ノベルティをサロンの集客に活用しよう!ノベルティを配布するメリットや作る時のポイントを紹介

ノベルティをサロンの集客に活用しよう!ノベルティを配布するメリットや作る時のポイントを紹介
作成日
更新日

お店で買い物をしていると、まれに会計時にペンやタオルなどのノベルティを手渡されたことがある人もいるのではないでしょうか。実はこのノベルティ、サロンの集客にも活用できるアイテムのひとつです。

ここでは、ノベルティがどういうものなのかはもちろん、配布するメリットや実際にノベルティを作るときのポイントをくわしくご紹介します。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ノベルティとは

ノベルティとは

一般的にノベルティとは、店舗や企業が無料で配布する名前入りの品物のことをいい、宣伝目的で配布されるものです。

ちなみに、ここでいう名前は店舗名や企業名を指しており、店舗イベントや企業案内といった場所でその名前を入れたものを来場者への手土産として渡すことで、宣伝効果を期待します。

このような用途で使われるため、ノベルティに使われる品物はおもにペンやタオルといった文房具や日用品が多く、荷物にならない大きさのものが好まれているようです。

記念品や販促品とはどう違う?

イベントなどでは、よく記念品や販促品が配布されることがありますが、これは厳密にはノベルティとは違います。

同じ用途で配布されることがありますので、同じものだと思われがちです。しかし、ノベルティはあくまでも広告的な意味合いが強く、企業名や商品・サービス名を入れたもの、もしくはなにも入れないものの場合があります。

一方、販促品は販売を促進するという目的で作られているため、企業名や商品名が入っていることはもちろん、実際の商品となっているケースが多いです。

また、記念品はあくまでも記念の品ということで広告や販促という意味合いはありません。そのため、企業名や商品名が入っていないことも多く、ノベルティや販促品と比べて高価な品物であることが多いです。

何のためにノベルティを配布するの?

何のためにノベルティを配布するの?

コストが低いとはいえ、作ることは決して安いものではないノベルティ。なぜこれを作って配るのでしょうか。

そこには、ノベルティを配る明確な目的があります。ここでは、ノベルティを配布する目的を確認しておきましょう。

店舗やサービスを知ってもらうため

ノベルティを配布する理由は、お客様に店舗やサービスを知ってもらうきっかけにするためです。そのため、ノベルティにする品物は決して高価でなくても問題なく、価格よりも利用頻度が高い身近なものがよいでしょう。

たとえば、ペンやメモ帳などの文房具のようなよく使う品物にすれば、つねに目に入ることになり、認知度の向上にもつながるからです。認知度が向上することで、ふとしたときに店舗やサービスを思い出してもらえるため、来店やサービスの利用につながる可能性も広がります。

店舗のブランディングをするため

ノベルティは店舗やサービスを知ってもらう以外に、店舗や企業のブランディングに使うという目的があります。さきほどご紹介した文房具やそのほかの日用品のように、日常的に使うものに店舗名や企業名を入れることで認知度の向上だけでなく、イメージアップの効果も得られるでしょう。

日常的によく使うもの以外でも、たとえ高価でなくてもセンスのよい品物に店舗名や企業名を入れることで、その店舗や企業に対する好感度を上げられる可能性があります。

集客に活用するため

ノベルティというと、リピーターのお客様といった既存顧客に対して配布するイメージがあるでしょう。しかし、ノベルティは既存顧客だけでなく、新規顧客に配布することでも集客につなげられます。たとえば、店舗であればオープンイベント、企業であれば企業説明会など、新規顧客をターゲットにしたイベントや説明会で配ることで、今後の集客につなげられるからです。

また、イベント終了後のアンケートと一緒に配布することで、新規のお客様の情報収集にも活用できます。

ノベルティを配布するメリットを紹介

ノベルティを配布するメリットを紹介

実際にノベルティを配ることで、店舗や企業はどのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、ノベルティを配ることで得られるメリットを具体的にご紹介します。

低予算でも効果がある

ノベルティは、必ずしも高価な品物である必要はありません。高価であっても、配布するターゲットにそぐわなければ効果を期待できないからです。

一方、低予算で作ったノベルティだとしても、配布するターゲット層にマッチしたものであれば費用以上の効果が得られる可能性があります。配布するお客様にとって、満足度が高い品物をノベルティとして配ることで、効率的に宣伝することが可能です。

名前を覚えてもらいやすい

ペンやメモ帳などの文房具、タオルのような日用品といった、ふだんからお客様がよく利用するものをノベルティとして配ることで、店舗名や企業名を目にする機会が増えていきます。

ふだんから頻繁に目にすることで、お客様にふとしたときにその店舗名や企業名を思い出してもらえたり、覚えてもらえたりすることが期待できるでしょう。

お客様を掴むことができる

店舗名や企業名が入ったノベルティを配ることは、店舗や企業の名前を覚えてもらうことには非常に有効な手段です。

このことから、実際に店舗を利用しようと考えたときに店舗名を忘れられてしまうことが減るため、お客様を掴むことができます。

ノベルティを作るときのポイントとは

ノベルティを作るときのポイントとは

宣伝や広告としての効果も高いノベルティですが、実際に作る際にはどのような点に注意するとよいのでしょうか。

ただ名前を入れた商品を作っても、効果が得られなければ、無駄な費用となってしまう可能性があるからです。ここでは、ノベルティを作る際のポイントをご紹介します。

ターゲットを決める

ノベルティを作る際のポイントとして大切なのは、ノベルティを配るターゲットとなるお客様を決めることです。

その店舗がどのような客層をターゲットにしているかという点から絞り込んでいくことで、そのターゲットのお客様がもらって嬉しいノベルティを選定しやすくなります。

実用性のあるもの

ノベルティとして配る品物は、実用性のあるものがよいでしょう。ターゲットにあったノベルティを配ったとしても、実用性が低い場合は使ってもらえず、最悪の場合すぐに捨てられてしまう可能性もあるからです。

そのため、文房具など使うシーンが多い実用的なものを選ぶのがおすすめ。また、配布する季節に合わせたものやそのときに流行っているものをノベルティとして配るのも効果的です。

話題性のあるもの

ノベルティは、ただ店舗や企業の名前を入れればよいというものではありません。名前のフォントや配置といったデザインにも気を配ることが大切です。

デザイン性の高いノベルティを配ることで話題となり、SNSで拡散されることで、より高い宣伝効果が得られる可能性があります。そのためにも、つねに世の中で話題になっているもの、なりそうなものを把握しておくことも忘れてはいけません。

ノベルティを作るときの注意点

ノベルティを作るときの注意点

ノベルティを作るときには、いくつか注意しておくべき点があります。なぜかというと、好き勝手に作って配布すると法に抵触する場合があるからです。ここでは、ノベルティを作る際に注意しておくべき点をくわしくご紹介します。

著作権や商標権を侵害しない

店舗名や企業名だけを入れる場合は、可能性は低いですが、イラストやキャラクターをノベルティに使用する場合には、知的財産権を侵害してしまわないように注意しましょう。

人気のキャラクターやイラストには描いた人の著作権が存在し、企業名やロゴ、サービス名には商標権が存在するからです。そのため、キャラクターやイラスト、企業名やサービス名を無断で使用した場合には、著作権や商標権の侵害となり、罰則を受ける場合もあります。

このように知的財産権を侵害してしまうと、罰則を受けるだけでなくイメージダウンにもつながるので、事前に調べておき、必要であれば許可をとっておくようにしましょう。

景品表示法に違反しない

知的財産権以外にも、ノベルティでは景品表示法に違反しないように注意が必要です。景品表示法とは、高価または過大である景品類の配布や商品の品質・価格などの表記について虚偽がないよう定めたものです。ノベルティは景品にあたるため、景品表示法の対象です。

また、この法律上では、ノベルティは一般懸賞に該当します。そのため、実際の配布するものが景品表示法で定められた限度額を超えないように事前に確認しておくことが大切です。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

サロンにおすすめのノベルティを紹介

サロンにおすすめのノベルティを紹介

実際にサロンでノベルティを配る場合、どんなものにするとよいのでしょうか。ここでは、たくさんあるノベルティの種類のなかでも、サロンで配る場合に効果的なノベルティをご紹介します。

ハンドミラー

サロンで配るノベルティで、実用的なものといえばハンドミラーがおすすめ。鏡は男女問わず使うことが多く、とくに女性は日常のシーンで必要となる頻度が高いアイテムです。ハンドミラーは、スクエアタイプやラウンドタイプと大きさや形の種類も多く、また裏面にサロン名を入れられるので、周囲への宣伝効果も期待できます。

また、ハンドミラーであれば、大きすぎないサイズのものが多いです。そのため、持ち運びにも便利で、つねに携帯して使ってもらえる可能性があります。

ポーチ

サロンで配るノベルティに、ポーチを選んでみるのもよいでしょう。ポーチはサロン名を入れるスペースを取りやすいため、周囲への宣伝効果も高いです。

また、メイク道具や小物などのかさばりがちなものを入れられるため、実用性が高いことも特徴。さらに、ポーチ自体の形や使う素材も選べるため、オリジナリティーの高いノベルティを作ることが可能です。

タンブラーやボトル

最近では持ち歩く人も多くなった、タンブラーやボトルを選んでみるのもいいかもしれません。タンブラーやボトルはドリンクの持ち運びに便利なアイテムで、軽くて丈夫で携帯性も高いです。

サロン名をうまくデザインすることで、おしゃれなタンブラーやボトルになるので、長く使ってもらえる可能性があります。また、取り出す度に周囲への宣伝にもなるので、効果的なアイテムといえるでしょう。

おしゃれなノベルティを集客に活用しよう

おしゃれなノベルティを集客に活用しよう

ノベルティは低予算でも作れるため、宣伝効果が高く、集客させるための広告として使うにはおすすめの方法です。

とくに実用性の高さを意識したノベルティであれば、日常的に使ってもらえる可能性があるため、高い宣伝効果が期待できるでしょう。

実際のノベルティを作る際には知的財産権にも注意しつつ、サロンのイメージに合わせたオリジナリティーの高いノベルティを作って集客に活用しましょう。

Googleで予約
リザPOS
PAGE TOP