ネイルサロン開業、インテリアはどうする?ネイルサロンの内装で気を付けたいポイントや費用を解説

ネイルサロン開業、インテリアはどうする?ネイルサロンの内装で気を付けたいポイントや費用を解説
作成日
更新日

ネイルサロンの開業では、施術を行う店舗が必要になります。自宅の一部を改装したり、テナントを借りるなどの準備を行なわなければなりません。

この記事では、ネイルサロンの内装にかかる費用やインテリアのポイント、インテリアの参考になるサイトの紹介などをしています。是非最後までご覧くださいませ。

ネイルサロンの内装にかかる費用の相場とは?

ネイルサロンの内装にかかる費用の相場とは?
まずご紹介したいのは改装にかかる費用です。もともとの状態やどの程度改装するかで大きく変動しますが、ここではおおよその費用相場について内訳をご紹介しています。

あくまで相場なので、自店舗の改装ではどの程度工事を行うかを決めて見積もりをとることをおすすめします。

自宅を改装した場合

ここでは自宅の一部を改装した場合のおおよその費用をご紹介します。お客さま用のトイレを増設したり、入口を分けるなどの大がかりな工事は含まれません。

壁・床・天井工事 ¥100,000
電気工事(コンセント増設など) ¥200,000
看板等設置工事 ¥100,000
家具・インテリア ¥100,000
諸経費 ¥100,000
合計 ¥600,000

住宅を改装する場合、増改築の必要がなければ大幅に費用は押さえられます。どこまでこだわるかにもよりますが、だいたい50~100万円の改装費用で開業することが多いようです。

店舗を改装する場合

ここではテナントなど店舗を改装する場合の費用相場をご紹介します。外装費は含まず、ネイルサロンに必要な最低限の工事を行った場合を想定しています。

仮設工事 ¥200,000
解体工事 ¥300,000
塗装工事 ¥100,000
内装工事 ¥300,000
水道設備工事 ¥400,000
電気工事 ¥500,000
看板等設置工事 ¥500,000
諸経費 ¥1,000,000
合計 ¥3,300,000

店舗を改装する場合では、設備などがある居抜き物件と飲食店などを改装する場合では大きく金額が違ってきます。レイアウトの変更などがなくとも、店舗の改装の場合どうしても費用は大きくなりがちです。

どこまで改装するかにもよりますが、おおよそ200~1,000万以上かかることもあります。

DIYすることで費用を抑える

可能であればDIYできる部分は自分たちですれば、費用は抑えられるでしょう。たとえば、左官工事や壁紙を貼るなどは素人のDIYでもなんとかなりそうですね。一部をDIYするだけで10万~20万円ほど節約できることもあります。

ネイルサロンのインテリア・デザインで気を付けたいポイントとは?

ネイルサロンのインテリア・デザインで気を付けたいポイントとは?

ネイルサロンのデザインやインテリアは、居心地の良さやコンセプトを伝えるために重要です。ここでは、デザインやインテリアで気を付けたいポイントを紹介していきます。

自宅改装・店舗改装共通のポイント

自宅を改装する場合と店舗を改装する場合に共通するポイントを以下に3つご紹介していきます。

コンセプトに合わせたオシャレなインテリア

お客さまに伝えたいお店のイメージや自店の強みはなんでしょうか?お店のコンセプトをはっきりさせて、それに合わせたインテリアやデザインにすることが大切です。

スタイリッシュでクールなネイルが得意なのに、お花やレースでメルヘンなインテリアにしてしまうとお客さまが混乱してしまいます。コンセプトとインテリアがちぐはぐにならないように気を付けましょう。

リラックスできる空間

施術にかかる時間を過ごす場所ですから、お客さまには居心地がいいと感じてもらう必要があります。居心地がよければ「また来よう」と思ってもらうことにもつながります。

内装の色を3色以内にとどめ、落ち着いた印象にすることや長時間座る椅子にもこだわって、リラックスできる空間を演出しましょう。

非日常の演出

ネイルをする時間そのものを楽しみにしているお客さまもいらっしゃいます。自分を慈しむ時間です。そのため、できるだけ非日常を演出して特別な空間を演出しましょう。

アジアンリゾートやハワイアンなど、テーマに沿ってインテリアを作りこむと「映え」にもなります。SNSで話題になるようなインテリアを心がけたいところです。

自宅のを改装するなら特に気を付けたいポイント

ここでは自宅を改装する場合、特に気を付けたいポイントを2つご紹介します。

生活感を感じさせない

先に述べたとおり、ネイルサロンにおける非日常感の演出はとても大切なため、自宅サロンの場合は”生活感を消す”ことを最重点に置きましょう。

自宅の部屋を改装したサロンでは玄関は家族の普段使いと共用です。こどもの靴やベビーカー、雨でもないのに傘がいくつも出ているなど、現実に引き戻されるようなものは極力お客様の目に触れないように気を付けましょう。

また、自分では気づきにくいけれど生活を感じさせるのが「臭い」です。玄関を入った瞬間「人の家のニオイ」がしないように、アロマやお香で臭いを消したり、日ごろからまめに換気するなどして気を付けましょう。

トイレ・洗面周りも忘れずに

トイレや洗面所は生活感がでやすいところです。清潔感はもっとも重要なポイントですが、普段使っているものは棚にしまうなどして余計なものは置かないようにしましょう。

壁は面積が大きいので、壁紙を変えるだけで雰囲気をよくすることができます。そのほか、香りにも気を使い、花や小物で非日常な空間を演出してみましょう。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ネイルサロンの内装デザインで参考になるものを3つ紹介

ネイルサロンの内装デザインで参考になるものを3つ紹介

ここからはネイルサロンのデザインやインテリアを考える際、参考にしたい実例が見られるものを3つご紹介していきます。デザインやインテリアに迷ったら、参考にしてみましょう。

roomclip(ルームクリップ)

ルームクリップは、ユーザーが部屋の写真を投稿できるアプリです。多くのユーザーが自分の気に入った部屋の写真を投稿しているため、たくさんの実例が見られます。

ネイルサロンのインテリア実例だけで500枚以上の写真が見られるので、自分の目指したいインテリアを見つけるのにピッタリです。インテリアだけでなく、ネイル道具の収納なども投稿されているので、総合的にデザインを決めるのに役立ちそうです。(※1)

pinterest(ピンタレスト)

ルームクリップと似ているように感じますが、こちらはインターネット上の写真をピン止めして自分のお気に入り写真だけを集めたボードを作れるサービス。

ネットサーフィン中に気に入った写真をピン止めできるだけでなく、他人のピンを見たり、さらに他人のピンに気に入った写真があればそれをピン止めすることもできます。

ネイルサロンのおしゃれな内装写真もたくさんピンされているので、インテリアの参考になりそうです。(※2)

youtube(ユーチューブ)

youtubeでは、ネイルサロンの内装やDIYなどの動画をたくさん見ることができます。実際に自宅をDIYでネイルサロンに改装している動画やネイルサロンのルームツアー、店舗を改装したインテリアデザインの動画などもあり参考にできます。

ルームクリップやピンタレストと違い、動画で見られる上に音声の説明もあったりするので、特にDIYをしたい方には参考元としてわかりやすいですね。(※3)

ネイルサロンにあると嬉しいサービスをまとめた以下の記事も参考にしてみてください。
ネイルサロンにあるとうれしいサービスでリピート率アップ

ネイルサロンのインテリア用品がそろうおすすめのショップ

ネイルサロンのインテリア用品がそろうおすすめのショップ

インテリアの方向性が決まったら、家具や雑貨をそろえていきましょう。ここからはネイルサロンで使える家具などがそろうおすすめのショップをご紹介していきます。

イイネイルドットコム

ネイル用の収納用品や家具、ツールなどがそろうショップです。ネイルサロンにおすすめの収納棚、椅子などを選ぶコツも詳しく紹介されています。

適切なデスクの高さや奥行きなどをイラスト付きで解説しているほか、見落としがちなコンセントとの距離や床材との相性なども紹介されていてとても親切なサイトです。(※4)

ikea(イケア)

いわずとしれた北欧家具をリーズナブルなお値段で販売しているショップ。手に入りやすい価格で、オシャレなものが豊富にあるのが使いやすいポイントです。ショールーム風の展示は、見ているだけでもインテリアのアイデアが浮かんでくるかもしれません。

家具だけでなく雑貨やインテリア小物、照明などもたくさんあるので、お部屋の演出に使えるものが見つかりそうです。(※5)

セブンビューティー

美容系の総合専門サイトです。ネイルの商材や家具も豊富にあり、お役立ちコラムなども参考になります。

韓国・中国にも法人サイトがあり、とにかく豊富な品揃えがおすすめのポイントです。ネイルチェアやスツールもいろんなジャンルから選べます。(※6)

ネイルサロン向けの機能があるリザービアでは経営の相談もできる

ネイルサロン向けの機能があるリザービアでは経営の相談もできる

ネイルサロンは、他の美容サロンと比較して大がかりな機材などの準備がいらないことや広いスペースも必要ないことから、個人が開業しやすいといえます。その一方で、10年以内に閉店するネイルサロンも多く、長く愛されるサロンにするためには工夫が必要です。

ネイルサロンに必要な機能がついている予約システム「リザービア」では、経営の相談にも電話やメールでのってくれるほか、チャットでも24時間相談することができます。

開業の際には、是非一度ご検討ください。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

参考サイト:
※1:roomclip(ルームクリップ)
※2:pinterest(ピンタレスト)
※3:youtube(ユーチューブ)
※4:イイネイルドットコム
※5:ikea(イケア)
※6:セブンビューティー

A’staff Cloud Smart
SALON CARD
PAGE TOP