作成日

オープン2年でクーポンサイトを使わず『人気店』になったバーバーの成功事例

  • KINGSMAN TOKYO/代表 吉田 奈津樹様
  • 東京都多摩市(多摩センター)/2名
Googleで予約
インスタ連携予約

多摩センターにある完全男性専門のbarbershop。
高度な技術はもちろんのこと、洗練された空間と選び抜かれたプロダクツで、
男の嗜みを演出するKINGSMAN TOKYO。
店長の吉田 奈津樹様にお話を伺いました。

当サロンは男性専門なので、ターゲット層は男性、ビジネスマンです。
ただそうなると平日昼間の集客がなかなか見込めないため、
そこから±20才の幅を広げ、シニア層の方、
大人の世界にあこがれる学生さんもターゲット層にしています。

また、このエリアは若いファミリー層が多く、
その中でも比較的、収入の高い方がお住まいです。
平均単価5000円~でも定期的に通っていただける方も多く、
出店に踏み切りました。

ファミリー層をターゲットにして良かったことは、
男の子のお子さんをお持ちの方が一緒に通っていただき、
そのお子さんが中学生頃になると、
一人で来て下さるようになることでしょうか。

サロンが開店して今年で2年目ですが、
今では親子それぞれにお付き合いをさせていただいているお客様が増えてきています。

リサーチ段階から「男性専門」「差別化戦略」「オシャレな床屋」という3つポイントは決めていましたが、
このエリアに出店することを決めた際、

①駅から徒歩5分圏内、路面店の1階であること
②内装、照明、店内にJAZZを流すなど、スタータス感のある特別な空間を演出すること
③シャンプー、トリートメント、トニック等、すべて男性専用のプロダクツを使っていること

上記の3点にこだわり、女性と一緒の美容サロンや巷の床屋さんとはひと味もふた味も違った、
センスの良いバーバーショップを目指しました。

特に②の店内装飾については、スタイリスト側のこだわりも取り入れ、
動きやすい動線の工夫もしています。

入口付近に鏡面とシャンプー台を置き、奥にカミソリなど危険なものを置く。
ワゴンの代わりに棚に収納することで、お客様からも店内がスッキリと広く見え、
リラックスできるスタイリッシュな空間を演出しています。

集客については、広告やチラシといった媒体は一切使わず、
すべてホームページからご来店いただいています。
店舗のホームページもサロン予約ページもすべて自分(吉田店長)が作っていますし、
マーケティングやSEO対策もしっかり自分で組み立てて実施しています。
そのおかげもあり、3席とも1週間すべての予約が埋まっています。

(3の続きで)開店前から長期的な戦略を立て、
サロンのホームページをしっかり作り込んでありますので、
これまでに集客で失敗したことは実は一度もありません。

クーポンサイトにも掲載していますが、クーポンを発行せず、
正規料金のみの掲載にしていますので広告費は無料です。

クーポンを掲載しないことでクーポン目当てのお客様は来ないため、
最初から固定客になってもらえるメリットがあります。

リザービアさんを導入した一番の決め手は、
システムの分かりやすさと使い勝手の良さです。
お客様の情報を入力する際も、他社の予約システムとは違い、
電話と同じことをそのまま入力するだけですし、
お客様からしても会員登録なしでサロン予約できる手軽さがあるので、
すぐに予約していただけます。

初回来店のお客様はほとんど緊張しています。
そんな中でじっくり時間をかけてコミュニケーションを取り、
次回も来店してもらえるようににつなげていくのですが、
これまではお客様の予約を電話でしていましたので、
電話が立て込んでしまえばその都度、お客様との大切な時間を中断されていました。

当店のウリは「非日常感」なので、電話で中断されてしまうと、
その非日常感が薄れてしまうのです。

本来ならばスタイリストとは別に受付や予約担当の人間を雇えばいいのですが、
残念ながら金銭的な余裕はありません。そこでリザービアさんを導入し、
予約をすべてWEBに変えたおかげでそのストレスが解消されました。

顧客満足度だけでなく、スタイリストの満足度も上がり、
新規のお客様も、ほぼリピーターになっていただくことができました。

 

 

現在3席、自分を含めスタイリスト2名で対応していますが、
4月にもう1名スタイリストに入ってもらう予定です。
3人で対応してすべて満席になればもう1店舗、出店を考えています。

また、フェードカットセミナーやトレンドの髪型、カット講師として依頼をいただいたり、
美容室の成功事例として講演もお受けしています。
ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

「多摩センター駅 メンズカット」と検索しますと、
4位に表示されます。

1・2位はホットペッパービューティー
3位は、tredinaというポータルサイトです。

4位に位置するということは、
個人店では、1位に表示されていることになります。

ご自分でサイトをワードプレスで作成するというのは、
簡単なことではありません。それを、代表の吉田様は作成していますので、
とてもすごいことだと思います。


出典:http://kingsman.tokyo/

強いて現状のサイトで、
さらに予約につながることを考えるのであれば、
CONTACTの横に、メニューボタンを追加できるのであれば、
RESERVEというボタンを追加して、そちらをクリックすると、
リザービアにリンクするという導線を追加していただいたら良いと思います。

どの画面に遷移しても予約が常にできるように配慮すると、
お客様が迷わずに予約ができるようになるからです。

取材を快く承諾していただいた
KINGSMAN TOKYO代表の吉田 奈津樹様に
この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。

今後、KINGSMAN TOKYO様がさらに発展することを願いまして、
終わりにしたいと思います。 最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

  • KINGSMAN TOKYO
  • 東京都多摩市鶴牧1-5-3 コーポ山王1F
  • http://kingsman.tokyo
SALON CARD
インスタ連携予約

最新の導入事例

TAYA東急百貨店吉祥店で紙の予約台帳から3カ月でLINE連携予約を開始!月の20.1時間削減し業務効率UP!!
リザービア導入後クーポンサイトを脱却!「クーポンサイトに頼らない」が集客のコツ?
順調に広告費用を60%抑えることができている理由とは? ファミリー層に人気の美容室インタビュー!
LINE連携予約導入で月間の電話予約数が700件から400件に減少!LINE連携予約受付で業務大改善の事例をご紹介!
少人数サロンでオープン直後の電話対応を減少! お客様の満足度を高くキープする空間づくりをご紹介
予約の99%がホームページ経由のリザービア予約!! 固定電話を置かずにお客様との時間を大切にする自社集客サロンをご紹介
PAGE TOP