ネイルサロンの広告方法10選パーフェクトガイド!宣伝の重要ポイントや注意点も紹介!

ネイルサロンの広告出稿
作成日
更新日

ネイルサロンをオープンしたのになかなかお客様が集まらない…その原因のひとつとして挙げられるのは宣伝や広告不足です。宣伝、広告は出しているのに効果が出ていないと感じられるときは、宣伝の仕方、広告の出し方に問題がある可能性も。

ネイルサロンの宣伝方法、広告の出し方は多様であり、それぞれに目的や効果が異なります。今回の記事では、ネイルサロンの集客を高める広告方法10選と、各広告方法における注意点、ポイントについて見ていきましょう。

ネイルサロンの店舗数について

ネイルサロンの店舗数について

全国でのネイルサロンの店舗数は年々増加傾向にあり、2018年は28,150店舗だったのが、2020年では30,450店舗にも増えると予測されました。とりわけ都市部では店舗数が多く、競争率が激しくなっているのが現状です。今後も、撤退数よりも新規参入のほうが上回る傾向が続くとみられています。

働き方としては、自宅で開業する人、店舗なしで出張ネイルとして働く人などさまざまな形があり、それだけライバルも多いようです。

競争激化のネイルサロンは広告・宣伝が集客に必須!

ただでさえ競争の激しいネイルサロン業界ですが、近年はコロナの影響で人出が減り、倒産する店舗も多くなっています。現在コロナのピークは過ぎたとみられ、客足は戻りつつありますが、それでも全体としての客数が以前の状態に戻るには、まだまだ時間がかかるでしょう。

ネイルサロンの倒産で注目したいのが、店舗の規模です。倒産した店舗の9割は中小零細企業・個人事業主であり、業歴が10年に満たないケースがほとんどでした。競争率の激しさとコロナ禍の影響で、中小零細・個人規模のネイルサロンにとっては非常に厳しい状況が続いています。

ネイルサロン業界で生き残るには、これまで以上に広告、宣伝に努め、集客やリピーターを安定させる必要があるといえるでしょう。

ネイルサロンが広告集客をおこなううえでの重要なポイントとは?

ネイルサロンが広告集客をおこなううえでの重要なポイントとは

「自身のネイルサロンを宣伝したいけど、どういう方法が効果的なのかわからない」「広告・宣伝をしたのに、なかなかお客が集まらない」という人も多いのではないでしょうか。広告・宣伝をしているのにお客様が集まらないのは、広告・宣伝方法の選び方、ツールの使い方の不充分さが原因かもしれません。

新規顧客の増加、リピーターを安定させるためにどのような広告・宣伝をおこなうべきなのか、そのポイントについてくわしく見ていきましょう。

1.ターゲットの明確化

ネイルサロンのターゲットは基本的に女性です。しかし、他店よりも集客を上げるには、ターゲットをより具体化し、顧客がどのような人物なのかというこまかなペルソナ設定まで落とし込むことが重要となります。

ネイルサロンの顧客の中心は20代から30代の女性です。とはいえ、年齢層だけでは大まかすぎるので、そこからさらにターゲット像を絞っていきましょう。既婚・未婚、職業、年収、家族構成、住んでいる地域、趣味・嗜好、悩み、好きな美容雑誌、さらにネイルをする目的、好みとするネイルデザインやネイルカラーなどで切りわけ、どの客層をメインターゲットに据えるかを決めます。

施術を提供したいターゲット像を明確にできれば、どのような広告を打てばよいかということも、ごく自然と定まるでしょう。

2.市場分析

広告の発信においては、どの範囲まで宣伝をするかという点は重要なポイントです。顧客の多くは利便性や通いやすさを求めていますから、単に宣伝の範囲を広げても遠い場所からは足を運んでくれないことが多いです。そのため、費用対効果という点ではエリア(地域)を限定して広告発信をしたほうがよいでしょう。

広告を発信する前のくわしい市場分析も必須です。店舗のあるエリアには何件競合しているか、商圏範囲はどこまでか、最寄り駅はどこか、時間帯で人の流れはどのように変化するか、といった点を徹底的に調査したうえで、どの範囲で宣伝するかを決めていきます。

広告を出すには費用がかかりますから、ポスティングおよびWEB広告では費用対効果をしっかり考えた範囲設定(半径何キロまでおこなうか)をすることが大切です。

3.広告媒体・手法選び

ネイルサロンの広告媒体・手法はさまざまです。アナログ的な手法としては、チラシ配り、フリーペーパーへの広告掲載、DMの発送などがあげられます。デジタル広告としては、SNS(InstagramやTwitter)、ブログからの発信、WEB広告などです。当然ですが、どの広告媒体や手法を選ぶかで費用対効果も大きく変わってきます。

スマホが普及した現代では、デジタル広告をメインに据えているネイルサロンが多いです。同じデジタル広告でもネイルサロンの場合、できればビジュアルをアピールできる媒体を選ぶのがおすすめです。

たとえば、SNSであれば、TwitterよりもInstagramのほうがビジュアルをアピールしやすくなります。宣伝ツールを選ぶ際は、広告の効果測定ができるかどうかという点を重視するのもよいでしょう。

4.魅力を紹介

アナログ広告であれ、デジタル広告であれ、自身のネイルサロンがいかに優れているかということが伝わらなければ、顧客の獲得にはなかなかつながりません。単に技術的なことだけではなく、店内の雰囲気・居心地の良さ、スタッフの質・対応の良さ、サービスやキャンペーンの豊富さなどさまざまな点で魅力を最大限にアピールすることが大切です。

ネイルサロンの利用者は、料金の安さを重視する人もいれば、施術の質の高さ・ネイルデザインの豊富さを重視する人もいます。また、「非日常的な空間でひとときを過ごしたい」という理由から、店内の雰囲気やスタッフの対応を重視する人もいます。

自身のネイルサロンはどの点が強みであり、またなにが他店にはない魅力なのかということを広告でしっかりアピールするようにしましょう。


無料
ネイルサロンの集客を最大化させる為に予約アプリの資料請求する

アナログ広告のメリット・デメリット

ナログ広告のメリット・デメリット

ネイルサロンのなかには、デジタル広告だけでなくアナログ広告に力を入れているお店もあります。インターネットが普及した現代で、アナログ広告にはどのようなメリット・デメリットがあるのかを解説していきます。

アナログ広告のメリット

アナログ広告のメリットのひとつとして、特定のエリアに住んでいる人に広告を確実に届けられるという点が挙げられます。たとえば、新聞は毎日必ず配達されるものですから、新聞広告を載せれば特定のエリア(新聞が配達されるエリア)におけるネイルサロンの認知度が高くなるでしょう。新聞の折り込み広告の場合でも同様です。

アナログ広告の手法としては、ポスティングも有効な手段です。ポスティングの場合、チラシを配るエリアを自由に決められますし、チラシ配りの時間・量も自身の都合に合わせられます。こうしたアナログ広告は、その地域に住んでいる人、その地域で通勤通学している人への認知度および集客のアップに効果的です。

アナログ広告のデメリット

アナログ広告の大きなデメリットとしては、若い世代の目に触れにくいことが挙げられるでしょう。ネイルサロンのおもなターゲットは20代から30代の女性になりますが、これらの年代の多くはネットで情報を収集します。

ただでさえ紙媒体の需要が少なくなっているなかで、新聞広告や折り込みチラシなどのアナログ的手法では若年層に対する集客効果は低いといえるでしょう。

新聞への広告掲載や折り込みチラシの制作には費用がかかりますが、コストの割に若年層の集客効果が期待できないのが、アナログ広告の一番のネックです。ポスティングの場合も、投函されたチラシが子世代の目に届かず、親世代で破棄されてしまう可能性もあります。

アナログ広告は、広告の効果がどのくらいあったかという測定がむずかしい点もデメリットです。

デジタル広告のメリット・デメリット

デジタル広告のメリット・デメリット

現在、多くのネイルサロンではデジタル広告をメインに据えて宣伝、広告をおこなっています。若い世代の多くはネットから情報を得ているので、デジタル広告は時代にもっとも適した広告手法といえるでしょう。ここからは、デジタル広告のメリット・デメリットについてみていきます。

デジタル広告のメリット

デジタル広告のメリットとしては、まず低予算で宣伝が可能という点があげられます。SNSやブログなどの利用は基本的に無料ですから、そうしたネットサービスをうまく活用すればほとんどコストをかけずに集客が可能です。アナログ広告に比べて費用調整が比較的容易であり、配信や停止も自身の都合で自由におこなえるのも魅力といえます。

デジタル広告は、アナログ広告に比べて若年層が目にする頻度が非常に高いというのも大きなメリットです。若年層においてネットは日常生活の一部になっていますから、目に入りにくいアナログ広告よりも、費用対効果の面で期待値が高くなります。

また、WEB広告の場合は、明確な効果測定が可能なので、PDCAでの改善がしやすいというのもメリットです。

デジタル広告のデメリット

インターネットの利用が当たり前になっている現代においても、インターネットを利用していない層は何割かいます。しかし、インターネットの利用率は20歳から29歳で98.5%、30歳から39歳も98.2%です。ネイルサロンのメインターゲットが「20代から30代の女性」ということを考えると、この点はデメリットになりません。

とはいえ、SNSなどのネットのツールを利用したからといって確実に集客が高められるという保証はありません。高い頻度で更新していく必要がありますし、お客様(顕在顧客)とのコミュニケーションも大事になります。

WEB広告も同様ですが、ツールやサービスの有効な使い方を知らなければ、高い宣伝効果は期待できません。

ネイルサロンの広告方法10選!各注意点も紹介!

ネイルサロンの広告方法10選!各注意点も紹介!

アナログ広告であれデジタル広告であれ、うまく活用できれば新規顧客およびリピーターの増加を実現できるでしょう。ネイルサロンにおける効果的な広告方法10選と、それぞれの広告の注意点を解説していきます。

1.チラシ

チラシはアナログ広告のなかでも、反応率がよい手法です。反応率というのは、チラシやDMを見て実際に行動を起こした割合のこと・チラシの場合チラシを受け取ってから来店したり、問い合わせの電話をかけたりといった反応が比較的よい傾向があります。

訴求性の高いチラシは、新規顧客やリピーターの獲得だけでなく、企業の認知力やブランド力の向上にもつながります。

チラシの注意点

チラシ作りで注意したいのが、チラシ全体のデザインです。色使い、書体、文字の加工、写真の入れ方などによって見る人の印象が大きく変わります。そのため、チラシを作成する場合はデザインセンスのすぐれた業者に依頼するのがおすすめです。

チラシには自身のネイルサロンのコンセプトや強み、技術力や経験値の高さ、ネイルデザインの種類、キャンペーン(クーポン)などをビジュアルとともに掲載し、訴求性を高めていきましょう。チラシの作成には印刷代がかかるので、どれくらいの枚数にするかという点も注意する必要があります。

2.交通広告

交通広告は、各種交通機関(電車・バス・新幹線・飛行機など)または交通関連施設(駅構内など)を利用して、看板やポスター、ステッカーなどを掲出する広告手法のことをいいます。

交通広告の大きな特徴は、「反復訴求効果」が高いということです。通勤・通学においては基本的に毎日同じ交通機関・交通施設を利用しますから、それだけ掲出された広告を目にする回数が多くなります。同じ広告を繰り返し目にすることで、ブランドの認知度アップや集客につながりやすくなるということです。

交通広告の注意点

交通広告は、公共の交通機関または交通施設を利用した広告なので、広告を出すには審査に通る必要があります。審査で広告の内容が不適切であると判断された場合は、作り直して再審査を受けなければなりません。審査にはある程度の時間がかかるため、すぐに広告を出稿したいという場合、交通広告は向きません。

交通広告は大手企業が利用しているケースが多いので、訴求性やインパクトの足りない広告だと、他社との差別化が図れずに埋もれてしまう可能性があります。交通広告ではビジュアルやキャッチコピーで、いかに印象に残せるかという工夫が求められるのです。

3.店頭看板

店頭に看板を設けるというのは昔からよく見られる広告方法で、お店の存在を瞬時に知ってもらうための有効な手段といえます。ネイルサロンの場合、個人であれば自宅やマンションの一室で営業することも多いので、通行人に自身の店舗の存在を知ってもらうために店頭看板を設置すれば一定の効果が期待できるでしょう。

看板は一度作ってしまえばそれ以外にコストはかからず、設置しているあいだは継続的な集客効果が望めます。

店頭看板の注意点

看板製作においては、「どんなお店なのか」ということが明確にわかるようにすることが大切です。そのうえで、お店の特徴(コンセプトなど)をしっかりとアピールする内容の看板にしましょう。

顕在的な顧客はビジュアルを通してお店のイメージをつかむことが多いので、看板には店内の雰囲気がわかる写真を一緒に載せるのがおすすめです。ほかにも、ネイルデザイン、ネイルカラー、メニュー、価格などの掲載も顧客の検討材料になります。

4.のぼり旗広告

のぼり旗広告は、店頭看板と同様にお店の存在を通行人に瞬時に知ってもらえる広告方法です。旗なので、看板よりもコストが低いというメリットがあります。単にお店の存在を知らせるだけでなく、実施中のキャンペーン、イベントなどを宣伝する場合にも有効な手段です。

また、のぼり旗広告は1本よりも複数本立てたほうがインパクトは強く、宣伝効果もより高まります。看板とは違い、設置場所をいつでもすぐに変更でき、また設置方法も容易に工夫できるのがのぼり旗広告のよさです。

のぼり旗広告の注意点

のぼり旗広告は、店舗の敷地のなかであれば、どのように設置しても問題ありません。しかし、歩行者や車の通行の妨げになる形での設置は避けなければなりません。また、その場所が観光地や景観地であったりすると、のぼり旗広告の設置自体が禁止されていることもあります。

禁止されている場所でのぼり旗広告を設置すると、是正勧告または罰金などの処分を受ける可能性も。のぼり旗広告を設置するときは、店舗があるエリアの条例を事前に確認しておきましょう。

5.検索型広告

検索型広告は、ユーザーが特定のキーワードを検索した際に、検索結果のページ内にテキスト広告が表示される広告方法です。広告オーナーが決めた検索語句をユーザーが検索することで、広告が表示される仕組みとなっています。

「OLさん向けネイルサロン」「○○駅近くのネイルサロン」といった具体的な内容でターゲティングが可能であり、ターゲットにしたい顕在顧客の集客につながりやすいのがメリットです。

検索型広告の注意点

検索型広告でいちばん注意すべきポイントは、キーワード選定とユーザー属性の決定です。ネイルサロンの場合、メインのターゲットは女性であるため、女性に絞ったキーワード選定とペルソナの想定が重要です。

単に女性に絞るだけでなく、年齢層や職業、地域、利用する目的、好みのデザイン・カラーといった、より具体的なターゲット像(ペルソナ)を想定して絞ることで、顕在顧客をより獲得しやすくなります。

6.ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、WEBサイトやブログ、アプリ上に設けられた広告枠にテキスト・画像・動画などを載せて広告をおこなう方法です。広告はバナーで表示されることが多いので、バナー広告とも呼ばれます。

ディスプレイ広告は、自身のネイルサロンの認知度を向上させたり、クリックでホームページへ誘導させたりと、さまざまな目的で利用可能です。検索型広告とは違い、画像・動画広告がメインなので、ビジュアルイメージが重要なネイルサロンの広告に向いています。

ディスプレイ広告の注意点

ディスプレイ広告がユーザー(顕在顧客)にとって価値あるものとなるには、ユーザーが閲覧しているサイトのコンテンツと広告の内容をできるだけマッチさせなければなりません。ネイルサロンのディスプレイ広告であれば、美容関係のサイトに広告が表示されていれば違和感はなく、クリック率も高まるでしょう。

ディスプレイ広告では広告の配信先を慎重に検討し、ユーザーが価値を感じる広告にすることが大切です。

7.Youtube広告

YouTube広告は、YouTubeにアップされた動画内に掲載される広告です。YouTube広告はGoogle広告から出稿できます。YouTubeは日本国内ではもっともユニークユーザーの多いSNSであり、動画に広告を出すことでブランドの認知度や集客を高められるでしょう。

YouTube広告の種類は、「予約型広告」と「運用型広告」のふたつがあります。予約型広告は、事前に予約登録をして広告を出す方法です。運用型広告は、事前予約なく短期間に広告を配信できる方法で、広告の時間などこまかなハンドリングが可能です。

YouTube広告の注意点

ユーザーにとっては、動画を楽しみたい最中に広告が表示されるのは、あまりよい気持ちはしないでしょう。しかし、訴求力のある動画広告であればユーザーも最後まで閲覧し、クリックする可能性が高くなります。

Youtube広告の出稿で重要なポイントは、ユーザーがいかに興味を持ってくれる動画(スキップさせない動画)を作成できるかということです。動画の内容でクリック率は大きく変わるということを理解しておきましょう。

8.Facebook広告

Facebook広告は、Facebookのページ内に掲載する広告のことです。日本国内におけるFacebookの利用率は全年代で見ると31.9%となっており、年齢で見ると30代のユーザーが48%と最も多く、10代の利用率は19%と低い傾向があります。20代、30代の女性をメインターゲットとするならば、Facebookへ広告を出すのは有効な手段といえるでしょう。

この広告では、画像広告から動画広告、スライドショー広告、カルーセル広告といったさまざまな広告フォーマットがあるのが特徴です。

Facebook広告の注意点

上述したように、Facebook広告にはさまざまなフォーマットがあります。選択するフォーマットによって広告の効果も大きく違ってくるので、ABテストで効果をしっかり測ることが大切です。

ネイルサロンの広告をFacebookへ出す場合、ネイルサロンに適するユーザー属性設定と興味関心設定をおこなうとともに、より集客効果が期待できるフォーマット選択が成功のカギとなります。

9.Instagram広告

Instagram広告はInstagramに掲載する広告のことです。写真広告、動画広告、カルーセル広告のほか、Instagram特有のストーリーズ広告など多様な形で広告を配信できます。

Instagramは写真・動画などを投稿し、ビジュアルを強調したいときに活用できるSNSです。この点でみると、ネイルデザインやネイルカラー、お店のイメージなどの発信が重要になるネイルサロンと相性のよいSNSといえるでしょう。

また、Instagramは女性からの人気が高いSNSであり、とくに20代から30代の女性ユーザーの割合が非常に多いというのもポイントです。

Instagram広告の注意点

Instagramで広告・宣伝をしているネイルサロンの数は非常に多く、競合率も高いです。ほかのネイルサロンと差別性を出し、いかに魅力的でオシャレな画像・動画を発信できるかが成功のカギとなります。

ハッシュタグをつけて宣伝をするネイルサロンは山ほどあります。そのなかでユーザーのクリック率を大きく上げるには、ハッとさせるようなオリジナル要素の高い画像・動画の投稿が必要です。

10.Twitter広告

Twitter広告は、Twitter上に掲載する広告のことです。Twitter広告の大きな特徴としては、広告の目的やキャンペーンに合わせたフォーマット選択が可能であるという点があげられます。

キャンペーンの詳細設定から広告の種類、ターゲティングの設定まで、すべてTwitter上に用意されたフォーマットを利用してかんたんに出稿することが可能です。

Twitter広告の注意点

Twitter広告では、性別ターゲティングや地域ターゲティングなどの設定を間違えないことが重要なポイントになります。性別・年齢・地域・趣味関心などで適切なターゲティングをしなければ、思ったほどの広告効果が得られないこともあるからです。

Twitter広告は、おもにテキスト広告、画像広告、動画広告、Twitterカードの4種類になりますが、ネイルサロンはビジュアルとイメージの発信が大切になるので、テキスト広告以外の広告方法が推奨されます。

ネイルサロンの集客は無料でも可能

ネイルサロンの集客は無料でも可能

アナログ的な広告であれば、ある程度の広告費用がかかってしまうことは否めません。しかし、SNSなどのWEBサービスを利用すれば、低予算または無料で効果的に宣伝をおこなえます。

大きく広告費用をかけられない場合は、無料で可能なSNSマーケティングの導入を検討してみましょう。とくにInstagramはネイルサロンの宣伝と相性がよく、コツさえ掴めば大きく集客を伸ばすことも可能です。

ほかのネイルサロンと差別化を図り、ユーザーの目を惹きつける魅力的なビジュアルの発信によって集客増加を目指してみましょう。

インスタ連携予約
  • 新規の集客をしたいネイルサロン
  • インスタグラムの更新を頑張っているサロン
  • インスタ集客を最大化したいサロン
  • 予約管理は楽に行いたい方


無料
かんたん30秒で資料請求

まとめ

個人事業主や中小零細のネイルサロンの場合、広告に大きな費用がかけられないということも多いはずです。そういうときは、まずは無料で使えるWEBツールを積極的に利用して広告・宣伝をしていきましょう。Twitter、Instagram、Facebookなど複数のSNSを同時に活用することで、より集客を高められます。

WEBツールはSNS以外にもさまざまなものがあるので、自身のネイルサロンに適したツールを導入して集客増加や運営の効率化を図ってみてください。

 

引用元サイト
総務省 令和2年通信利用動向調査の結果
経済産業省 第4回サービス産業×生産性研究会事務局説明資料
総務省 令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 報告書

BMS
インスタ連携予約
PAGE TOP