美容室やバーバーを居抜きで開業するときの費用相場は?メリットや押さえておきたいポイントも解説

美容室やバーバーを居抜きで開業するときの費用相場は?メリットや押さえておきたいポイントも解説
公開日
更新日

美容室・理容室・バーバーの開業にあたり、居抜き物件を検討している人もいるのではないでしょうか。居抜きを利用することにはメリットがあり、実際に居抜き物件で開業して成功している人も多くいます。

しかし、居抜きとはどんな物件なのかを理解できていない人もいるはず。そこで、まずは居抜きの概要を解説します。

さらに、居抜き開業での費用相場がわかると自分にできるかという具体的なイメージもつくので、金額の目安を知り、今後に役立ててください。また、居抜き物件をうまく見つけるための方法もお伝えします。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室・理容室の居抜き物件とは

美容室・理容室の居抜き物件とは
美容室や理容室の「居抜き物件」とは、以前に美容室や理容室(バーバー)として使われており、内装・設備・道具などが残されたままになっている物件のことです。残っているものを利用しながら開業できるため、初期費用を抑えられることがメリットです。

どんな設備が残っているかは物件によって異なりますが、照明・シャンプー台・椅子・空調などがあると、開業費用を大幅に(数百万円)減らせる可能性があります。費用の相場は次の章で解説するので、あわせてチェックしてください。

関連記事
美容室の居抜きとスケルトンの違いとは? 居抜き物件のメリットと注意点|居抜き物件はどこで探せる?

スケルトン物件との違い

居抜き物件に対し、スケルトン物件とは、内装などを取り払って原状回復させた、まっさらな状態の物件のこと。

サロンの設備や道具が残っている居抜き物件とは正反対の特徴を持っており、ゼロから自分好みの店舗作りができる反面、居抜きに比べて開業時にかかる費用は高くなりやすいです。

理容室からバーバーに変える場合、それなりの工事費がかかる場合も

「バーバー」とは、旧来の理容室にビューティーやファッションなど+αの付加価値を加えた、新しいタイプの理容室のことです。美容室に通っている男性客の、「美容室はおしゃれすぎる」「顔剃りもしてほしい」といった潜在ニーズに対応するためのスタイルです。

昔ながらの理容室の居抜き物件を上記のようなバーバーに生まれ変わらせる場合、単に理容室として引き継いで居抜き開業するケースよりも工事費がかさむ可能性があります

バーバーでは施術内容はもちろんのこと、店舗デザインの観点でも、シック・クラシカル・スタイリッシュなど、理容室とは一味違ったものが求められるケースが多いためです。

居抜き物件で美容室・理容室を開業する際の費用相場

居抜き物件で美容室・理容室を開業する際の費用相場
通常、理美容室を新たに開業する際にかかる初期費用は、1,000~1,500万円といわれています。

一方、店舗の規模などにもよりますが、居抜き物件を利用して開業する場合は半分程度に抑えられるとされ、500~750万円前後が相場です。コストをなるべく抑えたい人にとっては、非常に大きな差といえるでしょう。

費用の内訳は?

美容室や理容室の開業がこれほど高額になるのは、どんなことに費用がかかるからのでしょうか。まず大きな部分を占める費目として、物件の契約時に、保証金・礼金・仲介手数料・前家賃などで家賃の6ヶ月分~1年分ほどの料金がかかります。

その他、店の内装譲渡金や、必要に応じて行われる内装工事費が150~400万円前後かかり、営業に使う什器・備品などの購入費や宣伝広告費用も必要です。

以上を合計すると、どうしても大きな金額になってしまいます。

開業資金の調達方法

開業資金の調達方法
前章の相場から、開業時のおおよその予算は見当がついたことでしょう。この金額をすべて自力で用意しなければならないのかと思うと、自分には開業は困難だと判断する人もいるかもしれません。

しかし、美容室や理容室を開業するときの自己資金の割合は、一般的に4分の1程度といわれます。では、残りの費用はどのようにして調達すればいいのでしょうか。

周囲の人から借り入れる

まず、親や兄弟姉妹、友人など、周りの信用できる相手から借り入れをする方法があります。自分の夢を応援してくれ、快くお金を貸してくれる存在がいれば、この上なく心強いでしょう。

ただし、いかに親しい間柄といえど、きちんと理解や賛同を得て貸してもらうことと、正式な契約書を交わすことが重要です。あとあとのトラブルを避けるためにも、前もってしっかりと取り決めをしましょう。

補助金・助成金制度を利用する

「補助金」や「助成金」を受けるのもおすすめです。受給できる条件や所定の審査はありますが、返済不要のため、名前のとおり大きな助けになってくれるでしょう。内容や金額は、自治体などによって異なります。

創業時にかかる費用の一部を支援してもらえる「創業助成金」や、小規模事業者の販路開拓や生産性向上への取り組みに必要な費用の一部を支援してもらえる「小規模事業者持続化補助金」などを利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、補助金や助成金はあとから支給されるため、はじめに自分で支払う必要があることに注意してください。

融資を受ける

日本政策金融公庫や金融機関の融資を利用する方法もあります。とくに日本政策金融公庫は、低金利でリスクが低いため、創業時に多くの人が利用している融資元です。また、自治体や金融機関が連携して行っている制度融資を利用する方法もあります。

いずれの方法でも、融資を受けるためには綿密な事業計画が必要なので、資金調達の前にきちんと事業計画書を作成しましょう。

美容室・理容室の開業に居抜きを利用するメリット

美容室・理容室の開業に居抜きを利用するメリット
ここで改めて、美容室・理容室を開業する際に居抜き物件を使うメリットを確認しましょう。

1. コストとリスクを抑えられる

前述したように、残っているものを利用できるため開業の初期費用が安く済む点は大きなメリットです。万が一経営がうまくいかなくなってしまった場合でも、居抜きを使わず一から開業する場合に比べて、借金返済などのリスクが軽減する可能性が高いです。

2. 比較的短期間で開業できる

居抜き物件であれば大規模な工事が不要になることが多く、準備の手間も省けます。そのため、スケルトン物件に比べて短い期間でオープンの準備を整えられるでしょう。

居抜きで美容室・理容室を開業する際に注意すべきこと

居抜きで美容室・理容室を開業する際に注意すべきこと
前章のようなメリットがある一方で、居抜き物件を使って理美容室を開業するデメリットとはどんな点なのでしょうか。

1. 修繕や撤去で逆に高くなる可能性がある

居抜き物件に残されている設備や道具は中古品のため、状態によってはそのまま使えず、新しいものに取り替えたり、修理したりしなければならないケースもあります。

結果的にコストが高くなってしまう可能性もあるので、状態には十分な注意が必要です。

2. 内外装の自由度が低い

居抜き物件では、ある程度内外装が決まっており、自分が作りたい店のイメージとは異なる可能性もあります。自由に理想の店作りをしたいなら、スケルトン物件のほうが適しているかもしれません。

3. 前の店のイメージに影響を受けることがある

以前に営業していたサロンが技術やサービスの面でマイナス評価を受けて廃業していた場合、そのイメージを引き継いでしまうことがあることも注意点です。逆に、業績がよくて事業拡大のために移転したなどのよいイメージである可能性もあります。

前の店の閉店理由は、あらかじめチェックしておいたほうがよいでしょう。

4. 立地によっては集客がむずかしい

「交通の便が悪い」「場所がわかりにくい」「車で来店する顧客が多いのに駐車場がない」などの条件だと、集客が難航する可能性があります。物件の立地は、ターゲットとなる顧客が来やすい場所であるかどうかも重要です。

美容室・理容室の居抜き物件の探し方

美容室・理容室の居抜き物件の探し方
つづいて、美容室や理容室の居抜き物件はどうやって探せばいいのか、2つの方法を提案します。

居抜き物件に強いポータルサイトを利用する

居抜き物件を豊富に、もしくは、専門に取り扱っている不動産のポータルサイトで探す方法です。エリアや最寄り駅など、希望の条件を絞って検索できます。

ただし人気の物件はすぐに決まってしまうため、サイトをこまめにチェックして、いいところがあったらすぐに問い合わせることが大事です。

出店したいエリアのテナントに詳しい不動産屋に相談する

この辺りに開業したいという場所がおおむね決まっている場合、そのエリアのテナント物件情報を多く持っている不動産屋に相談するのもおすすめです。

地域密着型の不動産屋なら、地域の特徴などプラスアルファの情報も教えてくれることがあり、親身に相談に乗ってくれやすいでしょう。

美容室・理容室の開業時には予約システムの導入も検討しよう

美容室・理容室の開業時には予約システムの導入も検討しよう
美容室や理容室を開業するにあたり、予約システムもぜひ導入しましょう。インターネットからの予約を自動で受付・管理してくれるシステムで、業務の負担が軽減できるうえに、予約に関する人為的なミスも減らせます。

さまざまな予約システムがあるなかで、特におすすめしたい「リザービア」の特徴を下記で紹介します。

顧客情報も管理できる

リザービアのシステム内には、予約に関する情報だけでなく顧客情報も蓄積できます。

名前・担当スタッフ・前回利用したメニューなど、さまざまな情報から対象顧客の検索も可能。施術時の写真やメモなども残せて、電子カルテとしても活用できるので、役立ててみてください。

関連ページ
顧客管理

Googleから予約できる

次に、標準装備されている「Googleで予約」機能です。Googleビジネスプロフィールの店舗情報と予約ページを紐づけることができます。

GoogleやGoogleマップの検索結果から店舗情報を見てもらえ、予約ボタンからスムーズに予約画面に移行させられるため、新規顧客を集客しやすいことが特徴です。

関連ページ
Googleで予約

LINEから予約できる

リザービアのオプション機能には、「LINE連携予約」という機能もあります。自店のLINE公式アカウントのトーク画面から予約ページに遷移させ、予約を受け付けることが可能です。

さらに、リマインドメッセージ・スタンプカード・LINE予約限定クーポンなどの機能も使えます。

関連ページ
LINE連携予約

居抜き物件を活用して魅力的な理美容室を開業しよう

居抜き物件を活用して魅力的な理美容室を開業しよう
美容室や理容室に必要な設備などが残っている居抜き物件で開業すれば、費用の負担も少なく短期でオープンできます。ただし、すぐに希望にマッチする物件が見つかるとは限らないので、日ごろから情報収集に努めることが大切なほか、資金面にも注意しましょう。

相場金額も参考にしつつ、しっかり資金繰りをして、理想の店作りをしていただければ幸いです。

開業時には、リザービアの導入もご検討ください。メニュー・クーポンの柔軟な設定やメッセージの自動配信などの機能もあり、便利かつ効率的に美容室の運営をサポートします。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる
\無料!30秒で完了/
LINE連携予約の資料請求をする
 

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

開業前の方は開業予定の都道府県をお選びください
名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください