ネイルサロンのホームページデザイン参考例10選|ホームページを作るときのポイントについても紹介

ネイルサロンのホームページデザイン参考例10選|ホームページを作るときのポイントについても紹介
公開日
更新日

ネイルサロンのホームページは、単に店舗情報を伝えるだけでなく、センスの良さを表現する重要な手段です。

しかし、いざ自店のホームページを作ろうと思い立っても、何をどう表現すべきか悩む方も多いでしょう。

そこでこの記事では、参考にしたいネイルサロンのホームページとそのポイントを紹介します。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

ネイルサロンのホームページデザイン参考例

デザインや写真の撮り方、コンセプトの伝え方などが参考になるネイルサロンのホームページを紹介します。

それぞれの店舗ごとに独自の雰囲気を持っているため、自店のホームページのイメージを膨らませる際のヒントとして役立ててください。

Batik(バティック)

Batik(バティック)
出所:Batik(バティック)公式Webサイト

神奈川県と東京都内に複数の店舗を展開している「Batik(バティック)」のホームページは、トップ画面にデザインのきれいなネイルの写真が表示されているのが特徴的。

店舗ページではお客様がまず知りたい店舗の場所や営業時間がコンパクトにまとまっており、施術メニューにもワンクリックですぐ飛べる設計となっています。

batik

Nail&Eyelash LeeB

Nail&Eyelash LeeB
出所:Nail&Eyelash LeeB公式Webサイト

東京都築地周辺にあるネイルとアイラッシュの専門店「Nail&Eyelash LeeB」のホームページは、提供しているサービスや店舗内の様子がわかる写真をスライドしてゆくトップページが特徴的です。

「淑女の休日」「日常に追われない・日常の中の非日常をLeeBで」「私のためにあるの。My Fair LeeB」というサロンのコンセプトが明確に伝わる画像が目をひき、サロンのイメージを明確に伝えています。

築地·東銀座·銀座のネイル&アイラッシュ Nail&Eyelash LeeB

Arbre et chimie (アルブル エト シミー)

Arbre et chimie (アルブル エト シミー)
出所:Arbre et chimie (アルブル エト シミー)公式Webサイト

東京都東村山市にあるネイルやまつげエクステンションの施術も行っている美容室「Arbre et chimie (アルブル エト シミー)」のホームページは、植物モチーフのパターンが用いられたナチュラルな雰囲気があります。

SALON情報の中にGoogleストリートビューを埋め込むことで、店舗内の様子が見られる工夫もされています。

Arbre et chimie(アルブル エト シミー)

la vela tokyo(ラヴェラ)

la vela tokyo(ラヴェラ)
出所:la vela tokyo(ラヴェラ)公式Webサイト

東京都中央区銀座にあるネイルサロン「la vela tokyo(ラヴェラ)」のホームページは、シンプルな色使いとデザインが特徴です。画像も統一感のあるトーンで揃えられています。

サロンのテーマである【大人ニュアンスネイル】のイメージが伝わる、まとまりのある落ち着いた雰囲気のページとなっています。

la vela tokyo

ネイルシェアサロン ELS(エルス)

ネイルシェアサロン ELS(エルス)
出所:ネイルシェアサロン ELS(エルス)公式Webサイト

北海道札幌市にあるネイルシェアサロン「ELS(エルス)」のホームページは、ネイルの施術を受けるお客様へ向けたものではなく、ネイリストへ向けたシェアサロンの紹介ページです。

大きな写真やVR動画などが用いられており、サロン内の様子が伝わるようなページとなっています。

ネイルシェアサロン | ELS

LUX BOX(ラグボックス)

LUX BOX(ラグボックス)
出所:LUX BOX(ラグボックス)公式Webサイト

心斎橋など大阪市内に複数店舗展開するネイルサロン「LUX BOX(ラグボックス)」のホームページは、ファーストビューでのイメージ動画が特徴です。

サイズの異なる画像や動画の配置や特徴的なフォントが目を引くデザインとなっており、要所要所で文字に用いられる黄色がアクセントになっています。

LuxBox(ラグボックス)

Nail&Eyelash SHeLL Welina(ウェリナ)

Nail&Eyelash SHeLL Welina(ウェリナ)
出所:Nail&Eyelash SHeLL Welina(ウェリナ)公式Webサイト

千葉県船橋市にある「Nail&Eyelash SHeLL Welina(ウェリナ)」のホームページは、Instagramへの投稿画像やネイル画像のギャラリーの統一感ある写真が特徴です。

支払い方法や予約・問い合わせ先へどのページからもアクセスできるようになっており、見やすくまとまっています。

Nail salon Welina|船橋市のネイルサロン

bowl

bowl
出所:bowl公式Webサイト

富山県高岡市にあるアイ&ネイル専門店「bowl」のホームページは、情報への誘導が大きく見やすいアイコンで作られている点が特徴です。

用いられているアイコンもシンプルでわかりやすく、必要な情報はきちんと掲載された無駄のないデザインとなっています。

bowl

MOANI’Hiroo

MOANI'Hiroo
出所:MOANI’Hiroo公式Webサイト

東京都渋谷区広尾にある「広尾巻き爪・深爪センター’MOANI’Hiroo」のホームページは、何に特化したサロンなのかが一目でわかるファーストビューが特徴です。

施術のビフォアアフターの写真も数多く掲載されており、利用を検討している方に実際の施術をイメージしてもらいやすい作りになっています。

広尾巻き爪・深爪センター’MOANI’Hiroo

ネイルサロンのホームページを作るときのポイント

ネイルサロンのホームページを作るときのポイント

ネイルサロンのホームページは、ただ何となくおしゃれに作っても肝心の集客にはつながりません。ここではホームページを作る際に押さえておきたいポイントを紹介します。

他店と差別化できるコンセプトを決めよう

何を大切にし、どんな施術を行うのか。自店ならではの特徴や、どのようなコンセプトの店なのかをハッキリと打ち出すことで、お客様は店を選びやすくなります

求めていたサービスをこの店なら受けられる、と認識してもらうことが大切です。

サロンのターゲットを明確にしよう

どんなお客様に来て欲しいかが曖昧なままだと、訴求力の弱いホームページになってしまいます。たとえば20代女性と40代女性では、好まれるデザインも響く文章も異なります。

ターゲットを明確にし、それに合わせたデザインのテイストや文章の打ち出し方などを選んでいきましょう。

必要な情報がすぐ見れるようにしよう

提供している施術内容・料金・ネイルのデザインなど、お客様が知りたい情報は、わかりやすい位置に配置することがポイント

また、施術内容と料金が同時に確認できるようにするなど、お客様に親切な配置を心がけましょう。

迷わず予約や問い合わせができるようにしよう

どこから予約や問い合わせをすれば良いのかわかりにくいと、予約しないままページを離脱されてしまうこともあります。

電話番号や予約ページへのリンクをさまざまなページに掲載したり、操作しやすいようにするなどの工夫は、予約率アップにつながります。

目を引く写真を掲載しよう

ネイルギャラリーの写真は、お客様の予約の決め手にもなり得る重要な要素です。どのようなデザインを得意としているのか、どの程度のスキルがあるのかを判断する材料になるからです。

どんなに実際の施術が素晴らしくても、写真のクオリティが低ければ、その魅力を十分に伝えることはできません。

また、施術中の雰囲気やサロンの外観・内装の写真も、掲載すると実際に来店するイメージがつかみやすくなるため、良いでしょう。

ただし、写真を撮るだけでは不十分です。「このサロンに行ってみたい」と思わせるような、魅力的な写真を選んで掲載することが読者の目を引き集客に繋がります。

ネイルサロンのホームページに必要なコンテンツとは

ネイルサロンのホームページに必要なコンテンツとは
ホームページを制作する上で、どのような情報が必要になるのかを検討しましょう。
不要な情報を並べすぎても情報量が多くなってしまい、本当に必要な情報が埋もれてしまう可能性があります。 ここでは、ホームページに必要なコンテンツを4つ紹介していきます。

デザイン画像

文字ばかりのホームページだと、閲覧者が施術のイメージをつかみづらくなってしまいます。

閲覧者が知りたい情報を盛り込むためにも、画像をホームページに組み込むとよいでしょう。 掲載する画像は得意とするネイルデザインなどがおすすめです。

得意とするデザインなどを掲載することで、画像を見て興味を持った方の集客が見込めます。 また、フリー画像はさまざまなホームページで利用されているため、オリジナリティが高い画像を掲載しましょう。

店舗情報や予約の方法

店舗の場所や営業時間などの基本情報のほか、予約方法や利用できる支払い方法などはわかりやすい場所に掲載しましょう。立地によっては駅からの所要時間や駐車場の有無、周辺に目印になる建物などがあればその記載もしてあると、お客様に親切です。

ホームページを見たお客様が、予約や問い合わせをしやすいように電話番号や予約フォームを設置するなど、導線を意識した配置が大切です。

また、店名が読みづらい横文字や難読な漢字の場合は、読み仮名も書いておくと良いでしょう。

スタッフ情報

施術は短くない時間を過ごすことになるため、お客様にとって担当スタッフは知りたい情報です。

どんなスタッフが在籍しているかを事前に把握できることで安心感が生まれ、来店につながるでしょう。 また、スタッフの顔が分かる写真画像を掲載することで、より来店時のイメージを掴んでもらえます。

ここで注意する点としては、更新を滞らせないということ。辞めたスタッフが掲載されているなど、正しくない情報が残っていると、お客様に不安感が生まれ、来店されにくくなってしまう可能性があります。

メニュー・料金

ネイルサロンを選ぶ際、料金は重要視されており、10代や20代のお客様は約7割が1回の費用を6,000円未満で済ませています。

しかし、料金を安くすれば来店してくれるというわけでもありません。安すぎても怪しまれてしまうことがあります。そのため、無料サービスメニューを設定するなど工夫するとよいでしょう。

また30代や40代のお客様は、料金よりもメニューの内容やサービスを重視することもあります。つまり、ターゲットとする年齢層に合わせた価格設定が重要となります。 料金設定はターゲットがリピートしたくなる価格と、サービスを感じてもらえる額を設定しましょう。

お客様が使いやすい予約フォームならリザービア

予約フォームのわかりやすさや入力のシンプルさは、離脱させずに予約を完了してもらうための重要な要素です。複雑な手順や多すぎる入力項目は、途中で離脱してしまう可能性が高くなります。

リザービアを活用すれば、サロンのホームページに予約専用のURLを設置し、予約を受け付けることができます。予約の流れもシンプルで、わかりやすい操作画面を提供しています。

さらに、リザービアは「Googleで予約」サービスとの連携が可能です。これにより、Google検索結果やGoogleマップから直接サロンの予約ができるようになります。

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!1分で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

ホームページでサロンの魅力をアピールして予約につなげよう

ホームページでサロンの魅力をアピールして予約につなげよう
ネイルサロンのホームページは、お店の特徴を魅力的に伝えることはもちろんのこと、予約方法や手順をわかりやすく示すことが重要です。

自店のホームページに予約専用URLを設置できるリザービアは、店舗側の予約管理の負担を減らせるだけではなく、お客様にとってもスムーズな予約を提供できるツールです。リザービアを活用し、魅力的なホームページを作りましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

開業前の方は開業予定の都道府県をお選びください
名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください