訪問エステとは?どんな人に人気がある?訪問エステのメリットや注意点についても紹介

訪問エステとは?どんな人に人気がある?訪問エステのメリットや注意点についても紹介
公開日
更新日

ハンドマッサージや美容機器を用い、お客様が美しくなる手助けをしたり、心身を癒やしてリラックスさせたりするエステ。人間は誰しも「美しくなりたい」「若々しくありたい」といった願望を少なからず持っているため、利用するお客様も多いでしょう。

そんなエステの営業形態のひとつに、「訪問エステ」というものがあります。今回は、訪問エステにスポットあて、訪問エステを開業するメリットや注意点を解説し、必要な準備や集客方法も紹介します。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいエステティシャン
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

訪問エステとは?

訪問エステとは?

まず、訪問エステとはいったいどんなものなのかについて、概要を見ていきましょう。

一般的にエステは、テナントやマンションの一室などに構えたサロンをお客様が訪れ、施術を行います。対して訪問エステは固定された場所ではなく、お客様の指定された場所にエステティシャンが出向いて施術を行うのが特徴です。

お客様の自宅のほか、お店やオフィス、ホテルのような宿泊先など、さまざまな場所を訪問します。

訪問エステの主なメニュー

訪問エステでは、アロマオイルを用いたアロママッサージ、リンパマッサージやネイルなど、一般的にエステで行われているメニューを行います。

ただし、メニューによっては必要な道具を持参しなければならないほか、施術内容によっては国家資格が必要になるものもあります。

たとえば、まつエクやまつげパーマを行うためには美容師免許が必要ですし、鍼灸や指圧マッサージなどを行うためには、それぞれはり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師が必要です。

訪問エステはどんな人に人気がある?

訪問エステはどんな人に人気がある?

訪問型エステは主に、なんらかの理由で遠出することが難しい方や、自宅を離れられない理由がある方をターゲット層としています。

最近では、妊娠している方や子育てをしている方、自宅での介護を行っているなど、長時間家を離れられない人や、高齢者の方からのニーズも高まっているため、介護施設や福祉施設を訪問することもあります。

訪問エステを開業するメリット

訪問エステを開業するメリット

一般的なサロンを構えるエステではなく、訪問エステを開業することにはどんなメリットがあるのでしょうか?代表的なものを見ていきましょう。

開業するリスクが低い

一般的なエステサロンと比較すると、店舗の設備は最低限でよく、なかにはサロンやオフィスを構えず連絡先だけで開業する人もいます。そのため、維持費や設備費などがかからず、初期投資を抑えて開業できることは大きなメリットといえるでしょう。

また、万が一経営に失敗してしまったときも、撤退しやすいです。

時間や場所にとらわれずに営業ができる

エステサロンは、サロン周辺の環境で集客が大きく左右します。どんなに腕がよく評判の高いエステであっても、サロンの場所が自宅から遠方でお客様が通うのに億劫だと思ってしまうと、客足が遠のいてしまうことも考えられます。

しかし、訪問エステであれば、エステティシャンが訪問するため、どんなエリアに対応するかを自分で決めることができます。さらに、営業時間も好きに決められるため、時間や場所にとらわれずに営業ができるでしょう。

経営に必要なコストを抑えられる

サロン開業の初期費用が抑えられると前述しましたが、サロン経営のランニングコストも同じく抑えることができます。固定の店舗をもつ場合と比較すると、家賃や光熱費などの固定費がかからず、施術に必要な道具があれば営業ができます。

また、コストが抑えられる分、メニューの料金を安くすることも可能です。

訪問エステを開業するときの注意点

訪問エステを開業するときの注意点

訪問エステを開業するとき、いくつか気をつけなければならないポイントもあります。どんな点に注意すべきなのか、見ていきましょう。

移動の手間がかかる

訪問エステはエステティシャンがお客様のもとへ訪問するため、移動のための交通費と時間がかかってしまいます。地域によっては車の利便性が高いこともありますが、やはりガソリン代が必要になります。

対応エリアが広ければ広いほどお客様が増える可能性はありますが、比例して交通費などのコストがかかり、さらに移動時間が長くなればそれだけ一日に対応できるお客様の数にも制限がかかってしまいます。そのため、ある程度エリアは絞ったほうがよいでしょう。

サロンを知ってもらいにくい

固定の店舗がないということは、看板を出せないため、サロンがあることを知ってもらいにくいということでもあります。サロンを知ってもらうためにはネットやSNSを使うなど、自ら積極的に集客する工夫が必要です。

お客様から信用されにくい

自宅や宿泊先などを訪問して施術を行うため、一般的なサロンのように店舗というわかりやすい形でお客様の目に触れることがありません。そのため、きちんとやっているのか、トラブルにならないかなどの不安を招き、お客様に信用してもらいにくいです。

サロンのホームページを開設し、エステティシャンの顔写真や持っている資格、施術実績といった情報を掲載すると、お客様の不安が解消できるでしょう。

異性へのサービス提供に注意しよう

訪問エステはお客様のプライベートな空間でサービス提供をすることが多く、特に異性を相手にする場合、同性同士よりもトラブルを招きやすいというリスクがあります。

そのため、サービス提供をエステティシャンと同性に限定したり、異性のお客様はリピーターの紹介や同伴を条件にしたりするなど、なんらかの対策を取りましょう。

訪問エステに必要なものを紹介

訪問エステに必要なものを紹介

訪問エステは必要な設備が少なく初期費用を抑えて開業することができますが、必要最低限のものは用意しなければなりません。ここからは、訪問エステを開業するのに必要な道具、手続きなどについて解説します。

開業するために必要な資格

訪問エステに限らず、エステサロンを開業する際、施術する内容によっては資格が必要なケースがあります。

リラクゼーションを目的とした施術を行う場合、ほとんどは資格は不要ですが、民間資格を取っておくとよいでしょう。

一方で、治療・症状緩和などを目的とした施術を行う場合、鍼灸師やあん摩指圧マッサージ師、柔道整復師などの資格が必要なことがほとんどです。

提供したいメニューに資格が必要かどうか、事前によく確認しておきましょう。

必要な道具など

一般的なエステサロンでは、道具や機材はサロンに用意してありますが、訪問エステではお客様のもとへ持ち運ばなければなりません。折りたたみベッドやオイル、タオルなどの施術に必要な道具のほか、お釣りや領収書、カルテなど、会計に必要なこまごまとしたものもあるので、忘れ物がないようしっかりと準備をしなければなりません。

なお、折りたたみベッドが必要な施術の場合は、車があるほうが便利です。

開業するときに必要な届け出

訪問エステを開業するにあたって、特別な手続きや届け出は必要ありません。ただし、他業種の開業と同じく、税務署へ開業届と青色申告承認申請書は出しておきましょう。

開業届は事業で利益を得た際に事業所得として確定申告でき、青色申告承認申請書は確定申告で青色申告ができるようになるものです。青色申告は、特別控除を受けられるようになったり、赤字を繰り越すことができるようになったりするなど、事業を続ける上でさまざまなメリットを得られます。

訪問エステの集客方法

訪問エステの集客方法

訪問エステでは、積極的に集客をしなければ顧客を得ることが難しいことが多いです。効果的に集客をするためには、自店のターゲットとするお客様に合わせた集客方法を採用するのが重要です。

ここからは、訪問エステの集客で大切なことを見ていきましょう。

ホームページの情報を充実させよう

訪問エステでは、実際にサロンを訪れて様子を見るということが不可能です。サロンのことを知ってもらうためには、サロンホームページの情報を充実させることがおすすめです。エステティシャンの人柄が伝わるよう、顔写真や持っている資格などの詳細な情報を掲載しましょう。

また、ホームページから予約がしやすいような工夫も必要です。ホームページを予約窓口にするには、予約システムを導入してみてはいかがでしょうか。「リザービア」は美容業界に特化した予約システムで、お客様が簡単に予約することができ、予約受付の効率化が可能です。

リザービアの予約管理機能について、詳しくはこちらをご覧ください。
予約台帳

SNSで積極的に情報を発信しよう

インターネットが普及した近年では、お客様はSNSを利用して自分でサロンの情報を探すことが増えてきており、ときにはお客様同士で情報交換をすることもあります。そこで、お客様に見つけてもらえるように、SNSで積極的に情報を発信しましょう。

特にInstagramは画像に特化したSNSのため、エステとも相性がいいです。施術の雰囲気やスタッフの様子などをこまめに発信していきましょう。

「リザービア」には、Instagramの投稿から予約へ誘導できる機能があり、ハッシュタグとメニューを紐付ける機能も搭載されています。

Instagramとの連携予約について、詳しくはこちらをご覧ください。
インスタと連携可能なWEB予約システム

LINEでお客様とコミュニケーションを取ろう

LINEは月間ユーザー数9,500万人(2023年6月末時点)と非常に多くの人が利用しているため、お客様と直接コミュニケーションを取るのに便利なツールです。LINEを活用して、お客様からのお問い合わせに対応したり、お得なキャンペーン情報の発信をしたりすることが可能です。

「リザービア」はLINEと連携することで、LINEから直接予約ができるほかに、リマインドやスタンプカードなどの機能を利用することもできます。

リザービアとLINEの連携について、詳しくはこちらをご覧ください。
LINE連携予約

高齢のお客様にはチラシやポスティングも効果的

ネットを利用した集客は効果的ですが、高齢のお客様はパソコンやスマートフォンなどに馴染みがないことも少なくありません。自店のターゲット層が高齢層の場合は、チラシやポスティングといった従来の宣伝を行うのも効果的です。

エステサロンのチラシ作りのポイントについては、別記事で詳しく紹介しているのであわせてご覧ください。
売れるエステサロンのチラシを作る10のポイント|売れないチラシにならないためのNG例も紹介

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいエステティシャン
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ターゲットに合わせて訪問エステのサービスを提供しよう

ターゲットに合わせて訪問エステのサービスを提供しよう

訪問エステはサロンを構えず、お客様の自宅や宿泊先、介護・福祉施設などを訪れて施術を行う業務形態のエステです。固定のサロンを構えないため初期費用を比較的安く抑えられ、家賃や光熱費などの維持費も少ないためランニングコストも安価に抑えられるというメリットがあります。

しかし、看板を出してサロンへ誘導することができないため、積極的な集客活動を行わなければなりません。ターゲットに合わせた集客活動を行い、訪問エステのサービスを提供してみてください。

Reservia資料請求フォーム

    開業前の方は開業予定の都道府県をお選びください
    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    ※一番あてはまるものをお選びください ※一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP