インスタグラムのクリエイターアカウントとは?ビジネスアカウントの違いは?|機能や設定方法も紹介

インスタグラム クリエイターアカウントとは?
作成日
更新日
インスタ連携予約
  • インスタグラムで集客したい方
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

インスタグラムでは、集客でも活用できるクリエイトアカウントというものが存在しています。実はインスタグラムにはビジネスアカウントもあるのですが、ビジネスアカウントとはどのような違いがあるのでしょうか。

今回はクリエイトアカウントとはどんなアカウントなのか、そして利用するうえでメリットやデメリットはあるのかをご紹介します。

インスタグラムのクリエイターアカウントとは?

インスタグラムのクリエイターアカウントとは?

著名人からインフルエンサー、クリエイターなどの使用を対象にしたプロアカウントのひとつが、クリエイターアカウントです。そもそもこのアカウントは、インスタグラムで活動しているインフルエンサーに向けて作られたアカウントといわれています。

インフルエンサーが増えてきたことで、ビジネスとパーソナルな部分を切り離して自由に活動できる環境を整えるために生まれました。現在ではインフルエンサー以外の方も、さまざまな用途のためにこのアカウントを使用しています。

プロアカウント・ビジネスアカウントとの違い

プロアカウントとは、ビジネスでインスタグラムを活用したい人におすすめのアカウント設定です。クリエイターアカウントとビジネスアカウントの総称で、これらをまとめてプロアカウントと呼びます。

ビジネスアカウントとクリエイターアカウントの違いがいくつかありますが、まず異なるのは登録できる人です。クリエイターアカウントは誰でも登録できますが、ビジネスアカウントは名前のとおりビジネスをやっている人しかできません。同じプロアカウントでも、ここに大きな差があるといえるでしょう。

次に、運用できる幅の広さです。ビジネスアカウントにはショッピング機能があり、アクションボタンも豊富です。しかし、クリエイターアカウントでは、使えるアクションボタンが限られています。

プロアカウントのメリットは?プロアカウントでできるようになること

プロアカウントのメリットは?

プロアカウントに変更することで、個人アカウントではできなかったさまざまなことができるようになるため、サロン集客にも活用できます。ここからは、プロアカウントを作成することでどのようなメリットがあるのかを確認しておきましょう。

クリエイターアカウントでできるようになること

プロアカウントのなかでも、クリエイターアカウントにフォーカスを当てていきましょう。クリエイターアカウントにすることでどんなことができるのか、登録したサロン側にはどのようなメリットがあるのかをくわしく解説します。

インサイト(分析)機能を使える

クリエイターアカウントが使えるインサイト機能では、自分のアカウントについての分析ができます。自分のフィード投稿やストーリーズ、リールなどを1回以上閲覧したフォロワーなどのアカウントの合計数を確認できるのが特徴。

ほかにも詳細ページでは、過去7日間(もしくは30日間)にリーチしたアカウントの内訳やインプレッション数、さらにはコンテンツに接触したユーザーの内訳まで調べられます。この機能を活用することで、集客したい客層に合わせて投稿内容を吟味していくことが可能です。

ブランドコンテンツ広告を使える

ブランドコンテンツ広告とは、クリエイターが作成した投稿を企業が広告として使用できる機能です。この機能はクリエイターアカウントにしかなく、ビジネスアカウントでは使えません。

消費者目線で作成されているので、クオリティの高い広告として配信できます。ただし、自分で広告を作成するのではなく、ほかの人の投稿を使用しての広告出稿を検討している場合は、クリエイターアカウントではなく、ビジネスアカウントを使用しなければなりません。

予約投稿ができる

通常ポストとIGTVで、予約投稿ができます。クリエイターアカウントはもともと予約投稿ができず、予約投稿ができるのはビジネスアカウントのみでした。しかし、2019年9月からはクリエイターアカウントでも予約投稿ができるように変更されています。

これまではアクセス数が増える時間に、仕事を中断してまで投稿するコンテンツを作成しなければなりませんでした。予約投稿を可能にしたことによって仕事の時間に左右されずに投稿ができるようになったので、より仕事と広告運用を両立しやすくなっています。

ただし、予約投稿はインスタグラムのアプリからはおこなえません。Facebookが提供する「クリエイタースタジオ(Creator Studio)」というサイトを利用して、予約投稿をする必要があります。

電話・メールのボタンが設置できる

プロアカウントでは、電話やメールのボタンを設置できます。電話やメールのボタンを設置することで、インスタグラムを見たお客様は投稿を見てすぐにサロンへ連絡できるようになるので、効率よく集客へとつなげることが可能です。

電話やメールのボタンの設置は、インスタグラムのホーム画面にあるプロフィール編集からおこなえます。連絡先情報を変更、削除するときも同じページから編集しましょう。

ショッピング機能が使える

ショッピング機能とは、インスタグラムの各投稿から商品の詳細を確認して、購入ができる機能です。

投稿した写真に商品をタグ付けしておくと、ユーザーが商品タグをタップしたらインスタグラム内の「ショップ」ページに誘導できます。そのページから外部サイトへと飛ばすことで、購入へと誘導することが可能です。数回のタップでかんたんに商品の購入へ誘導でき、この手軽さがメリットといえます。

オーガニックの投稿を広告として利用できるので、広告費をかけずに、お客様を自社の外部サイトへ誘導できるため、コストをかけずにサロンの売り上げを伸ばせるでしょう。

ビジネスアカウントでできるようになること

同じプロアカウントですが、なかにはビジネスアカウントでしかできないこともあります。つづいては、ビジネスアカウントでしかできないことを確認しておきましょう。

予約ボタン・道順の設置ができる

ビジネスアカウントでは、予約ボタンの設置ができます。予約ボタンとはアクションボタンのひとつで、ボタンをタップすることで外部サイトへと連携し、予約の登録ができるものです。連携しているサイトが限られるので、ふだん自社で活用している予約サイトと連携ができないこともあるでしょう。

しかし、少しずつですが連携できるサイトが増えてきているので、いずれは自社で活用している予約サイトとも連携ができるようになる可能性もあるかもしれません。

クリエイターアカウントにするデメリットは?

クリエイターアカウントにするデメリットは?

とても多くのメリットがあるクリエイターアカウントですが、もちろんデメリットもあります。ここからは、クリエイターアカウントを作成することによるデメリットをご紹介します。

アカウントの非公開(鍵アカウント)ができない

クリエイターアカウントは、非公開設定にすることは不可能です。サロンの集客のために使用するので非公開設定にする必要はないと思うかもしれません。

しかし、なかには自分だけが覚えておきたい情報やプライベートな内容を残したいと考える方もいるはずです。そのため、そういった方にとってはデメリットになるでしょう。

クリエイターアカウントに変更する方法

すでにインスタグラムのアカウントを持っていれば、そのアカウントをクリエイターアカウントに変更することが可能です。ここからは、今持っているアカウントをクリエイターアカウントに変更する手順をご紹介します。

プロアカウントに切り替える

すでに持っているアカウントをプロアカウントへ切り替えるなら、まずプロフィールの「≡」をタップします。そして、「設定」をタップするとアカウントの設定が可能です。

このページの最下層に、「プロアカウントに切り替える」というところがあるので、ここをタップしてください。これで個人のアカウントがプロアカウントに切り替わります。

アカウントタイプを切り替え

今持っているアカウントがすでにプロアカウントの場合、アカウントのタイプを切り替える必要があります。アカウントのタイプを切り替えるためには、まずプロフィールの「≡」をタップして、そのなかに表示される「設定」をタップしましょう。

すると、このページの最下層には「アカウントタイプを切り替え」と表示されます。ここをタップし、「クリエイターアカウントに切り替え」を選択すればアカウントの切り替えが完了する仕組みです。

プロフィールページからダイレクトに予約画面にいける予約システム

インスタプロフィールページから予約

集客できるお店づくりを支えているリザービアでは、インスタグラムを活用しての集客をサポートしています。リザービアではハッシュタグとの紐づけができたり、投稿から予約画面にダイレクトに進めたりする予約システムを活用することが可能です。

ここでは、リザービアを利用することでどのような効果が得られるかをご紹介します。

プロアカウントと予約システムで集客に相乗効果

新規のお客様の予約ハードルを下げてくれるリザービアのシステム。お客様にとっては予約が楽にできる、指名がしやすいなど、あらゆるメリットがあります。リザービアとインスタグラムのプロアカウントを活用することで、双方で集客の相乗効果を生み出すことが可能です。

集客にSNSを活用していきたいというサロンでは、リザービアとインスタグラムの両方を活用してサロンの運用をしていきましょう。

インスタ連携予約
  • インスタグラムで集客したい方
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

プロアカウントのメリットを最大限に生かした運用をしよう

プロアカウントを活用することでお客様が手軽にサロンについての情報を入手でき、サロンに行きたいと思ったタイミングに数回のタップをするだけで予約が完了できます。

広告の効果も高いので、サロン集客にSNSを活用したいというサロンには使っていただきたいアカウントです。プロアカウントと予約システムであるリザービアの両方のツールをうまく活用して、それらの強みを最大限に生かした運用をしてみてはいかがでしょうか。

リザPOS
A’staff Cloud Smart
PAGE TOP