おしゃれなバーバーが人気な理由とは?バーバーとして集客するメリットやポイントについても紹介

おしゃれなバーバーが人気な理由とは?バーバーとして集客するメリットやポイントについても紹介
公開日
更新日

「バーバー」という言葉には、どんな印象を持っていますか?バーバーに行かず、美容室で髪を切っている、という男性も多いのではないでしょうか。実は最近、トレンドに敏感な男性の間でバーバーに注目が集まってきており、おしゃれなバーバーが増えてきています。

そこで今回は、バーバーとはどういうものなのか、美容室とはどう違うのかなど、バーバーの魅力についてたっぷりご紹介していきます。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

バーバーとは?

バーバーとは?
まずは、バーバーとはどういうものなのかについて、詳しく見ていきましょう。

バーバーとは、一般的に「理髪所、理容室、床屋」といった、主に男性を対象とした美容サロンのことを指します。Weblio辞書には、「理髪師、理容師、床屋」と記載されています。

バーバーと美容室の違い

一般的に、「床屋」「理容室」というと、男性がメイン対象のような印象を受けますが、バーバーが男性向け、美容室が女性向け、ということではありません。バーバーと美容室の違いについて見ていきましょう。

バーバーと美容室には、一般的にはそれぞれに理容師と美容師が所属しています。理容師と美容師はともに国家資格ですが、別の資格です。そして、理容師法と美容師法という法律によって、理容師と美容師で提供できるサービスが定められています。

美容師法には、

「美容とは「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされている。

引用元:厚生労働省「美容師法概要」

とあります。

一方で、理容師法には、

理容とは「頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること」とされており、刈り込み等の行為に伴う理容行為の一環として男子に対し仕上げを目的とするコールドパーマネントウェーブを行うことは理容の範囲に含まれる。

引用元:厚生労働省「理容師法概要」
とあります。

美容師はヘアカット、スタイリング、メイクにより容姿を整えることを目的とし、対して理容師は、ヘアカットとスタイリング、顔そり・ひげそりなどのシェービングにより容姿を整えることを目的としています。

理容室を始めとするバーバーが男性向けと思われる理由のひとつとしてわかりやすいのは、理容師は顔そり・ひげそりを行うことができますが、美容師は顔そりを行うことができない、ということではないでしょうか。

なぜおしゃれなバーバーが人気?

なぜおしゃれなバーバーが人気?
ここ数年、おしゃれなバーバーブームに火がつき、人気が高まっています。なぜおしゃれなバーバーが人気になったのか、理由をいくつか見ていきましょう。

まず、ひとつ目の理由として考えられるのは、ツーブロックや七三分けのような、昔ながらのクラシカルなヘアスタイルがトレンドとなってきているからです。美容室のヘアカットは、髪を美しく揃えることが目的です。

一方で、バーバーのヘアカットは、髪を整えることで容姿を整えることを目的としています。一般的に、理容師は美容師よりもバリカンやシェービングの技術を重視しているため、髪を短くして整えることを得意としています。

クラシカルなヘアスタイルは、理容師の得意とする技術と相性が良いため、ヘアスタイルの流行と相まって美容室よりもバーバーへ通う男性が増えてきているのです。

また、前述したように、バーバーでは顔そりやひげそりをはじめ、もみあげや襟足を整えるシェービングを受けることができます。しっかりとした印象の髪型に整えたい男性にとって、シェービングは欠かせないサービスです。

さらに、バーバーは美容室と比較すると、オーナーの感性などが反映されやすい傾向にあります。提供しているメニューや得意とするサービスはもちろん、店内のインテリアや接客の内容まで、強い個性を持つ店舗が多いです。

そのため、自分の目的や感性と合うと感じた男性が来店することが多いため、その店舗で気兼ねなくリラックスできると感じる人が来店します。

ヘアスタイルのトレンドや提供するサービスの違い、店舗ごとのコンセプトや雰囲気の個性の強さなどが、バーバーの人気が高まっている理由と言えるでしょう。

バーバーとして集客するメリット

バーバーとして集客するメリット
「男性向け美容室」「メンズサロン」ではなく、バーバーを名乗ることには、いくつかのメリットがあります。メンズサロンではなく、バーバーとして集客するメリットについて見ていきましょう。

来店頻度が高い

女性と比較すると、男性はヘアカットのサイクルが短いため、来店頻度が高くなります。ある調査によると女性のヘアカットサイクルは、平均して年に4.2回。対して男性は、年に5.4回というデータがあります。

特に営業職のビジネスマンのような人は、ヘアスタイルも大きな印象の要素になるので、こまめに散髪をしてヘアスタイルを維持する、という人が多いです。来店頻度が高いということは、売上の向上に繋がります。

リピート率が高い

リピート率が高い傾向にあるというのも、男性客の特徴のひとつです。ヘアスタイルの仕上がりや施術時間、料金など、さまざまな条件に納得すると、「行きつけの店」となります。

男性は行きつけの店に通う人が多い傾向にあるとされているので、お客様に満足していただければ再来店の確率は高くなります。

前項でお話した来店頻度の高さとリピート率の高さで、売上の安定化が望めるのがバーバーの特徴です。

おしゃれなバーバーとして集客するときのポイント

おしゃれなバーバーとして集客するときのポイント
バーバーとして集客するメリットについては、ご理解いただけたのではないでしょうか。つづいては、おしゃれなバーバーとして集客するためのポイントについて見ていきましょう。

男性限定のサービスをアピールしよう

バーバーの集客で大切なポイントは、男性限定のサービスを提供している、とアピールすることです。新規顧客を獲得するために、男性限定のクーポンやメニューを用意していることを知ってもらい、まずは足を運んでもらいましょう。

リラクゼーションメニューを用意しよう

ヘアカットやシェービング以外にも、リラクゼーションメニューを用意するのもおすすめです。頭皮マッサージやヘッドスパなどのサービスは、男性の悩みに応えることのできるサービスです。

しかし、そういったリラクゼーションメニューを提供しているのは、エステサロンのような女性専門、女性特化の店舗が多く、訪れるのに心理的抵抗を持つ男性も少なくありません。

男性限定や男性メインの店舗でリラクゼーションメニューを提供することは、大きなアピールポイントとなるでしょう。

おしゃれなバーバーに取り入れたいバーバースタイルの特徴

おしゃれなバーバーに取り入れたいバーバースタイルの特徴
バーバーで理容師が提供するヘアスタイルのことを、「バーバースタイル」と呼びます。ニューヨーク発祥と言われているバーバースタイルは、ツーブロックや七三分けのようなクラシカルなスタイルに、現代的なテイストを取り入れたヘアスタイルです。

バーバースタイルの特徴は、サイドを刈り上げ、トップに向かうにつれてグラデーションになるような毛の流れを作ることです。

おしゃれでありながら硬派な印象を与え、清潔感もあるヘアスタイルが多いため、トレンドに敏感な若い男性だけでなく、ビジネスマンからも人気があります。

バーバースタイルのなかから、バーバーのカットメニューに取り入れたい、代表的なヘアスタイルをいくつかご紹介します。

マッシュ

マッシュカットは、マッシュルームのような丸いシルエットになるように整えたヘアスタイルのことで、1970年代にイギリスのバンド・ビートルズによって流行しました。最近のリバイバルブームで人気が再燃し、男性の定番スタイルとして定着しつつあります。

比較的どんな顔の形でも似合いやすく、額の広さやエラの張りといったコンプレックスも隠しやすいです。

もみあげを鋭角にそろえ襟足を刈り上げる「テクノカット」と組み合わせた、「マッシュテクノ」というヘアスタイルもあります。マッシュらしさも残るため、ハードすぎずかっこよさのなかにかわいらしさもあり、人気が高まってきているヘアスタイルです。

コームオーバー

コームオーバーは、バーバースタイルでも王道とされるヘアスタイルで、長く残したトップをサイドに流すのが特徴です。コームとは櫛のことで、コームを使って毛を流すためコームオーバーと呼ばれるようになりました。

サイドとアンダーを短く整え、トップをかなり長く残したロングコームオーバーも、ドライヤーやワックスなどで変化を付けることができるため人気が高まってきています。

ツーブロック

ツーブロックは中を刈り上げてトップと段差を付けたヘアスタイルで、海外ではアンダーカットとも呼ばれています。もみあげや耳の周り、襟足を刈り上げるのでスッキリと見え、小顔効果もあるヘアスタイルです。

ポンパドール

ポンパドールというと女性のヘアスタイルという印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、メンズにもおすすめなバーバースタイルのひとつです。

女性がポンパドールのヘアスタイルにするときは、ヘアピンを用いてふんわりと丸みを出しますが、男性の場合はヘアピンを使用しません。前髪を高い位置でふくらませて固め、後ろに流した髪型です。

