作成日

1ヶ月に紹介を30名以上も紹介してもらえる美容室の成功事例

  • 株式会社PRISM/代表取締役 川嶋 祐様
  • 銀座/5名
LINE連携予約
リザポス

株式会社 PRISM代表取締役 川嶋 祐様は、銀座でKIKKAKE@Depthという美容室を2017年7月に開業。

今回は、代表川嶋 祐様になぜあの美容室は、1ヶ月30名以上紹介してもらえるのか?
について話しをお聞きしました。

サロンコンセプト

“KIKKAKE”
切っ掛けとは、「切る」と「掛ける」の合成語。
「きる」は「やり切る」のように動作の終わりを表す言葉。
「かける」は「~仕掛ける)」のように動作の最初を表す言葉。

つまり、一つのことが終わり、新たに次が始まることを指しています。

スタッフも、お客様も、サロンを通して輝き始める「きっかけ」となる場所を提案します。

KIKKAKE@Depthはどんな美容室ですか?

Q:お店のターゲット層をお伝えください。

【ありのまま・着飾っていない女性・男性】

川嶋様:
20代半ば〜40代のさりげなくおしゃれを楽しみたい働く女性・子育てをしている女性です。
男性は、自分のスタイルを確立したい方ですね。

当店は、2017年7月にオープンしたばかりです。
メインは、今まで担当させていただいていたお客様にご来店いただいております。
東京近郊で働いている方が多いという印象です。

Q:ターゲット層に共感していただくためのお店のウリ3つを教えてください。

【お客様の需要がある技術を高めていくこと】

1,高級化粧品メーカーアルビオンとナノキャリアが共同開発スキンケアに特化したヘアケア商材

川嶋様:
当店の特徴の一つなんですが、1階の化粧品店アルビオンとコラボで開発したスキンケアに特化したヘアケア商材があります。

Q:企業コラボ商品の開発背景をお聞かせください。

昔勤めていた美容室で、スタイリング剤の開発に携わらせていただきました。
そのスタイリング剤が、非常に美容業界で話題となりその時の経験から、アルビオン様に声をかけてもらったのです。

アルビオンのスキンケア技術とナノキャリアの医薬品技術のコラボレーションで、スキャルプケアを開発しており、美容師目線でのアドバイスが必要とのことで、開発のサポートをさせていただくことになりました。

私が、開発のサポートに携わり1年が経過して、2015年3月に発売となりました。

そして、今年私が独立しまして、アルビオン・ナノキャリアとともに開発した商品を店頭でも販売しています。

こちらのヘアケア商品は、当店と当店の知り合いの美容室伊勢丹新宿本館で販売。

こちらのヘアケア商材は、美容・ファッション雑誌で紹介してもらったり芸能人にご使用いただき紹介いただいたりと、非常にご好評をいただいております。

■アルビオンとナノキャリアが共同開発したヘアケア商材【depth】
https://depth.technology/

2,カット技術の果てなき向上心

スタッフ育成について、当店では【カットのカリキュラム】を作っておりません。

むしろ【カットのカリキュラム】を作った方が、アシスタントやジュニアスタイリストは楽かもしれません。

当店では、毎日のお客様の仕上がりをみて
展開図をかけるようになる
そこから細かいポイントを教えていく
と言う教育方針を取っています。

考えさせる・答えを作らない

時代時代のベーシックを練習してもらうことを
目的としております。

◆スタッフ様が書いた展開図

上半分がアシスタントが書いたもの。
下半分が、代表の川嶋様がアンサーを返すという流れで技術力向上をしていらっしゃいます。

3,カラーが圧倒的に上手なカラーリスト在籍

当店には日本一を受賞したこともある一流カラーリストがいます。
カラリストに求めるのは圧倒的な経験値や、特化した教育力。

当店のウリは全てが高持続力であり、 質感に特化したカラーやハイライト等のデザインカラー、 ハイトーンのグレイカラーのカラー技術です。 カラーリスト・スタイリスト・アシスタントで毛束を染めたりして 日々研究しております。

カット同様、時代とともに常に進化し続けるカラーリングカリキュラムを 目指し、それが紹介に繋がっています。

ミーティングの仕方も独特です。

日頃からお客様にカラーをした後仕上がりを見て、
なぜ?
何?
を書き溜めています。
何でと思ったことを自分で調べてもらっています。
調べる方法はなんでもよく、他店の美容師さんのブログなどから調べて、ミーティングで自分の考えを披露してもらっているのです。

どのような手段で集客していますか?

【毎月30-40名の紹介客が来店してくれています。】

Q:紹介客を増やすために取り組んでいることは何ですか?

川嶋様:
ポイントは、「オピニオンリーダーを育てる」という考え方です。

よくオピニオンリーダーというと『発信力がある人・コミュニティ内で影響力のある人』と位置付けられると思います。

大切なことは、【全員オピニオンリーダーだと信じること】

例えば、ご来店してくださった方が、洋服も似合っていない、髪型もボサボサとしている場合を想定してみてください。
こちらのお客様が、劇的に変わったら人に紹介したくなりますよね?

当店では、【お客様の需要がある技術を高めていくこと】に主眼を置いていまして、カットでの再現性・ヘアカラーの持続性にプライドを持ってやっています。

【全員オピニオンリーダーだと信じること】と先ほど申し上げましたが、お客様が、この施術を受けたら周りから褒められることを提案します。
その後、ご来店いただいてから、前回は周りからの評判はどうだったのか?
というのをちゃんと聞きます。
また、次はこうしようと提案を忘れないことです。

このように、【お客様の需要がある技術を高めていくこと】を意識することで、紹介客が着実に伸びております。

また、当店のこだわりの一つとして、【居心地の良い店内】とお客様から好評をいただいております。

オピニオンリーダーの方々は、流行っているところが好きではなく、写真映えがするところで写真を撮りたいという傾向が強いと思っています。
SNSに投稿した時、「こんなところ知ってるんだ」という隠れ家。
価値があるところに、紹介しやすくなるのではないでしょうか?
空間だったり音楽だったり、全てが結びついて来て、紹介が増え、1日3名の紹介客が来店する場合もあります。

Q:紹介でご来店いただいた方に対して、次も来店してもらえるような対策はしていますか?

川嶋様:

美容室は、生理的現象で行くものではなく、おしゃれを楽しみに行く。
アパレルや化粧品店のような位置付けでありたいと思っております。

それよりも、またリピートしたいなという接客を日々探求しています。

お客様にお伝えしているのは、「自分らしさを追求すること」

お客様が、何かを変えたいというきっかけを与える、変わったというものを与えることで、なんかKIKKAKE@Depthに行くと、
「自分らしく入れるし、新しい自分にも出会える」
そのような感動を与える美容室でありたいと考えているのです。

リザービアのここが好き

【操作性がシンプルで使いやすい】

川嶋様:

ネット予約は、大変そうなイメージがあります。
しかし、リザービアは、操作性が非常にシンプルで気に入っています。
お客様が予約する時、
スタッフ選定→メニュー選定→日時選択→基本情報入力
(名前・TEL・Mail)の4ステップで完結します。
面倒な登録がいらないので、お客様はストレスフリーで予約できます。

今後、どのようにお店を成長させていきたいですか?

川嶋様:
お店としては、スタッフたちが楽しんでお客様と向き合える環境を作っていきます。
会社としては、城を増やしたいとは思っています。一般的な多店舗展開という考えではなく、今までにない増やし方を考えています。
お客様のライフスタイルを重視したものです。
私は、まだお店をオープンしたばかりですが、挑戦者として、常に仕掛けていくという姿勢、10年後もずっと続けていきたいです。

リザービアスタッフのコメント

阿部:
KIKKAKE@Depthにお伺いした時、最も驚いたことがあります!
こちらをご覧ください。

KIKKAKE@Depth様の1階の扉がこちらです。
実は、私1回お店の場所がわからず通り過ぎてしまったのです。

サロン集客の専門家として、
KIKKAKE@Depth様の扉は、セオリー通りではありません。
私の考えるセオリーは、
「お店の場所がきちんとわかりやすいこと」
「美容室であることがわかること」
「飛び込み歓迎と記載することで、集客につなげること」
これが、私の中でのセオリーでした。

そこで、代表の川嶋様に、
「なぜ、このような扉にされたのか?」お聞きしたところ、

川嶋様:
お店の前を通り過ぎる方をすぐに集客したいと思ってはおりません。
「銀座 美容室 うまい」で調べてたどり着くのが理想という
考えを持っています。
そして、紹介客を増やすのがお店の方針です。
このように、お答えをしてくださったのです。
一貫したお店のコンセプトをお持ちなのだなと、取材を通じて感じました。

取材を快く承諾していただいたKIKKAKE@Depth 代表 川嶋 祐様にこの場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

今後、KIKKAKE@Depth様がさらに発展することを願いまして、終わりにしたいと思います。
最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

KIKKAKE@Depth 代表 川嶋 祐様
株式会社クロスフィード 阿部弘康

インスタ連携予約
SALON CARD

最新の導入事例

TAYA東急百貨店吉祥店で紙の予約台帳から3カ月でLINE連携予約を開始!月の20.1時間削減し業務効率UP!!
リザービア導入後クーポンサイトを脱却!「クーポンサイトに頼らない」が集客のコツ?
順調に広告費用を60%抑えることができている理由とは? ファミリー層に人気の美容室インタビュー!
LINE連携予約導入で月間の電話予約数が700件から400件に減少!LINE連携予約受付で業務大改善の事例をご紹介!
少人数サロンでオープン直後の電話対応を減少! お客様の満足度を高くキープする空間づくりをご紹介
予約の99%がホームページ経由のリザービア予約!! 固定電話を置かずにお客様との時間を大切にする自社集客サロンをご紹介
PAGE TOP