エステサロンで出来る経費の削減!無駄なコストを省いて有利に使う!

エステサロンで出来る経費の削減
作成日
更新日
予約の一元管理
  • 広告費を削減したい
  • 自力で集客をしていきたい
  • ダブルブッキングを防ぎたい
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

エステサロンを経営するにあたり、目指すはもちろん黒字経営。
黒字経営を目指すには、何を削り、何にお金をかけるかは難しい問題です。

エステサロンでランニングコストのトップ3は、人件費、家賃、広告費といわれており、そのほかにもかかる経費はたくさんあります。黒字経営を目指すにはまず何をしたらよいのでしょうか。 今回は、エステサロンの経費削減について、詳しく解説します。

経費削減しない場合に発生する不利益とは?

経費削減しない場合に発生する不利益

「売り上げは上がっているのに利益が出ない」「経費削減しているのに、利益が出ない」なんてことはありませんか?
これらの多くの原因は、削減した経費を余計なところに使用している可能性が高いためです。

誤った経費削減や経費の無駄遣いをしている城代が続けば利益が出ず、サロン自体を閉店しなければならないという事態にもなりかねません。削るべき経費と削ってはいけない経費があることをしっかり見極めましょう。

経費削減の第一歩! ランニングコストの見直し

エステサロンでランニングコストのトップ3は、人件費、家賃、広告費といわれています。
この3つの売上に対する比率は、3つ合わせて50%が目安です。 では、そのほかには削減可能なコストはどのようなものがあるのでしょうか。まずは削減可能なランニングコストについて説明していきます。また、経費削減のはじめやすい方法についても見ていきましょう。

人件費

ランニングコストでもっとも大きい比率を占めるのが、スタッフを雇う際に必要となる人件費です。

エステティシャンがオーナーのみで経営している、自宅サロンを除けば、例外はないでしょう。
人件費は一般的に、売上比率20〜30%が理想といわれています。雇用する人数はもちろん、ひとりひとりにかかる社会保険料や交通費もふまえて給与を考えなければなりません。
削減できるコストとしては、オフィス機器やシステムの導入をすること。

業務効率をアップさせられれば、残業代の削減が期待できるでしょう。
関連記事:エステサロンが予約システムを導入する10のメリット

家賃

家賃は売上比率10〜15%が理想です。安定した経営を目指すのであれば、家賃の10倍の売り上げが望ましいでしょう。

家賃が高額になりやすい主要都市ではなく、地方の路面店などなら家賃比率は低い傾向にあります。家賃比率を抑えられれば、そのぶん、ほかの項目に経費に活用できるでしょう。
また、2年以上継続して賃貸を利用している場合、家賃交渉をしてみるのもひとつの手段です。

商材費

商材費は売上比率10〜15%が理想です。

そもそも、商材費とはサロンで使用するトリートメント剤(化粧品)、タオルやガウンなどリネン類のクリーニング代など消耗品費用全般のこと。サロンの大きさや施術の内容によって、商材比率は変わります。

使用するトリートメント剤やタオルなど、こだわりのものもあるかもしれません。ですが、つねに新商品や他商品に目を配り、質が落ちない製品で、安価に手に入るものがあれば積極的に試してみることをおすすめします。

水道光熱費

理想として、売上比率3%以下を目指しましょう。

施術方法や地域、季節によっても異なりますが、まずは節電を心がけることです。 エアコンのフィルター掃除や電力会社の見なおしで、光熱費を削減できる可能性もあります。 電力会社の切り替えについては確認が必要なので切り替える場合は、きちんと確認をとり、許可を得てからおこなってください。
また、自宅サロンであれば太陽光パネルを設置することで電気代を浮かすことができるかもしれません。検討してみてください。

広告宣伝費

売上比率5〜10%が理想です。

以前は紙のチラシやカード類、TV CMなどコストがかかるものが多かったイメージですが、現在ネット環境が整い、紙広告やカード類は使用する頻度が減りました。

ネット広告やアプリに変更することで、コスト削減につながります。 またネット環境が整っている今、マーケティングもカンタンにできるようなりました。
新規顧客の獲得や既存顧客の再来など、どの広告が集客に結びついたのかを分析するようにしましょう。
関連記事:エステサロンで集客に困らない2022年集客サイト10選!

火災保険と賠償責任保険

火災保険と賠償責任保険も、コスト削減できる項目です。

そもそも保険料は固定費。固定費が下がることは、年間で見ると大きな違いになります。積極的に見なおしをしましょう。

保険会社を変更することでコスト削減につながる可能性があります。 

経費削減の取り組むメリットとは?

経費削減のメリット

経費削減できる項目についてご紹介しましたが、経費削減した場合のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。次はメリットについてご紹介します。

利益が増える

単純に利益が上がります。経費を削減することで売り上げが増えていなくても、経費にかかるコストが少なくなっているため、利益が増えるのです。
利益が上がることで、金銭的な余裕があれば、新しい設備投資や新しい取り組みに力を入れることが可能になります。

スタッフのモチベーションアップ

経費削減に成功し、利益が上がれば、スタッフへも還元できる可能性があります。
業務効率アップされることで、経費削減にもつながり、それが還元されると知れば、スタッフはさらに経費削減に取り組むでしょう。 また業務効率アップにより、残業時間も減りますから、働きやすい職場環境を提供することができます。

広告や宣伝に注力できる

経費削減しただけでは、売上アップにはつながりません。利益は上がりますが、集客し、契約しないことには売り上げにはならないからです。

エステサロンで売上をアップする方法は新規集客、施術継続契約、物販(化粧品や美顔器など)の3つ。削減できた経費を広告や宣伝費などに使用すれば、新しい顧客の獲得につながります。これは結果として、売上アップやさらなる利益の獲得につながるでしょう。
関連記事:エステサロンの集客のコツとは?新規のお客様をリピーターに繋げる方法も紹介!

コストバランスの維持

売り上げや利益と違い、目につかない経費削減を意識することでどの項目にどのくらいのコストがかかっているのかを把握できるようになります。コストバランスを維持することで黒字経営を目指すことができ、サロン全体のコストバランスをとれるのです。

エステサロンでできる経費削減方法とは?

エステの経費削減方法

経費削減できる項目と経費削減することで得られるメリットについてご説明しました。次は、エステサロンでできる経費削減の方法についてご紹介します。

人件費

上記と矛盾していますが、必要経費の最大比率を占める人件費は削減しやすい項目でもあります。

チェーン展開している規模の大きいサロンであれば、一度人件費についてこまかくチェックしてみましょう。アウトソーシングやPCやソフト導入で人件費削減が可能かもしれません。
また売り上げが上がらないときは、サロンスタッフの給与体系も基本給を抑えて歩合制にすることで、人件費削減が可能です。

施術・美容機器の見直し

エステサロンの場合、フェイシャルの手技(技術)が一番重要でマンツーマンの施術となり、施術単価もほかのメニューより安価で人件費効率は悪くなります。 一方で痩身施術は、値崩れしておらず痩身マシンの導入で人件費効率も上がるでしょう。

現在は、光技術の発展で美容機器も進化しており、1台でIPL(光)、RF(ラジオ波)、キャビテーション(超音波)を出力可能。また1台の美用機器で美顔、脱毛、痩身の3種類の施術メニューをこなす美容マシンもあります。

こういったものを導入すれば、何種類ものマシンを購入するよりも、経費を抑えられます。
さらには、サロン規模により、購入、レンタル、リースを選択して、ランニングコストを削減することも可能です。メニューの見直しをすることは、経費削減につながるでしょう。

経理ソフトの導入

経費削減するには経費の数値化が必須です。

経費を数値化するには、経理ソフトの導入が必要不可欠といえるでしょう。 現在は、税理士や会計士に依頼しなくても、経理ソフトを使用すれば経費の数値化が可能であり、税理士や会計士へ依頼するより安く済むことが多いです。
また、自宅サロンや数店舗のエステサロンオーナーなら、経費を数値化して把握しておきましょう。経費を数値化して見えるようにすれば、経費を削減するべきものと経費を投入するべきものが分かりやすくなります。

美容サロンのPOSシステム
  • 会計システムと連携
  • 在庫管理を自動化
  • レジ締めの自動化
  • 電子カルテ化で手間を削減


無料
かんたん30秒で資料請求

紙関連の見直し

ネット環境が普及している現在、紙関連のものは見直しましょう。

たとえばお店に置いてある雑誌類は、デジタルサービスに変更することや会員カードやDMはLINE公式アカウントへ変更。紙カルテがあるのであれば、電子カルテやアプリを活用することで、紙関連にかかるコストを削減できます。
また、紙カルテの管理や雑誌類の買い出しなどにあてていた時間も有効活用できます。

リザービアの予約システムが便利!

リザービアの予約システムは幅広い業界業種で利用されており、高い評価を持っています。

対応業種はエステサロン、美容室・美容院、ネイルサロン、まつエクサロン、トータルビューティーサロン、治療院などです。

リザービアではメニューごと同時予約制限を設ける、既存顧客しか利用できないクーポン発行など、こまかな予約制御、管理が可能なシステムです。
また、導入後のフォローも手厚く、営業時間内の電話、メール、オンラインミーティング、24時間チャット対応のほか、セミナーの開催など、有人サポートを受けることができます。


無料
LINEやインスタの予約も管理できる予約システムの資料請求

無駄なコストを省くためにはランニングコストを見なおすのがおすすめ

経費削減できる項目は人件費、家賃、商材費、水道光熱費、広告宣伝費、保険料などがあるとご紹介しました。なかでも人件費や機器の導入やシステムやソフトの導入、紙関連の見直しをすることが経費削減につながります。 無駄なコストを省くためには、ランニングコストを見直し、不要な経費を削減することが黒字経営を目指すおすすめの方法です。

SALON CARD
LINE連携予約
PAGE TOP