しっかりとセットしないと崩れてしまうので、少し難易度は高いですが、おでこを出すことで男らしい印象と、ほどよいフォーマルさを与えてくれるヘアスタイルです。

おしゃれなバーバーの集客にはリザービア

おしゃれなバーバーの集客にはリザービア
おしゃれなバーバーの集客を効率的に行うためには、予約システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。予約システム「リザービア」は、美容業界に特化した機能を持っているため、おしゃれなバーバーにももちろんおすすめです。

ここからは、リザービアの機能についてご紹介します。

お客様にも使いやすい予約機能

予約システム「リザービア」には、Web予約に対応した台帳機能があります。Webページからの予約を導入することで、24時間いつでも予約を受け付けることができるため、お客様も都合の良いタイミングで予約を入れることができます。

また、Googleビジネスプロフィールと連携することでGoogle検索から予約ページへ誘導することが可能になります。LINEやInstagramなどのSNSからも、オプションで予約の対応ができます。

営業時間を気にすることなくいつでもどこからでも予約を受け付けられるということは、店舗側だけでなく、お客様にとっても利便性が高いです。

リピート率を上げるために必要な機能

クーポンやスタンプカードをデジタル化できるアプリなど、リピート率を上げる施策に必要な機能も揃っています。

紙のスタンプカードですと、お客様が紛失してしまったり忘れてきてしまったりするとスタンプを押すことができませんが、スマホに入れられるアプリなら、忘れるリスクが抑えられます。

さらに、メッセージの配信ができる顧客管理機能や、来店したお客様の年代や提供サービスといった、集客施策を打ち出すために必要な情報を集計する機能も搭載されているため、予約や集客だけでなく、経営計画の立案にも役立ちます。

バーバーの紹介

バーバーの紹介
実際に、リザービアを導入しているおしゃれなバーバーの事例をご紹介します。

【OTOKO DESIGN】PREMIUM BARBER KOTOBUKI 様

埼玉県新座市片山にある【OTOKO DESIGN】PREMIUM BARBER KOTOBUKI様は、高い技術に定評があり、雑誌にも掲載されたことがあるバーバーです。

リザービアを導入することで、予約率が3割ほどもアップしました。予約画面がカスタマイズできるため、予約をする時点でオプション選択もできると、お客様にもご好評いただいています。

アプリのインストールや会員登録は面倒だ、と感じるお客様もいますが、リザービアはそういった登録をする必要がなく予約をすることができ、口コミの表示も可能です。

ホームページと予約画面のデザイン変更で予約率3割アップ! 口コミで話題となった床屋さんの成功術とは?

【OTOKO DESIGN】PREMIUM BARBER KOTOBUKI

KINGSMAN TOKYO 様

KINGSMAN TOKYO 様は東京都多摩市にある、完全男性専門のバーバー。高い技術とこだわりの内装で、男性の嗜みを演出しています。

リザービアを導入することで予約をすべてWebに変え、予約業務の負担を軽減することで、お客様の満足度だけでなく、スタイリストの満足度も上がりました。新規のお客様にも、ほぼリピーターになっていただくことができています。

オープン2年でクーポンサイトを使わず『人気店』になったバーバーの成功事例

KINGSMAN TOKYO

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

男性に向けたサービスでおしゃれなバーバーをアピールしよう

男性に向けたサービスでおしゃれなバーバーをアピールしよう
バーバーとは「理髪所、理容室、床屋」といった意味を持つ美容サロンのことです。理容師は、美容師が行うことのできない顔そり・ひげそりといったサービスを行うことができるため、男性をターゲットとした店舗が多いのが特徴です。

最近ではクラシカルなヘアスタイルのブームの再燃から、おしゃれなバーバーが増えています。

男性は、比較的行きつけの店にくりかえし通う人が多いので、カットやシェービングの技術だけでなく、内装にこだわったり、リラクゼーションメニューを用意したりと、その店ならではの個性をアピールしてみてはいかがでしょうか。

バーバーの集客には、美容業界に特化した予約システム「リザービア」がおすすめです。バーバー側だけでなく、お客様にとっても使いやすく、予約へのハードルをぐっと下げることができます。

予約管理業務の負担軽減やリピート率をアップさせたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

引用元:
理容師法概要|厚生労働省
美容師法概要|厚生労働省
美容センサス2022年上期|株式会社リクルート ホットペッパービューティーアカデミー

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP