自宅サロンが怖いと思われる理由とは? お客様の不安を解消する対策方法を紹介

自宅サロンが怖いと思われる7つの理由とは? お客様の不安を解消する対策方法を紹介
公開日
更新日

テナントを借りる必要がなく、開業にかかる費用を大幅に抑えることができる自宅サロン。自宅と兼用なので通勤時間がなく、自由に経営することができるため、近年では自宅サロンの開業人気が高まっています

一方で、サロンに通うお客様の立場からすると、不安に思ってしまったり恐怖心を抱いてしまったりする方がいるのも現状です。しかしなぜ、お客様は自宅サロンを怖いと思ってしまうのでしょうか?

今回は自宅サロンが怖いと思われてしまったり、行きたくないと感じてしまう理由を紹介し、お客様の不安を解消する対策や、トラブルを避けるポイントについて解説します。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

自宅サロンに行きたくない・怖いと思われる理由とは?

自宅サロンに行きたくない・怖いと思われる7つの理由とは?
自宅サロンに行きたくない・怖いと思われてしまうのには、いくつかの理由があります。どんな点にお客様が不安を感じてしまうのか、代表的な例を見ていきましょう。

1. 1対1の状況になってしまうから

一番大きな理由として挙げられるのは、1対1の状況になってしまうから、ということでしょう。自宅サロンは一人オーナーで他にスタッフを雇用していないことが多いため、オーナーとお客様の1対1の状況になりやすいです。

万が一があったときに、助けが来ないのでは、と思われてしまうのは、お客様にとって恐怖心を煽る原因と言えるのではないでしょうか。

2. 密室状態で逃げ場がないから

自宅サロンはオーナーが一人でやっているというサロンが多いことから、ごく小規模であることがほとんど。特にマンションやアパートの一室での施術だと、密室状態になってしまいます。

狭い密室では、逃げ場がないように感じられてしまうため、お客様が不安に思ってしまうことが多いです。

3. 騙されて高い料金を要求されそうだから

自宅サロンに限らず、美容系サロンでは、残念ながら料金トラブルが起きやすいもの。特に1対1で高い料金を要求されてしまった場合、お客様の味方や助けがおらず、逃げ場もない状況になってしまうことに恐怖を感じてしまうでしょう。

また、強引な勧誘を受けたり、希望していない高いオプションを付けられたりしてしまうのでは、という不安もあります

4. サロンの雰囲気が分かりにくいから

自宅で開業するサロンは、テナントの店舗と違い、大通りに面していない奥まった場所にあることも。また、住所や写真などを公開していないことも多いです。

通りすがりに外観から判断する、ということが難しく、公開されている情報が少ないことから、サロンの雰囲気がつかみにくくなってしまいます。どんなところか分からない場所で施術を受けるには不安がある、というお客様は多いでしょう。

5. スタッフの情報が少ないから

店舗の情報とあわせて、スタッフ自身の情報や施術内容の情報開示が少ない場合にも、お客様は不安を感じてしまうことがあります。

どんなスタッフがどんな施術をするのか判断しづらいと、料金トラブルや契約トラブルが起こってしまうのではないか、という不安を覚えてしまうことでしょう。

6. 口コミやレビューが少なく客観的な情報が足りないから

サロンの住所や写真を公開していなかったり、施術者や取り扱いメニューの情報が少ないサロンは、そもそもホームページやポータルサイトの登録がないことが原因ということも多いです。

特にポータルサイトの登録がない場合は、他の利用者の口コミやレビューといった客観的な評価が少なくなりがち。お客様自身が判断できるような客観的な情報が少ないと、不安を抱かれやすいでしょう。

7. トラブル時の対応に不安があるから

前述したように、自宅サロンはオーナー一人で運営していることが少なくありません。もしもサロンとの間にトラブルが起きてしまった場合、対応はオーナーの裁量によって大きく変わってしまいます。

そのため、独りよがりの対応をされないか、真摯な対応をしてもらえるのかなど、不安に思われやすいです。

お客様の不安を解消する5つの対策方法を紹介

お客様の不安を解消する5つの対策方法を紹介
自宅サロンに対するお客様の不安や恐怖を感じる理由は、おわかりいただけたのではないでしょうか。自宅サロンを続けるにあたって、こういった不安の解消は大きな課題です。

ここからは、お客様の不安を解消する対策方法を5つ紹介します。

1. 適度な情報公開を行う

お客様が不安を覚えてしまう原因の一つに、サロンやスタッフの情報が少なすぎて判断が難しい、ということがあります。そのため、まず適度な情報公開を行うことが大切です。

サロンの場所や雰囲気、施術内容など、お客様がサロンを選ぶ根拠になりえるレベルの情報公開を行いましょう

オーナーにとっては自宅ですので、すべての情報を開示するのはかえって不安かもしれませんが、外観や内観・設備など、公開できるレベルの写真を掲載してください。

オーナーの自己紹介や経歴を掲載する|顔写真を載せる

オーナーの人となりを知ってもらうことも、お客様の不安の解消に繋がります。自己紹介や経歴、所持資格・スキルなどは、お客様に安心してもらうためには重要な材料です。適切に公開しましょう。また、オーナーの顔写真を掲載するのもおすすめです。

2. 料金やメニューを分かりやすく掲載する

料金やメニューは、できるだけ分かりやすく掲載しましょう。特に複雑なプランやコースを作成してしまっては、お客様が料金の目安をつけられず、利用を避けてしまうかもしれません。

また、お客様の認識と実際の料金に差があると、そこから信頼を損ねてしまうことも考えられます。

料金やメニューを分かりやすく提示することで、「高い料金を要求されるのでは」「どんな施術をされるのか分からない」といった不安を払しょくすることができるでしょう。

3. レビューや口コミをお願いする

利用してくださったお客様には、積極的にレビューや口コミをお願いするのも有効です。利用者の声というのは、それを見る他のお客様にとっては客観的な実績です。自己評価よりも信頼されやすいため、レビューや口コミを掲載しましょう。

また、アンケートなどを実施して、改善点を把握することも重要です。

4. お問い合わせのハードルを下げる

メールアドレスやメールフォーム、電話番号など、問い合わせのできる連絡先は必ず公開しましょう。お客様のお問い合わせのハードルを下げることで、利用を迷っているお客様からの問い合わせがあるかもしれません。

また電話番号は、お客様が道に迷ったときにも役立つでしょう。

5. 問い合わせにはきちんと対応する

公開した連絡先にお客様から問い合わせが来たら、きちんと対応しましょう。真摯に対応することで、サロンの第一印象が良くなります。ここでぞんざいな対応をしてしまうとサロンの評価が下がってしまうでしょう。迅速で丁寧な対応を心掛けてください。

また、万が一悪い口コミを書かれてしまった場合も、丁寧に真摯に対応し、サロンの改善点と向き合う姿勢を見せましょう。

集客しながらもトラブルを避けるポイントとは?

集客しながらもトラブルを避けるポイントとは?
お客様が不安に思う理由と、その対策を紹介しました。ここまでを読んで、自宅サロンの開業に不安を覚えてしまった方もいるかもしれません。しかし、どんなことでも、トラブルを恐れていてはチャレンジはできません。

トラブルをすべて防ぐことは難しいですが、トラブルが起こりえる原因を知り、対策をすることで、なるべく避けることはできるでしょう。

ここからは、自宅サロンのトラブルを回避しつつ、集客するポイントについて解説します。

集客はSNSなどを活用する

自宅サロンは、繁華街や駅前などにサロンを構えることが少なく、ほとんどは住宅街です。住宅街では集客が難しい、と紹介しましたが、SNSを上手に活用すれば、効率よく集客が可能です。

InstagramやTwitter、LINEなどのSNSで、店舗の雰囲気やサロンメニューなどを発信し続けることで、そのお店の技術や雰囲気を好む方が興味を持ちます。少しずつ自宅サロンのファンを獲得し続けることが、集客につながるでしょう。

施術スペースはなるべく生活スペースとわける

ネイルやエステなどの美容サービスを求めるお客様は、ふだんとはひと味ちがう非日常を求めている方が多いです。

そのため施術スペースに生活感を感じてしまうと残念に感じ、リピートしてくれない方もいるでしょう。自宅でサロンを開業する際には、施術スペースと自宅の生活スペースを切り離すことがおすすめです。

施術スペースを美しく保つことはもちろんですが、玄関から施術スペースまでの廊下などもお客様は見ています。共有スペースにもできるだけ生活感を出さないよう心がけることも重要です。

家族が生活をしているため、どうしても難しい場面もでてくるかもしれません。しかし施術スペースは自分の仕事場です。お客様を招き入れる以上、しっかりとサービスできる空間作りを心がけることが、リピートしてもらえるサロンにつながるでしょう。

同意書や保険などトラブルへの対策をする

経営者がどれだけ気をつけていても、トラブルが起こることはあります。トラブルを起こさないように気をつけるだけでなく、トラブルが起こってしまった場合どう対応するのか、事前の対策も大切です。

事前にできる対策のひとつとして、施術同意書があげられます。施術を行う前に「施術後の返金には対応しない」など、トラブルになりやすい点をしっかり説明したうえ、同意書にサインをしてもらいましょう。

事前に説明をしておくことでお客様も納得できますし、万が一トラブルになってしまっても、事前に同意書をいただいていると主張ができます。

会話中も個人的な情報は控える

お客様と2人きりで施術をしていると、話が盛り上がることもあるでしょう。家族のことはもちろん、趣味など共通の話題があると、つい個人的な情報を話してしまいそうになるかもしれません。

しかし、個人的な会話は、のちのちなんらかのトラブルにつながってしまうリスクもあるため、お客様に個人的な情報を含む内容を話すことは避けましょう。

自宅サロンは「通勤時間がかからない」「費用を抑えられる」などの大きなメリットがありますが、「店舗=自宅」というリスクがあることも忘れないようにしましょう

「SNSなどには住所を記載せず、予約してくれた方のみに住所を伝える」「経営者が女性の場合は、女性のお客様限定にする」など、リスク回避の方法も考えておくと安心です。

「あれ?」と思ったら断る勇気も必要

お客様に少しでも「受け入れて大丈夫かな?」と不安を感じる場合は、予約をお断りする選択肢も必要です。

店舗型とは異なり、自宅サロンには「自宅を知られるリスク」と「自分ひとりしかいないリスク」があります。大きなトラブルや事件に発展する可能性があるお客さまは要注意です。

お客様はお店を自由に選べますが、サロン側にもお客様を選ぶ権利があります。オープン時は「多くの方に来てほしい」という思いから、お客様の受け入れ範囲も広くなっているかもしれません。危険を感じるようなお客様は、勇気を出して断ることも大切です。

自宅サロンなので、判断基準は自分自身になります。「心身ともに健康な方のみ」「女性のお客さまのみ」などと、事前に受け入れOKな範囲を決めておくと安心ですね。

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!1分で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

集客に力を入れたい方はリザービアがおすすめ

自宅サロンでは、自宅とサロンが兼用のため、住所やサロンの外観・内観など、すべて公開することに不安があるという方もいるかもしれません。しかし公開できる情報が少ないと、サロンの周知や集客が難しくなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、予約システム「リザービア」。ここからは、リザービアについて紹介します。

LINE連携予約

リザービアはネット経由の予約を受け付けられるようにできる予約システム。LINEと連携することが可能で、LINEを予約の窓口にすることが可能です。

LINEは月間ユーザー数9,500万人(2023年6月末時点)を誇り、お客様のほとんどが利用しているといっても過言ではありません。

そのため、新しいツールは使えないかもしれない、と考えるお客様でも、すでに使用しているアプリを窓口にすることで、ネット予約のハードルを下げることができます。

また、LINE利用者層は10~60代以上と非常に幅広いので、サロンのターゲット層にもリーチしやすいでしょう。

関連記事
LINE連携予約|予約システム「リザービア」

BMS

リザービアには、BMS(ビューティーマネジメントシステム)という機能があります。BMSでは、前述したLINE経由の予約の他、サロンホームページからの予約や、ホットペッパービューティーなどのポータルサイトからの予約も、すべて一元管理することが可能です。

BMSでは予約枠が自動的に調整されるため、複数の経路からの予約のダブルブッキングを防ぎます。また、転記漏れや予約内容の記載ミスといったヒューマンエラーも防止できるため、予約の機会損失を減らし、効率的な予約管理が可能です。

関連記事
美容サロン向け予約ダブルブッキング防止ができる予約システム

自宅サロンの集客にもリザービアがおすすめ

自宅サロンの集客にもリザービアがおすすめ!
自宅サロンは開業費用を大幅に抑えられるなどのメリットから、近年人気が高まっているサロン形態です。しかし、自宅サロンだからこそ、お客様が不安や恐怖を感じてしまうこともあります。

お客様の不安を解消し、トラブルや失敗に備えれば、自宅サロンの集客も難しくはないでしょう。SNSなどのネット媒体を上手に活用して、効率的に集客を行っていくことが大切です。

リザービアでは、複数の媒体からの予約が可能で、口コミ機能やサロンカードなどを導入しており、リピーターにつながりやすい仕組みになっています。

24時間365日、いつでもどこからでもネット予約が可能で、予約の管理も自動で行ってくれるため、ダブルブッキングの心配もありません。

集客や予約管理でお悩みの経営者の方は、ぜひ導入を検討してみてくださいね。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP