黒板を美容室の集客に活用するメリットとは?書く時のポイントやアイデアを紹介

黒板を美容室の集客に活用するメリットとは?書く時のポイントやアイデアを紹介
公開日
更新日

インターネットを利用した集客が主流になりつつありますが、思うように集客に繋がらず悩んでいる美容室も少なくありません。そこでおすすめしたいのが、美容室近隣に住んでいる方の集客に効果的な黒板を活用した集客方法です。

今回は、集客に黒板を活用するメリット、書くときのポイントやアイデアを紹介します。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様は無料利用可
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

黒板で美容室のアピールをするメリット

黒板で美容室のアピールをするメリット

店頭に置かれたお店の売りやメッセージなどが書かれた黒板を見たことがある方も多いでしょう。黒板とは、店舗の前で呼び込みをするスタッフに代わり、道行く人々にお店の案内をする集客方法です。

美容室以外にカフェなどの飲食店でも活用されており、オシャレで効率的に美容室をアピールできます。黒板で美容室をアピールするメリットは以下の3点です。

  • 通った人の目に留まりやすい
  • お客様が入店しやすくなる
  • 気軽に設置できる

通った人の目に留まりやすい

インターネット広告やチラシだと美容室に興味のない方の目には留まりにくいですが、黒板は店頭の目立つ位置に置けるため、そこに店舗があることを簡単にアピールできます。

オープンしたばかりの店舗や2階以上にあるため、周知されにくい店舗にはとくに向いている集客方法といえるでしょう。

さらに、通学や通勤などで日常的に店舗前を通る方には、高頻度でアピールできるため、黒板の内容を毎日変えると、より多くの情報を与えられます。

お客様が入店しやすくなる

黒板がないと外観のみで美容室の雰囲気をイメージするしかありません。今まで行きつけの美容室がある方に来店してもらうには、メニューやサービス内容、価格などの情報だけでは説得力にかけます。

黒板に書かれている言葉遣いやイラスト、内容により美容室の雰囲気をアピールでき、入店へと一歩踏み出すきっかけを作れるのです。手書きの黒板は、インターネットやチラシの広告より、スタッフの想いも伝わるでしょう。

気軽に設置できる

黒板は客引きと違ってスタッフが店頭で呼び込みする必要がありません。難しい取付作業も広いスペースも不要なため、業者に依頼せず自分たちでかんたんに作成できます。

日々の運用も、開店時に黒板を店前に置き、閉店時に店内に片づけるだけ。1人でも楽に持ち運べるでしょう。

また、黒板はチョークで書いて消せるため、内容の変更も容易で何度も繰り返し使えます。このように気軽に設置できるのが黒板の大きなメリットです。

黒板にはどんな内容を書けば良い?

黒板にはどんな内容を書けば良い?

手軽に用意できる黒板ですが、集客に繋げるためには書く内容が重要です。基本的に黒板に書くのは、お客様が知りたいこと。お客様目線にたって考えましょう。ここでは、黒板に書くべき内容や伝え方の例を紹介します。

美容室の名前や営業時間など店舗情報を書こう

黒板には店舗情報を書きましょう。知名度を上げるために美容室の名前は欠かせません。また、あとで来ようと考えているお客様のために営業日時や電話番号を書いておくことも重要です。

店舗情報は毎日変わるものではないため、一度書けば変更する必要はありません。何を書こうか悩んだときでも、店舗スタッフであれば誰でもかんたんに書き始められるでしょう。ただし間違った情報はクレームにもなりかねませんので気をつけてください。

美容室のメニューや値段などで店舗の雰囲気を紹介しよう

店舗情報だけでは、アピールや集客には繋がらないため、美容室のメニューや値段も書きましょう。予めメニューや値段がわかることで来店しやすくなります。ほかに、美容室のコンセプトや雰囲気を紹介するのもおすすめです。

とくにスタッフとのコミュニケーションが生じやすい美容室では、店舗やスタッフの雰囲気は、来店を決める大きな判断材料になります。実際に来店したときに看板とのギャップがないように気をつけて書きましょう。

写真やイラストを使ってアピールしよう

黒板には文字だけではなく、写真やイラストを使ったアピールも効果的です。黒板は、歩きながら見ることが多いため、文字だけだと最後まで読んでもらえず、伝えたいことを伝えきれないことも。

また、おすすめメニューなどの説明は、文字よりも施術前と施術後の写真を載せたほうが伝わりやすく目に留まります。イラストが上手いスタッフがいるのであれば、お店の雰囲気が伝わるイラストを書くと他店との差別化もでき、ひと際目を引く黒板になるでしょう。

黒板を書く時のポイント

黒板を書く時のポイント

同じ内容の黒板でもその書き方によって、見やすさや印象に残りやすさは異なります。良い内容が書いてある黒板でも書き方が良くなければ、効果的な黒板とはいえません。ここでは、黒板を書くときのポイントを解説します。

基本の文字は白で書こう

基本的に黒板の色は黒や濃い緑色です。白色で黒板に書くと、黒板の色とのコントラストではっきり見えるため、読みやすく目立ちます。店舗の前に置かれた看板を見るとき、よほど興味がない限り、立ち止まって注意深く内容を読む方はいないでしょう。

歩きながら読む方が多いため、遠くから見ても何が書いてあるかを読めて、通り過ぎる頃にはすべて読み終えているのが理想です。読みにくい看板はストレスを与え店舗のイメージダウンにも繋がります。

文字の大きさや色でメリハリをつけよう

目立つからといって、すべて白色で同じ大きさの文字で書かれた黒板は、どこを読んでいるのかわからなくなりやすく、読みやすい黒板とはいえません。

黒板に書く内容のうち、最も伝えたいアピールポイントは、大きく書いたり、色を変えたりするとメリハリがつき読みやすくなります。

その際、色を使いすぎてしまうとごちゃごちゃして見え、結局何を一番伝えたいのかぼやけてしまうため、4色程度までに抑えるといいでしょう。

アピールする内容はシンプルにまとめよう

アピールしたいことがたくさんあると、どうしても黒板にたくさんの情報を詰め込みがちです。しかし、内容を詰め込みすぎると文字が小さくなったり、まとまりが無くなったりして目立たなくなります。

伝えたいことがたくさんある場合は、一度で全部伝えようとせず定期的に黒板の内容を変えるなどして、数日に分けて伝えていきましょう。お客様が通り過ぎるまでの短時間で内容を頭に入れてもらうには、シンプルにまとめることが重要です。

黒板を書くときのアイデアを紹介

黒板を書くときのアイデアを紹介

ここまで黒板に書く内容や書くときのポイントについて解説してきました。しかし、具体的にどんなことを書けばいいのかわからない方もいるでしょう。そこで実際に黒板にどんなことを書くといいのかそのアイデアを紹介します。

キャンペーンのメニューをアピール

キャンペーンなどを紹介すると通りがかりの人をひきつけられ「この機会にこの美容室に行ってみよう」と新規顧客の獲得に繋がりやすいです。

「〇%OFF」や「当店だけの特別メニュー」といった書き方ではなく、実際の値段やメニューの内容まで書くと、お得感に加えて安心感も与えられます。

また「キャンペーン」という文言だけではなく「限定」と加えることでより購買意欲が掻き立てられ、集客の効果を得られやすいためおすすめです。

Before Afterやヘアカタログ等の写真を貼る

凝ったイラストや装飾ができない場合は、Before Afterやヘアカタログなどの写真を貼り、技術力や商品力をアピールするといいでしょう。

この美容室でサービスを受けることでどんな仕上がりになるか想像してもらえるため、髪の悩みを抱えているターゲット層に刺さりやすく効果的です。さらに言葉で伝えるよりもわかりやすく説得力もあります。

また、写真が多いと注目されやすくなることもメリットといえるでしょう。

美容室の魅力を伝える

店舗の売りや強みなどの魅力をシンプルにアピールしましょう。たとえば、女性限定や子ども歓迎、予約なし来店可などの他店との違いはしっかり伝えてください。店舗の魅力が伝われば、今まで通っていた美容室から乗り換えてもらうこともできるかもしれません。

また忘れてはいけないのが「美容室だと伝えること」。黒板の内容によっては、何屋さんなのか分からないケースもあります。美容室だと分からなければ、集客には繋がらないため注意しましょう。

黒板とネットを合わせてサロンをアピールしよう

黒板とネットを合わせてサロンをアピールしよう

黒板は集客に繋げられますが、黒板単体だとあまり効果を発揮できません。なぜなら道端で黒板を目にし興味を持ってもそのまま来店するわけではないからです。

黒板で店舗をアピールしたあと、ホームページやSNSへ誘導することで、後日来店へ繋がります。

ここでは、ホームページやブログ、SNSへの誘導の仕方や集客への繋げ方の具体例を紹介します。実際に使える方法なので参考にしてください。

美容室のホームページやブログを見てもらおう

黒板から美容室のホームページやブログを見てもらうには、黒板にQRなどを記載し誘導する方法があります。ホームページやブログでは、黒板だけでは伝えきれない情報や美容室の魅力をより詳しく紹介できるのです。

ホームページには集客のゴールともいえる、予約フォームを設置できます。店頭の黒板からホームページに誘導し、予約フォームにて予約を完了してもらうといった一連の流れでスムーズに新規顧客の獲得ができるでしょう。

また、店名からの検索を促すには、Googleビジネスプロフィールを利用すると表示されやすくなるためおすすめです。

SNSで美容室のことをもっと知ってもらおう

黒板からInstagramやLINEなどのSNSへの誘導も有効です。黒板にアカウント名やともだち追加を促すように記載するといいでしょう。

Instagramではスタッフページやハッシュタグ機能があるため、美容室の魅力を伝えられるのはもちろん、より身近に感じてもらえます。

LINEは利用者数も多く使い慣れているお客様が多いため、気軽に登録でき、キャンペーン告知やクーポンなども見てもらいやすいです。

リザービアでは、Instagramの連携予約オプションやLINE連携予約ができ、スムーズに予約に繋げられます。リマインド機能などお客様の利便性はもちろんのこと、予約の一元管理ができるため店舗にとってもメリットは多いです。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様は無料利用可
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

おしゃれな黒板を美容室の集客に役立てよう

おしゃれな黒板を美容室の集客に役立てよう

黒板による美容室のアピールは、美容室の魅力を伝えられるだけではなく、ホームページやSNSなど予約フォームのある媒体へ誘導できます。自由にかける黒板だからこそ、見やすさを意識し、店舗の魅力や雰囲気が伝わるように心がけましょう。

大がかりな準備も高額な費用も不要なので、美容室の集客にお悩みの方は、黒板を活用していきましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP