エステサロンの雰囲気を作る照明の選び方。照明の種類とそれぞれの演出効果を解説

エステサロンの雰囲気を作る照明の選び方。照明の種類とそれぞれの演出効果を解説
作成日
更新日

エステサロンは美を演出する場所ですから、技術や製品の水準はもちろんのこと、サロン自体の雰囲気作りも非常に大切です。お客様が一歩サロンに足を踏み入れたときに、「素敵な空間」と思っていただければ、リピート率もそれだけ上がるでしょう。

ここでは、サロンの雰囲気作りに重要な役割を果たす、おしゃれな照明の選び方や種類についてご紹介します。

照明の種類と明りにはどんなものがある?

照明の種類と明りにはどんなものがある?

エステサロンや店舗などに採用される照明は、種類や明りの系統を変えるだけでイメージが全然違ってきます。

そのため、ラグジュアリーなサロンにするか、明るくて健康的なイメージを大切にするか、最初に方針を立てることが重要です。ここでは、照明の種類と明りの系統についてくわしく解説します。

照明の種類は大きくわけて2種類

まずは照明の種類についてですが、大きくわけると「全体照明」と「部分照明」の2種類があります。この2つを上手に組み合わせることによって、サロンに奥行きが出たり、お客様がくつろげるような柔らかい印象を作り上げたりすることが可能です。

全体照明

全体照明というのは施術室やエントランスなどを全体に照らすタイプの照明のことで、ほとんどは天井に設置されます。後述しますが、シーリングライトなどが全体照明の代表的なものです。

シーリングライト以外にも、ペンダントライトやダウンライトが全体照明として使われます。エステサロンの施術では一定以上の明るさが必要ですので、施術室では全体照明がメインとして使われていることが多いです。

部分照明

部分照明というのは全体照明と比較すると手軽に活用でき、可動性のものも多いのが特徴です。一定の場所をピンスポット的に照らしたり、間接照明として使用したりすることも多く、全体照明との自由自在な組み合わせが考えられます。

お客様にリラックスしていただきたい部屋では、目に直接光が入らない部分照明をメインに使うといいでしょう。

明りは2つの系統にわけられる

明りというのは無色透明のようなイメージがありますが、実際には温かみのある暖色や青白っぽく見える寒色系など、2つの系統の色があります。つづいては、それぞれにどのような効果があるのかをくわしく見ていきましょう。

暖色系の明り

暖色系の明りは、電球色に代表されるオレンジがかった温かみのある色で、リラックスしたいシーンで好んで使われます。

オレンジ色が加味されるぶん、洋服や髪の毛の色合いは違う色に見えてしまいますので、エステサロンの施術室には暖色系の明りは向いていません。暖色系の明りはお手洗いなどに使用することで、雰囲気のある空間を作り出せます。

寒色系の明り

寒色系の明りは細部までくっきりと見えるため、仕事部屋や勉強部屋にぴったりです。エステの施術室にも寒色系の明りがおすすめですが、光が強すぎるとお客様が眩しいと感じてしまうこともあるので、注意しなければなりません。

昼白色の電球であれば、目が疲れることもないでしょう。昼白色は太陽光に近い自然な色味で、学校などでもよく使われています。

照明の種類、それぞれの特徴とふさわしい使い方とは?

照明の種類、それぞれの特徴とふさわしい使い方とは?

照明器具にはさまざまな形状があり、それぞれに特徴やふさわしい使い方、異なった演出効果があります。

ここでは、形状ごとの各ライトの特徴やメリット・デメリットをくわしくご紹介しますので、照明器具を選ぶ際の参考にしてみてください。

全体照明

全体照明には、一般的なシーリングライトのほかにペンダントライトやダウンライトなど、いくつかの種類があります。それぞれに部屋の照らし方や効果が異なりますので、専門家と相談しながら最適な照明器具を選ぶようにしたいものです。

ペンダントライト

ペンダントライトとは、天井または梁などから吊り下げるタイプの照明のことです。光源の位置が低いため、全体照明とはいってもダイニングテーブルの上などの比較的狭い空間を照らし出すのに向いています。

シェードのデザインや色は多種多様なバリエーションがありますので、ペンダントライトを使うことによってエキゾチックな雰囲気やゴージャスなイメージなどを自由自在に演出することが可能です。

ダウンライト

ダウンライトとは天井に埋め込んであるタイプの全体照明のことで、照明器具が目につかないため、洗練された空間を作り出すのには最適です。ただし、ダウンライトを埋め込むために工事が必要なことと、いったん設置してしまうと場所を簡単には変更できない点がデメリットともいえます。

施術室には大きなダウンライトをひとつ、廊下には小さなダウンライトを複数配置するのもおしゃれでしょう。

シーリングライト

シーリングライトとは、一般家庭などでもよく見られる天井に直でつけるタイプの照明のことです。平たくて丸いデザインのものが多く、部屋全体を明るく照らせるのがシーリングライトの特徴となります。

シーリングファン(天井に設置する扇風機)などと組み合わせられたライトもありますので、インテリアとしても楽しむことが可能。人の動きを感知して自動でスイッチが入るタイプなども重宝するでしょう。

部分照明

部分照明には、スタンドライトのように可動式のタイプのほかに、スポットライトやフットライトなどの種類があります。それぞれ用途が違いますので、照らしたい場所に応じて最もふさわしい製品を選ぶようにしましょう。

スタンドライト

スタンドライトとは、ベースになる台の部分とライト部分、そして台とライトをつなぐアーム(柄)の部分から構成されている照明器具のことです。

スタンドライトにはテーブルの上に置くタイプのほかに、床に置くフロアスタンドというタイプもあるため、シチュエーションに応じて簡単に場所を移動できるというメリットがあります。間接照明として、サロンの雰囲気作りをするために欠かせない小道具です。

スポットライト

スポットライトは向きを自由に調整できるため、際立たせたいものを照らし、絵など特定のものを照らしたいときに使います。エステサロンでは、施術中に顔などの施術部位に影が出ないようにまんべんなく照らすためにも使われているようです。

スポットライトは色合いも非常に大切な要素ですので、自然光に近い昼白色を選ぶといいでしょう。また、レールで可動できるタイプのスポットライトも人気です。

フットライト

フットライトは足元を照らすための照明器具で、おもに廊下や階段などに設置されている照明です。センサーライトにすることも多く、歩く際に足元が見えやすいような工夫がされています。

エステサロンの場合であれば、ベッドサイドにフットライトを設置することによって、お客様がくつろげる雰囲気を演出できるでしょう。リラックスした空間でお客様に施術を受けていただきたいときなどは、フットライトを上手に使うのがおすすめです。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

エステサロンで照明を効果的に使うにはスペースごとに考える

エステサロンで照明を効果的に使うにはスペースごとに考える

エステサロンの店内でも、施術室とトイレとでは必要とされる照明は全く異なります。どのような場所にはどのような照明を使えば効果的なのか、ここで確認しておきましょう。

異なる照明を上手に使いわけることによって、エステサロンを魅力的な空間に変身させられます。

店舗入り口や廊下部分

エステサロンの入り口は、サロンの顔でもある場所ですから、とくに魅力的な雰囲気を大切にして照明を選ぶ必要があります。エントランス部分は明るいだけの全体照明ではなくて、スポットライトやフットライトを多用した奥行きのある空間作りをするのがおすすめです。

自宅でエステサロンを開業している場合にも、ライトの色などにも気を配って素敵なイメージを作り上げましょう。廊下部分に関してもフットライトを効果的に配置して、居心地のいいスペースを提供することが大切です。

施術室

エステサロンではお客様にリラックスしていただくことが重要ですから、施術室には暖色系のダウンライトや間接照明が向いています。そうはいっても、施術中の手元や足元が暗すぎてトラブルの元になるようでは困りますので、スポットライトやスタンドライトを使用するなどの配慮が必要です。

公益財団法人日本エステティック研究財団が提唱する「エステティックの衛生基準」によれば、施術室の照度は300ルクス以上が望ましいとされています。

トイレ

エステサロンの照明は、一部分だけにこだわらずに、トータルな印象に気をつけなければなりません。施術室の暗さに慣れた目でトイレに入り、照明が明るすぎるとまぶしくて、一気に現実に引き戻された感じがすることもあります。

そのため、トイレには控えめで清潔感を感じさせる程度の明かりがおすすめです。ダウンライトを数個配置するなど、目に直接まぶしくないペンダントライトなどが最適でしょう。色調は、暖色系が向いています。

エステサロンを演出する照明器具を選ぶポイント

エステサロンを演出する照明器具を選ぶポイント

エステサロンは非日常を体験できる場所ですから、照明などもありきたりのものではなく、凝ったデザインや好感の持てる雰囲気の器具を選びたいものです。

ここでは、エステサロンの演出を効果的にする照明器具の選び方についてご紹介します。

インテリアと合わせる

照明というのは、思ったよりも目立つアイテムですから、エステサロンのように雰囲気を大切にする空間では、インテリアと上手くコーディネートする必要があります。とくに施術室では、内装や配色と合わせて照明を選ぶことが必要不可欠です。

スタンドライトやペンダントライトを設置するのであれば、カバーにこだわって雰囲気を統一するようにしましょう。色調などにもこだわり、お客様が「また来たい」と思うような空間を作ることを心掛けたいものです。

いろいろなタイプを組み合わせる

照明がひとつだけだと、味気なさを感じてしまうこともあるでしょう。その場合は「一室多灯」、つまりスポットライトとスタンドライト、あるいはペンダントライトとフットライトなどといったように、いろいろなタイプの照明を組み合わせてみましょう。このような雰囲気作りをすることで、効果が高まります。

光源をいくつも設置することによってサロンに立体感ができますし、日常とは違ったおしゃれな空間で施術を受けているという満足感をお客様に抱いてもらえるでしょう。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

照明を上手に利用して、エステサロンを効果的に演出しよう

照明を上手に利用して、エステサロンを効果的に演出しよう

照明の種類や器具をちょっと変えただけでも、部屋の雰囲気というのはぐっと変わるものです。サロンのリピート率を上げたい、よい口コミを確保したいというのでしたら、今一度照明を見直してみるとよいでしょう。

これから新しくサロンを開業する場合にも、照明の設置には念には念を入れておきたいところです。エステサロンに特化した機能の予約システム「リザービア」では、経営のセミナーや相談もできますので、ぜひ活用してサロン経営に役立てましょう。

A’staff Cloud Smart
BMS
PAGE TOP