サロンにキャッシュレス決済を導入しよう!選ぶときのポイントや代表的なシステムの比較を紹介

サロンにキャッシュレス決済を導入しよう!選ぶときのポイントや代表的なシステムの比較を紹介
公開日
更新日

キャッシュレス決済は今や街中のあらゆる店で採用されており、使えるか使えないかでその店の利用を決めるお客様も増えています。そのため、キャッシュレス決済導入を検討しているサロンも多いのではないでしょうか。

そこで、キャッシュレス決済の概要や方法をお伝えするとともに、導入におけるメリットや注意点も解説します。具体的なキャッシュレス決済の例も比較しやすいように紹介するので、ぜひ自店に合ったものを導入してみてください。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは
キャッシュレス決済とは、名前の通り現金なしで決済を行う方法のこと。長年主流だった現金での支払いは、時代の変化にともない減少してきています。

かつては「キャッシュレス決済=クレジットカード決済」で、入金が遅い・美容業は手数料が高いなど、導入のハードルが高い傾向がありました。しかし、現代は決済の種類も増え、政府の政策などにより導入しやすくなっています。

美容サロンでも、キャッシュレス決済に対応することで現金払いを避けたいお客様を取り込むことができ、結果として機会損失を減らすことが可能です。とくに若い世代を対象とするサロンでは、今後キャッシュレス決済の導入は不可欠といえるでしょう。

キャッシュレス決済の方法

キャッシュレス決済の方法
ここでは、キャッシュレス決済にはどんな方法があるのかを紹介します。

クレジットカード決済

クレジットカード決済とは、クレジットカードで支払ってもらう方法です。月ごとの利用金額がまとめて銀行口座から引き落とされます。

ちなみに、クレジットとは「信用」という意味で、利用者を信用してクレジットカード会社が代金を立て替えてくれ、利用者が後払いを行うという形式です。JCB・Diners Club・VISAなどのブランドがあります。

QRコード決済

QRコード決済は、店のQRコードをお客様がスマートフォンで読み取る、またはお客様のスマートフォンに表示されるバーコードを店が読み取ることによって決済する方法。具体的な種類は、PayPay・au Pay・d払いなどです。

事前に銀行口座やコンビニの機械などから現金をチャージして使うほか、後払いする場合もあります。

電子マネー決済

電子マネー決済は、専用ICカードやスマートフォンアプリにチャージした金額内で決済を行う方法です。ICOCA・はやかけんなどの「交通系」と、楽天Edy・nanacoなどの「流通系」があります。

キャッシュレス決済を導入するメリット

キャッシュレス決済を導入するメリット
つづいて、サロンでキャッシュレス決済を導入することにはどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

会計をスムーズにできる

キャッシュレス決済を導入すると、会計がスムーズになります。従来の現金払いの場合、レジ打ちや金銭授受に時間がかかり、お客様をお待たせすることも。しかし、キャッシュレス決済ならスマートに会計が済み、現金の受け渡しミスなどもなくなります。

さらに、キャッシュレスで支払われた金額は自動で集計されるため、現金集計の手間も削減できるなど、業務の効率化にもつながるでしょう。

売上のアップが期待できる

キャッシュレス決済の場合、お客様は所持金を気にせずにサロンを利用することが可能。そのため現金よりも客単価が上がりやすく、高額サービスなども利用してもらいやすいので、売上アップを狙えます。

また、購買履歴などの売上データを分析することによって、施策の見直しや新たな戦略の計画など、業務改善につなげることもできるでしょう。

集客につなげることができる

世の中でキャッシュレス決済を選ぶお客様が増えているほか、海外からの観光客は現金を持ち歩かないことも多いため、集客の一環としても役立ちます。キャッシュレス決済を導入していることで、他店との差別化も図れるでしょう。

キャッシュレス決済を導入するときの注意点

キャッシュレス決済を導入するときの注意点
メリットとあわせて、キャッシュレス決済導入の注意点も知っておきましょう。

売上の入金まで時間がかかることがある

キャッシュレスで支払われた売上金は即入金されるわけではなく、月に1~3回程度、まとめて入金されるケースが多いです。そのため、入金日を考慮して、店舗運営に必要な現金を管理しておく必要があります。

なお、どうしても早く現金が必要な場合、申請すると短期間で振り込んでもらえるシステムも。手数料はかかりますが、いざというときには便利です。

初期費用や決済手数料などのコストがかかる

キャッシュレス決済システムの導入にあたり、初期費用や月額利用料がかかる場合があるほか、決済のたびに決済手数料も必要です。料金体系は利用するシステムによってさまざまなため、あらかじめどの程度の費用が必要なのかを確認しておきましょう。

システムの使い方を覚える必要がある

それぞれの支払い方法に応じたシステムの使い方を、スタッフに覚えてもらう必要があります。マニュアルなどを整備し、会計時にお客様をお待たせしないよう、スムーズに操作できるようにしておきましょう。

キャッシュレス決済システムを選ぶポイント

キャッシュレス決済システムを選ぶポイント
キャッシュレス決済システムにはいろいろな種類があるので、選び方も重要です。3つのポイントをチェックしましょう。

利用したい決済方法に対応しているか

自店のお客様の傾向を考慮して、クレジットカード決済やQRコード決済など、お客様のニーズの高い決済方法に対応しているものを選ぶことが大切です。複数の決済方法を利用できるシステムもあり、お客様の支払いの選択肢を増やしたい場合に便利でしょう。

初期費用や決済手数料が負担にならないか

導入時の費用やランニングコストも見逃せません。初期費用や月々の利用料、決済手数料などを確認し、経営の負担にならないものを選びましょう。

システムによっては初期費用などが安くなるキャンペーンを行っている場合もあるので、お得なタイミングで導入すると負担が少なくなります。

売上の入金までどれくらいかかるか

売上の入金サイクルは利用するシステムによって変わるため、事前にチェックしておくことが大切です。また、売上入金時に振込手数料がかかる場合もあります。希望の銀行に振り込んでもらう場合の手数料を確認しておきましょう。

代表的なキャッシュレス決済システムを比較

代表的なキャッシュレス決済システムを比較
最後に、代表的なキャッシュレス決済システムとして3つ紹介します。特徴をもとに比較・検討してみてください。

1.stera pack

stera packは、コンパクトなオールインワン端末でスムーズに決済できるシステム。VISA・Master Cardなどのクレジットカード、iD・TOICAなどの電子マネー、メルペイ・ゆうちょPayなどのQRコード決済と、30種類以上の決済方法に対応。

「お試しプラン」は初期費用0円ではじめられ、通常3,300円の月額費用も13カ月目まで無料です。決済手数料は3.24%、入金サイクルは月2回もしくは6回。振込手数料は三井住友銀行なら無料、その他の口座へは220円かかります。

さらに、stera packはPOSシステム「A’staff Cloud Smart」との連携が可能。予約管理システム「リザービア」も連携でき、予約から顧客データ管理、決済、集計、分析に至るまでスマートに業務を完結できます。

関連ページ
A’staff Cloud Smart

2.Square

Squareは、店頭でもオンラインでも利用できる便利なシステム。対応している決済方法はstera packより少なめで、19種類です。AndroidにもiOSにも対応。初期費用や月額費用は無料ですが、決済端末の費用が税込で4,980~46,980円(タイプによって異なる)かかります。

決済手数料は3.25%(iDのみ3.75%)、入金サイクルは三井住友銀行・みずほ銀行なら翌営業日と、着金が早いです。その他の口座の場合は水曜日締めの金曜日(2日後)払いで、いずれも振込手数料はかかりません。

3.STORES決済

STORES決済は、ネットショップ事業などを展開するSTORESが提供しているシステム。クレジットカードや電子マネーなど、合計17種類(QRコード決済はWeChat Payのみ)の決済方法に対応しています。

初期費用や月々の利用料はかかりません。また、決済端末の代金は19,800円ですが、申し込みから180日以内に決済合計10万円を達成すると無料になります。

決済手数料は、クレジットカードやWeChat Payは3.24%、電子マネーは業界最安水準の1.98%。入金方法は手動入金(必要なときに振込依頼)と自動入金(月末締め翌20日払い)があり、振込手数料は無料(手動入金では10万円未満の場合200円)です。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

サロンに合わせたキャッシュレス決済でお客様に便利に利用してもらおう

サロンに合わせたキャッシュレス決済でお客様に便利に利用してもらおう
現金を使用しない「キャッシュレス決済」は、集客や売上の向上などのメリットがあり、美容サロンでもぜひ導入したい方法です。キャッシュレス決済システムを選ぶ際は、使える決済方法やコストなども確認して比較しましょう。

システムの例も挙げたので、サロンに合ったキャッシュレス決済を導入し、お客様に大いに利用してもらってください。

また、業務の効率化を目指すには、美容サロンに特化した予約管理システム「リザービア」の導入もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。オンラインで予約を自動受付できて便利なほか、GoogleやSNSなどと連携できるので、集客にも活用できます。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP