲得につながるような店舗運営ができるでしょう。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

マッサージ店の業務や集客を効率化するなら予約システムのリザービアがおすすめ

マッサージ店の業務や集客を効率化するなら予約システムのリザービアがおすすめ
店舗業務・集客を効率化して、接客や施術にあてる時間を増やしてサービスを充実させたいなら、予約システムのリザービアを導入するのがおすすめです。

リザービアの導入がマッサージ店を運営していく上で、どのようなメリットをもたらすのかについて確認しましょう。

1.システム上で予約受付・管理できる

リザービアならお客様からの予約をシステム上で自動的に受付・管理できます。予約管理の業務を自動化できるので、業務効率がアップし、その他の業務に集中できるでしょう。

2.複数のサイトからの予約を一元管理できる

リザービアの「BMS(ビューティーマネジメントシステム)」なら、各種のクーポンサイトやSNS、ブログ、アプリ経由の予約をシステム上で一元管理できます。予約のダブルブッキングや予約管理の手間を、大幅に削減できる点が導入するメリットです。

関連記事
予約をまとめて一元管理 BMS

3.お店のスタッフごとにシフト・予約管理できる

スタッフごとのシフト管理や予約管理も可能なので、在籍するスタッフが多い場合でも、シフト管理や予約管理を自動化でき、店舗業務の効率化につながります。

関連記事
スタッフ設定機能

マッサージ店の失敗例と運営のコツを確認して、お店への効率的な集客につなげていこう!

マッサージ店の失敗例と運営のコツを確認して、お店への効率的な集客につなげていこう!
マッサージ店の開業の失敗の原因には、開業資金とランニングコストを見誤ることや、お店のコンセプト・集客ターゲットが不明確なこと、料金設定の失敗などが考えられます。

開業・店舗運営に成功するためには、常に学習する姿勢を忘れずに、サービス内容と接客スキルをブラッシュアップしていくことが大切です。また、自分のお店に合った集客方法を取捨選択し、業務の仕組み化に取り組むことも、店舗運営の成功の鍵だといえます。

店舗業務の効率化には、予約受付・管理業務を自動化できるリザービアの導入がおすすめです。マッサージ店の開業・運営の失敗例を反面教師にして、効率的な集客を実現し、長期的な成功をおさめられるようなマッサージ店を目指しましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP